人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 工事等で使用する発電機(3相 400V 100KVA 50Hz)を
年に1回ほどレンタルして使用しているのですが、
この発電機の接地について悩んでいます。

 電技や労安則では、機器接地が求められていますが、

(1)機器本体の接地「C種」(感電防止)

(2)発電機の中性点「B種」(漏電検知用)

 レンタルした発電機では、CとBが一緒になっている物があり、
対処に悩んでいます。 

 極端なことを言えば、C種を掛けなければ、Bも不要なのですが
法規違反になりそうです。

 以前に、発電機の機器本体の接地を掛けた処、知らない内に
30mA漏電検知リレーが作動して遮断しており、発電機の用をなさず
困ってしまい(原因:不平衡負荷が多かった)、違法を承知で
接地を外して2日間をしのいだ事を経験しています。
 
 何方か、移動用発電機の接地をどうのようにすれば良いのか
ご存知の方はアドバイスをお願いします。

 発電機の置き場所は、電気取り扱い者以外でも触れる事の
可能な、一般道路付近です。

 (例)・適用除外の法規等を知っているとか
    ・正しい接地の掛け方

 以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

詳しい事は分りませんが、発電機の機能接地とJISやIECの機能接地は別のものだと思います。


電技等にも知る限りでは載っていないようです。

自分が参考にしている資料は、建設業電気保安技術協議会(建電会)発行の「工事用電気設備必携」平成10年改訂版です。
たぶん市販はされていないと思います。

無断で引用するのもなんなので、要約すると
機能接地:漏電リレーを動作させる為の接地。直接接地方式・コンデンサ接地方式・高抵抗接地方式がある。
コンデンサ接地方式・高抵抗接地方式:発電機の中性点からコンデンサまたは抵抗を介して大地に接地し、漏えい電流を漏電リレーが動作する程度に抑える方式。

一般の発電機がどの方式を使用しているかは不明です。

この回答への補足

調査して判った事を報告して、この質問を締めたいと思います。(12/3付)

1,D社に問い合わせを行い疑問点をぶっつけて教えて貰いました。
 
 D社の200/400V移動用発電機はD社のHPにもある通り、
 コンデンサー接地(機能接地端子を接地して:中性点接地を言い換えている)
 (1線地絡時の漏洩電流を60~90mAに押さえている)
 発電機の機能接地は100オーム以下が望ましい。

 *発電機本体接地と機能接地は共用して接地するのを、
  (建設)五社電気研究会の「移動用発電設備に関する地絡保護指針」では
  推奨している。
  (この指針の入手は難しいでしょうとの事)

2,上記の回答(口頭)を得て、その他の規格類や専門書を調査した結果

 私の社内規則としての提案は、

 「移動用発電機の外箱接地と機能接地は共用同一にして」、
  C種(漏電遮断方式なので500Ω以下ですが、工場の実力は10Ω以下)で接地を掛ける。

 として行い、電技等を満足させます。

*「機能接地」はJISを引用して説明分を添付します。
  (動作を保証し、機能を果たす為の接地として)
 
 以上です、アドバイスありがとうございました。
 アドバイスを元にして調査の方向が決まりました。

補足日時:2004/12/03 15:28
    • good
    • 2
この回答へのお礼

更なる、ご回答ありがとうございます。

 質問掲載後、移動用発電機メーカーのHP等を調べましたが、未だよく解りません。

 労働安全衛生規則第333条は、「(移動・可搬)電動機械」への記述であり、
「(移動・可搬)発電機」への適用はどうなるかも、私自身良く解かっていません。
 
 建設業団体では発電機の接地の事を取り上げておられるようなので、その辺りも
 私自身で再度調査し、理解に努めてみます。
 
  また移動用発電機メーカーにも、技術上・法規上の件で問い合わせています。
 解りましたら、この場に掲載します。 

お礼日時:2004/11/16 11:58

移動用発電機に関する資料は少なく自分も悩んでいます。



混触の可能性の無い発電機の中性点接地をB種と呼ぶのか疑問なので、とりあえず中性点接地と呼させて頂きます。

移動用発電機には中性点接地式と非接地式が有るらしいです。

中性点接地式なら、中性点接地とC種は共用しても問題ない気がします。(自信なし)
接地式の移動用発電機は見た事が有りませんが、400Vには有るのかも・・・?。

非接地式の場合、中性点接地の代りに機能接地が必要となります。
機能接地の推奨抵抗値は100オーム以下です。
ご存知かもしれませんが、機能接地は単独で接地しなければなりません。
自分の場合、どうしても単独で取れない場合は、接地抵抗を10オーム以下に落して共用させています。

不平衡負荷が多い事が漏電誤検知の原因にはならないと思いますが・・・?

あと、接地工事には1種電気工事士の資格がいるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとう御座います。参考になります。

非接地式(中性点接地をしない方式ですね)の「機能接地」とは
電技にはないようですが、JISやIECにある機能接地の事でしょうか。
 
 経験した、高感度漏電検知器付き発電機での不平衡負荷の件は、
よくよく考えるとつじつまが合わないのですが、メガチェックではOKでした、
確かに、機能接地をその場所近在にあった建屋架台に掛けましたので、
その影響があったのか、負荷機器の動作タイミングで漏電したのかは
今となっては判明しません。(当時を思い出して考えてみます)
 
 接地工事の資格者要件については、建設工事業界の指導では電気工事士に
任せるようになっているようです。(現在各種規則・基準を調査中です) 
 
 また何か判りましたら教えて下さい。ありがとう御座いました。

お礼日時:2004/11/12 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10kw未満の移動用発電機の接地工事について

10kw未満の移動用発電機の接地工事について
電気工事士法では、接地工事を電気工事士に限定しています。しかし、平成21年2月1日に施工規則が改正されたことに伴い、一般用電気工作物である10kw未満の移動用発電機の接地工事であれば電気工事士の資格が無くても作業を行っても良いと解釈しているのですが、間違いありませんでしょうか?

参考【以下の条文です。】
電気工事士法施工令第二条第二項一ロ
接地線を一般用電気工作物(電圧六百ボルト以下で使用する電気機器を除く)に取り付け、若しくは取り外し、接地線相互若しくは接地線と相互に接続し、又は接地極を地面に埋設する作業

これが電気工事士が行わなければならない作業

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平成21年2月1日の改正では
あらかじめ用意された接地端子(コンセントや分電盤の)に機器からの接地線を接続する行為
もしくは機器同士を接地線で接続する行為を、
軽微な工事とみなし工事士の資格は不要となったと聞いています。

接地極を埋設したり、接地線を延長接続したりする行為は以前のまま工事士の資格が必要なはずです。

参考URL:http://www.nisa.meti.go.jp/safety-chubu/hokuriku/denki/kojishi/aircon081203.pdf

Q移動式発電機の資格に関して

現行法では、個別分散型発電機の資格は10kw未満の物に関しては資格者(電気主任技術者)が不要です。
しかし、移動式(工事現場等の発電機等商用電源に接続しない物)に関してはどのような資格がいるのか?
またいらないのかが色々調べるけれど分かりません。
ご存じの方がありましたら、法令も含めて教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

レスがつかないので、簡単に書きます。

まず、建設現場で使用する発電設備も、10kW未満の場合は
一般電気工作物の扱いになりますが、それ以上の物は移動用電
気工作物(自家用電気工作物に準拠)に区分されます。

電気事業法第38条、施行規則第48条に区分は書いてあります。

移動用電気工作物は
・保安規程の作成・届出 電気事業法42条、施行規則第50,51条
・主任技術者の選任・届出 電気事業法43条、施行規則第52から56条
・技術基準の適合・維持 電気事業法39条 人的危害、物的損傷の防止
・定期自主検査 電気事業法46条、施行規則第57から61条
をベースとして、必要最低限の国の直接監督によって運用しています。

色々と、細かい規程があるんですが、リース業者から借りた場合ですと

○工事計画の事前届出 電気事業法47,48条、施行規則第62から67条
によりますが、リース業者において工事計画の届出がされていれば、改めて
建設業者は届出を出さなくてもいいです。

○主任技術者の選任・届出 電気事業法43条、施行規則第52から56条
により、建設業者は工事用発電設備および工事用需要設備を使用する建設
現場などもしくはこれを直接統括する事業場に各々電気主任技術者を選任し
届出を行う必要があります。

ただし、主任技術者に選任できる資格は、
1.有資格者(電気主任技術者)
2.許可基準にある者(500kW未満 第1種電気工事士 相当)

ですが、建設現場においては
3.(社)日本内燃力発電設備協会が定める専門技術者(据付、保全両資格保有者)
4.(社)全国建設機械器具リース業協会が定める設備技術者
についても許可が受けられます。

○保安規程の作成・届出 電気事業法42条、施行規則第50,51条

○使用開始の届出 電気事業法53条、施行規則第87,88条
88条で定める様式60の「自家用電気工作物使用開始届出書」を毎半期の
最終月の翌々月末日までに所轄経済産業局長に届出る。

こんにちは。

レスがつかないので、簡単に書きます。

まず、建設現場で使用する発電設備も、10kW未満の場合は
一般電気工作物の扱いになりますが、それ以上の物は移動用電
気工作物(自家用電気工作物に準拠)に区分されます。

電気事業法第38条、施行規則第48条に区分は書いてあります。

移動用電気工作物は
・保安規程の作成・届出 電気事業法42条、施行規則第50,51条
・主任技術者の選任・届出 電気事業法43条、施行規則第52から56条
・技術基準の適合・維持 電気事...続きを読む

Qアースの取り方

アースの取り方
素人質問で申し訳ありません
可搬型低圧発電機より仮設で電源施工することになり、スター結線の中性点よりすぐ近くの大地に銅棒にて接地をして三相4線にて40mほど配線し、仮設盤AのELCBにつなぎこみ、その地点の近くの大地に銅棒にて接地し三相4線+アースの状態にしました。
仮設盤Aの一次側から分岐してさらに40mほど三相4線にて配線し仮設盤BのELCBにつなぎこみ仮設Aと同様の状態にしました。
この状態で使用した場合、発電機の出力電圧が異常になる場合があるといわれました
アースは一点にするべきだというのですが、どのような理由からなのでしょうか?
お分かりになる方ご教示下さい

Aベストアンサー

ドイツ等ヨーロッパでは、5芯ケーブルが日常的なのですが日本では…と思い言及しただけです。
必要な線数の布設、または保護用アースは接地で行うのもOKです。

Q機械のアースの取り方を教えて下さい。

機械のアースの取り方を教えて下さい。
コンクリートの上に据置しているだけの状態ですが、アースを取っていると言えるのでしょうか?
やはり、コンクリート内にアンカーでも打ち込んでやらないといけないのでしょうか?
その場合、深くした方が良いのでしょうか?
何か、基本的な事の気がするのですが、皆さん御願いします。

Aベストアンサー

お尋ねのアースと言うのは電気機器のアースのことでしょうか?

そうだとして・・・
アースは法的に義務づけられている場合とそうでない場合があります。
アースする場合は、電気工事士資格を持つ人でないと接地工事はできません。配線済みのアース端子に接続するだけなら誰がやってもかまいません。

参考までに申し上げますと、コンクリート内にアンカーを打つだけでは所定の接地抵抗値は得られません。

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Q3相4線式発電機の接続の仕方について

停電対策で我社も発電機を準備しましたが、3相4線式の発電機で、事務所の配電盤は、
3相3線式と単相3線式の2系統があり、発電機のメーカーの説明では図のとおりで
3相3線式はUVWに接続し、単相3線式はOを中性線とした、UOWかVOWかUOV
に接続すれば、発電機能力の50%以下に限り同時に使用できると返事があったが
別の担当者はその接続方法で同時使用は発電機を壊すとの返事、
どっちの担当者が正解なのでしょうか?
壊れると言われたので、試してはいません。

図はお絵かきを添付しました。

Aベストアンサー

3相3線式と単相3線式の2系統が適用できる発電機の接続を
検討しました。
添付した接続図を参考にして下さい。この接続方法により上の2系統
の運用が可能になると思います。
発電機内部の接続方式が大切です。
別の担当者の意見が正しいと思いますので、発電機メーカより正規の
接続方法(内部接続と端子記号の図)を入手されて、一緒に再検討して
下さい。
なお、端子記号の順序は種々の決め方があると思いますので発電機
メーカの端子記号に準じて下さい。

Q発電機の端子について

発電機のキャプタイヤ-端子に「U」、「V」、「W」、「O」の記載がありますが、あれってなんの略でしょうか?それと、「O」端子には通常なにを接続するのでしょうか?最後にキャプタイヤ-はア-スも含めて4芯のものでなければいけないのですか?(3芯ではア-スがとれないので×なのですか?)どなたか教えてください。

Aベストアンサー

可搬型のエンジン発電機のことでしょうか。

U-V-Wの 3端子で、三相 200V、
U-O-Vの 3端子で、単相三線式 100/200V だと思います。
アースは別に Eの端子が設けられているはずです。

4心のキャプタイヤを三相電源で使用する場合、緑色の線をアースとして、E端子に接続します。キャプタイヤが 3心しかない場合は、別にアース線を用意しなければなりません。

なお、発電機の端子記号は、メーカーにより多少の違いもあるかと思います。銘板や取扱説明書で確認することが肝要です。

Qアースの設置法

アース棒の設置法を教えて下さい。
使用するアース棒は直系 14mm 長さ1500 mmのものです。
こういったアースを埋める際には、深さどの程度の位置に埋めるべきなのでしょうか?
また、深さがとれないときは、アース棒を横に寝かせて、埋めても良いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、電気関係の仕事をしている者ですが
アースを設置する機器はなんでしょうか?

ちょっと難しい話をすると具体的には、アースには4種類有って
A種、B種、C種、D種とありそれぞれ施工法法が違います。

施工例

A種 高圧機器の外箱類 
   
B種 変圧器の中性点
    
C種 300Vを越える低圧用の機器の外箱
   
D種 300V以下の機器の外箱

埋設深さは なるべく湿気の多い場所で接地極の上端を地下0.75m以上の深さに埋設します
(1500mmのアース棒だったら法的には2.25mも土を掘らないとだめですよ)
また、アース棒から機器までの配線サイズも使用する機器に応じて変わりますので注意してください

アースを取り付けする機器が不明のためどの種類のアースになるかはわかりませんが
アース棒のサイズが大きいのがちょっと気になりました
もし、家電製品なんかだったら、あまり気にせず適当に埋めるだけでOKだと思いますよ。
とりあえずちょっと深めで、水道管やガス管の近くでなければ、そんなに問題は無いと思います。

こんな感じで良いでしょうか

私は、電気関係の仕事をしている者ですが
アースを設置する機器はなんでしょうか?

ちょっと難しい話をすると具体的には、アースには4種類有って
A種、B種、C種、D種とありそれぞれ施工法法が違います。

施工例

A種 高圧機器の外箱類 
   
B種 変圧器の中性点
    
C種 300Vを越える低圧用の機器の外箱
   
D種 300V以下の機器の外箱

埋設深さは なるべく湿気の多い場所で接地極の上端を地下0.75m以上の深さに埋設します
(1500mmのアース棒だったら法的には2...続きを読む

Q接地極間の距離

今 既設コンポールにA種の接地線と 多分 避雷器用?の接地が立ち上がってます。

このコンポールに盤を設置したく、コンポール付近に D種の接地を個別に

打設(接地棒)でしたいのですが、既設 A種及び避雷器用の接地極からの離れに規則は

あるのでしょうか? また コンポールからの離れの規則はあるのでしょうか?

ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、避雷針用の接地線とその他の接地線は、2m以上離隔する必要があるとしているので、避雷器の雷サージ対策のA種接地極とは、少し離した方が良いと思います。
もう一つ、公共工事では電気通信設備共通仕様書で、C種D種も、A種B種と同様に敷設するとありますので、上記規程に合わせる必要があります。

ちなみに、接地極相互の距離に対しての条文はありません。
金属体とは、地中に埋まっている金属体が、地上にも露出しているものを指しており、接地極のような地中に埋まっているだけものに対してではありません。
つまり、高圧の地絡による電位上昇や電流が、金属体を伝って人体に影響を与えないよう求めた条文なのです。
埋設深さや、接地線保護の条文も、同様の観点で規定されています。

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、...続きを読む

Q接地コンデンサ

接地コンデンサって何の目的で付いているのでしょうか。
簡単に教えてください。

Aベストアンサー

接地コンデンサの使用目的は、いろいろあると思いますが、経験のあるのは2例です。
1つは、非接地系の配電系への利用です。
例としては工場で利用される400V配電系は基本的に直接接地が行われません。(電気設備技術基準を参照していただくとよいのですが)この場合に接地電流を確実に検出するために接地コンデンサを使用します。接地コンデンサのほかに接地トランス(GPT)を使用する場合もあります。
 これは、余談ですが爆発性ガス雰囲気への配電系の場合は基本的に非接地系とするのが望ましいされていますが、この場合は抵抗接地を利用しています。
 もうひとつは、地絡方向継電器の動作保障を行う際です。これは、負荷減少等により保護範囲の対地静電容量が極端に少ない場合(ケーブルこう長が少ない)に継電器が不動作となる可能性があります。この場合に対地静電容量を補うものとして静電コンデンサを用います。これは特殊なケースかも・・・
 以上、私の経験談です。お役にたてるといいのですが・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング