プロが教えるわが家の防犯対策術!

高校数学 高2
進研模試の問題です
⑵までは解説を読んでわかりましたが、
⑶の、最初に解説されている、
x1 と x2 とk の大小関係が
なぜこうなっているのか理解できません

もしよろしければ教えて下さい
よろしくお願いします。

補足に問題と解説の紙をのせます

「高校数学 高2 進研模試の問題です ⑵ま」の質問画像

質問者からの補足コメント

A 回答 (1件)

(3)


f(x)=0の解がx1とx2
また、y=f(x)は下に凸の放物線。
したがって、y=f(x)のグラフは当然ながら
x<x1の部分ではy>0・・・①
x1<x<x2の部分ではy<0・・・②
x2<xの部分ではy>0・・・③
これをふまえて、(f(x)の式にx=kを代入して)x=kの時を調べてみる
すると画像のように
y=f(k)=2k(k-1)<0 (∵0<k<1)
という事はグラフの②の部分に該当
つまりx=Kはx1<x<x2の部分
このようなことを画像は言っていますよ¥^^
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの問題を教えてください! 解説をお願いします!

この問題を教えてください!
解説をお願いします!

Aベストアンサー

アイウ=144・・・①
エオ=13・・・②   ①と②はΔOAO’∽ΔOAHからOO’=OH+x=13として三平方の定理から、
            12²-OH²=5²-x²として求めます。
カ=0・・・③
キ=7・・・④   ③と④は三角形の内角の和は180°からΔsBO∽ΔsAH

ク=8・・・⑤
ケコ=13・・・⑥
サシ=48・・・⑦
スセ=13・・・⑧
ソ=2・・・⑨
タチ=13・・・⑩    ⑤~⑩も相似の辺の比は等しいを利用しています。

Q複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました 複素数で解くとそこまで難しくはないのですが 「ぱ

複素数の参考書をやっていたらこんな問題がありました
複素数で解くとそこまで難しくはないのですが
「ぱっと見がベクトルの問題です」

なのでベクトルで解く方法はありませんか?

(京大なので複素数じゃないと解き難いという引っ掛けなのかもしれませんが....)

Aベストアンサー

厳密にいうと線分AB に対して「三角形ABC が正三角形になる」ような C は 2個あるので, 単純に
三角形 ABC' が正三角形になる
では不十分ではないでしょうか>#1.

とはいえ #1 のように
当該ベクトルで与えられる点が C と一致する
という方針で行けばそんなに難しくなかったりします.

Qこの問題の解き方と答えを教えてください

この問題の解き方と答えを教えてください

Aベストアンサー

例えば、n=3として、青い実線に注目してみよう。

●格子点の数と○格子点の数の和については、6つである。
そして、nが1増えると2個ずつ増えている。つまり、初項が2、公差2の等差数列 → 2n。

○格子点は2つある。そして、nが1増えると1個ずつ増えている。つまり、初項が0、公差が1の等差数列。
→ n-1

求めたい●格子点の総和は
Σ(k=1~n){(2k)-(k-1)}
=Σ(k=1~n)(k+1)
=n(n+1)/2+n
=(n^2+n+2n)/2
=n(n+3)/2

答え:n(n+3)/2

Q数学の問題です。中学レベルかと思いますが、わかる方解き方を教えてください。 (3)の問題をお願いしま

数学の問題です。中学レベルかと思いますが、わかる方解き方を教えてください。
(3)の問題をお願いします。

Aベストアンサー

(1)A,B,Cの座標はCはy=2x+8の切片だから点C(0、8)
   A,Bはy=x²とy=2x+8の交点、x²-2x-8=0⇒(x-4)(x+2)=0から
   点A(-2、4)、点B(4、16)
(2)線ABの長さは、AB²=36+144=180、AB=√180=6√5
(3)
   ΔOAB=1/2(8x2+8x4)=24
点pの座標を(x₀、x₀²)とすると、点O,Pを通る直線y=2x+8に平行なな直線
  上の点P
  で出来るΔPABは底辺ABに対する高さが同じなので、x²=2xよりx=0、2(0はΔOAB)
 y=2x+8のx軸の交点はx=-4、y=2xの x軸の交点はx=0
この時y=2x+8とy=2xは並行になる、同じように考えてx=ー8を通るy=2x+8に
平行でy=2xと等間隔な直線はy=2x+d、0=-16+d、d=16⇒y=2x+16
y=2x+16とy=x²の交点は、x²-2x-16=0からx=1-√17
よって、ΔOAB=ΔPABなる点P座標は
(2,4)、(1-√17、18-2√17)

Q高校の数学についてです。 写真の問題の(2)についてで、僕は補足解答の②を繰り返してはさみうちの原理

高校の数学についてです。

写真の問題の(2)についてで、僕は補足解答の②を繰り返してはさみうちの原理をやったのですが、解答の②'のように≦にしないと減点されますか?減点されるならどうして≦にしなくてはいけない理由を教えてください。

Aベストアンサー

②'で ≦ ではなく < にした場合、a1=αのとき
0≦|an-α|<(1/2)^(n-1)・|a1-α|=0
すなわち、0以上0未満となるのでとても気持ち悪いです。
原点はされないかも知れないけど、できるだけきれいな解答の方がいいね。

Q1番と2番は多分わかったのですが 3番がわかりません!どなたか教えてください!!

1番と2番は多分わかったのですが
3番がわかりません!どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

(1)がわかっているなら、①が実数解を持つ条件、逆に持たない条件、あるいは②が実数解を持つ条件、逆に持たない条件がかけるはずです。
求めるのは「どっちかだけ実数解を持つ条件」ですから「①が実数解を持ち、②は持たない」か、「①は実数解を持たないけど②は持つ」かのどちらか。2つそれぞれのaの範囲を求めて合わせれば答えになります。

Q整数の数列{An}を次の不等式によって定義する。

整数の数列{An}を次の不等式によって定義する。
An≦(7√11+24)^n<An+1(n=1、2、・・・)
Bn=(7√11+24)^n-Anとおくとき、数列{Bn}の極限を求めよ。
これを詳しく教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

(7√11+24)^n=(24+7√11)^nとし2項展開して
(24-7√11)^nも2項展開して和
(24+7√11)^n+(24-7√11)^n を考えると
それぞれの2項展開の(7√11)の偶数次の項は整数で
(7√11)の奇数次の項は打ち消しあうから
(7√11+24)^n+(24-7√11)^nは整数になります。これを=An’とおいて
(7√11+24)^n=(An’-1)+1-(24-7√11)^n とかきなおせば
0<(24-7√11)^n<1 より0<1-(24-7√11)^n<1だから
An’-1<(7√11+24)^n<An’=(An’-1)+1がなりたちます。
つまり問題の条件の整数Anは=An’-1 です。
したがって
Bn=(7√11+24)^n-An=(7√11+24)^n-An’+1=1-(24-7√11)^n
となって、0<24-7√11<1 より
数列{Bn}は 1 に収束します。

Q上の式から下の式になるまでの過程を教えてください 高校数学

上の式から下の式になるまでの過程を教えてください
高校数学

Aベストアンサー

x=4+(x/√3)
√3・x=4√3+x (全体に√3をかけました)
√3・x-x=4√3
(√3-1)x=4√3

Q漸化式の超難問です。 下記の漸化式を満たす実数K_nを、nを用いて表せ。 但し、αは定数。

漸化式の超難問です。
下記の漸化式を満たす実数K_nを、nを用いて表せ。
但し、αは定数。

Aベストアンサー

Beshta さんはどこまで解いて、どこでつまずいているのですか?

Q数学の問の1部なのですが、この解説で、なぜBQやQCが“高さ”になるのですか?高さは底辺と直角でない

数学の問の1部なのですが、この解説で、なぜBQやQCが“高さ”になるのですか?高さは底辺と直角でないのですか?

Aベストアンサー

△EBDを、△EBQと△DBQに分け、△ECDを、△ECQと△DCQに分けてみます。

BCを底辺とする△EBCに注目すると、△EBQ:△ECQ = BQ:QC ですよね。

同じようにBCを底辺とする△DBCに注目すれば、△DBQ:△DCQ = BQ:BC ですね。

以上の二点から、BQ:BC = △EBD:△ECD が判明しますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング