出産前後の痔にはご注意!

「発酵」と「腐敗」の違いを教えてください。

A 回答 (4件)

基本的には同じことです。


で、醗酵と腐敗は「菌の違い」によって起きます。
有益か無益かは人間が勝手に決める話です。
また、醗酵と腐敗の境界線もあいまいで、両者が共存する場合もあるが。
    • good
    • 1

人間に有益か有害かで区別するのは疑問があります。

個人に有益か有害かでしょう。
わたしにしたら、納豆やくさやは腐敗したものです。合宿の朝食で納豆がでてて食堂に一歩入ったら気持ち悪くなって吐いたことがあります。よく腐った物が食えるなと思ってしまいます。
    • good
    • 1

やっていることは同じです。

微生物がとりついたものを分解しているものです。

ただ、その分解してできた成分が人間に有益なら「発酵」、無益または害を与えるものなら「腐敗」と呼ぶわけです。
    • good
    • 1

人間に有用な微生物の働きは「発酵」


人間の害となる微生物の働きは「腐敗」
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精米されていない米を買って、精米機にかけて食べるメリットってなんですか⁈ ■美味しいのですか? ■値

精米されていない米を買って、精米機にかけて食べるメリットってなんですか⁈


■美味しいのですか?

■値段は普通の米より安いのですか?

■精米機はワンコイン等でありますが、市販の精米機を買って自宅に置いた方がコスパ良いですか?(故障しやすいのか?洗ったりしないとダメなのか?)


■精米機を使うと所要時間は何分ぐらいで、精米出来るのか?

Aベストアンサー

精米機にかけて食べる最大のメリットは高級旅館で食べるご飯位、美味しいことです。安い玄米でもとびっきり美味しくなります。賞味期間は7~10日間ですので少量精米できるタイプが良いと思います。

Qもし地球に月という衛星が存在しなかったら?

もし地球に月という衛星が存在しなかったら?
個々に意見をお聞きしたいです

天文学的には 今日のような進化があったでしょうか? 今日の時点で 宇宙まで人類は飛び立つ そんなことができたでしょうか?
海洋学的にも 潮の満ち引きに関心があります。
暦も 旧暦は出来なかったはず その影響も教えてください。
勿論 他にも 現在考えられないようなことがあると思います
それらも 教えてほしいです。

Aベストアンサー

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるからです。

※地球の地軸の傾きは、月ができたときのジャイアント・インパクトによるもので、それが無ければ傾かなかったという説もありますし、月が無ければ傾きの維持が難しくなるのではないか、という説もありますが、地球ほど大きな月を持たない火星も25度ほど傾いていますし、地球の月ほどの衛星が無くても安定していますので、ここでは地軸の傾きは月とは関係ない、とします。

暦は元々「いつ種をまき、いつ収穫するか」と言うことを決めるためにうまれました。最初の暦である「シリウス暦」はエジプトで生まれ、そもそも月よりもシリウス星座を基準に1年が365日であることをしっていましたので、天文学の基礎になる暦は月と相関がなくても発展した可能性が高いといえます。

また、地球が丸いことを証明するのも月ではなく星座の観測によって行われていますので、その点でも月の必要性はあまりないといえます。

したがって、大胆に言えば月がなくても、天文学の進化にはあまり関係なかったといえると思います。

ただ、物理学と宇宙開発と言う次元になると別の問題が生じます。それは「万有引力の法則」とか「衛星」と言う概念がどの時点で芽生えるか、ということと関係しているからです。

地球と月という身近な天体が「なぜお互いの周りをくるくる回るのか?」というのは万有引力の発見に非常に重要ですし、大砲の威力がとても強ければそれは地球を一周しても落ちない「衛星になる」という知識があっても「だからそれが何の役に立つのか?」というところまで人類が思いいたるには時間がかかったかもしれません。

月はつねに「地球を見ている」わけで近代的な物理学の目で「月に立ってずっと地球を見ていたらなにができるのか」という発想が生まれないのは、科学の発展においてかなりの遅延をもたらしたかもしれません。

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるから...続きを読む

Qウイルスには光合成できるものはいるのですか?

ウイルスには光合成できるものはいるのですか?

Aベストアンサー

現段階ではいません。
なぜならウィルスはほぼ「膜」と「遺伝子」だけからなる生き物だからです。
光合成器官である葉緑体を持つには小さすぎるし仕組みも単純すぎるということです。

ただしこれからの進展で光合成と同様の反応をするウィルスが発見される可能性はあると思います。

Qコンセントは二つ穴がありますが一つはアースに繋がってると聞きました。 ですがコンセントの穴が二つある

コンセントは二つ穴がありますが一つはアースに繋がってると聞きました。
ですがコンセントの穴が二つある理由は交流電流のプラスとマイナスが行き来する為だとも聞いたことがあります。
結局どちらが正解なのでしょうか?

Aベストアンサー

二つ穴コンセントの場合どちらもアースに繋がっていません。もし繋がっていれば漏電ブレーカーが落ちて、電気が遮断されます。漏電ブレーカーを上手く通さず、コールドの方をアースに繋ぐと、積算電力計が動かなくなって、ただで電気が使えます。昭和の初期みんなこの手で電気をただで使っていました。そのころは犯罪ではありませんでした。商取引は形あるものの取引でしたので、電気のような形のない物は取引の対象外だったのです。今は、特例で電気も売買の対象になっています。

Q沖縄県民が現実を、民主主義を理解できないのは何故でしょう

国防は国の専権事項です。県民の意思を尊重するのも大事ですが判断するのは国家、国民全体です。
新基地反対と言っても沖縄の人も含め国民に理解できない人も多いでしょう。政府も長年にわたって沖縄の人たちの負担を減らそうと真剣に努力してきました。
まず広大な普天間基地の返還して危険を除去し、跡地を開発して活用するのが最善のはずでしょう。
普天間に大きな事故が起こって人命が失われてからでは反基地運動も意義を問われるでしょう。

辺野古の米軍基地に滑走路を増設するのが「新基地」と言われても良識のある沖縄の人たちや国民全体の理解は到底得られません。もっと現実的な最善の策に方針転換するのが政治家、新知事の役割だと思いませんか。万が一事故が起き犠牲者が出れば反対派や新知事の責任も大きく問われる事でしょう。

Aベストアンサー

#21です。お礼ありがとうございます。

>しかし何故今ある危険を直ちに除去して辺野古のわずかな滑走路を容認しないのでしう。
基地縮小の話し合いはそれからでも継続できるのです。不信ばかり煽っても何も解決しないと思います。

まず、先に書きますが、私は辺野古移設に反対しているわけではありません。そこを念頭に置いてください。

で「なぜ容認できないか」というと、辺野古では「結局、移転しても沖縄から他県に移動するわけではない」という既成事実になってしまうからです。沖縄の人の思いは「なぜ他県は国防の負担しないのか」ということです。

辺野古移転は、普天間などの安全性を高めるにはいいですが、結局「県内移設」というか「沖縄本島の中で移動しただけ」です。それなら、他の問題が出てきても「また県内の他の場所に移設すればいい」と言うことになりかねないし、そこで反対しても「辺野古は賛成したじゃないか」と言質を取られてしまう可能性もあるわけです。

もちろん、辺野古に過激派とか工作員のようなものが入り込んでいるのはよく知っています。だから同じ過ちを繰り返してはなりません。同じ過ちというのはすでに日本政府が成田空港の時点で同様の騒動を経験しているからです。私の実家は千葉ですが、成田の騒動の結果、千葉県はその後30年間に渡って土地収用ができずに開発が遅れに遅れたのです。

だから「辺野古については、速やかに作り、その後に話し合いをすべき」という考えは真っ当であると思いますが、もともと「誰がこじらせたのか」と言う点でいえば、日本国政府の責任は決して軽くないでしょう。

また、沖縄の「意志」を選挙の民意以外で表せば、それこそ辺野古に居る怪しげな連中と同じになってしまうでしょう。それはテロリズムというものです。

テロリズムに陥らずに、日本国政府と話し合いを持ちたい、沖縄の考えを伝えたい、と思うなら今のやり方しかないでしょう。それともほかのやり方がありますか。

だから「沖縄の民意」は民主主義であり、尊重すべきである、ということです。

#21です。お礼ありがとうございます。

>しかし何故今ある危険を直ちに除去して辺野古のわずかな滑走路を容認しないのでしう。
基地縮小の話し合いはそれからでも継続できるのです。不信ばかり煽っても何も解決しないと思います。

まず、先に書きますが、私は辺野古移設に反対しているわけではありません。そこを念頭に置いてください。

で「なぜ容認できないか」というと、辺野古では「結局、移転しても沖縄から他県に移動するわけではない」という既成事実になってしまうからです。沖縄の人の思いは「なぜ...続きを読む

Q「遺伝子組み換え農作物」と「品種改良」の違いってなんですか?

ちまたでは「遺伝子組み換え農作物」は体に悪いと言っている人たちが大勢いますが、そもそも「品種改良」と何がちがうのでしょうか?

僕は「遺伝子組み換え農作物」の技術は優れたものだと思っています。
人口が増え、食料が少なくなることを想定して考えれば、気温・害虫・除草剤に左右されない農作物はとても魅力的だと思います。

「遺伝子組み換え農作物」って、何が悪いのですか?

Aベストアンサー

>「遺伝子組み換え農作物」は体に悪いと言っている人たち

要するに、よく理解していないで「なんか恐い技術」見たいに思ってる馬鹿どもですな。

Q新幹線のグリーン車の食事について

新幹線のグリーン車では、暖かい食事を提供すると喜ばれると思いますがいかがでしょうか?有料でヨーロッパの鉄道で1等に提供するような食事です。

Aベストアンサー

>温かい食事の提供は不可能です。
レンジでチン、で解決します。
最近、あまりにもダメだ、不可能だ、という否定的な
回答が多すぎな気がします。
できる範囲での可能性を提案してみませんか?

Q問題に元素3種類を答えなさい。と書いてあるのですが、なぜ答えには2種類しか書いていないのですか?

問題に元素3種類を答えなさい。と書いてあるのですが、なぜ答えには2種類しか書いていないのですか?

Aベストアンサー

貝殻や卵の殻の主成分なので物質Aは、炭酸カルシウムCaCO3
元素は、カルシウムCa、炭素C、酸素O の三種類

時々、こういうテキストや問題集にも誤植や編集ミス、脱落はあります

Q進化論の考え方について

20年も前に私が学校で勉強した進化論、当時は「突然変異」と「自然淘汰」で説明するのが主流だったように覚えています。現在は進化論というのはどういう説が主流なのでしょうか?

たまにTVで「過酷な環境に適応して進化した」的な説明があると違和感を感じます。現在大学生の方や、進化論を研究している方に教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 当時は「突然変異」と「自然淘汰」で説明するのが主流だったように…
今でもその考えが主流です。

生物の子孫は親の性質を引き継ぐので、
異なる性質の子孫は突然変異でしか生まれません。
植物も同じです。
それが環境に適応するならば生き残り、不適合ならば生き残れません。
これが自然淘汰です。
環境に合わせて進化した、と言う表現は不適切なのです。

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。


人気Q&Aランキング