[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

牛は1匹2匹と数えるのと1頭2頭と数えるのとで意味が違ってきますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 もともと漢文では匹は馬を数えるための接尾辞でした。

古い中国の辞書にも匹の用法としてこれが記されています。馬匹などという言葉もこうした用法から生まれたものです。
 日本でももっぱらこの使い方を受けいれ、牛馬は古くは匹と数えるのが通常でした。一説には日本語でヒツ(匹)がヒキとなったのは「引く」動物についての接尾辞だから、という説もあるくらいで、牛馬のような大きな動物でも匹は本来正しい用法です。
 ただ時代が下るにつれて、大きな動物を頭、小さな動物を匹と区別する傾向がつよくなりました。頭は身近にいる大きな動物(牛、馬、羊、豚等の家畜や、場合によっては犬など)にもっぱら用い、いかに大きくともワニのような爬虫類、駝鳥のような鳥類には用いません。厳密に定義すると、哺乳類であって、人間に比較的近い大きさかそれ以上の体格を持ち、人間の生活になじみぶかい種もしくはそうした種によく似た種(縞馬やライオン)をわれわれは頭と数えているようです。
 牛を匹というのは決して間違いではなく、日本語の伝統に照らすと正確な用法ですらあるのですが、それが幼く聞こえてしまうのは、語の使い分けができていないように響くからです。幼児は語彙数が少ないので、「話す人との関係によって、同じものであっても指し示す言葉がちがうもの」をひとつの語で言おうとしてしまいます。たとえば、たんすは一竿、蛇は一匹、パンは一切れであるべきなのに、すべて一であるという見地から「一コ」に統一してしまったり、父方母方の祖母、曾祖母の関係が飲み込めずに全部「バアバ」で「パパのバアバ、ママのバアバ、大きなバアバ」としてみたり、といったのがそうした例です。
 牛は本来頭であるべきだ、という発想が頭の中にある人は、ですからそれを匹と呼ぶ人を見ると「匹という語彙しかないからなんでもかんでも匹で数えているんだ」と誤解してしまうわけです。それが「牛三匹」がおさなく聞こえる理由でしょう。
 基本的に匹と頭では意味はかわりません。多少のニュアンスの違い、その言葉の用法に伝統があるかないかの違いです。
    • good
    • 0

個人的には、人間よりも大きい動物は、「頭」と数えたいですね。

    • good
    • 0

匹を辞書で引きますと、


助数詞。獣・鳥・魚・虫などを数えるのに用いる。
「二―の小犬」「金魚五―」
〔(1)古くは馬・牛など、獣類について用いたが、のち次第に小動物にもいうようになった。(2)上にくる語によっては「びき」「ぴき」となる〕

と出てきます。したがって、あながち間違いとは言えませんが、一般的には牛は「頭」で数えられますので、それに従うべきでしょう。

「匹」といって幼稚と思われるかは分かりませんが、間違ってないかなとは思われるでしょう。
    • good
    • 0

牛や馬は「頭(とう)」ですね。


     

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=1297500 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございます。
質問なんですが、もし「牛3匹」と言ったら幼稚に聞こえますか。

お礼日時:2004/11/10 16:24

 


牛は 1頭2頭と数えるのが普通のようです。
 

参考URL:http://www.kodomogumi.net/kazu/kazu_a.html
    • good
    • 0

牛ほどの大きさの動物は「○頭」です。


「○匹」は使いません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q匹と頭の分け方の定義

牛や馬は頭と数えますよね、犬は匹で猫も匹では同じネコ科に属するライオンは匹とかぞえますか?頭とかぞえますよね?大きな動物が頭になるとか適当な事を言われた事ありましたけどなにが基準になって匹と頭の言い方がわかれるのでしょうか?定義ってものがあるのでしょうか?又蛸や烏賊はハイになるけど英語での単位はどう言う言い方になるのでしょうか?

Aベストアンサー

漢字の「匹」は、

 『左右二つに分かれている馬のしりの象形で、馬を数える語。』(広辞苑)

昔は馬や牛も「匹」で数えていたわけです。
明治の終わり頃から英語の数え方(head)の直訳で「頭」が用いられるようになり、やがて馬や牛以外の大型動物も「頭」で数えることに。
そのために、「匹」ha「頭」で数えられない動物に用途が限られるようになったということです。

以下、飯田朝子著『数え方の辞典』(小学館)の「助数詞・単位一覧」から抜粋要約。
具体的な説明や、多数の例外などは原著を参照してください。
----------------------------------
【匹】
・大型ではない生物全般。
・小型の哺乳類。
・小型の爬虫類、両棲類。
・魚類。

【頭】
・大型の哺乳類。
・大型の爬虫類。
・学術的な希少動物。
・学術分野でチョウ(英語の数え方の直訳)。
・人にとって重要、貴重、有益な小動物。(実験動物、カイコなど)
・人が訓練した役に立つ犬。(警察犬、救助犬、盲導犬など)
・まれに大型の鳥類。(ダチョウなど)

【羽】
・鳥類。
・慣用的にウサギ。
----------------------------------

食材としての魚類は色々です。
 「尾」(尾びれのあるもの)、「本」(大きいもの)、
 「枚」(平たいもの)、「杯」(イカ・タコ・カニなど)、
 「折」(コイ)、「条」(シラウオ・サヨリ)…等々。

漢字の「匹」は、

 『左右二つに分かれている馬のしりの象形で、馬を数える語。』(広辞苑)

昔は馬や牛も「匹」で数えていたわけです。
明治の終わり頃から英語の数え方(head)の直訳で「頭」が用いられるようになり、やがて馬や牛以外の大型動物も「頭」で数えることに。
そのために、「匹」ha「頭」で数えられない動物に用途が限られるようになったということです。

以下、飯田朝子著『数え方の辞典』(小学館)の「助数詞・単位一覧」から抜粋要約。
具体的な説明や、多数の例外などは原著を参照...続きを読む

Q鳥の数え方

世界の果てまでいってQで、ムクドリを1匹、2匹と数えていいたのですが、鳥は1羽、、2羽ではないですか?
あと、牛とか羊は1頭、2頭と数えると覚えた気がしますが、こちらも1匹、2匹と数えているのをよく聞きます。

数え方が変わったのでしょうか?

Aベストアンサー

 質問者様のお考えで問題はありません。
鳥と兎は「一羽・二羽」と数えます。馬や牛そして羊など「蹄がある動物」は「一頭・二頭(または一蹄・二蹄)」と数えます。
 そして家畜以外の動物、例えば虎やライオンなどの動物も「一頭・二頭」と数えます。「匹」と数えるのは人間が抱えることのできる位の大きさの動物、例えば猫や犬などになります(犬でも愛玩用のもの以外の大型犬は~頭)。
 テレビ番組の製作現場は国語表記など気にしない若いやからが「お金のため」に仕事している場ですから、言語文化などは問題視されていません。困った話です。


人気Q&Aランキング