痔になりやすい生活習慣とは?

複素積分について教えてください。
複素解析学の本に登場する複素積分は殆ど全てが線積分か周回線積分(つまり∫c、∮cの類)ですが、複素2重積分(or複素面積分、つまり∫∫sの類)とか、複素3重積分(or複素体積分、つまり∫∫∫vの類)とかはあるのでしょーか。
それとも複素積分はきほん経路依存なのでこれらは考えるだけ無意味なのでしょーか。

A 回答 (1件)

多変数複素関数論じゃないですか


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%A4%89 …
ちなみに回答子は一変数複素積分しか知らないので詳細はお答えできません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリーマン予想が証明されたとか騒がれていますが ①本当に証明されたんですか? 精査中ではなくて? ②リ

リーマン予想が証明されたとか騒がれていますが

①本当に証明されたんですか? 精査中ではなくて?

②リーマン予想が証明されるとRSA暗号の意味がなくなるというのは巨大素数の素数判定が簡単になってしまうためですか?

③微細構造定数ってなんですか?(高校物理習得者の理解出来る範囲で簡単に説明できますか?)


どれも自分で調べてみたのですが理解できませんでした........

Aベストアンサー

では、①と②

>①本当に証明されたんですか? 精査中ではなくて?

精査中でしょう。

>③微細構造定数ってなんですか?(高校物理習得者の理解出来る範囲で簡単に説明できますか?)

古典的な電子が陽子の周りを周回しているとしたときに(つまり、水素原子)、
その電子の運動速度と光速の比です。

Qアレフ2以上の集合?

アレフ0の集合の冪集合の冪集合とか、アレフ1の集合の冪集合、以外で、アレフ2以上の無限集合があったら教えてください。

Aベストアンサー

>するってえと、結局、連続体濃度以上の濃度を持つ集合は、冪集合でしか作れないと理解しとけばよろしいでしょうか?

一般連続体仮説信奉者ならYes

ただ、この仮説はあってもなくてもZFC(普通の数学を展開するに十分な集合論)とは無矛盾なので、
「一般連続体仮説?なにそれ?」という立場もありです。

Q1+2+3+4+...=-1/12はどうやっても成り立つものなのでしょうか

ゼータ関数Σ1/n^sのsに-1を入れた式が1+2+3+...になるのは式の上で簡単に分かります。
ゼータ関数を解析接続で拡張したあとに-1を入れたら-1/12になるのはそうなんですねといった感じですが、ゼータ関数以外を使って1+2+3+...(のようなもの)を計算したときに-1/12以外にはならないのでしょうか。
ある定義域外の値を入れると式の上で「1+2+3+...」になるような、部分的に定義された正則な関数はゼータ関数以外にもありえそうな気がするのですが、その関数を解析接続で拡張し、その拡張された関数を使って1+2+3+...のようなものを求めても必ず-1/12になるのでしょうか。
また、自然数の総和以外にも、他の本来収束しない数列などに対して解析接続によって与えられる値はどうなのでしょうか。

関数f(z),g(z),発散する数列Anがあり、
ある値p,qがあってf(p)とg(q)が共にAnの極限と式の上で一致し、
しかしf,gをそれぞれ解析接続して得た関数F,GによるF(p)とG(q)は異なる、
といった場合はあり得るのでしょうか。

式の上で一致、という言葉がかなり曖昧ですが初学者の興味ということで…

ゼータ関数Σ1/n^sのsに-1を入れた式が1+2+3+...になるのは式の上で簡単に分かります。
ゼータ関数を解析接続で拡張したあとに-1を入れたら-1/12になるのはそうなんですねといった感じですが、ゼータ関数以外を使って1+2+3+...(のようなもの)を計算したときに-1/12以外にはならないのでしょうか。
ある定義域外の値を入れると式の上で「1+2+3+...」になるような、部分的に定義された正則な関数はゼータ関数以外にもありえそうな気がするのですが、その関数を解析接続で拡張し、その拡張された関数を使って1+2+3+....続きを読む

Aベストアンサー

1 + 2 + 3 + 4 + ... = -1/12 だと言いたがる人は
ある程度以上に数学が解る人の中にも多く、
困ったものだと感じています。
素人を困惑させることが、そんなに楽しいのでしょうか。
数学の楽しみは、ものごとをちゃんと考えることにあるので、
あえて話をわかりにくくして「これがロマンだ」みたいな
ことを言われても、なんだかなあな印象です。
そういうアプローチじゃないことが数学のロマンなんだと、
数学者でない私は考えています。

ゼータ関数 ζ(s) が Re(s) > 1 で ζ(s) = Σ1/n^s と表されることと、
ζ(-1) = -1/12 であることは事実ですが、
ζ(s) が Σ1/n^s で表されるのは Re(s) > 1 の範囲でだけです。
関数の級数表示は収束域が制限される場合があるからこそ、
解析接続に意味があるのです。
1 + 2 + 3 + 4 + ... = -1/12 という式は、ζ(-1) = -1/12 を意味しません。
その式は、左辺が発散しているだけの、成立しない等式です。

Q複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました 複素数で解くとそこまで難しくはないのですが 「ぱ

複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました
複素数で解くとそこまで難しくはないのですが
「ぱっと見がベクトルの問題です」

なのでベクトルで解く方法はありませんか?

(京大なので複素数じゃないと解き難いという引っ掛けなのかもしれませんが....)

Aベストアンサー

厳密にいうと線分AB に対して「三角形ABC が正三角形になる」ような C は 2個あるので, 単純に
三角形 ABC' が正三角形になる
では不十分ではないでしょうか>#1.

とはいえ #1 のように
当該ベクトルで与えられる点が C と一致する
という方針で行けばそんなに難しくなかったりします.

Q論理回路 証明について ブール代数について どのようにして答えに持っていっていいか?わかりません。

論理回路 証明について
ブール代数について
どのようにして答えに持っていっていいか?わかりません。
コツを教えてください。

Aベストアンサー

(1)だけやってみます。
A+(A-)B
=A1+(A-)B
=A(B+(B-))+(A-)B
=A(B+B+(B-))+(A-)B
=A(B+(B-)+B)+(A-)B
=A(B+(B-))+AB+(A-)B
=A(B+(B-))+(A+(A-))B
=A1+1B
=A+B

こんなところかな?

左辺から右辺がでてこなかったら、右辺から左辺を導いて
書き直せばよい。

最初はとっつきにくいが、慣れれば易しい問題だと思えるようになります。

頑張ってください。

Q写真の積分の解き方教えてください!!

写真の積分の解き方教えてください!!

Aベストアンサー

x, y, z のそれぞれの変数に対し, どの範囲で積分するつもりで書いているのでしょうか?

少なくとも, 一番右の積分記号についている範囲はおかしいよね.

Q有限の単語から無限の文を作ることが出来ますか?

ある言語の単語集(有限集合)を与えれら得て、その単語を組み合わせて文を作るとき、無限の文を作ることが出来ますか?

なお、ここで文は(英語の例にならって)ピリオドで完結することとし、ピリオドが無い文は非文として扱うことにします。

Aベストアンサー

文を単語を並べたものと定義するなら、
ー語で無限に文を作れます。

そうでないなら「文」を数学的定義して下さい。

Q”収束する無限積の積の順序変え”

退職した数学好きの年寄りが、家で頭をひねっています。
よろしく願います。

添付した系1.5の証明についての質問になります。(素数とゼータ関数という本のp12です)

ζ(2)はπ^2/6に収束しています。
この時、Π(1+1/p)が発散するので、Π(1-1/p)が0になる事が必要条件だと何となく分かるのですが、ネットを検索しても、中々でてきません。
又、無限積について取り上げている書籍も多くみあたりません。

私は、
ζ(2)はπ^2/6に収束 → Π(1+1/p)=♾でΠ(1-1/p)=0
”Π(1+1/p)=♾でΠ(1-1/p)=0” は ”ζ(2)はπ^2/6に収束"の必要条件と考えています。

この考えが正しい考えか?
と、無限乗積について書かれたwebsiteと書籍をご存知の方
ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたがお気づきの通り考え過ぎですよ。
無限積=部分積という数列の極限値、というもとの定義にかえればよいのです。
表題の無限積の部分積
=1/(ζ(2)に収束する無限積の部分積×無限大に発散する無限積の部分積)
に気づけばp→∞のときにどうなるかはおわかりですね。

Qフィボナッチ数列です。 数列{Fn}の奇数項を抜き出した数列の和を考えます。 F1+F3+F5+……

フィボナッチ数列です。
数列{Fn}の奇数項を抜き出した数列の和を考えます。
F1+F3+F5+……+F2n-1=F2n
となることを数学的帰納法を用いて証明せよ。

この問題教えてください。

Aベストアンサー

「数学的帰納法による証明の組立て」と
「フィボナッチ数列がどういう数列か」が
理解できていれば特に問題となる箇所は無いと思いますが、理解されていますか

数学的帰納法による証明の組立て
ステップ① n=1 で成立を確認
ステップ② n=k で成立を仮定すれば n=k+1 で成立を示す
ステップ③ ①②より全てのnで成立することを宣言

フィボナッチ数列
F(1)=1,F(2)=1
F(k)+F(k+1)=F(k+2)

自分でやってみて、できないようなら、追加説明を考えるので、
どこができないかを補足などで示してください

Q本[素数とゼータ関数]の、リーマンの素数公式

添付した画像で説明します。

これは[素数とゼータ関数]という本の18ページです。
π(x)は素数の個数になります。
中段の等式ですが、
リーマンの素数公式には、ρ(これは非自明な零点)の関数を項にとる総和式(Σ) を項に含んだ多項式は見かけますが、それのみの式(単項式)は見かけません。
関数Mとはどの様な式を指すのでしょうか?
なお、文中に3章〜4章で扱うと書いてありますが、この等式についての記述はありませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%A0%E6%95%B0%E5%AE%9A%E7%90%86#%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E9%96%A2%E6%95%B0
のR(x)すね


人気Q&Aランキング