人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

付け焼き刃と余裕の違いはどこに見て取れる?

A 回答 (27件中1~10件)

理を見る眼を備えた人は、感動とか感心とか言った情動に基づく心的挙動によって、言動や物事を判断しない。

その判断は静かな、理を見る眼差しによって行われる。
こいつはハッタリだとか、まやかしだとか、そのようなものを見抜くことに腐心するのではなく、本質を見据えている事によって、それらに左右されない。
その言葉が本物か偽物かを見分けようとするのではなく、ただ、本物を求めていて、本物がある時にだけそれを取る。このようにして、本物を知る人は騙されない。造花からは香らないようなものである。
歴史があっても本物ではないこともある。限りなく本物のようでいて、それでもやはり決定的に違うものもある。まるで目立たないのに本物の場合もある。
そらを見いだせるかどうかのすべては、その人が本物の本物を求めているかどうかにかかっている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心的挙動によって、てはなく、理を見る眼差し、
この部分に惹きつけられました。

見る側の本質を見抜く目が非常に重要ということでしょうか。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2018/11/13 14:04

ブラジュロンヌさん、これでおしまいにしましょう。


お付き合い有り難うございました。

それからd-y-nさん、好き勝手に使わせてくれて有り難うございました。
いつも質問を楽しんでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらこそありがとうございました

お礼日時:2018/11/13 17:15

◆ ☆ 月の様(さま)を付け焼き刃とするのは頂けません。


☆ でも ウソの光ですよ。パチもんです。


◆ また、アン-アートマン(無我)は霊我を覆う自我の事でしょう。
☆ この無我(つまり梵我一如ではなく 無梵無我一如としての《無
い神》)を 文字通り《神は無い》というふうに解釈して そこに文
字通り《おのれの我執――その意味での自我――》を置き換えるなら 
おっしゃるとおりの意味になります。

ただし 《無い神》を普遍神のひとつの呼び名として捉えるぶんには
れっきとした信仰です。つまり 咎められる筋合いではないと言うで
しょう。

月は いかに付け焼き刃であるからと言って ことさら自己を誇った
り何かをひけらかすこともありません。


◆ 自我をなくす事で真の我、霊的な我、いわゆる仏性(霊性)が現
れてくる、との事だと思います。
☆ 我執という意味での自我などというのは もともと無いのです。
自性清浄心。

無いところにおのれの自己をほこるかのようにそのシルシを据え 目
立たせる。

だから 神は無いが それでも《何かはある》と言い張って そこに
考えられるかぎりの《かざり》をつけ添えます。(はやく言えば 自
己の神格化です。アマアガリ・シンドロームと言います)。

これが 《修行を積んだ品行方正なる秀才》の像です。《洗練され優
雅さをただよわせ余裕に満ちた〈クリスマスツリー人間〉》です。

良し悪しです。でも 原石ではあるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、だんだん私の理解の範疇を超えてきました。
私にもっと教養があれば読み解けたのでしょうけど

お礼日時:2018/11/13 17:15

洗練や優雅に呼応する付け焼き刃と余裕に付いて。



付け焼き刃とは、辞書にあるような意味で良いと思います。
良い意味ではないですね。

余裕と云う言葉には、解釈に幅があるように思います。
ここでは洗練や優雅に含まれる《余裕》の事のはずで、付け焼き刃的な余裕とは違うわけですから、混同する使い方は、議論の内容が定まらなくなるのではないでしょうか。

☆ 月の様(さま)を付け焼き刃とするのは頂けません。

また、アン-アートマン(無我)は霊我を覆う自我の事でしょう。自我をなくす事で真の我、霊的な我、いわゆる仏性(霊性)が現れてくる、との事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、やはり質問の題意に合っているのは汽笛さんのようです。
ほんと私の思考力もどうなってるのやら。
ありがとうございました。

アン-アートマン(無我)
仏性(霊性)、霊我
このような言葉は初めて知りました

お礼日時:2018/11/13 17:13

◆ 月の優雅さ


☆ って言うよりは 月夜の雰囲気でしょう。

ほかに他人(ひと)がいてもよいし いなくてもよい。

なにしろ月は 光としては 太陽の付け焼き刃なのに
それでも じゅうぶんその独自の世界を奏でています。


或る意味 荒涼とした世界でもあるんですが それも
侘び寂びとして愛(め)でるところがあります。



△ こころなき身にも
あはれは 知られけり
鴫立つ沢の 
秋の ゆふぐれ

☆ さびしさに浸ろうにもそこから逃れようにも も
うどうすることも出来ないところに来てしまった。

誰かに詫びようにも相手もいなければ 詫びるわけも
じつは 見出せない。

ただただ わが思いは侘びしく わが心は あたかも
錆びついてしまったかのようだ。

――という地点から こころにちからが湧きおこって
来た。・・・

これが ほんとうのゆとりでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教養がないと読み取りにくいですねブラジェさんの回答は。
私にはムズカシー

お礼日時:2018/11/13 17:04

皓々として夜空に輝く月はいいですね。

心がシャキッとします。
月の光をこのように感じられるのは、人としての心が成長したからです。

自然は美を作り出しましたが、それを感じるのは人の心です。

ただ、月を綺麗だ、心が洗われるようだとしか感じない私は、月の優雅さが分からず残念です。感性の能力が足りないからでしょう。

だから、日本人の情的感性の働きに依って観る侘び寂びは、優雅と云う感覚以上に分からなく、それ故に優れた感性の持ち主がとても羨ましいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

楽しそうに回答しているようで何よりです

お礼日時:2018/11/13 17:03

月も きれいですよ。

優雅ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど

お礼日時:2018/11/13 17:02

使い倒して欠けたお椀がピカピカなのは、努力(精進)の賜物です。



その、痩せてくすんだ裸体の根隗?にある光が輝くのは、生を全うしようという努力に依るのです。

“その平面上の立ち位置”のままでは進歩はありません。
でも、多くの人は無意識のうちにも、その立ち位置の上を目指していて、それが生きると云う事になっていると云えるのです。

そのままでいいのは人間以外の動物です。
その動物は、人間を作り出す為の過程の存在なのです。
進化という必須の存在なのです。

地球に現れた生命、微生物から続いてきた命の進化の結果が現在の人間です。
未来の事は分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の質問に関連して何か発見があったのなら光栄です

お礼日時:2018/11/13 17:02

質問文の「余裕」というのが、「余裕」のない私も引っかかったのだけど、


「付け焼き刃」に対してるんだから、
昨日今日さらったうわべの浅い知識ではなくて、
長年よく究めて精通した知識ぐらいの意味なんでしょう。

しかしそのどちらにしろ知識は知識で、かりそめの装いにすぎない。
オートクチュールもパチもんも衣装は衣装。
その下の痩せてくすんだ裸体こそが人間の正体なのだから、
その平面上に立ち位置を占めなきゃ。
ーーということを、ブラ御仁はのたまうのではないかしら。
(全然違ってたら突っ込まずにスルーでw)
ただ、付け焼き刃の人間からすれば、
博学な人の余裕しゃくしゃくぶりは、思わず見上げちゃいますよね(汗)

汽笛さんが用いた「光」や「輝き」や「垢」といった言い回しは、
面白い議論を生んだ鍵語かもしれないですね。
私の使い倒して欠けたお椀もなぜかピカピカなんだけどね。

汽笛さんから引き合いに出されたので、お邪魔しました。
今、ホテルなんですよ(*^_^*)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もともと具体的に答えるのが難しい質問だったかもしれません
ありがとうございました

お礼日時:2018/11/13 17:00

もし《原石》が ブッダター(仏性)のことを言っているとしたら?




つまり 微妙なお話になるのだと思いますが 仏性として原石は
自分が(つまり 人間が)――もちろん思考し日常の生活をよくし
ようと努力はするのですが―― 磨いてどうなるというものでもな
い。・・・という見方もあるのです。


その意味は むしろ――神が或る人をえらびほかの或る人をえらば
ないといったように えこひいきがあってのごとく―― 或る日或
る時 われのむしろ知らないところで何かのチカラがはたらく・・
・というものだという見方です。


その瞬間〔のみ〕原石が突然みごとな宝石となってかがやきわたる
・・・というような事態です。

ふだんは なまくらなままでもある。





言いかえると ブッダターなるハタラキは 必要な時に必要なだけ
発揮されるようになる・・・かも知れないのです。




▲ 念仏は 非行非善なり。
☆ つまり 修行ではなく善行につとめるといったことでもない。
――修行や善行がわるいことだという意味ではありませんが その
ような人間の努力や知性をも超えて 必要なときに・知らないとこ
ろから ハタラキが(むろんその人の内からですが)現われる。

・・・といったおとぎ話のほうが 原石の話としては 妥当である
と考えられます。



ゴータマ・ブッダは ブッダターを知らなかったのです。

なにしろ 仏性にあたるアートマン(霊我)を完全に否定したので
すから。=アン-アートマン(無我)の説。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとみなさん深く考えてらっしゃいますね
私は十分に読み取れていなくて申し訳ない感じです

お礼日時:2018/11/13 16:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの人(質問者)には明らかに無理でしょという事は?

また「度しがたい愚考」と評されるかもしれませんが。

私(質問者)がやろうとしている事、目指している事、意図している事
が推測できる方にお尋ねしたいのですが、

それらの事で、この人(質問者)には明らかに無理でしょ、
と思えることは何ですか?

~~~~~
質問に不備、言葉足らずな面が大あり、そもそも質問自体がおかしい
かもしれませんが
一人で考えあぐねてもどうにもならないのは確かなので
質問させていただきました。

~~~~~
追記
基本的に私の質問はいつも、私自身を調べるために行っています。
これも意味不明でしょうか。

Aベストアンサー

無理ですね。

貴方には

貴方を諦めさせることは。

質問して

例え誰か無理だと言われたとしても、

カナ

Q認めたくない現実

あなたにはありますか?
それはどんな?

Aベストアンサー

おそらくあるであろうと言う事。
それは、過去に自分が過ちを犯しておきながら、それを今も知らないという事。それを今も知らないので、今も同じ過ちを継続している可能性があるという事。そしてそれを知り得ない限りは、その過ちは未来にも続くであろうという事。

自分の外に悪がある事を見るのは簡単である。自分の内に確かに存在する悪を自らで見いだすことは容易では無い。自分自身の影に隠れてしまうからである。そこで、他人からの指摘が大いなるチャンスとなる。その指摘が的を得ていようが外していようが、他人から得たその言葉をきっかけに自らを省察する人は賢者である。一方で、聴く耳のない者、耳触りの良い言葉のみに対しての反応しか出来ない者、この様な者が人生を全うすることなくくずおれる。賢者は自己を健全化し、しあわせに至るが、愚者は自ら犯す過ちによって自己を損ない苦悩を受ける。

人は皆苦しんでいる。見難きことであるが、これを先ず人は観なければならない。

意固地になっていても埒は明かない。以上に述べた見難き真実を見て、人は初めて自己を知るのである。

Q「世界は神が創り、日本は●●が創った。」

東京では、オランダの画家、フェルメール展が開催されています。

オランダは、世界に先駆けていち早く、市民が社会の主役になった国です。
そのことをとてもオランダ国民は誇りに思っているので、
「世界は神が創り、オランダはオランダ人が創った。」
とプライドを込めて豪語しているそうです。

それでは、日本はどうでしょう?
「世界は神が創り、日本は●●が創った。」
の、●●に入る言葉は何だと思いますか?
ご自分の主観でもいいし、大喜利みたいなのでもOKです。

画像はフェルメールの、牛乳を注ぐ女。私がアムステルダムの美術館で見た時に撮った写真です。今は日本に来ています。召使いである牛乳を注ぐ女を、尊厳を込めて描いたこの作品は、市民と堅実な生活を礼賛した、ある種の聖母像という見方もあるそうです。

Aベストアンサー

日本は外国人が作った。


日本という国号ができたのも、天皇という呼称が生まれたのも、当時の百済が滅ぼされて朝鮮半島が唐の勢力圏に入り、次は日本が侵攻されるのではないかという危機感によって生じたものです。この時代、首都を大津に遷都して海から遠ざけたり、貴族が皆して中国風の衣服を着たりして、大騒ぎでした。

鎌倉幕府の末期、元から大量の銅銭が渡来して、悪党と呼ばれる大量の成金が発生。彼らの豊富な資金力は、鎌倉幕府妥当の原動力となりました。

戦国時代、ポルトガル商人と倭寇の商人が伝えた火縄銃は、全国に広まり、刀や弓では決着のつきづらかった膠着状態の勢力争いにケリがつきはじめ、天下統一に繋がりました。

江戸末期のペリー黒船の影響は書くまでもないでしょう。明治時代はロシアとの戦いでした。

Qこれは何だと思いますか

やわらかい単なるかたまりです

Aベストアンサー

この形はなんだ、と思います。

やわらかい単なるかたまり、ってなんなのだと思います。

IGって何なのだ、と思います。

文字を日本語に訳してほしい、と思います。

なんで白いんだ、と思います。

なんとなく知的世界を思わせるのは、なんで?と思います。

ヒントがあるとすれば、それは工業製品です、とか。
または、医療の世界です、とか。

答え。
テクノロジー。

その根拠は
斜(はす)に構えているから。
または、不均衝だから。

要するに、なんだかわかりません。

Q見え過ぎて見えなくなる

それは何?

いつも目の前にあるのに。

Aベストアンサー

そんあものありません
そんな格言も、名言もありません

何の意味もないご質問に、あきれています

黒いのに白いの、聞こえるのに聞こえない、明かるのに暗い
馬鹿なのに賢い、悪人なのに善人
と言っているようなものですね

Q女性美、に付いて。

女性の肉体的な美に付いての質問です。
精神的な内面の美ではありません。

男目線、女目線のどちらでもいいです。
女性の美にセクシーの度合いはどの位ありますか。
何パーセントぐらいだと思いますか。

セクシーさがなければ美とは云えないですか。

安室奈美恵のファンを長い事やってきたので、彼女の体躯をみての質問です。
ご意見聞かせてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

女性の美にセクシーの度合いはどの位ありますか。
何パーセントぐらいだと思いますか。
 ↑
30%ぐらいですかね。

ワタシは、美しさと、性的魅力は
別だと考えています。

百%別とは思いません。
ある程度影響し合っています。

キレイな女性でも、性的魅力が乏しい人が
おります。

性的魅力があっても、それほどキレイではない
人もおります。

しかし、キレイで性的魅力があるひとも
おります。

だから、別だけど、お互いに干渉し合っている
というように考えています。

安室奈美恵ちゃんは、キレイだけど、
性的な魅力には乏しいですね。

Q死後の世界

「自分が死んでも自分がそれまで生きてきた世界は存在しつづける。」
という科学的根拠が示せない理由および原因について。

a)理由
b)原因

それぞれを説明して下さい。




IOI
HXH
NSZ

Aベストアンサー

科学的根拠は示せますよ。

科学が科学的である最も基本的な根拠は、それが思索に基づいて論じられているのでなくて、経験に基づいて世界を把握しているからです。そして経験によると、この世界は時空によって把握できる。さらに経験によると時空の一部を占めている存在にはその広がりに不連続なものは存在していない。一つ二つと数えられる粒子といえども、各粒子は連続場の衣をまとって、粒子の縁は連続的に空間に広がっています。だから、貴方が死んだからといって、その時に不連続的に世界がなくなるという仮説は、経験から得られた科学的な仮説ではありません。

たとえ世界が消滅する場合にも、その消滅速度が速かろうが遅かろうが連続的に消滅するというのが、貴方が生きていた経験から得られる科学的事実です。ですから、貴方が死んでも貴方がそれまで生きてきた世界はしばく存在しつづけるというのが科学から得られる結論です。

また、ある事象の時間的長さが長いか短いかは相対的な概念であり、何か基準になる時間の長さと比べて初めて意味のある概念です。たとえば、地球の公転数が1000回たった場合の時間、すなわち1千地球年は貴方の寿命からみて長いと思えるでしょう。それに比べて、原子内で励起原子が光を放出して基底状態に落ち着きまでの時間は10のマイナス8乗秒程度です。ですが、この時間で電子は原子核の周りを百万回ほど回っています。すなわち百万電子年経ったといえます。さて、この百万電子年というとてつもない回転の数と、1千地球年というたった千回の回転数と、どちらが長い間の出来事だったのでしょう。だから、たとえ貴方にとって瞬時になくなったように見えても、連続的に消滅する事象でも、別な基準から見るととてつもなく長い間にゆっくりと消滅している事象であるとも言えるのです。

科学的根拠は示せますよ。

科学が科学的である最も基本的な根拠は、それが思索に基づいて論じられているのでなくて、経験に基づいて世界を把握しているからです。そして経験によると、この世界は時空によって把握できる。さらに経験によると時空の一部を占めている存在にはその広がりに不連続なものは存在していない。一つ二つと数えられる粒子といえども、各粒子は連続場の衣をまとって、粒子の縁は連続的に空間に広がっています。だから、貴方が死んだからといって、その時に不連続的に世界がなくなるという仮...続きを読む

Q思考と言語

思考に言語を使うことのデメリットを挙げて下さい

Aベストアンサー

我々が世界を認識しそれに合理的、あるいは論理的に意味づけをする方法には2種類あります。一つは時系列的論理であり、もう一つは空間的論理です。多くの方が論理的だと考えているのは時系列的な論理です。その典型が言語で表される論理です。すなわち、言葉は時系列として時間の経過とともに順番に出てくる。数学もそうです。AはBを導き、BはCを導き、、、という具合に。そして、そのような時系列で把握されたものだけが思考だと思っている。

ところが、私たちは(動物たちも)もう一つの世界の認識方で世界を捉え、それに従ってそれなりに合理的に思索し合理的に振舞っています。それが空間的論理です。この場合、自分の置かれた環境や状況や事象を瞬時に全体として捉え、物事が収まるべきところに収まっているかどうかで、その全体の整合性を認識します。事実、絵画にも立派な論理があり、思索が表現されているのですが、それは決して、山が木立や東屋を導き、その木立が月を導き、、、というようには把握されず、そてぞれの各点が収まるよころに収まっているかどうかでその合理性の深みを理解しようとします。また、人間も多くの動物も言語以外に、ボディー・ラングエッジでも意思疎通をしていますが、これはどちらかというと空間的論理の把握と言えるでしょう。

その点、音楽にある合理性は時系列としての合理性であり、言語による合理性の把握に親和性があります。ただし、音楽や言語やその一種である数学が時系列的であるとは言っても、決してその流れは一方的だけではありません。我々は、現在目の前にある音や単語ばかりでなく、その音や単語より以前に出た音や単語との関連、すなわち時間相関を思い描きながらその作品を観賞し、また、この先の未来に出てくるであろう音や単語を、過去の時間相関を参考にしながら予測して、ある意味時間を超えた同時発生的な把握でその作品を観賞しています。そしてこの時系列的な相関の距離が長いほど、我々は思考が深まったと考えているようです。

もちろん空間的論理の把握にも、空間における各点をバラバラに捉えているのではなくて、各点の間の空間的相関を認識し、その空間相関の距離が長いほど、その空間的論理の合理性に深みがあると考えているようです。

この時系列的思索と空間的思索の存在は古代から認識されており、例えばそれが仏教における顕教と密教の違いとして認識されております。すなわち、顕教の本質は、この世の真理なるものを文章に顕に書き下すことができる。すなわち、時系列的な論理だけで表現が可能であるという立場です。だから、先人たちの名著をとことん読んで咀嚼すれば、この世の真理が解るようになるという主張です。ところが、密教では、この世の真理なるものには言葉という時系列的な論理では表現しきれないものもある。そして、それを掌握するためには、それを掌握した師の唾を浴び、迫力やオーラを浴びなくてはならないという立場です。さらに密教では曼荼羅を重視しますが、これもこの世界を掌握するには時系列的な言語だけでは不完全で、絵画的空間的論理による認識も必要であるという主張です。私は物理学者ですが、自分の師と巡り会うまでは、物理学も顕教の世界だと思っておりました。しかし、その師の唾を浴びているうちに、物理学の多大な部分が密教の世界であることに気づかされました。

さらに、テレビドラマでもわかるように日本人の数倍もおしゃべりなアメリカ人の意思疎通の内の90%ほどが、言葉でなく、先ほど触れたボディー・ラングエッジによっている、という研究結果が出ているそうです。考えてみればそれは驚くことではありません。実際、人間が言葉を使い出す前の数百万年もの間、人間はボディー・ラングエッジだけで意思疎通をしてきたのですから。例えば、馬も集団生活をしており、馬の間のボディー・ラングエッジが高度に発達しています。私の住むテキサスで小さな牧場を持っているある日本女性がこの馬のボディー・ラングエッジの重要性に気づき、それを人間の母子間に取り入れて、頭でっかちでない自然な子育てに使う運動を起こし、そこで訓練を受けた多くの母親が育っています。

このように、我々が世界を認識するとき時系列的でなく、空間的な掌握法が圧倒的に巨大な領域を占めているのです。ところが、言葉だけで論じられている哲学を学んでいる連中では、時系列的な論理だけが合理的な論理であると誤解して、世界の圧倒的な部分を認識できなくなっているようです。これが思考に言語を使うことの最大の欠点でしょう。この連中はこの巨大な世界を認識できないので、ある意味可哀想な連中です。

我々が世界を認識しそれに合理的、あるいは論理的に意味づけをする方法には2種類あります。一つは時系列的論理であり、もう一つは空間的論理です。多くの方が論理的だと考えているのは時系列的な論理です。その典型が言語で表される論理です。すなわち、言葉は時系列として時間の経過とともに順番に出てくる。数学もそうです。AはBを導き、BはCを導き、、、という具合に。そして、そのような時系列で把握されたものだけが思考だと思っている。

ところが、私たちは(動物たちも)もう一つの世界の認識方で世界を...続きを読む

Aベストアンサー

これを客観的に理解するということは、時空の枠を取り払った「実在」というものを
理解しない限り、不可能ではないかと考えられます。

仮にそれを理解したとしても、それを表現する適切な言葉がないのではないかとも思
います。

主観的には時間は苦しいほどに長く、楽しいほどに短く感じられるものではあります
ね。

Qみんな□民主主義

□には何が入りますか?

Aベストアンサー

民主主義は良いものだと同意するが、民主主義とは何かということにはみんな同意しないのが


人気Q&Aランキング