痔になりやすい生活習慣とは?

どなたか教えてくださいませんか。
昨日は日曜日でしたか。
はい、そうです。
はい、そうでした。
いいえ、そうではありません。
いいえ、そうではありませんでした。
回答文としてどれも正しいですか。

日本語学習者です。よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

昨日は日曜日でしたか。


① はい、そうです。
② はい、そうでした。
③ いいえ、そうではありません。
④ いいえ、そうではありませんでした。

①の返事が、一番自然です。

今日が15日(月曜日)の場合、「昨日は日曜日です」「明日は16日です」という言い方が自然です。「徳川家康が幕府を開いたのは、京の周辺ではなく、江戸です」で自然です。
「……です」 という表現は「……である」という断定、判断、確定、承認などの意を表すもので、時制のようなこととは関係なく使われます。「20世紀とは1999年から2000年までの100年間です」が自然な表現で、「20世紀とは1999年から2000年までの100年間でした」ではおかしい表現と思われてしまいます。
「……でした」という表現を使う例で多いのは、「それは過去の出来事で、もうそれは終わって(終了して)、その後は状況が違うこともある」という気分を持っている場合や、いろいろのことを過去の出来事として並べる場合です。例えば、「昨日は暑い日でした」「幕府を、頼朝は鎌倉に開いたし、足利尊氏は室町に、徳川は江戸に開いた」などです。 

「……ではありません」と「……ではありませんでした」とでも、似たようなことが言えます。 「昨日(2018/10/14)は月曜日ではありません」という断定がいつでもいつまでも続くような気分を持っているなら、それでいいのです。(「いいのでした」では表現としておかしいのです) ただし、「昨日(2018/10/15)は日曜日ではありませんでした」という断定、宣言の表現の方法をとる場合は、その後に、「ですから、朝刊に日曜版が入っていたのは昨日ではありません」と続くようなケースで、「昨日(2018/10/15)は日曜日ではありませんでした」の部分は単純な過去を表しているというよりは、この表現は理由や原因を表しているという意味つけのために「……でした」「……ではありませんでした」といいます。
「……の指示を受けました、私は、……」の場合も同様です。
「た。」は、過去であることを示すために使う表現ではないです。「私は走った、止まった、登った、泳いだ、戦った、感動した、泣いた、笑った、寒かった、暑かった、見事だった、勝った、負けた、見つけた、落とした、待った、腹減った、酔った」のような場合でも、過去・順序としての前・今まさに完了・相手への要求・要請・今の感情や感覚・いまの状態・継続中の状況をいう場合もあります。「こんなはずじゃなかった」「良かった」「あった」「ありがとうございました」……、どれも、過去を示さない場合にも使います。
「晴れたら」「破れたら」「乾いたら」「出かけないと言ったら出かけない」のような「た」も過去や完了をさすためではなく、あとに続く発言の条件節として提示しているという接続用法のための使い方です。

「はい/いいえ」の「いいえ」は、相手の要望や発言内容に対する否定・拒絶の意思表示です。
「はい」は、相手に応じる気持ちの表現です。「ハイ、もうしません」「ハイ、すぐにやります」「ハイ、その通りです」「ハイ、壊れてはいませんでした」「ハイ、壊しました」「ハイ、彼は泣いてはいませんでした」「ハイ、心を入れ替えて、まじめに働きます。もう嘘をつきません」
「いいえ、違います」「いいえ、私が悪かったのです。彼女が悪かったのではありません」「いいえ、この調書に署名は出来ません」「いいえ、昨日は晴れでした」「いいえ、先週は暑くはありませんでした」「いいえ、明日の集合時刻は9時でした。間違いありません」

昨日は日曜日でしたか。 ① はい、そうです。
❶もっとも普通の表現です

昨日は日曜日でしたか。 ② はい、そうでした。
❷「何か含むところがあって、そう返事するのですか」と疑問を持たれます。

昨日は日曜日でしたか。 ③ いいえ、そうではありません。
❸「何か私に言いたいこと、クレームでもあるのですか」と勘ぐられます
単に否定の言葉「いいえ」だけにするか、「○曜日でした」という方が自然です。
「日曜日ではありません」だけでもいいです。
「いいえ、そうではありません」は、しつこいです。

昨日は日曜日でしたか。 ④ いいえ、そうではありませんでした。
❹❸と大体同様ですが、「そうじゃないというなら、何曜だと思ってるの、もっと返事の仕方があるでしょう」という気分にさせられます。 むかっ腹が立つ返事と思う人も出てくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりありがとうございます!

お礼日時:2018/10/21 10:15

はい、そうです。


いいえ、ちがいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりありがとうございます!

お礼日時:2018/10/21 10:17

どれも正しいです。



昨日は日曜日でしたか。
・はい、そうです。⇒「昨日は日曜日でした」という、あなたの(今の)認識は正しいです。という意味。
・はい、そうでした。⇒昨日は、「日曜日」という曜日の日でした。という意味。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりありがとうございます!

お礼日時:2018/10/21 10:17

こんばんは。



語学を学習する人には、
 昨日は日曜日でしたか。
と聞いたら、はい、そうでした。/いいえ、そうではありませんでした。

のほうが分かりやすいと思います。

文法的には間違いないのですが、実際に、このような質問はしないはずです。この質問が成り立つというのは、特殊な状態、シチュエーションだと思います。

聞いている側は、ものすごく忙しくて、曜日が分からなくなっているとか、記憶が抜けていたりして、曜日がはっきりしない時とか、その場合、
聞かれた側は「はい、そうです。」「いいえ、違います、土曜日です。」
と応えていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりありがとうございます!

お礼日時:2018/10/21 10:18

「はい、そうです」と「いいえ、そうではありません」は現在のことで、「はい、そうでした」「いいえ、そうではありませんでした」は現在お話していて、もう過去になっていることです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりありがとうございます!

お礼日時:2018/10/21 10:18

物の視点が違うだけですべて同じです


はい、そうです=今の視点で
はい、そうでした=昨日の視点で
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりありがとうございます!

お礼日時:2018/10/21 10:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「知りたいです」と「知りたいと思います」の前に、「名詞+を」それとも「名詞+が」が正しいのでしょうか

日本語を勉強中の中国人です。「知りたいです」と「知りたいと思います」の前に、「名詞+を」が正しいでしょうか。それとも「名詞+が」が正しいのでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

を も が も正しくて、意味も同じです。

知りたい は 他動詞 + 助動詞 の形ですが、助動詞 たい は 形容詞型 の活用をします。

「名詞」を他動詞の目的語と考えれば助詞 を が付きます。

助動詞 たい が形容詞型の活用をすることから、知りたい を一つの形容詞と考えると「名詞」は主語になり、助詞 が が付きます。

「名詞」がどうしたのかと聞かれれば、「名詞」が知りたいのだ というニュアンスです。こちらの方が「名詞」を若干強調した言い方になります。

Q「する」の可能形

「される」は「する」の受身、尊敬形だと思いますが、可能、自発形でもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>される には可能の意味もある(あるいは、あった)ということですね。
「勉強さ・れる」は「サ変動詞」の未然形に「れる」(「れる・られる」の「れる」の方)が付いたものです。これが今でも正しい形と考えられています。しかし、実際使うと「受身・尊敬・可能・自発」の意味を兼ねているため、分かりにくいのは確かです。
そこで、「勉強+できる」(勉強ができる)という「複合動詞」の方が分かりやすいことが理由で使われます。
 なお、「れる・られる」(せる・させるも同様)は、「れる」は五段活用に付き、それ以外の(上一・下一・カ変・サ変)活用には「られる」付くという分類が分かりやすいのですが、「サ変」だけは「五段」と同じように「れる・せる」がつきます。
 勉強さ・れる(勉強さ・せる)

>できる が する の可能動詞と言えると思いますが語源的には する と できる は全く別のものでしょうね。「できる」は可能の意味を持った動詞です。(上一段活用)

Q「を気づく」と「に気づく」の使い分けについて

「気づく」という言葉の前に「に」をつければいいと僕は教わったのですが、たまに「を気づく」というのも見かけます。「を気づく」とググってみてもたくさん出てきます。

どんな時に「〇〇に気づく」ではなく「〇〇を気づく」を使えばいいんですか?もし同じ意味だったら何かニュアンスの違いなどありますか?

詳しい方がいらっしゃったら是非教えてください。

Aベストアンサー

グーグル検索の結果です。
に気付く約 7,280,000 件
を気付く約 64,600 件

気付くは「分かる認識する」などと違って、主体的にする意味よりも自然とそうなる意味が強い言葉です。格助詞「を」は対象を示しますが、「に」は動作の到達点を示します。色々な経緯を経て結局そうなったことを強調する場合は「に」が相応しい訳です。「気付く」はその場合に該当しますから、本来「に」を用いてきました。
ところが、「気付く」は意味上「分かる認識する」と重なる面が多いために、差異に気付かない人が出るのも無理からぬ事ではあります。これは古今を問わないと思いますので、ご提示の青空文庫にもあり得ますし、これから先もあり得ますが、「気付く」の特性に気付くならば、日本語に慣れた人は誰しも「に」に回帰することになると思われます。

Q「約1時間がかかった」は正しい表現でしょうか

正しい表現は「大阪から羽田まで約1時間かかった」だと思いますが、
「大阪から羽田まで約1時間がかかった」も可能でしょうか。

Aベストアンサー

この場合の「約 1時間」は名詞でなく、副詞として使われていますので助詞は不要です。
「明日いきます」の「明日」も同じです。

「大阪から羽田までは時間がかかる」の場合の「時間」は名詞として使われていますので助詞「が」をつけます。

Q昔のテレビってチャンネルは手動で回して変えてましたよね。 あれは、なんていうのでしょうか?

昔のテレビってチャンネルは手動で回して変えてましたよね。

あれは、なんていうのでしょうか?

Aベストアンサー

つまみ式
ですね。
チャンネルというのは各局の(周波数ch)のことです。
回すというのはつまみを回すことからで
チャンネルが回すようになっていたので
チャンネルと言っているだけだと思います。

Q受身・使役について聞きたいです

使役の場合

窓を開けて花に水をやる

他人にやらせる場合はどう表記すればいいの?

弟に、窓を開けて花に水をやらせる?  

受身の場合

Aがドアを外して運んだ。

ドアがAに外されて運ばれた?

それとも、ドアがAに外して運ばれた?

Aベストアンサー

質問者さん、
#13、#14さんへの応答許可願います。

(#13)
1.
>「弟に、窓を開けて花に水をやらせる」
「弟に窓を開けて花に水をやらせる」

これではたとえ「読点」があってもあいまいです。
「やらせる」で終わっているからでしょう。
「窓を開けて」の部分が十分に明瞭になっていません。

なるほど、それはある一面では正しいですね。

「(私は)弟に窓を開けて花に水をやるように言いました」

という文はすんなり耳に入るのですが、

「(私は)弟に、窓を開けて花に水をやらせる」

のように表現するシチュエーションが極めて少ないためなのでしょう。
ただ、たとえば、

「(私は)弟に、窓を開けて花に水をやらせる。これが私の日課です」

のような文脈であれば違和感は無いはずです。
つまり、こうしたシチュエーションを想定しさえすれば良いだけの話です。

2.
>「弟に窓を開けて花に水をやるように言いました」

と、この場合は「読点」がなくても分かります。
使役を使わず「ように」でまとめていることと「言いました」とあることから、「弟に」がこれを言った相手であることが分かります。そして、この中間部分が、言った内容だと分かります。

『「読点」がなくても』分かるのは、このように言うシチュエーションが容易に想像できるからです。
『使役を使わず「ように」でまとめていることと「言いました」とあることから』分かるわけじゃありません。
それを言うなら1の場合も、「やらせる」とあることから、「弟に」これをやらせた相手であることがわからないとおかしいでしょう。
中間部分がやった内容だと分かりづらいのは、単に、先述いたしましたように、このように表現するシチュエーションが稀だから、という理由にすぎないのです。
まさか、「ように」が無いから分からなくなるわけじゃないはず。

さらに言うなら、『この場合は「読点」がなくても分かります。』とおっしゃっておられますが、それはあくまで、そういうシチュエーションのほうが想像しやすいからにすぎません。

「弟(のため)に窓を開けて、花に水をやるように言いました」

という意味にだって十分なりますよね。
ただ、こちらのように解釈できるシチュエーションが稀であるため、それに気づかないだけです。
『使役を使わず「ように」でまとめていることと「言いました」とあることから』というのは後付けの理由にすぎない、ということにお気づきになってください。

(#14)
3.
>使役・受身はそれぞれの動詞に入れて、きちんと言えます。

ですから、それが間違いだとはひとことも言ってないですよね?
ただ、冗漫になる、と言っている。
あなたは日本語学習者に対して冗漫な日本語表現を推奨しているのですか?

4.
>日本人のなかには、はしょって、最後だけにする人がいるかもしれませんが、それは文脈に頼った悪文です。

まったく逆です。
シチュエーションに応じ、省略できるものは省略し、簡略化できるものは簡略に表現するのが文脈を活かした自然な文を形成するのです。

質問者さん、
#13、#14さんへの応答許可願います。

(#13)
1.
>「弟に、窓を開けて花に水をやらせる」
「弟に窓を開けて花に水をやらせる」

これではたとえ「読点」があってもあいまいです。
「やらせる」で終わっているからでしょう。
「窓を開けて」の部分が十分に明瞭になっていません。

なるほど、それはある一面では正しいですね。

「(私は)弟に窓を開けて花に水をやるように言いました」

という文はすんなり耳に入るのですが、

「(私は)弟に、窓を開けて花に水をやらせる」

のよ...続きを読む

Q①このボタンを押すと、エレベーターの扉が開く。 ②このボタンを押すと、エレベーターは扉を開ける。 ①

①このボタンを押すと、エレベーターの扉が開く。
②このボタンを押すと、エレベーターは扉を開ける。

①は問題なしね、
②の表記は正しいかな


お願いします。

押すと
押せば
押したら
この三つのキーワードについて、もっとも代表的な文を作ってよろしいでしょうか

Aベストアンサー

開ける→意思を持っての行動。
押すと・・・・勝手に・自動的に
押せば・・・・開ける、ではなく開く条件提示
押したら・・・押すと、と押したら、同じ、通常はどちらかの表現が正しい?。
押して・・・・・開ける、がすんなり聞けます、ただし、エレベーターの・・・です。
ただし、前後の文章を含めて何を表現したいのか?、エレベーターを擬人化しての表現ならあり得ます。
完全に擬人化でなくとも、直接手で触れてではなく、一見無関係のボタンで、自動化を強調?、しての表現では使えます。
でも、この文章単独では、間違い?と言わざるを得ません、全体で何を表現したいのか?により決定されます。

Q動詞の連用形「~て」&形容詞の連用形「~く」は副詞か

例えば、「歩いて学校へ行った。」という文があったとします。この文の「歩いて」のように動詞の「~て」という形の言葉は副詞になるのでしょうか?
また、「うるさく喋る」のように形容詞の「~く」という形の言葉は副詞になるのでしょうか?

どちらも動詞/形容詞の連用形ですが、「行った」や「喋る」のような動詞を修飾しているので副詞のようにも思えます...。この場合、どちらにも当てはまったりするのでしょうか。
調べてみたのですが、ハッキリした答えが見つからなかったため質問します。

Aベストアンサー

「歩いて」の「て」は学校文法では、接続助詞と呼ばれていますが、正しくは確認の助動詞です。

話者が、「歩く」という内容を「て」で確認し、そこで一旦中止する連用中止法の用法です。その後、それに伴う話者の判断が続きます。
また、助動詞としては、接続助動詞と呼べます。

「うるさく喋る」は「うるさい」という形容詞を「喋る」という動詞の動作を具体化、立体化する修飾用法で、形容詞の副詞的用法になります。
品詞としては属性表現の語として形容詞になります。■

Qこの漢字の意味分かる方いらっしゃいますか?

外国の方からこれの意味はなにかと聞かれたのですが、私は全く分からず…
分かる方いらっしゃったら教えてください!
宜しくおねがいします!

Aベストアンサー

筆者 本人の名前です!

Q下の書き方でも正解ですか。上はなぜnにjのついた発音記号になりますか。IPAです。

下の書き方でも正解ですか。上はなぜnにjのついた発音記号になりますか。IPAです。

Aベストアンサー

No.1,2 の回答者です。

>きっと一般的な答え方があるかと思うのです。それはどちらなんでしょうか。

一応、アクセント辞典や一部の国語辞典では、【gĵoːŋi】の1が正解になっているはずです。これは、標準語を東京中心の関東に置いているからだと思いますが、ここらは、議論の余地があるようです。

以前も、こんなやり取りがありましたので、ここで挙げておきます。

『ガ行鼻音について教えて下さい』
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/795274.html

ここで、一通り説明が出ていますが、
感情論がベストアンサーになってしまっていることは、とても残念だと思います。

別に対立的な問題ではないと思うし、いずれ、あと何十年もすれば、これらの鼻濁音は、消えていくものかもしれませんが、消失していく中で、消えていく文化もあってしかるべきだと想像します。

関西では、多くの人は区分けしていないだけではないでしょうか。関西で、「ガ」の鼻濁音でないほうを、意識して使っているとは思えないのです。もし、そうなら、私の耳にも感知しているはずです。関西出身で、変な関東風の言葉を使う人が目立つだけで、一般の西の人たちは、区分けしないから、違いが分からないのです。

関西では、イントネーションの違いで目立たないのだろうと思います。

ただ、「私が、●●に立候補します」というような、助詞の「が」を、鼻濁音にせずに、その音を強調しますと、かなり印象的に、また心象がよくありません。

関東のいわゆる標準語とされているものが、イントネーションから、使い分けするから、目立つのだと思うのです。(関東地方でも、ガ行鼻濁音を使わない地域もあります)

 小学校(ショーカ゜ッコー)、修行(シュキ゜ョー)
「わたしは映画が好きです。(ワタシωa エイカ゜カ゜スキデsω」
「ワ」や、最後の「ス」は、関東では、あいまい母音の平口の「う」で、はっきりと言わない傾向がつよいのです。

歌では、津軽海峡冬景色(ツカ゜ルカイキョーフユケ゜シキ), 卒業写真(ソツキ゜ョーシャシン) は、鼻濁音を使わないと興ざめかもしれません。

ガマガエル「ガマカ゜エル」など、ガの前に発音がある場合は、鼻濁音になりやすいです。はっきりと違いがでるのは、「大烏(オーカ゜ラス)」と「大ガラス(オーガラス)」です。大ガラスは、オーとガラスの間に区切れができるので、鼻濁音を使いません。
逆に、「日本銀行(ニッポン・ギンコウ)」と「ギ」を鼻濁音を使わないことが多いです。

NHK『鼻濁音は消えるのか』
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/uraomote/002.html

No.1,2 の回答者です。

>きっと一般的な答え方があるかと思うのです。それはどちらなんでしょうか。

一応、アクセント辞典や一部の国語辞典では、【gĵoːŋi】の1が正解になっているはずです。これは、標準語を東京中心の関東に置いているからだと思いますが、ここらは、議論の余地があるようです。

以前も、こんなやり取りがありましたので、ここで挙げておきます。

『ガ行鼻音について教えて下さい』
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/795274.html

ここで、一通り説明が出ていますが、
感情論がベストアンサーに...続きを読む


人気Q&Aランキング