ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ウの1番左の炭素原子は不斉炭素原子らしいのですが、水素原子2個ついてるので不斉炭素原子ではないと思います。なぜ、不斉炭素原子なんですか?

「ウの1番左の炭素原子は不斉炭素原子らしい」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • これが問題になります

      補足日時:2018/10/14 11:12

A 回答 (3件)

>これが問題になります



では、答えは不斉炭素無しです。もし間違っていると出題者が言った場合、私が何とでも反論いたします。
    • good
    • 0

プロです。

ウの左端も左から二番目も、エの右から二番目も、オの左端も全部不斉炭素ではありません。と言うかウ~オの分子はどれ一つとして不斉中心を持っていません。
    • good
    • 0

炭素に全て水素が付いているとした場合ウ、エ、オに不斉炭素はありません。


問題を見せて下さい。ちゃんとそうなるような、水素以外の置換基があるはずです。または、どうすれば不斉炭素になるかの問題の可能性もあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学基礎です 塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、 酸性にするのに硫酸の代わりに酸化

化学基礎です

塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、

酸性にするのに硫酸の代わりに酸化剤の硝酸が
使用出来ないのは何故ですか?

硫酸は酸化剤でも還元剤でもないのですか?

Aベストアンサー

>塩酸は還元剤として、硝酸は還元剤として反応しますが、
そうとは限りません。相手による話です。なにの話か特定しなければ議論になりませんし、それが議論にならないということが理解できていないのであればもっと基本を勉強しなおした方が良いです。

Q物質の三態 液体が沸騰しているとき 容器には液体と気体が共存していますが 沸騰中だけではなく、沸騰前

物質の三態

液体が沸騰しているとき
容器には液体と気体が共存していますが
沸騰中だけではなく、沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?
なぜ沸騰中に共存していることを強調?

教えてください

Aベストアンサー

沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?

当然です。そうでないと、沸騰してもない海水からの水蒸気で雲や台風の発生は説明できません。
これらは、ボルツマン博士の統計力学で説明されます。統計力学は難しいので学校の
先生も分かっていない方が沢山います。
貴方はもし大学で学ぶ機会があれば、サークル活動や恋人探しばかりに一生懸命にならず
勉強も一生懸命になって下さい。

Q高校の化学についてです。 分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわか

高校の化学についてです。

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわかりません。分散媒が液体とはどういうことなのですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡なんて、センスがありませんね。
メレンゲやホイップクリームくらい言ってほしいですね。
大雨の後の濁った川の水はサスペンジョンといって、分散媒が水で分散質が固体の土です。
ミルクはエマルジョンといって、分散媒が水で分散質が液体のタンパク質や油です。
メレンゲはメレンゲで、分散媒が水を含む液体のタンパク質で分散質が気体の空気です。

Q高校の化学についてです。 写真の問2についてで、補足の解答の②の式なのですが、水素イオン濃度が塩化水

高校の化学についてです。

写真の問2についてで、補足の解答の②の式なのですが、水素イオン濃度が塩化水素の電離による水素イオン濃度と水の電離による水素イオン濃度の和という単純な計算で出る意味がわかりません。また②の式にはどうして[OH-]があるのか教えてください。

Aベストアンサー

>塩化水素の電離による水素イオン濃度と水の電離による水素イオン濃度の和
これはただの事実です。ただし、問題は「塩化水素の電離による水素イオン濃度」と「水の電離による水素イオン濃度の和」を別々に求めて足しても答えにはなりません。
和の求め方は困難です、片方が増えれば他方が減るからです。

Q化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

Aベストアンサー

前半の文から炭素数3がわかって
後半の文から不飽和度2と分かります!

Q化学基礎で質問です。 画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

化学基礎で質問です。
画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

Aベストアンサー

どちらかといえば、分母の100の方が気になりますけどね。
存在比がA:Bのとき、Aの存在割合(存在比※)は
{A/(A+B)}×100%
となります。
例えば、「存在比20:30」のだった場合、20の方の存在割合は
{20/(20+30)}×100%=40%
ということです。
※ここでは「純粋な比○:×」と割合%を示す用語が同じ「存在比」と表現しているのでややこしいことになります。用語として間違いではないのですが、混同を避けるため割合(%)の方は存在割合とした方がよさそうです。
さて、本題
と言っても詳細は他の回答でくわしく説明されているので、省略します。

Q1.5Vの乾電池を2つ直列に繋ぐと3Vの電圧がかかる 1.5Vの乾電池を2つ並列に繋ぐと1.5Vの電

1.5Vの乾電池を2つ直列に繋ぐと3Vの電圧がかかる
1.5Vの乾電池を2つ並列に繋ぐと1.5Vの電圧がかかる
だそうですが、並列に繋いでも3Vにならないのは何故なのでしょうか?1.5Vを2つ繋いでるのですから3Vになると思うのですが。。。

Aベストアンサー

それは乾電池で考えるから不思議に思えるのです。いまボルタの電池を使ってみたらどうなるか考えればもっと分かり易くなります、構造が裸になるからです。
ボルタの電池を二つおいてみましょう。亜鉛極が陰極(電子が取り出せる)、銅極が陽極(電子が流れ込む)、液相は濃硫酸です、改良されたガルバニ電池の方が一般的ですが理論的には大差ありません。
そこで亜鉛極同士、銅極同士をつないでみましょう。何も起きません。同じものを並べたのですから当たり前です。極端な話し液相を一つにまとめてしまっても構いません。
さらに亜鉛極を一束に、銅極も一束にするとどうなるでしょう、電極の面積が増えただけで、一つの電池になってしまいます。
乾電池もボルタの電池と作動原理は全く同じなので、並列につながれた乾電池は電流「量」は大きくなりますが電圧は変化しません、一つのサイズだけ大きな電池になっただけだからです。

Q全ての元素を融合・化合させることは可能ですか?

化学に関して素朴な疑問です。

元素記号に記載されてある全ての元素を融合させて未知の元素を誕生させることは可能ですか?

ちょっとSFっぽいですが、全ての元素を融合させたときに、これまで見たことが無かった最強の物質が生まれる

みたいな。

無理か……

化学に詳しい方、お願いします!!

Aベストアンサー

化合物を作らない元素があります。
希ガスの ヘリウムHe、ネオンNe が今現在、それらの元素を含む化合物が発見されていません。
18族の希ガス元素は、化合物を作らず、気体でも単原子分子となることから、昔は不活性ガスと言われていたのですが、
18族の周期表の下の方、RnやXe,Kr辺りはフッ素などと化合物を作ることが知られていました、2000年にアルゴンArのフッ素などとの化合物が見つかりました。
しかし、He、Neは未発見ですし、閉殻構造が強いため、難しいような気がします。

化学ではなく物理の世界になるのですが、
周期表でプルトニウムPuまでは自然界に存在している元素(昔はウランUまでと言われていた)です。
しかしその次のアメリシウム以降の元素は核爆発であったり、粒子加速器であったり、を使用して人工的に作り出された元素です。
そしてその元素は原子番号が大きくなるほど不安定になっていきます。

たとえば原子番号113のニホニウムNhは、粒子加速器を使い亜鉛ZnとビスマスBiを衝突させることにより作ることができましたが安定同位体が無いため、
確認されている286Nhは20秒の半減期しかありません。
287Nhは予想では約20分の半減期を持つとされていますが、未確認です。

このように粒子加速器を使い、原子番号の大きな元素を作り出す研究は主要国で行われていますが118のオガネソンOgまでが発見されたとされています、
それ以降のものも予想がされていたり、原子番号が大きくても、比較的安定元素かも?というものがあるのですが、まだ未確認です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E7%99%BA%E8%A6%8B%E5%85%83%E7%B4%A0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

周期表に載る元素と異なるエキゾチック原子というものも存在しています。
反陽子と陽電子からなる 反水素、
陽電子と電子が、電気的に結びついているポジトロニウム
陽子と反陽子が安定的な位置あるプロトニウム 
等で、いくつかは粒子加速器を使い実際に合成されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%A8%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90

化合物を作らない元素があります。
希ガスの ヘリウムHe、ネオンNe が今現在、それらの元素を含む化合物が発見されていません。
18族の希ガス元素は、化合物を作らず、気体でも単原子分子となることから、昔は不活性ガスと言われていたのですが、
18族の周期表の下の方、RnやXe,Kr辺りはフッ素などと化合物を作ることが知られていました、2000年にアルゴンArのフッ素などとの化合物が見つかりました。
しかし、He、Neは未発見ですし、閉殻構造が強いため、難しいような気がします。

化学ではなく物理の世界にな...続きを読む

Q化学の問題なのですが、問題で、写真のBなのですが、自分はAで出た110.7gから20℃のときの硝酸ナ

化学の問題なのですが、問題で、写真のBなのですが、自分はAで出た110.7gから20℃のときの硝酸ナトリウムの溶解度の88gを引いて22.7gとしたのですが間違いでした。このやり方はなぜ違うのでしょうか。

Aベストアンサー

この問題の溶解度の定義をよく見直すこと。

溶解度は、100gの溶媒に対して、何gの溶質が溶けているかを表しています。
(他にも似たような指数があるのでその都度注意するしかないです。)

60℃の時 100gの水に対する溶解度は124g
飽和溶液が200gなのでその中の硝酸ナトリウムは
200g×124g/224g=110.7…g  ①
 となる。
水の量は、200g-110.7g=89.3g となる。

これを20℃に冷却した時の溶解度は88.0g
100gの水に対して88.0g溶けることになる。

実際の水の量は60の時の 89.3g と100gではなく0.893倍しかない
20℃の溶解度が88gなので、それを89.3gの水の時は、
88×0.893=78.584≒78.6g ➁
の硝酸ナトリウムが溶けることができる。
よって ①-➁で
110.7g-78.6g=32.1g の硝酸ナトリウムが析出する。

溶解度による引っ掛け問題ですね

Q銅を濃硝酸HNO3に溶かすと硝酸銅IIと水と二酸化窒素を生じる この問いを未定係数法を使い化学反応式

銅を濃硝酸HNO3に溶かすと硝酸銅IIと水と二酸化窒素を生じる

この問いを未定係数法を使い化学反応式にして欲しいです
お願いします。

Aベストアンサー

宿題は自分でやれ。他人に宿題をやらせて自分でやったと嘘をついて提出する不正は言語道断。
ご丁寧に未定係数法をつかえって書いてあるんだから、未定係数法に従ってやればできる。


人気Q&Aランキング