痔になりやすい生活習慣とは?

数学が苦手だけど、気象予報士の勉強をしている女子大2年生です。

文字の式で、(p+⊿p)+ρg⊿z=p
が出てきたので、右と左にあるpを取って、ρg⊿zを右に移すとマイナスがつきます。
      ⊿p=-ρg⊿z
数学を勉強している彼に、なんで左を右に移したりするとマイナスになるのか尋ねると、いきなり文字ですると混乱するから、とレポート用紙を一枚破って、
 ① もちろん、5+2=2+5=7
 ② = が成り立つには、両方に同じ数を足さないといけない
   たとえば、7+5=(5+2)+5
     とか 7+10=(5+2)+10
 
 ③ 7=5+2 で、2を消そうと思ったらどうしたらいい? というのですが分からないと言うと、
   (-2)+2=2+(-2)=0 だから両方に(ー2)を足したらいい
   両方に(-2)を足すと、
    7+(-2)=5+2+(-2)
    7-2=5 もちろん、-2+7=5
   これで2が右から左に移った。

5をa、2をb、7をcとかにしてみたらいいよ、と言って説明してくれて、その場では分かった気になったのですが・・・。③だけでいいような気がしますが、①と②は何が言いたかったのでしょうか?
なんかごまかされた気がして気持ち悪いです。

A 回答 (7件)

おそらく「何が言いたかったんだろう?」ではなく「なぜこんな当たり前のことから説明するのだろう?」ではないですか?


数学の世界ではこの「交換法則」が成り立たない場合が多々あるのです。
身近な例では「引き算」「割り算」
「A-B≠B-A」だし、「A÷B≠B÷A」ですよね。
※質問者さんにとってはこれも当たり前なのでしょう。
他の回答のように、③の証明には「交換法則」が成り立つことが大前提にあるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>数学の世界ではこの「交換法則」が成り立たない場合が多々あるのです。
身近な例では「引き算」「割り算」
「A-B≠B-A」だし、「A÷B≠B÷A」ですよね。
※質問者さんにとってはこれも当たり前なのでしょう。
他の回答のように、③の証明には「交換法則」が成り立つことが大前提にあるのです。

へえ、分かりました!

お礼日時:2018/10/22 20:41

彼は数学が得意なようなので、①は計算の一番の基本の確認です。

5+2と2+5は計算の順番を交換しても良いという基本性質で「交換法則」といいます。数学を勉強する人は、まずこの基本性質が成り立つかどうかを確認します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
>交換法則
聞いたことあるような内容な・・・・・。

お礼日時:2018/10/22 20:37

①、②は等式の両辺に同じものを足しても等式は成り立つということ。


③はその応用のひとつ。

誤魔化しどころか、至極まっとうな教え方ですよ。

①、②を知らないと③は導けないでしょ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
>①、②を知らないと③は導けないでしょ
むつかしいですね。。。

お礼日時:2018/10/22 20:34

(2)についての質問者さんの解釈が微妙に違っていて、


「= が成り立つには、両方に同じ数を足さないといけない」
ではなく、「=(等号)が成立している式の左辺と右辺の両方に同じ数を足しても等号は成立したまま」です。
なお、同じ数を足すほかに、同じ数を掛けても等号は成立したままとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

彼、ごまかしたりしていないってことですよね。
でも、①は彼、何が言いたかったんだろう・・・・。

お礼日時:2018/10/21 22:02

すみません。


「消しても」じゃなく「足しても」でした。
    • good
    • 0

「両辺に同じ数を消しても等号が成り立つ」ということを


最初に例示して見せているということでしょ。
発想のヒントです。

ヒントをふまえて③で質問したということでしょ。
    • good
    • 1

③で充分


a+b=cの等式の両辺からbを引くと
a+b-b=c-b
a+0=c-b
∴a=c-b

移項したら符号が変わるって、それだけの事。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

こういう風に書いてくれました。彼、ごまかしたりしていないってことですよね。
でも、①②は彼、何が言いたかったんだろう・・・・。

お礼日時:2018/10/21 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼロで「割ることができない」ではなくゼロで「割ってはいけない」理由

タイトルの通り、数学においてゼロで「割ることができない」ではなく「割ってはいけない」という表現になっているのは何故でしょうか。

ひととおりは自分で調べて理解をしたつもりでも、まだ納得ができません。
私が理解した内容のうち最も簡単なものは次のような説明です。

ある数をゼロで割った場合に何らかの解が存在すると仮定(ここでは◯)する。
例えば、a/0=◯ ⇒ ◯×0=a となる。
ゼロは何をかけてもゼロなので、0=aとなる。矛盾が生じる。
故にゼロで「割ってはいけない」となる。

この説明だと、一番最後の部分は「割ってはいけない」ではなく「割ることができない」とした方が明快じゃないかと感じてしまいます。
「割ってはいけない」は「実は割ることはできるけど割らないことになっている」という含みがあると思うからです。

調べてみると一部では「実はゼロで割る処理をする場合もある」という記述も見られました。でも数学という論理体系において「Aの場合はOKでBの場合はダメ」なんて事があるんでしょうか?

このサイトでも何度となく出た質問のようですし、他のブログなどの説明を見ても今ひとつ納得できません。
文系脳の私でも分かる、難しい数式を使わない説明のできる方からのご回答をお待ちしています。

タイトルの通り、数学においてゼロで「割ることができない」ではなく「割ってはいけない」という表現になっているのは何故でしょうか。

ひととおりは自分で調べて理解をしたつもりでも、まだ納得ができません。
私が理解した内容のうち最も簡単なものは次のような説明です。

ある数をゼロで割った場合に何らかの解が存在すると仮定(ここでは◯)する。
例えば、a/0=◯ ⇒ ◯×0=a となる。
ゼロは何をかけてもゼロなので、0=aとなる。矛盾が生じる。
故にゼロで「割ってはいけない」となる。

この説...続きを読む

Aベストアンサー

「ゼロで割ることはできない」
「ゼロで割ってはいけない」
の両者では「割る」という動詞の意味が微妙に異なっているのだと考えます。

 まず、「1/0」という式を書く事は可能です。実際書いてるし。ただし、ただ書いただけです。

[1] さて、もし「1/0は数である」という命題が真なら、"/0"というのは0による割り算を意味しており、1/0 = p となる数が存在する。pは0による割り算を実行した結果、ということです。もちろん、「1/0は数である」という命題が偽であること、それが容易に証明できるということは既にお分かりなのだろうと思います。だから、0による割り算を実行して答pを得るということは不可能である。これを標語的に言えば「ゼロで割ることはできない」となりましょう。つまり、ここで言う「割る」は、演算を実行する、ということです。

[2] 書いちゃった「1/0」という式は、少なくとも数を表してはいない。では一体何を意味しているのか。
 (A) 1/0 は何も意味しない。ナンセンスな文字列に過ぎない。
 (B) 1/0 は或る「数ではない何か」を意味している。
の二通りの考え方ができるでしょう。いずれにしても、「1/0」と書いてあるだけなら、いわば「無害」なのですが、これを「数を意味するのだ」と勘違いして、さらに演算を重ね、たとえば「(1/0)+0」と書いたとする。これは数に関する式ではなく、未定義の(意味が定まっていない)文字列ですので、(1/0)+0 = 1/0 が成り立つかどうかも不明です。No.7にあるように、式の変形を機械的に行っていくプロセスにおいて、注意しないと、このような「数に関する式ではない文字列」が作り出される。これ自体がイケナイわけではない。けれども、そうなったら「数に関する正しい推論をする」という目的が達成できなくなるという意味では、不適切な状況に陥っている。
 つまり、「ゼロで割ってはいけない」という標語の前には「数に関する正しい推論をするためには」という条件が省略されている、と考えることができます。つまり、ここで言う「割る」は、「数に関する正しい式を書こうとする中で割り算を書く」というほどの意味を担っていると言えるでしょう。

「ゼロで割ることはできない」
「ゼロで割ってはいけない」
の両者では「割る」という動詞の意味が微妙に異なっているのだと考えます。

 まず、「1/0」という式を書く事は可能です。実際書いてるし。ただし、ただ書いただけです。

[1] さて、もし「1/0は数である」という命題が真なら、"/0"というのは0による割り算を意味しており、1/0 = p となる数が存在する。pは0による割り算を実行した結果、ということです。もちろん、「1/0は数である」という命題が偽であること、それが容易に証明できるということは既...続きを読む

Q4÷0.5 の答えが 8 になるのは何故ですか? 今になってまともに授業を聞いていなかった自分を責め

4÷0.5 の答えが 8 になるのは何故ですか?


今になってまともに授業を聞いていなかった自分を責めています。


簡潔に分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

4から0.5ずつの塊を取っていくと何個になるかというのが
4÷0.5という問題

だから8になる

Qx^xの積分

x^xは積分できないと思うのですが
(可能なら説明をお願いしたいのですが)
積分できるかできないかを判断する方法はあるのでしょうか
お願いいたします。

Aベストアンサー

∫x^x dxは積分可能ですが、初等関数では表現できません。

x^x = e^(x * log x)とすることで、無限級数の形で表現することができます。
詳しい説明は大変なので、一部のみ記載します。

∫x^x dx=
x(1 - x/2^2 + x^2/3^3 - x^3/4^4 + …)
+((x^2)(log x)/1!)(1/2 - x/3^2 + x^2/4^3 - x^3/5^4 + …)
+((x^3)(log x)^2/2!)(1/3 - x/4^2 + x^2/5^3 - x^3/6^4 + …)
+ …

Q数学です。 (自然数によって分母と分子が構成された分数×a)÷(とある自然数+a) この場合のaの出

数学です。

(自然数によって分母と分子が構成された分数×a)÷(とある自然数+a)

この場合のaの出し方を教えてください。

Aベストアンサー

質問の割り算の答えが 書いてありませんので、
a の値を出すことは出来ません。

仮に、(自然数によって分母と分子が構成された分数×a)÷(とある自然数+a)=N とします。
被除数を構成する自然数を A/B とし、除数を構成する自然数を C とします。
質問の式は、(Aa/B)÷(C+a)=N となり、Aa/B(C+a)=N → NB(C+a)=Aa
→ NBC+NBa=Aa → Aa-NBa=NBC → a=NBC/(A-NB) 。

Qn=3の倍数ならば、n=6の倍数である。 という命題は、偽で反例をn=3と書いたのですが、解答にはn

n=3の倍数ならば、n=6の倍数である。

という命題は、偽で反例をn=3と書いたのですが、解答にはn=9とありました。

3も3の倍数なのに何故反例n=9となるのですか?

Aベストアンサー

(´・ω・`)
9は6の倍数じゃないだろ。

…ってこと。
ついでに15も21も6の倍数じゃない。

・・・
6を素因数分解したとき
 3×2
になる。
すなわち、6の倍数を素因数分解すると必ず。
 ”3×2”
の要素が無ければならない。
しかし3の倍数はこのうちの
 ”×2”
の要素を含まないものがある。
従って3の奇数倍は6の倍数にはならない。

ということを示さないとダメなんだ。

3だけじゃなくて9と15と21と27を併記しておけば正解としてくれたはず。

Qn進法の問題です。 なぜbは3の倍数と書いてあるのにb=0の場合も考えているのですか? よろしくお願

n進法の問題です。
なぜbは3の倍数と書いてあるのにb=0の場合も考えているのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

0は3の倍数であり、また、bの範囲(0≦b≦6)に含まれているから。

Qこちらの画像からdθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)が導けるそうなのですが、どうやってd(tan

こちらの画像からdθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)が導けるそうなのですが、どうやってd(tan(θ))を導いたのでしょうか?

Aベストアンサー

図では、平行線が角dθで交わっていますので、
図で表された仮定が間違っています。
間違った仮定からはどんな命題でも導けます。
たとえば、
平行線が角dθで交わる(図) → dθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)
である。
とすれば、正しい命題になるので、
図から
dθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)
が導けたことになります。

Q√(16-a)の値が整数となるようなaの値をすべて求めなさい。 これの答えが、7.12.15.16だ

√(16-a)の値が整数となるようなaの値をすべて求めなさい。
これの答えが、7.12.15.16だったのでふが、なぜ0は駄目なのでしょうか?
自然数a、とはかかれていなかったのでいいのかな?と思っていたら答えにはなくて....

Aベストアンサー

何も制限が無ければ、無限にあるので「すべて求める」のは不可能です。
回答を見ると、 自然数a または、正の実数 a を想定してるようです。

問題の間違いか、あなたの見落しではないでしょうか?
「自然数について以下の問いに答えなさい」みたいな問題の一部だとか。
この問題は小問3とかで、前の小問で a>0 が答えになっている、とか。

Qリーマン予想が証明されたとか騒がれていますが ①本当に証明されたんですか? 精査中ではなくて? ②リ

リーマン予想が証明されたとか騒がれていますが

①本当に証明されたんですか? 精査中ではなくて?

②リーマン予想が証明されるとRSA暗号の意味がなくなるというのは巨大素数の素数判定が簡単になってしまうためですか?

③微細構造定数ってなんですか?(高校物理習得者の理解出来る範囲で簡単に説明できますか?)


どれも自分で調べてみたのですが理解できませんでした........

Aベストアンサー

では、①と②

>①本当に証明されたんですか? 精査中ではなくて?

精査中でしょう。

>③微細構造定数ってなんですか?(高校物理習得者の理解出来る範囲で簡単に説明できますか?)

古典的な電子が陽子の周りを周回しているとしたときに(つまり、水素原子)、
その電子の運動速度と光速の比です。

Q8 ² ² ²=?

8 ² ² ²=?

Aベストアンサー

306180206916083902309240650087602475282639486413866622577088471913520022894784390350900738050555138105234536857820245071373614031482942161565170086143298589738273508330367307539078392896587187265470464


人気Q&Aランキング