人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

鬱になった、何もできない恥ずかしさはどうしたらいいのでしょうか。


去年から鬱で休学しています。

数ヵ月前には積極的に外に出られた時期もありましたが、
また最近ベッドから起きられない、息苦しい、人と会いたくない…という風になってしまいました。


というのも、後期に復学できなかったのが大きいのかもしれません。

将来のことが考えられない、
そんな自分が恥ずかしい、
それに家族や周りに迷惑かける、
何もできないとはいえ、今の自分は周りから見たらものすごい甘えてる人にしか見えない…

何もできないはずはない、何かできるのではないかと常に焦り、強い罪悪感を覚えます。

それに、鬱になってしまったということが恥ずかしいです。 


なにを質問したいのか自分でもよくわからないのですが、いろいろとどうしたらいいのかわかりません…。

A 回答 (14件中1~10件)

鬱病になると、何事もネガティブに考えてしまいがちになるので、今のあなたの気持ちはよくわかります。

私は鬱病で2年間も休学しましたが、その後東大に合格し、企業を立ち上げる事ができました。あなたにも必ず将来良い事が起こると思います。
    • good
    • 0

まさにうつの症状そのものですね。

とにかく行動停止に陥るのが鬱です。行動とは、実際の行動のことはもちろんですが考えるという脳の働きも含みます。

自力で早期に改善する方法は、朝起きる時間と夜寝る時間を決めることです。そして、決めたとおりのことをするのです。つまり、朝起きる時間を決めたなら、用事が無くても起きるのです。はってでも起きるのです。起きれば顔も洗うでしょう。歯も磨くでしょう。こういう行動を実行するのです。日常の与えられた行動を何が何でもやるのです。時間通りにです。痛いとかかゆいとか、やる気が起きないなんて言わずに、行動がすべきだと自分に言い聞かせ、思い込ませるのです。

いろいろどうしたら良いのか分からないのは、多分薬のせいです。物事を考えるとか判断するとかの神経系統を司るA6神経というヤツが大脳基底核のドーパミンの過剰供給によって詰っているのですよ。昨年から症状がよくならないのなら、自力で治すしかありません。
    • good
    • 0

これは辛いですね。



しかし、鬱になってしまったのは
恥ずかしいとは言えないと思います。


自分の弱さにしっかり
向き合えているからです。

自分の弱さを認められる
人が本当に強い人です。

hlriencさんは誠実に自分と
向き合えてますので強い人です。


いまは落ち込む時期です。

まずは休養して元気になることが
目標です。
    • good
    • 0

病気ですので、何も心配することはないです。

休息が必要なだけです。
あと焦燥感や罪悪感は病気と戦っている状態ですので悪いことではありません。リハビリですよ
    • good
    • 0

これまで幾度もうつ病など精神疾患のお方に投稿していますが、病気の性質上 充分な思考が出来ないのでしょうから手助けとなることは少ないと感じます。


ですが、貴方がご両親にこの書き込みをプリントなどされて相談されることもできると思いますので投稿します。

--------------------------

難しいことですが、うつ病のメカニズムや発病の原因など記します。

①うつ病は誰しもがかかり得る病気といわれ、患者が増え続けているのが大きな社会問題にもなり、治せないことから心療内科も増加し成り立っています。
精神疾患は「心のやまい」と言われますが、脳が無ければ心はありません。精神疾患は脳に生じた病気です。

②明らかとなっていることは、
{脳の神経細胞が出しているセロトニンやノルアドレナリンという伝達物質が、次の脳神経細胞の受容体で充分に受け取ることが出来ず、瞬時に電気信号が伝わらないことから、正常な思考ができなくなる病気である・・}ということです。
・・・(伝達物質を受け取る脳神経細胞の受容体の傷害です)
一般的な治療は、セロトニンやノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SSRIやSNRI)と呼ばれる抗うつ薬が主流です。これらは、伝達物質が受け取れずに元に戻ってしまうのを阻害し、遊離させておいて少しでも受け取らせようとする薬です。
症状の改善が目的の対症療法薬ですので、病気自体を治す薬ではありません。
「心療内科の薬で治せる・・」と考えることは間違いです。
 ★良く解るアニメーションがございます。ご覧ください。
 ・SSRIのパキシルの作用説明(アニメーション)http://hata-clinic.jp/anime/sayou.html
 ・そのホームページ http://hata-clinic.jp/

----------< 原因と 治せる可能性 >---------

③受容体が傷害される原因を調べてみますと、
●うつ病や統合失調症(旧精神分裂病)は、神経細胞に潜むヘルペスウイルスによって起きると言ういくつかの研究があります。以下はその1つです。
http://www.japanprize.jp/seminar_resume_191_kond …
脳神経細胞に潜むヘルペスウイルス6型がうつ病と関係することが記されています。
ウイルスが脳神経細胞の受容体の発現量を少なくしているということです。
従って、この種のウイルスが感染しストレスや不眠などで免疫(白血球の働き)が低下する時、ウイルスを排除できず発症する・・ということになります。
近年、患者数が激増していることもウイルス感染とすれば何ら不思議ではなく、誰しもがかかりうる疾患です。

④そうであるなら、ウイルスの存在を白血球が見つけ出し、ウイルスが排除されれば治ることになります。
従って、初期の頃には何事からも逃れゆっくり休養を取ることで白血球の働き(免疫)の活性化が起きれば、ウイルスが排除され、自然治癒することもありえます。しかしその自然治癒の確率は高くありません。

④治癒の確率を高めるには、より強く白血球の活性を起こす方法を取ることです。
国内には古くから丸山ワクチンとハスミワクチンという癌を対象にした免疫療法があり、膠原病など免疫疾患にも使われています。
ハスミワクチンが特に効果があると私は考えます。
ハスミワクチンは、ウイルス発癌の理論から、癌の種類ごとに★ウイルスと癌細胞膜抗原を抽出し、これを材料とする癌ワクチンとして開発されたものです。30種余りの一般ワクチン(既成ワクチン)があります。
免疫療法であるハスミワクチンというものが効果があると私は考えます。
・癌に限らず、様々なウイルスが関係する病気にも適合するワクチンでその効果を見るため、希望すれば精神疾患にもK.Mというワクチンが処方されます。
K.Mワクチンは胃癌用のワクチンですが、ヘルペスウイルス4型であるEBウイルスが抗原材料に含まれています。 試す価値はあると考えます。いかがでしょうか。

添付しました画像は、ハスミワクチンの開発者(故蓮見喜一郎)が昭和58年に講演した内容が掲載されたものです。
------------------

私はこの7月の頭よりひどい症状の年配女性(元看護師)にかかわりました。
自分をコントロールできず、受け入れてくれる精神病院を探し入院され、うつ病と診断されました。
ご主人の理解を得てハスミワクチンのK.Mワクチンをされ治癒されています。
ご本人からも長々と電話があり、正常な思考がなされていると感じました。
「鬱になった、何もできない恥ずかしさはどう」の回答画像10
    • good
    • 0

鬱が恥ずかしいと思ってしまうのをなんとか改善する方法で回答します。



どこまで行っても、自分の感じ方に凌駕されるのが人間です。
どこかで手を打たなければ、感じ方や思いや思考の誤作動にされるがままです。
手遅れになると改善する気も起こらなくなります。
何事も初期、若い時期の方が改善しやすいです。

どうすれば良いかは、感じ方にアプローチするか、行動行為から入るか、どっちみち、新しい体験の獲得によって自分の感じ方も増えるとか、自分のメンタル面、意識もですね、変化しやすいのです。
中には、脳機能の脆弱性などで変化しにくいタイプの人もいますが。

環境が良くない場合、時期的に自立出来ない現状を踏まえて、自分を客観的に見ることは必要です。

そういう一連の過程を成長過程ということが出来ると思うのですが、成長するならば、体験の時間の中で、自分自身を使ってその場に相対することが必要なんですよね。
その体験の場にすぐに適応出来なくても、やりたいという意識とやったという行動は、結果的に成功体験を得られ、自己肯定感は前向きさ、自信に繋がるように人間はなっているようですから、
やれば分かるし、やれば出来る、というのは、初心の頃とは自分の世界感が違ってくるものなのです。
むしろ違う方が成長と言えるのです。

質問者さんの出来ないはずがない、出来るのではという思い、罪悪感や焦りは、やれば変わっていくはずです。
どう変わるかは未定ですので、こう変わらなくてはならないと強く思っていると(そこに気づかない人が多い)変われない、変わりたくない無意識が潜んでおる場合はモラトリアムな状況を自分で作ってしまうのに抜け出したいと思う場合もあります。
自分の居場所ではどうしても、今までやってきたように自分を演じてしまうので、自由になる居場所を一つ作るのが客観的に自分を感じられますので、改善しやすいです。

投薬と合わせて、メンタル改善の目的でカウンセリングや、心理療法、体験学習などをおすすめしたいです。

それと、自分が苦手なことを知ることも必要です。
例えば、こういう行為や言動はしてはいけない、できない、というような自分の中の取り決めを知ることなどもそう。
そのルールを一度、見直せるので。

自分の良い悪い(価値)を捨てることは自力ではなかなか出来ないので、その場だけでも体験をすると、継続は力というように、今までの見方に変化をもたらしてくれる機会になり得たりします。

今すぐでなくても、視野に入れておくとか、参考になればと思います。
    • good
    • 1

こんにちは。


私も鬱になったことがあります。
そして回復後、精神科で治療をする側にいたこともあります。
本当に辛いですよね。大丈夫、鬱は治る病気です。

苦しい時は無理せず、とことん休んでください。脳内物質の状態が整ってくれば、気分が変わります。

鬱は状況によっては誰でもなり得るのですから、恥ずかしいことはありません。インフルエンザにかかるのと一緒です。

私は鬱になって、自分の弱い部分を発見しました。そして、今まで見えていなかった自分との付き合い方を学びました。

今はすっかり元気になりましたが、鬱の時に考えたことや発見したことが、人生の大きな糧となっています。

渦中にいるときは辛くて、「どうして自分が?」「何がいけなかったのか?」と自分を責めたり、鬱である自分を世界に晒すことが考えられず、引きこもりがちでした。

若かったので、このまま鬱だったら何者にもなれないのではないか?という将来への焦りもありました。

自分が今ストレスと感じていることから一旦離れて、周りに好きなものを集めてください。

必ず光は見えます。諦めないで治療を続けてください。
    • good
    • 1

貴方と同じ境遇におられる方は多いですよ。


そのことをあなたが知らないだけですから。

人生は長いですし、学生時代の休学で失われた期間は、社会人になり、
一人前と認められたら1ヶ月もかからず取り戻せます。

学生時代に頑張れなかったとしても、その先の社会人人生の方が圧倒的に長いのですから、
今は、休養する時期だと心に決めてください。

焦って良くなった方は一人もいません。
今はベットに横になった状態であっても、その先の人生をどうするかを考えましょう。
社会に貢献できる人物となれば、今のことはなつかしい思い出に変わりますから。
    • good
    • 2

>鬱になった



原因は何ですか?
    • good
    • 1

うつ病でまだ不幸中の幸いでした。


統合失調症だったら一般就労は一生絶望的です。
統合失調症は深刻な割に珍しい病気ではなく、100人に1人の高確率で罹ります。

挽回不能な大病は身体含め星の数ほどあります。
いつか元のレールに戻れるならそれは小さい落とし穴です。
後で振り返って、あんな窪みにハマってたのかー、と思える日が来ますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病治らないので死にたいです。医学で治らない無いお祓いしてもらうというのはどうでしょうか?

うつ病治らないので死にたいです。医学で治らない無いお祓いしてもらうというのはどうでしょうか?

Aベストアンサー

あまり意味がないと思います。現代の医学では、うつ病は治癒しないのです。でも、治ったと同じ状態にすることはできるので、死にたいという気持ちは辛抱強く抑えて、良好な状態になるまで待ちましょう。

Q精神科医からの言葉に違和感、これは普通なのでしょうか?

私は大学生で、8月終わりから精神科に通院しております。
過去、中学3年生の時にも双極性障害や摂食障害等色々な事で別の精神科へ通っていましたが、1,2ヶ月で通うのをやめてしまいました(理由は覚えてないです)

初めて今行っている精神科の先生の診察を受け、過去に別の精神科へ通院していた事や、現在の症状などを話した時、「でもさあ、学校は行けてるんでしょ?」と言われ、その言葉に少し不快感を覚えてしまいました。
その後も診察の時に、1週間内であった症状などを書いたメモを見せたりすると「でもこの症状、この前言ってなかったじゃん」など言われるので、詐病だと疑われているのかなと悲しくなりました。
他にも「辛いのにここ(病院)には来れるの、不思議だよね、何で?」と半笑いで言われたことがあります。「予約してる限り、きちんと行かなければならないと思っているからです」と伝えても「でも辛いなら普通は通えないよ」とあっさり返されました。

最近ではもう何を言ってもきっと、また嫌な気持ちになる事を言われるんだろうな、と思い、色々症状があっても黙って過ごしてしまいます。
正直病院に行くだけで不安や辛い気持ちが余計に増えます。
病院を変えたほうが良いのかなあ…と、考えたりもしましたが、将来手帳等の申請をするには1年以上の通院が必要と、どこかで見かけた気がするので、病院を変えてしまったらまた一からやり直しなのかと思うと別の病院へ行くのもためらってしまいます。

精神科がカウンセリングと違う事は分かっています。
しかし精神科というのは、このような言葉を医師から投げかけられるのが普通なのでしょうか?

私は大学生で、8月終わりから精神科に通院しております。
過去、中学3年生の時にも双極性障害や摂食障害等色々な事で別の精神科へ通っていましたが、1,2ヶ月で通うのをやめてしまいました(理由は覚えてないです)

初めて今行っている精神科の先生の診察を受け、過去に別の精神科へ通院していた事や、現在の症状などを話した時、「でもさあ、学校は行けてるんでしょ?」と言われ、その言葉に少し不快感を覚えてしまいました。
その後も診察の時に、1週間内であった症状などを書いたメモを見せたりすると「でも...続きを読む

Aベストアンサー

全然普通ではありません。

もっとましな医者を探して、あなたが今の主治医にかかることを早くやめることです。手帳がどうのこうのといったことより、あなたの精神的状態を良好にする事のほうが、よほど大切ではありませんか。今はネットの発達などで、評判のよい医師をみつけることは、簡単です。ただし、うつ病の場合、辛いときは遠方まで出かけられませんから、遠くの名医より、近くの良医がよいでしょう。

Qうつの者です。 どこまで耐えればいいのでしょう? 薬も飲みました。もうこれ以上飲めません。 相談ダイ

うつの者です。
どこまで耐えればいいのでしょう?

薬も飲みました。もうこれ以上飲めません。
相談ダイヤル、その他色々電話して通話料が怖いです。

普通の病気だったら、救急があるけど。
もう、苦しいのに。
批判的なコメントは本当に辛いのでご遠慮ください。

Aベストアンサー

もしも、どうにもならないとまで思い詰めているのなら、思い切って入院治療を受けてみる
ことも考えてください。

私自身、入院に抵抗のあるタイプでしたが、毎日、誰かしら医師がいる。薬の変更も通院とは
比べられないほど早く変えてくれる。同じ悩みを持つ方々と生活を共にできるなど、いろいろ
とメリットがあります。

通常は3ヶ月が入院が目安ですが、薬の量を確定させるための入院なら2ヶ月以内で退院できます。
逃げ道はいくらでもありますよ。

Qうつ、そう極性障害、医師に頼らないで改善する方法 こんにちは。 よろしくお願い致します。 ある事でか

うつ、そう極性障害、医師に頼らないで改善する方法

こんにちは。
よろしくお願い致します。
ある事でかかっているメンタルクリニックの医師が信用できなくなりました。
休職中ですが、医師、病院を変えたいと思っています。薬は服薬しています。

うつやそう極性障害を医師や薬に頼らない方法で改善された方がおれば教えてください。
散歩や、感銘を受けた映画や本など。休職中の過ごし方など…。

私は、
ルワンダ虐殺の本、生かされて。
が良かったです。
その影響で
今はキリスト教に興味がありますが、教会は敷居が高いです。

あと、
心療内科などで医師に傷つけられた方いますか?
私は休職期間は3ヶ月だと毎回伝えていたのに、先日復職願の為診断書を書いてくださいと頼んだら、もっと休職期間が長いと思っていたこんなダラダラした生活じゃ書けないよ!と強い口調で怒られました。先生が仕事のことを忘れて好きなように過ごしなさいと言われたからゆっくり過ごしていたのに。休職時の診断書は、とても辛くなり急に病院に駆け込んだ為、別の医師が書いたのですが俺は働きながら治療するつもりだったんだ!この休職期間は俺のせいじゃない!と過去の事を責められもしました。この件は過去の質問でも悩んで投げ掛けたことなので凄くショックでした。でもとても働ける状態じゃなかったですし、他の医師に頼らざるをえない状況を作ったのは貴方ではないかと思います。三分診療では分からないみたいです。

怒りすぎて長くなってしまいました。
病気を治すために
自分でできることがあれば教えてください。
先輩方よろしくお願い致します。

うつ、そう極性障害、医師に頼らないで改善する方法

こんにちは。
よろしくお願い致します。
ある事でかかっているメンタルクリニックの医師が信用できなくなりました。
休職中ですが、医師、病院を変えたいと思っています。薬は服薬しています。

うつやそう極性障害を医師や薬に頼らない方法で改善された方がおれば教えてください。
散歩や、感銘を受けた映画や本など。休職中の過ごし方など…。

私は、
ルワンダ虐殺の本、生かされて。
が良かったです。
その影響で
今はキリスト教に興味がありますが、教会は...続きを読む

Aベストアンサー

キャル様、早速のお返事をありがとうございました。
抗うつ薬は症状を軽くするだけのもので、身体には良くありません。やめることを考えねばなりません。
一例ですが、SSRIのパキシルの添付書類を見られれば解ります。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/340278_1179041F1025_2_35.pdf
規制区分:劇薬、処方箋医薬品であり、
用法・用量に関連する使用上の注意
1 .本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら調節すること。なお、肝障害及び高度の腎障害のある患者では、血中濃度が上昇することがあるので特に注意すること。(「薬物動態」の項参照)
2 .外傷後ストレス障害患者においては、症状の経過を十分に観察し、本剤を漫然と投与しないよう、定期的に本剤の投与継続の要否について検討すること。
と記載されています。
-------------------------

貴方様はおそらくハスミワクチンはされないと想像しますが、
ウイルスを白血球により認知させるにはそれ相当の免疫の活性化が必要であり、その近道がハスミワクチンにあると思います。
私は1協力医と定例会を持っていますが、先に記しましに様に、うつ病においても今回1名の患者さんの治癒を見ましたことはその証明になると思っています。

キャル様、早速のお返事をありがとうございました。
抗うつ薬は症状を軽くするだけのもので、身体には良くありません。やめることを考えねばなりません。
一例ですが、SSRIのパキシルの添付書類を見られれば解ります。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/340278_1179041F1025_2_35.pdf
規制区分:劇薬、処方箋医薬品であり、
用法・用量に関連する使用上の注意
1 .本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら調節すること。なお、肝障害及び高度の腎障害のある患者では、血中...続きを読む

Qうつ病になるか、ならないかって、その人の考え方次第ですか?

うつ病になるか、ならないかって、その人の考え方次第ですか?

Aベストアンサー

「うつ病」は、けっこう難しい病気で、例え医師であっても、内科や外科など、精神科でない医師の多くは誤解しています。

人生において、様々な失敗やトラブルをきっかけにして、気分が落ち込むことは誰でも経験することです。
多くの人は、その気分の落ち込みのひどいやつが「うつ病」だと考え、失敗やトラブルに対しての考え方次第で、うつ病になるか、ならないかが決まるって考えます。
しかし、これは全くの間違いです。

多くの人が経験する「気分の落ち込み」と、「うつ病」は全く違います。
もっとよくわからない病気です。
(精神医学的には、多くの人が経験する「気分の落ち込み」は反応性抑うつ状態に近いものです。)

「うつ病」は、アルツハイマー病や、大部分のがんと同様、現代医学ではまだ原因不明疾患の一つです。
その人の考え方次第で、うつ病になるか、ならないかは決して決まりません。

そして「うつ病」は誤解されることの多い病気で、素人の無責任な助言(「うつ病はその人の考え方次第」とか)が、さらにうつ病の方を迷わせることもよくあります。

Qうつ病に詳しい方

精神疾患の病気の中に、うつ病も含まれているのでしょうか?
それとも精神疾患とうつ病はまた別でしょうか?

Aベストアンサー

№3の追記ですが、

うつ病の場合、抗うつ薬が治療のメインとなりますが、抗不安薬、睡眠薬の追加でも良くならない場合、
抗精神病薬を使うことがあります。

この抗精神病薬の中で、うつ病での治験を行い適応を認められているのはエビリファイだけですが、
そこは医師の知恵で、診断書に「うつ病」と、抗精神病薬を出すための「てんかん」※実際にはてんかんではない。
と記入し、抗精神病薬をうつ病患者さんに使用することもあります。
これを知らなくて、「えっ!?私、てんかんも?」と思う人が多いようですね。医師もしっかり説明
しておいてほしいものです。

また、うつ病の患者さんの入院先は精神科病棟になります。特にうつ病の患者さんの増加は著しく、
うつ病の患者さんだけを集めた開放病棟の病院もあります。

なお、うつ病かな?と思ったら、まずは内科を受診してからのほうが、誤診を防ぐことができます。
また、早朝覚醒(寝つきはいいが2~3時間で目が覚めてしまう)はうつ病特有のサインですので、できるだけ
早く治療を受けるようにしてください。

Qうつ病の思考について

うつ病の人の中に
もともとできていたこと
例えば、計算や数字の概念、日本語などがよくわからなくなり、頭が混乱するという症状がある方はいますか?
できればその時の経験談や解決策などを教えてください。

Aベストアンサー

人により違うと思いますが…
鬱の場合、対人関係(いじめ)や大切な人を亡くしたなど、発症を引き起こした原因があると思います。
それを本能として思い出したくないケース。

例えは良くないですが、、、
ある女性が長年お付き合いをした彼と結婚の約束をした。
結納から式の段取りも済み、いざ、明日に挙式。
夕方に警察と彼の実家から連絡あり。
「さっき彼が交通事故で亡くなった」
幸せの絶頂から悲しみのどん底に急降下。

葬式を終えたあと、鬱を患う(悲しみを引きずる)パターンでしょう。
精神が崩壊すると本人の意思に関係なく自殺をしかねない。
ここで無意識が自殺を避ける反応をします。

彼、車、事故、結婚式、これらの関連情報を目にしたときに脳が拒絶反応を起こす。
本来なら死ぬほどの莫大な絶望を抱えているわけですが、まだ直視して受け入れる用意ができていない。
理解をわざと避ける(ある意味混乱)わけ。

事故の例ではありませんが、昔に入院病棟で一緒だった患者さんがこのパターンで絶望に気付いてしまい自殺をされました。

混乱も錯乱も、死なないための脳(いわゆる心、無意識)の安全装置かと。
(これはAIや機械が永久にたどりつけない分野)

そこまで重大でなくても、鬱状態だと薬の使用に関係なく思考は低下します。
もちろん肉体の活動も。
文字が読めない、画像が理解できない、音声がわからない、そして思い出せない、、、普通に起こります。
物事の判断でも先を読めない。
なので鬱の方は重大な決断はしない、が鉄則。

鬱が良くならないから仕事を辞める、転職する、離婚する、退学する、みんなダメ。
今は結論を出さず先送りです。

解決策、、、
わからないときは、わからない自分を尊重して受け入れるわけ。
これがキモ。

人により違うと思いますが…
鬱の場合、対人関係(いじめ)や大切な人を亡くしたなど、発症を引き起こした原因があると思います。
それを本能として思い出したくないケース。

例えは良くないですが、、、
ある女性が長年お付き合いをした彼と結婚の約束をした。
結納から式の段取りも済み、いざ、明日に挙式。
夕方に警察と彼の実家から連絡あり。
「さっき彼が交通事故で亡くなった」
幸せの絶頂から悲しみのどん底に急降下。

葬式を終えたあと、鬱を患う(悲しみを引きずる)パターンでしょう。
精神が...続きを読む

Q鬱病、躁鬱病など治療中の方に質問です。

勇気をだして質問させて頂きます。
私は躁鬱病を発症して約8年間くらいまともに仕事が出来ず
ずっと家にいて治療しています。
定期的に良くなったり悪くなったりの繰り返しで
安定せず疲れてしまいました。
元気な時は外出もできるので、仕事もできるかも?と思いパートしても、職場の男性の怒鳴り声や厳しい指導(女性ですが男子トイレに呼び出され10分間ほど叱られる)などがあり過去のトラウマも相まって働くのにものすごい恐怖心があります。
でも家にいると映画や読書はできるし家事もできるようになってきたのに仕事ができないなんて甘えてる、という考えに陥り焦燥感があります。
カウンセリングもしていて元気になってきたと自分では思いますが働くのがものすごく怖い。
休職中の方、治療中の方、経験談を是非お聞かせください。
また、朝起きて家にいる間どうお過ごしになっているかも教えていただけると参考になります。

Aベストアンサー

労働意欲が出ない限りは一切それをしようとは思わないよ。
なぜなら俺の場合、労働意欲が出てしかも持続することイコール心の完全な回復、だから。

甘えと思おうと思うまいと、
病気が完全に癒えないうちに無理をすれば、またこじらせるだけ。
何しろ仕事の悪夢を見なくなるだけで10年かかったのだ。

家事でも読書でもいろいろやっているうちに不思議と一日が過ぎてしまう。
退屈や自己嫌悪を感じる暇がない。

Q精神科の医師は、正しい病名をつけることが本当に可能なのでしょうか?

精神科や心療内科、メンタルクリニックで付けられる病名は数百種類もあるそうです。
DSM(精神障害の診断と統計マニュアル)というアメリカ精神医学会の診断基準に基づいて付けられるのですが、この基準というのは極めていい加減なものだという話をよく聞きます。
この診断基準DSMを作った人や関係者も下記動画(1:50頃)で多数証言していますから、ご確認いただければ幸いです。

たしかに、重篤な脳の器質障害による(本物の)精神障害は存在するでしょう。
ただ、このDSMを見てもわかりますが、判断の基準があまりにも広範囲に渡っていると思います。
その結果、
ちょっと落ち込んでいれば うつ病。
ちょっと落ち着きがなければ ADHD。
ちょっと物事に固執すれば 強迫性障害。
といった具合に、安易に病名がつけられてしまう可能性が非常に高いのではないでしょうか。
なぜかというと、何らかの病名を付けることができなければ、その医師は無能のレッテルを貼られかねないからです。
しかし、精神疾患のメカニズムというものがほとんどわかっていないわけですから、医師が正確な診断を下すこと自体が、そもそも無理なはずです。
しかも、その判断基準が極めていい加減なもの。
つまり、本当は病気じゃないのに病気だと診断されて薬を処方されるケースが極めて多いのではないかと思います。
この意味で、精神科や心療内科、メンタルクリニックの門を安易にくぐろうと考えるのは非常に危険だと思うのですが、いかがですか。

https://www.youtube.com/watch?v=sxW9iliRCfc&t=113s&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN&index=49

精神科や心療内科、メンタルクリニックで付けられる病名は数百種類もあるそうです。
DSM(精神障害の診断と統計マニュアル)というアメリカ精神医学会の診断基準に基づいて付けられるのですが、この基準というのは極めていい加減なものだという話をよく聞きます。
この診断基準DSMを作った人や関係者も下記動画(1:50頃)で多数証言していますから、ご確認いただければ幸いです。

たしかに、重篤な脳の器質障害による(本物の)精神障害は存在するでしょう。
ただ、このDSMを見てもわかりますが、判断の基...続きを読む

Aベストアンサー

>最低限 DSM は基準にするのでしょうが、そもそも、その基準自体に異議を呈したいというスタンスですので、いずれにせよ主観に左右される部分が非常に多いはずでしょう。


まぁアタマの悪い私はDSM66年の研究に盾突くつもりは
ありませんが・・hakobuluさんは賢い方ですのであとは
よろしくお願いします・・。


私見では、基準通りなのかなって感じです。




>副作用の心配はあるかもしれませんが、
そこまでは素人の出る幕ではない。

>『あるかもしれない』ではなく、ありますよね?
死人が出るほどの副作用が。
※【実は、このパキシルという薬でうつ病が本当に治るかどうかはわかりません。また、うつ病がさらに悪化する可能性もあります。自殺したくなったり、実際に自殺を企てたり、あるいは他人に危害を加えるようになる可能性もあります。妊婦が服用した場合、新生児には2%の割合で先天異常(特に心血管系異常)のリスクが増加しました。】
と製薬会社自身が明記している。
【自殺既遂2件、自殺企図5件、自殺念慮4件(7906件中)】という治験データがある。※

>しかし、うつ症状に苦しむあまり、こうした副作用を無視して、あるいは知らぬまま病院へ駆け込む。
医師も明確に副作用を告げぬまま薬を処方する。
内閣府も、うつは心の風邪 などと簡単に治るようなキャンペーンをはる。
厚労省は、精神病院→心療内科→メンタルクリニック
と名前を変えることで薬の処方をしやすくする。
ところが、副作用を大々的に取り上げる公的機関は一切無いと言っていいのではないですかね。
おかしすぎませんか?





「心の風邪」はふざけてますよね・・。


そういえば風邪薬も、自己治癒力を弱めるので
実は風邪が長引くと聞いた気が・・。



まぁパキシルは死ぬそうですね・・。


困ったものです。




>ところが、副作用を大々的に取り上げる公的機関は一切無いと言っていいのではないですかね。
おかしすぎませんか?


まぁ一応厚生労働省は注意喚起しているようですね。


SSRI/SNRIと他害行為について

https://www.mhlw.go.jp/www1/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/261-2.pdf#search=%27%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81+SSRI%27



全日本民主医療機関連合会も警鐘を鳴らしていますね。

https://www.min-iren.gr.jp/?p=27508



うーん・・



実際、抗うつ剤でうつ病が完治して、以後は
服薬しなくなった人も知ってますし。

抗うつ剤は個人差があるのかなと思います。



うつ病は心の風邪なんですね・・。
バカ政府ですよね。


健康問題を苦に自殺する人のうち、約43%が
うつ病者なのに。


うつ病は死に向かっていく病気なんです・・。


抗うつ剤を処方するのは、


副作用があっても、より生存率が高いほうに
賭けるんでしょう・・。



同じく死に向かっていく病気として、

原発性胆汁性胆管炎というものがありますが・・


コレ、進行をおさえるのにステロイドを投薬するんですよね。

ステロイドって劇薬なので副作用がひどいんですよ。

骨粗しょう症になるんです。


重いものを持って背骨が折れたり、火葬して
骨が少なかったり・・


ひどい副作用があるとわかっていても
より生存率が高いほうに賭けるんです。


うつ病も同じなのかなと個人的には思います・・。


(たぶんhakobuluさん的には違う)



それよりもおかしいと思うのは、


本来、定期的に血液検査をしなきゃならないんですけどね。
身体に副作用の影響が出ているかを調べる検査です。


やらない病院は、なんでかな?と思います。


hakobuluさんも一緒に騒ぎましょう^^



>厚労省は、精神病院→心療内科→メンタルクリニック
と名前を変えることで薬の処方をしやすくする。



本来、役割が違うんですよね。


精神科 →うつ病や統合失調症など精神病を診る病院

心療内科→ストレスが原因の、例えば胃炎など内科の症状を診る病院

メンタルクリニック→クリニックは病院の簡易版・・というかベッド数が19以下のもの。




>恐縮です。
こちらこそよろしくお願いします。
お互い素人の立場ですが、そもそも、玄人の決定事項がすべて正しいのなら、もっとまともな社会が実現しているはずですよね?
社会をよくしていくのは、むしろ、素人の権利・義務じゃないでしょうか。



素人なりの視点ってものがありますからね。

どんどん声を上げていきましょう^^

なるべく感情的にならないように気を付けますm(__)m

>最低限 DSM は基準にするのでしょうが、そもそも、その基準自体に異議を呈したいというスタンスですので、いずれにせよ主観に左右される部分が非常に多いはずでしょう。


まぁアタマの悪い私はDSM66年の研究に盾突くつもりは
ありませんが・・hakobuluさんは賢い方ですのであとは
よろしくお願いします・・。


私見では、基準通りなのかなって感じです。




>副作用の心配はあるかもしれませんが、
そこまでは素人の出る幕ではない。

>『あるかもしれない』ではなく、ありますよね?
死人が出るほどの...続きを読む

Q心療内科に行く勇気がない

子供の頃から生きづらさを感じ、大人になってから発達障害では?と思い、心療内科に行きました。
悩みはコミュニケーションがうまくとれない・注意欠陥などです。
仕事が続かないと話すと鼻で笑われました。
何回か仕事を変わっていると話したら、さらに声に出して笑われました。
ああ、私ってそんなにおかしいのかな。と感じて辛くなって通うのをやめてしまいました。

それから数年だましだましやっていますが、やはりうまくいきません。
生きていくには働かなくてはいけません。
もう1度心療内科に行かなくてはと思うのに、前のことを思い出すと勇気がでません。
心療内科で治療されている方、なにかアドバイスを頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3様に同意。
精神科へ行くべき。
なぜ心療内科を受診したんです?
心療内科は「心療」+「内科」、内科ですよ。
敷居の低い精神科ではない。
心療眼科、心療皮膚科、心療カイロプラクティックなどがあれば行くんですか?
「心療」の2文字が心に寄り添う優しい響きに聞こえますか?
「No・否」です。
心療内科の発祥の地は九州大学病院。
http://www.cephal.med.kyushu-u.ac.jp/resident/index.html
創設者は池見先生。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E8%A6%8B%E9%85%89%E6%AC%A1%E9%83%8E

心療内科は心身症と呼ばれる、メンタルに関連して発症した、または治療をしても十分な結果が出ない病気&患者を治療する科です。
例えば、、、気管支喘息があるとしましょう。
発作が連続するのに苦しいのを我慢して十分な治療を受けない、苦しさに慣れてしまい発作を何とも思わなくなる。
傍から見れば辛そうなのに本人は
「あ、大丈夫ですから」
などと言う。
これで年に何百人(発作死の総数では年に約5千人)も死んでいたんです。

「何してるの?苦しいなら苦しいと言っていいよ。」
「そんなに頑張らなくても誰も責めないからね。」
苦しいときは苦しいと言う(思う)、休みたいときに休みたいと言う(思う)、この当たり前のことから患者にわからせるのが出発点。
精神科で対応ができないのは、重篤な内科疾患は精神科医に対応ができないから。
気管支喘息ならば分秒を争う呼吸停止の処置で、人工呼吸器につなぐのに挿管や気管切開には精神科医は慣れていませんから。

他にもいろいろな病気(心身症全般)があります。

あなたが誤ったとしたら最初の受診科の選択ミス。
内科医に発達障害の診断も、その後の対処もできるわけない。

もしその機会を生かすとしたら、
「なぜ先生は笑ったんですか?」
と尋ねることです。

私は心療内科に長かったゆえ、自分の感情を確かめる意味で医療従事者には言いたいことを言いました。
(もちろん人間として、患者として、越えてはならない一線は理解した上でですよ)
内科ですのでたまに患者が亡くなります。
それまでの様子でおかしいと思ったとき
「先生、あの患者が亡くなったのは誤診じゃないんですか?」
とも言いました。
主治医は信頼できる医師で、そのようなわがままにも丁寧に対応をしてくれました。
これは医療に関する疑問をぶつけただけで、医師の人格を否定したり冒涜をしたわけではない。
それに、自分は患者として治療を受ける身のため、疑問を持ったまま何も言わない「いい患者」を演じることは私自身にダメージを与えてしまう。
この医師と患者、ひいては人間同士の信頼の積み重ねが貴重な経験にもなりました。

治療について、それも自分自身の治療のことなら遠慮せずに聞くことです。
「笑った」
これだけでも理由はわからない。
質問者さんを愚弄するつもりは無いが、劣等感が強いと他人の笑顔を自分に対するあざけり、冒涜に受け取ってしまいがち。
(↑現に私がそうでしたから)
笑ったのはバカにしたのではなく、そんなことでくよくよしなさんな、あなたの責任じゃないんだから、の意味だったかもしれない、いや、たぶんそうだろう。

いずれにせよ、今のあなたは目の前の事象を正確に読み取ることが不得手なのかもしれない。
特に人間関係で自分の感情をゆさぶられるとき。
それはあなたが病気だからとか、自分に自虐的に受け取ることはない。
今が「その傾向」で感じ取ってしまうだけ。
これはいくらでも改善できる。

あと。
相変わらず現在の薬、総括して精神科の治療を否定する回答がある、
自分で良くならないのは勝手だが、洗脳的に動画まで貼り付け、さもこれを信じないと脳が破壊されると脅迫するのはいかがなものか。
YouTubeなので一度再生をすると検索機能が働いて類似の動画を連続してピックアップさせる。
たぶん回答者にはノルマがあるんだろうが、医師でも薬剤師でも無い素人が、現在医学を拒否するよう洗脳するのは、、、ダメだろ。
意図して質問者、及びこの質問を見た閲覧者に対し、恐怖心を与えて治療を受けさせないよう地獄へ引きずり込もうとするならテロリストも同じ。

No.3様に同意。
精神科へ行くべき。
なぜ心療内科を受診したんです?
心療内科は「心療」+「内科」、内科ですよ。
敷居の低い精神科ではない。
心療眼科、心療皮膚科、心療カイロプラクティックなどがあれば行くんですか?
「心療」の2文字が心に寄り添う優しい響きに聞こえますか?
「No・否」です。
心療内科の発祥の地は九州大学病院。
http://www.cephal.med.kyushu-u.ac.jp/resident/index.html
創設者は池見先生。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E8%A6%8B%E9%85%89%E6%AC%A1%E9%83%8E

心療内...続きを読む


人気Q&Aランキング