『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

はじめてメールいたします。

このたび結婚しまして、主人と住宅の購入を
考えております。

夫は、今から5年ほど前に腫瘍を摘出し内容を
調べたところごく微量の癌細胞が発見された
ことがありました。ただ、症状はかるく
抗がん治療の類はいっさいしないで、退院後
は普通に仕事に復帰し、直後の海外出張もこなして
いたそうです。

5年の間も健康状態は至って良好で、医師による
経過監視も来年の5月で終了します。
来年の5月以降、住宅ローンを組んで、団体信用
生命保険に入りたいのですが(これがないと後々
不安ですので。。)告知書には、過去5年より前の
癌について記載する必要がありますでしょうか?

審査の妨げにならないかとても心配です。
ご回答のほど宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

↓ある会社の団信「申込書兼告知書」から抜粋です。



「過去3年以内に下記の病気で(略)2週間以上にわたり医師の治療・投薬を受けたことがありますか。
(略)ガン、肉腫、腫瘍(略)」

#1muse1さんの回答のとおり経過観察も5年前の手術に連なる治療プロセスと看做されます。すなわち予定通り平成17年5月で経過観察終了となり、その後通院が「皆無」だとしても平成20年6月までは「絶対に告知しなければいけない」ことになります。

生命の維持、痛みの緩和が目的である臨床医学で「僅か」「軽い」と言われるものであっても、統計に基づいて将来の危険度を計る生命保険医学では疾病に対する見方が異なります。生命保険医学では「ガンはガン」です。そして一般的にガンは引受不可です。つまり少なくとも平成20年6月までは団信は絶望的だと推察します。

こうした現状を踏まえてのアドバイス。
●もし発病前に加入している生保があれば質権設定が出来ないか確認する(行ければそれを団信代わり)
●団信なしで行ける公庫融資を検討する
具体的にはどんな健康状態であっても加入できる「無選択」死亡保険に加入する。この商品は3年経過しないと満額保障にならないので3年後に融資申込を目指し、3年間は徹底して自己資金を増やす。3年後、団信なし公庫融資を申込み「無選択」死亡保険を自家団信にする。

ただし無選択死亡保険はコストが割高なのと1社あたり300万円が限度なので効率は悪いので、3年間この保険に掛けるコストをも自己資金積立に投入するという方が効率が良いかも知れません。
なお無選択商品は「死亡保険」と「医療保険」がありますが、ここで述べたのは死亡保険の方です。具体的には無選択終身保険という名称で数社から販売されています。検索してみて下さい。

私見ですが、貴方達にとって最もリスクが低い方法は「キャッシュで購入」です。相続税法の改正で相続時清算課税制度を利用して両親から住宅資金贈与を受け易くなっていますので、団信に加入できない事情を話しご両家の両親から援助を受け、ローンを払うつもりで両親に返済していくという選択肢もお考え下さい。

なお告知義務違反は絶対にしてはいけません。
生保一般については社団法人生命保険協会に相談されるのも有用です。

頑張って下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1066530
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
とても勉強になりました。
がんばります。

お礼日時:2004/11/11 20:31

一般的な保険の告知について書かせて頂きます。



>医師による経過監視も来年の5月で終了~~
経過監視中は病院で投薬されなくても発病の検査を受けてるので通院中と言う事になります。
(人間ドック的な検査とは扱いが違います!)

手術は5年前でも通院が続いてる事になりますので告知書に記載する必要があります。
(通院に関しても記載欄があるはずですから)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

勉強になりました。有難うございました。

お礼日時:2004/11/11 20:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン、2000年にガンの手術をしている場合

40代女性です。
中古マンションに住み替えを、と思い、物件も決まり、手続きに
入ろうとしている段階です。

夫46歳、1300万を20年で支払いたいと思っていますが、
夫は2000年の10月に腎細胞癌の手術をしており、腎臓をひとつ
摘出しています。
手術だけで完治、ということで、その後は抗ガン剤等の薬も必要なく
術後5年間、定期的な検査(血液検査、尿検査、CT)でフォローして
いました。
その期間も終わりましたが、検査は続けています。

このような病歴の場合、住宅ローンの審査はどうでしょうか。
団体信用保険は厳しいですか?
よろしくお願いします。
家族構成は、夫婦のみ(妻は専業主婦)です。

Aベストアンサー

検査を受けていることは告知しなければいけなかった気が。。。

ご存知だとは思いますが、問題は「癌」には正式な完治がないことです。
再発の可能性がある以上、保険会社としては厳しい見方をするかもしれません。

ここからは若干悪い話になります。
縁起でもありませんが、万一の時、別の生命保険等で借入額を返済できるのであれば、告知をしないということもあります。
つまり、ご主人さんは癌の告知を受けていなかったことにして団信に
記入をします。3年以内の検査では異常が見られないと言うことが前提です。
もちろん万一の際には団信から充当できませんが、返済ができるなら
なんとかなります。ちなみにこの件に関しては銀行員にはお話をした
時点でアウトです。報告をしないと背信行為になりますので。



私は基本的に生命保険等に加入することができない病気にかかっています。
そこで私は住宅を購入する時は、事業として購入することにしました。
急ぐのでなければ、それも一つの方法かと思います。

Q団信の告知義務違反について

 現在精神疾患(自律神経失調症)により通院しているものです。これから住宅ローンを組む予定なのですが、団信について教えてください。病気を正直に告知すれば、まず団信に入ることは無理だと思われます。自分で既に加入している生命保険がありますので、団信に入れずローンを組んでも、私が死んだ場合のローンの残りは、その保険金ですべて支払いできますが、団信に入ることができれば、私が死亡した場合の残りのローンをなくせるのに加え、他の生命保険金はそのまま手元に残るので、団信に入るメリットは大きいと思われます。銀行のローンは団信加入が条件となっており、団信に入れなければ、フラット35を利用することになります。

(1)団信の申し込みで虚偽の告知を行い、団信への加入が認められた場合、もしローン返済中に私が死亡した場合に、虚偽の告知を行ったことが保険会社に知られる可能性はほぼ100%ですか?

(2)虚偽の告知を行ったことがバレた場合、保険金が支払われないのは当然として、そのほかのリスクは何かありますか。例えば住宅メーカーや銀行と私との間の契約に影響がある、等。もし保険金が支払われないというだけであれば、団信に入らずフラット35で借りるのと状況は変わらず、金利が安い分、虚偽の申告をしてでも銀行から借りた方がいいという判断になりますが。

(3)自律神経失調症であることがバレたとして、私の死亡原因が「自殺」以外の、自律神経失調症とは因果関係のないような病気や事故だった場合、告知義務違反によらず、保険金は支払われるということはないのですか。

(4)告知義務違反の時効の考え方を教えてください(●年経過すれば、その後は告知義務違反を問われず、必ず保険金は支払われる、等)。

道義的な観点のご意見もあるかとは思いますが、それはそれとして、上記の質問にお答えいただければありがたいです。

 現在精神疾患(自律神経失調症)により通院しているものです。これから住宅ローンを組む予定なのですが、団信について教えてください。病気を正直に告知すれば、まず団信に入ることは無理だと思われます。自分で既に加入している生命保険がありますので、団信に入れずローンを組んでも、私が死んだ場合のローンの残りは、その保険金ですべて支払いできますが、団信に入ることができれば、私が死亡した場合の残りのローンをなくせるのに加え、他の生命保険金はそのまま手元に残るので、団信に入るメリットは大き...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)銀行が私の遺族に一括返済を求めることが可能な根拠は何でしょうか
(A)質問者様がお亡くなりなった時点で、
銀行は保険会社から「一括返済」を受けるわけです。
それを質問者様側の過失(告知義務違反)で、
保険会社が支払いをしないわけです。
つまり、銀行はリスクなしに、一括返済を受けられたはずなのに、
それがなされなかったわけです。
銀行としては、保険会社の代わりに、遺族に一括返済を求めて当然です。
銀行は質問者様に融資したのであって、
遺族に融資したのではないのですから。

遺族側としては、一括返済ができないとなると、
遺族が新たなローンを組ませてほしいと考えたくなりますが、
銀行側からすれば、「嘘をついた」家族を信用できるか? 
という問題が生じます。
それは、ちょっと厳しいでしょう。

例えば、銀行から融資を受けていた中小企業の経営者が
亡くなると、銀行は融資の回収にかかります。
中小企業の後継者を信用しないのですよ。
だから、中小企業の経営者は、自分に多額の保険をかけて、
万一の時は、その保険で融資を返済し、さらに、
1年ぐらいの運転資金を確保するのです。
後継者の信用は、その後の経営が問題ないことを証明してから
付いてきます。

融資の対象が変わるというのは、これぐらい厳しいのです。
質問者様から遺族に融資の対象が変わるというのは、
銀行にとっては、大きなリスクなのですよ。
だからこそ、団信という保険が存在しているのです。
だからこそ、団信がないと融資しないのです。

(Q)銀行が私の遺族に一括返済を求めることが可能な根拠は何でしょうか
(A)質問者様がお亡くなりなった時点で、
銀行は保険会社から「一括返済」を受けるわけです。
それを質問者様側の過失(告知義務違反)で、
保険会社が支払いをしないわけです。
つまり、銀行はリスクなしに、一括返済を受けられたはずなのに、
それがなされなかったわけです。
銀行としては、保険会社の代わりに、遺族に一括返済を求めて当然です。
銀行は質問者様に融資したのであって、
遺族に融資したのではないのですから。

遺族側...続きを読む

Q5年前のがんと告知義務

こんにちは。
30代前半の男性で、事務職の会社員です。生命保険の類は、10年前、就職したときに民間の生命保険と共済保険に入りました。
実は5年前、胃がんになりました。幸い発見が早かったので、胃を6割ほど切り取りましたが、根治しております。現在は、数ヶ月に一度ほど通院し、消化を助ける薬をもらっています。
そして、現在、生命保険の見直しを考えていますが、心配なのは告知義務についてです。健康診断でも他に問題は無く、胃の手術からも満5年を経過しました。
胃潰瘍などでの胃切除は問題ないと聞いたことがありますが、「がん」では、もう新しく保険に入ったり、今入っている保険の見直しも出来ないと聞いたことがありますが、本当でしょうか?
年も若いせいか、色々な保険会社の人から勧誘があります。一番良いのはそれらの外交員の方に相談すれば良いのでしょうが、見込みが無いのに、自分の病歴を他人に教えるのは抵抗があります。この掲示板で、ご助言いただければ幸です。どうか、皆様よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、6割切除とはいえ5年間無事にのり切ったとのこと良かったですね。これからも頑張って下さい。たぶん年齢が近いので正しいご判断をして頂きたく応援の気持ちを込めて述べます。

まずガン保険から。
ガン保険の普通保険約款では保障開始前(正確には責任開始日より前)に既にガンに罹患していた場合、次のような規定があります。(ある会社の約款からの引用です)

「責任開始日前のガン診断確定による無効」
被保険者が告知以前または告知のときから責任開始日の前日までにガンと診断確定されていた場合は保険契約者のその「知、不知にかかわらず」保険契約は無効とします。
前項の場合、既に払込まれた保険料は次のように取り扱います。
1)略
2)告知以前に被保険者がガンと診断確定されていた事実を保険契約者または被保険者のいずれか一人が知っていたときは払い戻しません
3)略
※表現は会社により相違あり
※文中「 」は私

ガン保険で有名な会社の約款5冊を確認しましたが、全社この条文がありました。この条文を見てお分かりのとおり「契約前どれぐらいの期間を問う」ということではなく、責任開始日前に事実あればもうダメなんです。
私の知る限り回答者#1dod1972さんが述べられているような「10年経過したら入れる」というような趣旨の条項は見当たりませんでした。(dod1972さん、もしよければ商品名をアップして下さい)

怖いのは「 」内の「知、不知に関わらず」という部分です。悲劇の実例をご紹介します。夫がガン保険の申込をした際に「妻特約」を付けたので夫が告知書に「いいえ」と記入した。数年後、妻がガン入院した際に実は妻が結婚前に子宮ガンに罹患していた事実が発覚し、妻特約は「無効」になったというものです。妻は夫に「ガンに罹ったことがある」と告げていなかったのです。またセールスパーソンは契約時に夫にしか会っていなかったので悲劇を未然に防げなかったんですね。
質問文からは貴方はご結婚されているか分かりませんでしたが既婚または将来の結婚のどちらであっても、この点には注意をして下さい。
以上の理由からガン保険への加入は難しいと推察いたします。

他方、ガン保険以外の商品への加入について。
冒頭にも述べたとおりガン手術後の5年の予後は無事に経過したようですが、ご質問文にある

>数ヶ月に一度ほど通院し消化を助ける薬を

という部分が問題です。
一般的な告知書で問うている主な期間概念は次のとおりです。
●過去3ヶ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬があるか
●過去5年以内に(同上)
●過去2年以内に健診で検査の異常を指摘されたことがあるか

貴方の場合2番目は確実、ひょっとしたら1番目も告知は「はい」となると推察します。そうなると「じゃいつからどういう理由で」と詳細告知を求められるワケです。こうなりますと「ガンの履歴」は明らかになりますので一般的には「引受不可」となる可能性が高いと推察されます。

ただし死亡保障商品では完治後(すわなち定期検査には行っているが再発も治療・投薬も無い)という状態で5年~10年が過ぎれば条件付での引受を検討する会社は一部あると推察されます。条件とは程度により異なりますが割増保険料や一定期間の保険金削減です。もちろんこれらの複合もありますし引受不可となる会社も多いと思います。

ここまでご覧になると「なーんだ」と思われるかも知れませんが、もう一つ。
単純に死亡時の身の回り整理資金として考えるのであれば無条件で入れる「無選択」という商品が一部の会社から販売されています。無選択とは告知を要さないということで、死亡保障商品と医療商品(高齢者向け)が有ります。後者は既往歴や医学上関係のある疾病は一切保障しないという落とし穴のある商品ですが、無選択の死亡保障商品は死亡原因による差別はありません。
販売の確認できた会社です。各社ホームページでも確認しましたので間違いないと思います。
アリコジャパン(加入年齢50歳~80歳)
AIGスター生命(55~80)
AFLAC(40~80)
ソニー生命(20~85)

無選択終身保険の一般的な注意点としては
●保険料が高い
●契約から2年までは既払保険料相当額しか受け取れない
●保険料が終身払のものが多いが総払込保険料が保険金額を上回った時に「払済」にできる会社とできない会社がある
ということをご確認ください。詳しくは各社にお問い合わせください。


本題に戻ります。結局、今の段階(数ヶ月に一度投薬を受けている)では保険加入は厳しいと推察します。お力になれず申し訳ない。

でも悲観するばかりでなく建設的なコメントもしたいと思います。
まずどうして「保険が必要なのか」を今一度精査してみてください。守りたい経済水準が10だとして万が一のバックアップが(α)あると。10-(α)=必要保障(β)です。この(α)とは公的遺族年金や健康保険の高額療養費制度や傷病手当金、勤務先からの福利厚生などがあります。貴方がサラリーマンであるなら相当なバックアップが知らないうちに既に用意されていますよ。ぜひ調べてみてください。ひょっとしたら思っていたよりも「保険は要らない」状態かも知れません。

最後に私見です。本文のとおり新しい生命保険はちょっと困難かも知れません。これを「保険に入れない」というようにではなく「保険に頼らず自分で自分を守る」という自律的な志向にして頂けたらと願います。
生命保険に使おうと思っていた予算を用いて、会社の定期健診では出来ないような最新の検査を受けるという方が「お金を活かす」使い方かも知れません。既に貴方自身もいろいろ勉強されていると思いますが、今はダメでもいつかまたチャンスが巡ってくる年齢だと思いますよ。どうか頑張って納得いく決断をして下さい。

なお「保険に入れないから」という動機で「告知しない」という行為は絶対にしてはいけません。告知義務違反や詐欺に抵触する恐れがあります。以下は不実告知を詐欺と認めた判例です。

「(被保険者)は診察を受け検査等も受けていたのにかかわらずこれを告知せず(略)保険会社に健康状態に問題がないものと誤信させ本契約を締結したものであるから(被保険者)は保険会社を欺罔したものと言わざるを得ない。本契約は無効である」
※出所:生命保険契約法 続最新実務判例集(改定増補版)奈良地裁H11.11.16判決より抜粋

なお生命保険一般については社団法人生命保険協会も相談に応じてくれます。↓

参考URL:http://www.seiho.or.jp

まず、6割切除とはいえ5年間無事にのり切ったとのこと良かったですね。これからも頑張って下さい。たぶん年齢が近いので正しいご判断をして頂きたく応援の気持ちを込めて述べます。

まずガン保険から。
ガン保険の普通保険約款では保障開始前(正確には責任開始日より前)に既にガンに罹患していた場合、次のような規定があります。(ある会社の約款からの引用です)

「責任開始日前のガン診断確定による無効」
被保険者が告知以前または告知のときから責任開始日の前日までにガンと診断確定されていた...続きを読む

Q癌の手術後1カ月で、住宅の購入は可能でしょうか?

癌の手術後1カ月で、住宅の購入は可能でしょうか?

現段階で、ローンも住宅の仮契約も終わっています。
銀行、不動産関係の方には、癌で手術をしたことを
伝えていません。宅地建物取引業務の中の、虚偽に
あたるのではないかと心配しているのですが、この
まま契約を進めていいものでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。


> 団信への書類の記入は術後に記入し、嘘の供述をしています。
そうですか…。


> 告知義務違反が明るみに出るとどのような結果になるのでしょうか?
私の勤務先ではそういうお客さまはいらっしゃらなかったというか、明るみに出なかったので、実際どうなるかは分かりません。
金融機関による…という種類のことでもありますし。


#3さまが仰っているように「もしバレた場合は、契約解除となって全額一括返済を要求される場合があります。。」ということもあるかもしれません。
民間金融機関の住宅ローンの場合は、「団信に加入できること」が融資の条件になっていたりしますので、「虚偽の内容により融資を受けた」として、「期限の利益」を失い、残債の全額一括返済を求められる可能性は考えられます。


「虚偽の内容により融資を受ける」ことは、本来であれば、罪に問われることでもあるんですが、そのあたりは、残債を全額一括完済すれば、大事にはされないのではないかと思います。


銀行が「返済さえきちんとしてくれるのなら…。」と見てくれればいいんでしょうけれどね。
ただし、団信の契約は「なかったこと」にされるので、万が一、ご質問者さまが死亡したとしても、保険金はおりませんので、住宅ローン債務は被相続財産となりますが。
それがご質問者さまのお宅にとって、いいのか悪いのかは、判断できません。


個人的にお薦めしたいのは、今回は「フラット35」に申し込まれることです。
その場合、団信については、正直な内容の「加入申込書兼告知書」を提出してください。
その上で「団信謝絶」となっても、そのこと自体が「フラット35」の審査に影響を与えることはありませんので。


そして、癌について「寛解」となり、3年経過すれば、団信の「加入申込書兼告知書」を正直に記入しても、引っかかる部分がなくなるかもしれません。
そうしたら、「借り換え」をなさればいいのではないかと思うのですが。

#4です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。


> 団信への書類の記入は術後に記入し、嘘の供述をしています。
そうですか…。


> 告知義務違反が明るみに出るとどのような結果になるのでしょうか?
私の勤務先ではそういうお客さまはいらっしゃらなかったというか、明るみに出なかったので、実際どうなるかは分かりません。
金融機関による…という種類のことでもありますし。


#3さまが仰っているように「もしバレた場合は、契約解除となって全額一括返済を要求される場合があります。。」ということも...続きを読む

Q団信が通りませんでした

6年前に中古一軒家を購入したのですが、築47年という事もあって、
今回リフォームとローンの借り換えを検討しています。

銀行への事前審査は通過したのですが、本審査の際に団信加入がNGとなってしまい
ローン契約ができませんでした。

実は、生まれつき先天性の心臓疾患を患っており、
1歳の時に根治手術にて病気自体は治りました。
その後は一切病院にかかることもなく、投薬も一切無く過ごしておりました。
(6年前の住宅ローンを組む際は、この事実を告知した上で通っています)

しかしながら3年前(2009年6月)に胸に違和感を覚え、久しぶりに
病院にかかりましたら、年齢とともに不整脈が若干出ていると診断され、
検査入院を致しました。
その結果、血圧を下げる薬を以後飲むように診断されました。

今回落ちたローンの際は、この投薬の事実を告知に書いたのですが
おそらくこれが原因で落ちたものだと思われます。
(銀行の担当者も、おそらくそうだ、と申しておりました)

また銀行の審査を受ける上で、リフォームの見積は必要ですので
同時並行でリフォームの打ち合わせも進めており、
「ローンが通らない場合は無条件解約できる」という条件付きで
話しを進めています。

もちろん団信NGの場合ローン契約できないのは納得しましたが
噂されている東南海大地震の事や、現在高めの金利で借りている
既存の住宅ローンの事などを考えるとやはりあきらめきれません。
また、年齢が30歳ですので、35年で借りるとなると、
年齢的にも今がベストだと思っています。
また、フラット35を使えば団信は任意という事も知りました。
(ただし、万一の際に残された家族の事を考えると、加入しない訳にはいきません。
銀行の団信は保証会社にひも付いて固定されているそうですが、
フラット35の場合だと自分で選択できる、という事が分かりました)


皆様にお聞きしたいのは

・保険会社が変われば、団信の判断も変わる可能性があるか?
・この状況で何か他の方法があるか?

皆様どうぞ宜しくお願い致します。

(基本情報)
地域:大阪
年齢:30歳
年収:550万
借入希望額:3,200万(内1,400万は既存ローンの返済)

6年前に中古一軒家を購入したのですが、築47年という事もあって、
今回リフォームとローンの借り換えを検討しています。

銀行への事前審査は通過したのですが、本審査の際に団信加入がNGとなってしまい
ローン契約ができませんでした。

実は、生まれつき先天性の心臓疾患を患っており、
1歳の時に根治手術にて病気自体は治りました。
その後は一切病院にかかることもなく、投薬も一切無く過ごしておりました。
(6年前の住宅ローンを組む際は、この事実を告知した上で通っています)

しかしながら3年前(2009年...続きを読む

Aベストアンサー

当方がローンを借りた時の経験です。

中古住宅+土地の購入のために、住宅ローンを借りようと、銀行と打ち合わせをしました。
その時に、健康状態の問い合わせがあり、当方、通院履歴があることを申し出ました。
すると、銀行の担当者が
「団信で落ちる可能性がある。」
と言いました。

「何とかならないのか?」
「ここで借りられないなら、メインバンクを移して他を当たる」
と少々キツイ言葉を言いました。
正直に言って、どうしても購入したかったので、もしメインバンクの変更で借りられるなら、そのくらいのことはするつもりでした。

すると、支店長が現れ、次の提案が出てきました。
・まずは、医師から診断書をもらってきて欲しい。
・その診断書を提出して、仮に、団信がダメだったら、支店長が本店にかけあう。
 ただし、現在加入している生命保険を担保にしてもらう必要がある。
・それでもダメなら、支店長決済で何とかする。
 ただし、金利は、一般の住宅ローンよりも高くなる。
 (つまり、住宅ローン扱いにはならないということです。)

結果的には、診断書を提出し、団信が通ったので、住宅ローンを借りることが出来ました。

上記のように、団信が通らなくても、銀行側としては、何種類か対応策があるようです。
全部の銀行で、このように配慮してくれるかは、わかりませんが。
銀行の担当者に聞いてみてはいかがでしょうか?

あと、医師から診断書をもらうときに、
「住宅ローンを組みたいのですが、ダメでしょうか?」
と医師に正直に聞いてみました。
すると、
「できるだけ配慮して書いておきます。」
「無論、嘘は書けないので、あくまで行間での配慮ですよ。」
と言ってくれました。しかし、
「最近は、高血圧や、高脂血症などでもローンを組めない人もいるから、あなたの場合どうなるかはわかりませんよ。」
とも言われました。

医師も結構、この手の相談には慣れているようでしたので、質問者さんも、医師にも相談してみてはいかがですか?
何か良い方法を知っているかもしれません。

参考になれば。

当方がローンを借りた時の経験です。

中古住宅+土地の購入のために、住宅ローンを借りようと、銀行と打ち合わせをしました。
その時に、健康状態の問い合わせがあり、当方、通院履歴があることを申し出ました。
すると、銀行の担当者が
「団信で落ちる可能性がある。」
と言いました。

「何とかならないのか?」
「ここで借りられないなら、メインバンクを移して他を当たる」
と少々キツイ言葉を言いました。
正直に言って、どうしても購入したかったので、もしメインバンクの変更で借りられるなら、そのくらい...続きを読む

Q住宅ローン審査で既往症がある場合ローンは不可?

3月に入り、何軒か内覧した結果、本日1200万円の中古マンション(リフォーム物件)を購入することにしました。
現在51歳、年収は550万円の会社員、妻は47歳、年収180万円子供はおりません
仲介業者さんに300万円を頭金に購入シュミレーションをたてていただき、話を進める段階になったときに、住宅ローンを組むにあたって、審査の中に既往症の有無を問われ、癌を患っていることを告げると難しいかもしれないと仲介業者担当の方に言われました。なるべく頑張ってみますと言ってくださったのですが、マンションを購入することができるのか不安になってしまいました。
8年前に癌になり、4年前に再発、2度手術をして癌を切除することに成功し現在は治療をせず、2ヶ月に一度通院検査を続けています。今のところ再発兆候はなく安定しているので、将来設計を考え、賃貸で9万円のマンションに住み続けるより出来るだけ負担が軽いローン返済で中古マンションを購入した方が良いと考え購入に踏み切ったところでしたので、ショックを隠せません。可能な限り繰上げ返済をして早めにローン返済完了したいとも思っています。
既往症のある私にローン審査が通る方法はあるでしょうか?

3月に入り、何軒か内覧した結果、本日1200万円の中古マンション(リフォーム物件)を購入することにしました。
現在51歳、年収は550万円の会社員、妻は47歳、年収180万円子供はおりません
仲介業者さんに300万円を頭金に購入シュミレーションをたてていただき、話を進める段階になったときに、住宅ローンを組むにあたって、審査の中に既往症の有無を問われ、癌を患っていることを告げると難しいかもしれないと仲介業者担当の方に言われました。なるべく頑張ってみますと言ってくださったので...続きを読む

Aベストアンサー

多くの民間金融機関の住宅ローンでは、「団体信用生命保険に加入できること」がローンの要件となっていますので、団体信用生命保険に加入できない場合には、住宅ローンを借りることができません。

既往症がある方→団体信用生命保険に加入できない→住宅ローンが借りられない という図式になっています。

仲介業者担当の方がどれだけ頑張られても、団体信用生命保険の加入審査は、保険会社が行いますので、「無理なものは無理」となります。

> 8年前に癌になり、4年前に再発、2度手術をして癌を切除することに成功し現在は治療をせず、2ヶ月に一度通院検査を続けています。
再発・手術が4年前ですと、おそらくこちらは告知事項から外れるのではないかと思います(告知書は過去3年以内の手術歴となっていることが多かったと記憶しています)。
ただし、2か月に一度通院し、検査を受けている…という点が告知事項になると思います(告知書は3か月以内の通院歴となっていることが多かったと記憶しています)。
医師の診断書などを追加で提出させ、それによって判断される…ということもありました。
間に入る住宅ローンの窓口金融機関でも、保険会社から提出を指示される書類等について、お客さまに依頼する…というカンジで、感触も分からないんです。
あれこれ提出させて、結果、謝絶…ということも何度もありました。

ですが、#1さまも仰っているとおり、全ての金融機関の全ての住宅ローン商品で、団体信用生命保険に加入できなければ住宅ローンを借りることができない…という訳ではないので、
・対象物件が「フラット35」の適合条件に合っていれば「フラット35」を使う
・東京スター銀行など、団体信用生命保険への加入が任意となっている住宅ローン商品を利用する
ということを検討されてもよろしいかと思います。

東京スター銀行では、団信不加入の場合は、法定相続人のうち最低1人を連帯保証人に…という条件がありますので、妻が連帯保証人にならなければなりません(収入の多寡にかかわらず)。

物件価格が1,200万円で、住宅ローンを利用されて取得…となると、必要資金は1,300万円程度は見積もりたいところですね。
自己資金が300万円ならば、住宅ローン借入額は1,000万円になるでしょうか。

現在の賃貸の家賃が9万円ですか…。
現在と同レベルの生活を維持するには、住宅ローンの毎月の返済額を(ボーナス返済なしで考えて)、この8割程度に抑えるべきなんですが、そうするためには返済に14年かかってしまう計算になるんですよね。
現在の一般的な定年年齢である、60歳までに完済できるように返済期間を設定したうえで、住宅ローンの毎月の返済額が、現在の家賃の8割程度に抑えられるとよかったんですが…。
60歳までに完済できるように返済期間を設定すると、毎月の返済額は12万円程度になるのですが、どうでしょう、毎月12万円を住宅ローンの返済に充当できそうですか?

ボーナス返済は極力「なし」にしてくださいね。

蛇足ですが…。
私自身、子宮筋腫を患っておりまして、団信加入ができません。
発覚直前に住宅ローン契約をしたものの、借り換えはできません。
現在、金利が下がっているので、借り換えしたいんですけれどね。
癌化の可能性は低いと担当医は言っていますが、団信では子宮筋腫の既往がある場合、子宮全摘手術以外、団信加入が不可能らしいんですよね…。

多くの民間金融機関の住宅ローンでは、「団体信用生命保険に加入できること」がローンの要件となっていますので、団体信用生命保険に加入できない場合には、住宅ローンを借りることができません。

既往症がある方→団体信用生命保険に加入できない→住宅ローンが借りられない という図式になっています。

仲介業者担当の方がどれだけ頑張られても、団体信用生命保険の加入審査は、保険会社が行いますので、「無理なものは無理」となります。

> 8年前に癌になり、4年前に再発、2度手術をして癌を切除すること...続きを読む

Q団信の健康診断結果の告知について

団体信用生命保険について教えて下さい。

告知書には過去3年、過去2年、直近3ヶ月についての3つの告知項目があります。

1)過去3年の部分には
【告知日より過去3年以内に下記の病気やそのうたがいで手術を受けたこと、または2週間以上にわたって、医師の診察・検査(異常なしは除く)・治療・投薬・指示(要経過観察を含む)・指導(産業医等による療養の指示・各種指導等を含む)を受けたことがありますか?
(※2週間以上にわたってとは転医・転科を含め、初回から最後の受診日・検査日または投薬終了日等までの期間のことをいい、その間の回数は問いません)】

・・・と書かれてありますが、こちらは健康診断の結果は該当しますか?

2年半前に会社の健康診断を受けて要受診が1つ、要観察が2つありましたが、通院・投薬などを一切していなければ告知は不要でしょうか?
健康診断の結果も必要云々とはこの項目には書かれてはないので告知は不要かと思ってるのですが…。

ちなみに、たまたま別件で保険屋さんが自宅に来たので聞いてみたのですが、健診当日のみで2週間以上にわたっていないので告知の必要はないでしょうと言われました。
ただ、この団信の保険会社に聞けば全て書くするように当然言われると思います、とのことでした。


2)過去2年の部分は、健康診断や人間ドッグで指摘(経過観察含む)されたことがあるかを聞いてますので、間違いなく告知は必要だと思っています(2回分の健康診断)。
ただ、ここでも問題があります。

血圧が高かったので2回測り、2回目の数値は下がりました(130-89で経過観察)。下は2回目の方が上がってしまいましたが…。
これは1回目の数値は無視しても問題ないですか?

先ほどの保険屋さんはその2回目の値を見ての判定なので記入は2回目で良いと仰ってましたが合ってますか?


3)その半年後(今から1年前)に転職のため、別の会社で健診を受けましたが、診断書の書式が変わり、前の健診なら経過観察の数値でもただ数値が書かれてるだけです。(例えば中性脂肪が40mg/dl)
これは各数値に判定がつく以前の会社の形式とは違い、業務の適否を判断するだけの健診だと思われますので完全な異常値でなければ大丈夫という判定なのかなと考えてます。
備考欄も空白で指示も特にありません。
こちらの診断書については何の異常もないと捉えて問題ないでしょうか?


4)上記の転職時の健診の血圧の数値は139-79でしたが、過去2年以内の告知が必要な項目では『130-89(1年半前)』と『139-79(1年前)』はどちらを記入すべきですか?
上下の高い数値がそれぞれに分かれてるので悩みます。

『139-79』は書式は違うからでしょうが、何の指摘もされなかったということは、『130-89』の方を書くのが正解でしょうか?


5)そもそも通院・投薬歴は一切ナシで健診結果まで開示は出来るものなのでしょうか?
万一の時にはどこまで調べられるのでしょうか?


6)今回のような内容で団信(特に3大及び、8疾病)は厳しいでしょうか?
現段階の自己判断では過去3年を問う箇所は全て『いいえ』、過去2年を問う箇所は血圧数値を『130-89』の告知で考えていますが間違ってないでしょうか?
健康診断書の添付も考えましたが、2回測った時の1回目の血圧数値を見られると通らない気がするので…。(ローン額は2000万以下なので提出は不要とはなってます)


非常に細かく面倒な質問内容ではあると思いますが、こういったことに詳しい方や専門の方、教えて頂けたら助かります。
長くてすみません・・・。
宜しくお願い致します。

団体信用生命保険について教えて下さい。

告知書には過去3年、過去2年、直近3ヶ月についての3つの告知項目があります。

1)過去3年の部分には
【告知日より過去3年以内に下記の病気やそのうたがいで手術を受けたこと、または2週間以上にわたって、医師の診察・検査(異常なしは除く)・治療・投薬・指示(要経過観察を含む)・指導(産業医等による療養の指示・各種指導等を含む)を受けたことがありますか?
(※2週間以上にわたってとは転医・転科を含め、初回から最後の受診日・検査日または投薬終了...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

一番、肝心なことが一言も触れられていません。
団信の告知は、「下記の病気やその疑い」という条件が有り、
下記の病気と言うのが、ずらりとリストアップされています。
つまり、それに該当することを「言われた」または「書かれた」
のでしょうか?

健康診断で血圧が150あろうが、200あろうが、
「高血圧症の疑い」と書かれなければ、告知不要です。

Q団信の健康告知について教えてください

はじめまして、こんにちは。
現在、家を建てる予定の30歳前半の夫婦です。
契約も済み、間取りなども決まり、あとは建築申請と
銀行の借り入れの申し込みだけです。
以前、銀行の事前審査(仮申請?)には通り、
本審査も大丈夫でしょうと住宅販売の人には
言われてたのですが、本審査のことで気になることがあります。


団信の健康告知の欄で

1.3ヶ月以内に医師の治療(指示・指導)・投薬を受けたことがありますか
2.過去3年以内に下記の病気で手術を受けたことまたは二週間以上にわたり医師の治療(指示・指導を含みま
す。)・投薬をうけたことがありますか

とあります。

主人は4年前にバセドウ病(甲状腺機能亢進症)で20日ほど入院したことが有り、今も薬を飲んでいます。(投薬治療だけで手術などは受けていません)

投薬治療で治る病気だといわれているのですが、やはり、4年前からまだ投薬中だと団信に加入できない可能性が高いでしょか?

知り合いの不動産業(今回の住宅購入には関係ない不動産の人です)には、『癌とかの死ぬような病気じゃないから大丈夫じゃないの?』と言われたのですが、実際のところはどうなのでしょう?

生命保険に詳しい方、同じような立場だった方、どうぞご回答をよろしくお願いします。

(まだ本審査申込用紙を銀行には提出していませんが、告知欄に病気のことは記載しています。そのまま正直に記載し申し込むつもりですが、やはり結果が気になってしまいます。)

はじめまして、こんにちは。
現在、家を建てる予定の30歳前半の夫婦です。
契約も済み、間取りなども決まり、あとは建築申請と
銀行の借り入れの申し込みだけです。
以前、銀行の事前審査(仮申請?)には通り、
本審査も大丈夫でしょうと住宅販売の人には
言われてたのですが、本審査のことで気になることがあります。


団信の健康告知の欄で

1.3ヶ月以内に医師の治療(指示・指導)・投薬を受けたことがありますか
2.過去3年以内に下記の病気で手術を受けたことまたは二週間以上にわたり医師の...続きを読む

Aベストアンサー

以前にも別の方に回答をさせて頂いたことがあるのですが
私も特定慢性疾患があり団体生命保険には悩みました。
告知義務違反をして申し込みも考えましたが、
万一 謝絶になっても対応できるにフラット35を選択
団体信用保険に申込みを行い、結果は通過いたしました。

事前に幹事保険会社に、現在の投薬状況を問い合わせ時では、
実際の団信申込書で対応するとの事で、満足な回答は得れませんでした。
主治医より診断書を発行してもらい、団信申込み時に添付いたしました。
本来は、添付必要書類でないのですが、治療内容に詳細に書き込み
別添診断書と記載して申し込みいたしました。

仮に団信謝絶となった場合でも、対応できる融資方法や
団信不加入時における死亡時のローン返済へ対応できる一般保険等の
準備が必要と思います。

今回のご相談は本融資(本来の住宅ローン)の団信加入でのご質問ですが
つなぎ融資(中間金用ローン)の予定はありますか?
銀行によってはそれに対しても、別の団信加入必要な場合があります。
その際、謝絶になった場合 本融資仮承認が出てもつなぎ融資実行不可が
ありますので、事前に色々なケースを想定して契約先と相談なされては
いかがでしょうか?

がんばって下さい。

以前にも別の方に回答をさせて頂いたことがあるのですが
私も特定慢性疾患があり団体生命保険には悩みました。
告知義務違反をして申し込みも考えましたが、
万一 謝絶になっても対応できるにフラット35を選択
団体信用保険に申込みを行い、結果は通過いたしました。

事前に幹事保険会社に、現在の投薬状況を問い合わせ時では、
実際の団信申込書で対応するとの事で、満足な回答は得れませんでした。
主治医より診断書を発行してもらい、団信申込み時に添付いたしました。
本来は、添付必要書類でな...続きを読む

Q【住宅ローン】団体信用生命保険で却下され、代わりのローンについて 健康 病気

いつも参考にさせて頂いております。今回は住宅ローンについて
お尋ね致します。
私の友人のお話で恐縮ですが質問をさせてください。
過去ログもいくつか参考にさせて頂いたのですが今ひとつ不明なとこ
ろがございます。

【経緯】
 「ろう★ん」に住宅ローンの申し込みを行うべく審査を申し込みま
 したが、保険会社から却下されたとかで、困っております。
 ・先日の会社で行われた人間ドックで大腸ポリープが見つかり、
  約1ヶ月までにポリープの摘出を行ったこと。
 ・友人は約10年前に脳梗塞を患い、今は元気にしていますが、
  血液がさらさらになる薬をそれ以来毎日飲んでいること。
 を、正直に告知したようです。

【質問事項】
 1)他の金融機関へ申し込んでも結局は同じ保険会社に取り次がれて
   結局はNGとなってしまうのでしょうか?
   たとえば「みず★」とかです。
   ブラックリストに載っちゃってどこの金融機関もNGになる!

 2)団体生命信用保険を使用しない金融機関はございますでしょう
   か?
    → 過去ログから「東京ス★ー銀行」ぐらいでしょうか
      住まいは現在埼★、購入は神★川県を考えているよ
      うです。

よろしくおねがいいたします。

いつも参考にさせて頂いております。今回は住宅ローンについて
お尋ね致します。
私の友人のお話で恐縮ですが質問をさせてください。
過去ログもいくつか参考にさせて頂いたのですが今ひとつ不明なとこ
ろがございます。

【経緯】
 「ろう★ん」に住宅ローンの申し込みを行うべく審査を申し込みま
 したが、保険会社から却下されたとかで、困っております。
 ・先日の会社で行われた人間ドックで大腸ポリープが見つかり、
  約1ヶ月までにポリープの摘出を行ったこと。
 ・友人は約10年前に脳...続きを読む

Aベストアンサー

私も住宅ローンの申込み時に、健康上の理由から団信の審査が通らなかった者です。
その他の条件が違うので同じようにはいかないかも知れませんが、ご参考になれば幸いです。

私は20代後半から30代前半にかけて2回心臓の手術をしています。
そのため、友人の方と同じく血液がさらさらになる薬を毎日飲んでいます。

団信については申し込みをする金融機関によっては、別の生命保険会社になるかもしれませんが、
たとえ保険会社が違っていても、審査に通るのは難しいと思います。
なので、団信は通らないという前提で住宅ローンを捜されたほうが良いと思います。

住宅ローンの契約に、団信の加入が必須という金融機関がほとんどですが、交渉によっては団信
の加入なしで契約することが可能になる場合があります。

私の場合は最終的には病気になる前に入っていた生命保険と、母親が連帯保証人になることによって
住宅ローンの審査が無事通りました。

審査が通るまで都市銀行、地方銀行など7~8行以上で申し込みを行いましたがどこもダメでした。

ちなみにローンの契約をしたのは「ろう★ん」です。

その後「中央☆井信託」で住宅ローンの借り換えをしましたが、そのときも生命保険+母親の連帯保証
でOKでした。
母親は裕福でもなく、無職で年金収入のみです。

団信に入れないといのは条件としてはかなり厳しいとは思いますが、数をあたることと、粘り強く
交渉することで道が拓けるかも知れません。

ご友人の方が無事に契約できるといいですね。

私も住宅ローンの申込み時に、健康上の理由から団信の審査が通らなかった者です。
その他の条件が違うので同じようにはいかないかも知れませんが、ご参考になれば幸いです。

私は20代後半から30代前半にかけて2回心臓の手術をしています。
そのため、友人の方と同じく血液がさらさらになる薬を毎日飲んでいます。

団信については申し込みをする金融機関によっては、別の生命保険会社になるかもしれませんが、
たとえ保険会社が違っていても、審査に通るのは難しいと思います。
なので、団信は通ら...続きを読む

Q団信 告知義務違反が判明したら即解約となるのか

住宅ローン借入者が亡くなりました。
遺族が団信保険請求を行おうとしたところ、告知日以前の通院暦を告知していなかったことが判明しました。どうやら高血糖の治療を行っていたようです。

 ・告知時点では糖尿病の確定診断はされていない
 ・直接の死因は別の疾病である
という状況を踏まえても、契約解除は避けられないのでしょうか。
営業担当者に不告知をすすめられたような話も聞いていますが、それを証明するすべもありません。最終的に不告知を意味する書類に本人が判を押したわけですので、救済の余地はありませんよね。

心の準備をしておきたく、お詳しい方がいらっしゃればご教示ください。

Aベストアンサー

(Q)平成9年以降継続的に通院していた事実や、(情報が後出しで申し訳ありませんが)3年前に脳梗塞を発症したことなどを理由に、時効が成立しなくなる可能性はあるのでしょうか。
(A)「平成9年以降継続的に通院していた事実」があると
時効が成立しないかのように、約款には書かれていますが、
商法の時効は5年ですから、それに従うことになります。

契約後に発症した脳梗塞は無関係。

(Q)仮に、時効成立となったら保険金は支払われると考えていいのでしょうか。
(A)考えて良いでしょう。

支払われる・支払われない……
どちらにしても、請求しなければ、結果は出てきません。
保険会社が支払を拒否したら、その時点でどうするかを
考えれば良いことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング