これからの季節に親子でハイキング! >>

投資信託を開始したい42歳女性です。
貯金が1000万あり、投資信託を始めたいのですが、積み立てニーサで年40万の20年間にするか、普通の投資信託で年72万の20年運用にするかなやんでいます。一括はこわいので。
同じ積み立てなら、ニーサと普通の投資信託とどちらがよいのでしょうか?
教えて頂だけないでしょうか。素人で、本を読んでも理解できなくて

A 回答 (3件)

>ニーサと普通の投資信託とどちらがよいのでしょうか?


ニーサというのは投資商品の非課税の仕組みです。積み立ての形と、積み立てではなく株式や投信などを売買する形のものがあります。
ですから、投資信託での運用を考えるのであれば、これをNISAの枠で運用するか、あるいは積み立てNISAの形にするか、NISAを使わないかの
選択をするということになります。
その前になぜ投資信託での運用をしたいのか、それで何を目標にするのかを明確にするのが重要です。
投資信託というのは株式もあれば債券もあり、不動産に投資するものもあります。様々な商品があり、ご自身の目標により選択する商品が大きくことなります。
単に、銀行では増えないから云々ということではなく、根本の目標、意図、なぜ、なんのために投資信託で運用するのかというところをしっかり考えておかれる
ことをおすすめします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうござます。
漠然としか考えていなかったので考えてみます

お礼日時:2018/10/24 13:46

ニーサと投資信託はそもそも概念が違いますから比較になりません。


普通に考えてニーサ枠内しか投資しないならばニーサ枠で買える投資信託を買えばいいだけの話です。

そもそも株式市場や投資信託、金融市場が何なのかが分かってないのに20年やら何年も先のことをすべて決めようってのが間違ってます。初めはその1000万のうち1/10でも1/50でもいいから使ってとにかくまずは触れてみること、そして何かを買ったならそれに対して出てくるわからないことを一つ一つ解決していってどういうものなのかを理解するところからがすべてでしょう。

多くの胡散臭い本は億万長者になれますってのはあてになりません。ただ、投資信託やETF、インデックス投資だけを推奨するのも投資という考え方によってはよくないこともあります。自分にとってどういうマネーなのか、どういう投資を考えてるのか、どうしたいのかという考えを踏まえて、そのうえで自分なりのやり方を見つけてできればそれが合理的にプラスになっていけることが重要です。その土台に建てない段階で小手先の必勝法や、やり方を決めようったって無理だということです。当たり前のことですが、案外これが分かってない人は多いのです。だから、なんとなくで買って時の流れによる勝ち負けで喜んだり悲しんだりしてるのです。

投資というのは、資本主義社会の基本的な仕組みですから、それがどのような根拠でどういうものななのか理解する必要があります。40歳の女性で1000万も貯金があるようなキャリアの女性でしたら、真面目に勉強すれば当たり前のことなんでそんな難しいことでもないのです。
    • good
    • 1

投資信託は人任せです。

ニーサとの差は、非課税枠の有無だけです。
小さく投資してリスクを小さくするか、大きく投資して大きなリスクに挑戦するのか、
こんな差だと思います。
ニーサで利益が出たら、税金なんか気にせずにもっと大きな投資をすべきだった、
という事に後悔するのか、
あるいは損失が出たら、良かったと安心するのか、
どちらに挑戦するのかが選択肢でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。損はしたくないですが、ある程度資金があればニーサにしない方がいいかもしれないのですね

お礼日時:2018/10/23 15:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLED高速通信株式会社という会社に324万円投資しました。一口54万円の投資案件です。もう2年ほど経

LED高速通信株式会社という会社に324万円投資しました。一口54万円の投資案件です。もう2年ほど経ちますが、配当金が全然入ってきません。凄く不安です。最初はもう防犯カメラや、ホテルの電球、エストニアの全ての家庭に導入が決定され、そしてiphone10にもLED高速通信が製造しているチップが入ると聞いていたのに気配はなく、不安で毎日寝ることが出来ません。最近何故か分かりませんが、LED高速通信株式会社からエルリンクに名前を変えたのも気になります。どうしたらいいでしょうか?私はもしかして詐欺にあってしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

エストニアからオファーがあったのは、ランプサーブにです。
サイトを見るとLED高速通信株式会社にオファーがあったとは書いていなくて、LED高速通信というシステムが導入されるという業界のニュースを書いているだけとも取れる書き方だと思います。

次世代の通信は「5g 通信」と言われているみたいですよ。

>トヨタやiPhone10にLEDのチップが導入される
 通信ではなく、パネルの光原の話ではないでしょうか。

ちなみに大変なので確認していませんが、噂話として参考まで
http://bakusai.com/thr_res/acode=10/ctgid=104/bid=1449/tid=5916684/

Q投資信託をしようと思い雑誌など読んでいますがドルコスト方とかで積み立てするのが良いと書いてありますが

投資信託をしようと思い雑誌など読んでいますがドルコスト方とかで積み立てするのが良いと書いてありますが、たとえば1日100円ずつ、1ヶ月3000円ずつ、1年36000ずつ10年積み立てした場合、投資した資金は同じなので損益も同じになるのでしょうか?
バカな質問ですいません。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

支払い方式の比較は、商品価格が上下変動している場合を例にとっているので、
この例自体が現実的ではありません。
結局は、10年後の商品価格が大きく影響をするので、注意が必要です。
なお、10年かけた分の利子も問題です。定期的な配当額にも注意してください。

Q昨日ゆうちょ銀行の定額貯金満期の手続きに行くと、投資信託を勧められて、今はそういう時代なのかと自分な

昨日ゆうちょ銀行の定額貯金満期の手続きに行くと、投資信託を勧められて、今はそういう時代なのかと自分なりに解釈して、全額申し込んてしまいました。
スマート ファイブ(一年決算型)です。
しかし家に帰り調べたら評判が悪く、よく考えたら、なんて安易なことをしてしまったのかと、激しく後悔しました。無知な自分の愚かさを責めて、気持ちは沈み身体の具合も悪くなりました。
投資信託にお詳しい方や、スマートファイブをやられてる方にお聞きしたいのですが、高い手数料を捨てても解約するべきか、持っておくべきか、アドバイスいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

きちんと理解している人は、まあ
肯定的な回答ですよね。

私もそう思います。

無難な商品ですよ。どちらかと言えば、
ローリスク・ローリターンの商品です。

分かっていない人ほど無闇に否定します。
また、購入時期としては、幸い比較的
良い時期でした。

これを機に中身の理解に努め、投資や
経済の知識を深めましょう。

惜しむらくは、
①手数料が高いですね。2%もあります。
 同等の商品で手数料なしのものも
 あります。

②ゆうちょ銀行で買ったのもいまひとつ。
 ネット証券会社などの方が
 優遇措置がいろいろあります。

③この商品は景気が良い時にさえない
 商品と言えるでしょう。

 現状のように米国の景気が良く、
 米ドルの利上げが続いている間は
 ほうっておいた方がよいです。

 現状では半分近くが日本国債なので
 『利上げ』が燻っていると下り坂
 なのですが、坂も緩やかだし、
 長期でみれば、戻ります。

 つまり、パフォーマンスが低く、
 のらりくらりなので、 投資を
 賭け事だと勘違いしている輩の
 評判が悪いのでしょう。

感覚的には、東京オリンピック以降
まで長持ちするつもりでいて下さい。

約定した時の基準価額と2%の手数料を
元に、基準価額がどこまで上がれば、
プラスになるのかも、おさえておいて
下さい。
といったあたりをまず理解できるよう
にして下さい。

参考
http://www.nikkoam.com/files/fund_pdf/642053/file/m_smartfive.pdf

きちんと理解している人は、まあ
肯定的な回答ですよね。

私もそう思います。

無難な商品ですよ。どちらかと言えば、
ローリスク・ローリターンの商品です。

分かっていない人ほど無闇に否定します。
また、購入時期としては、幸い比較的
良い時期でした。

これを機に中身の理解に努め、投資や
経済の知識を深めましょう。

惜しむらくは、
①手数料が高いですね。2%もあります。
 同等の商品で手数料なしのものも
 あります。

②ゆうちょ銀行で買ったのもいまひとつ。
 ネット証券会社などの方が
 優遇措...続きを読む

Q投資信託しようと思い専門雑誌などを読むとだいたい積立信託を勧めてますがこの前みた雑誌の専門家がお金に

投資信託しようと思い専門雑誌などを読むとだいたい積立信託を勧めてますがこの前みた雑誌の専門家がお金に余裕のある人は一気にまとめて買ったほうが利益が出ると言ってましたが本当なのでしょうか?
詳しい方おりましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これはどちらが正しいとは言えません。
自分自身の投資スタンスや投資方法をどう考えるかということによります。

もちろん、ベスト、あるいはそこまでいかなくてもそれなりに適切なタイミングで資金わ一気に投入できれば
それは比率的には大きな利益につながる可能性があります。
ということは、逆に言えば大きな損失を被る可能性もあるということで、こうした、高いリターンの可能性も
あるが、大きな損失を被る状態もある場合を「リスクが高い」といいます。
もちろん、投資信託といっても、何を投資対象とするかによって、そのリスクの度合いが違いますから、
どのような商品に、どんなタイミングで、どんな形で買うのがよいのか、売るのがよいかの判断が必要となります。

積み立ての場合は、多くの場合、一定額を毎月など定期的に買っていく形が多いです。
これは高い時も安い時も買うことで、うまくタイミングをはかって売買するような方法を排除しています。
積み立てが利益につながるかどうかはわかりません。が、値動きの幅を小さくするという意味でリスクは低くなります。
大儲けはしにくくなるが、大損はしにくくなる。

どっちをとるかは自分の判断次第です。

当然、まとめて買うのはリスクは高いです。一般的にはすすめられません。

これはどちらが正しいとは言えません。
自分自身の投資スタンスや投資方法をどう考えるかということによります。

もちろん、ベスト、あるいはそこまでいかなくてもそれなりに適切なタイミングで資金わ一気に投入できれば
それは比率的には大きな利益につながる可能性があります。
ということは、逆に言えば大きな損失を被る可能性もあるということで、こうした、高いリターンの可能性も
あるが、大きな損失を被る状態もある場合を「リスクが高い」といいます。
もちろん、投資信託といっても、何を投資対象とする...続きを読む

Q今、日本株は買い?

日経平均株価が大きく下がってますね。銀行の人から「今が今年の底だから日本株投信買ったほうがいいですよ。」と勧められました。
(底の根拠は分かりませんが)
これだけ株価が動いてても、買ったほうがいいですか?

Aベストアンサー

そのセールストークの時点でダメです。

どこが今年の底とか天井とか、そんなことはわかりません。結果的にそうかもしれませんが、別に根拠があって
言ったことではなく、単に大きく下落した時のセールストークというだけです。

一般論で言えば、株価が大きく下落、それも特に個別銘柄がということでなく、全体が大きく下落した時は買いの
チャンスではあります。銘柄によってはここから分割して買い下がるようなスタンスは悪くないかなとは思います。

ただ、一般的な銀行で販売しているようなオープンの投資信託は短期の株価の大きな動きに対応して利益があげられ
るようなものではありません。ETFという株式のように時価で売買できる商品の場合は可能なことがありますが。

かつ、一般に、銀行で売られている投資信託は当初の販売手数料が高く(3.24%とか)、信託報酬も高い高コスト
の商品が多く、同じ投資信託でもネット証券で買った方がコストが安い場合もあります。

株価が大きく動いているということと、買ったほうがいいかどうかは基本的には関係がありません。

投資信託を買うのであればコストの安い金融機関を利用されることをおすすめします。

そのセールストークの時点でダメです。

どこが今年の底とか天井とか、そんなことはわかりません。結果的にそうかもしれませんが、別に根拠があって
言ったことではなく、単に大きく下落した時のセールストークというだけです。

一般論で言えば、株価が大きく下落、それも特に個別銘柄がということでなく、全体が大きく下落した時は買いの
チャンスではあります。銘柄によってはここから分割して買い下がるようなスタンスは悪くないかなとは思います。

ただ、一般的な銀行で販売しているようなオープンの投資信...続きを読む

Q株は「安いときに買え」と専門家はよくいっていますが、

高い時、安い時どちらかと判断した場合、
今は安い時でしょうか?

Aベストアンサー

・判断する基準をどこにおくか
・どういう時間軸で考えるか
によって、答えはいくらでもありえます。
結論的に言えば、それはわかりません。

PERなりPBRとかいう基準で考えれば、新日鐵住金も三菱UFJも、一見安いように見えます。

が、これらの銘柄は、新日鐵住金は常時世界との競争ということがあり様々な外的要因によって業績が大きく変化しますし、
銀行はこの超低金利下では従来の通常の貸出による利益は得られにくくなっているという基本の問題があったりして、
とてもではないですが、成長性が高いとは言えない銘柄かと思います。というか、マーケットがそのような判断をしてい
るからPERは1桁ということであり、これは「安い」といえるかどうか疑問です。

私は嫌いですが、テクニカル分析とやらにはそれなりの判断基準があるようです。

というように、どの判断基準で、どの時間軸で考えるのかによって、同じ銘柄でも見方が正反対になったりしますので、
結局のところ、それは自分の判断基準をもって判断するしかありません。

Q空売り用に株を貸した側は、損しないのですか?

次のような空売りの解説がありました。

投資家が実際には持っていない株式を、証券会社や別の株主から借りて売り、株価が下がった後に買い戻す行為。たとえば、株価が1万円の株を空売りし、9千円で買い戻せば、1千円の差額が入る。差額の中から、持ち主に「貸株料」を払った残りのお金が、空売りした投資家のもうけになる。

株を貸した側は結局、1万円の株が、9千円になって戻って来たことになると思います。
ということは、株を貸した側は、1千1円以上「貸株料」をもらわないと、損することになるのではないですか?

Aベストアンサー

貸す方は下がると思ってないから貸すんですよね。
あるいは、「今は売れない!」等。
下がることによって(含み)損にはなりますが、それは貸してなくても一緒ですね。
ですが貸株料の分だけは株価が上がろうと下がろうと、確実に見入りが有るのです。

Q株で、200万円を倍の400万円に増やすことは可能ですか?虫のいい質問ですみません。

世の中には、一年間で200万円の資産を、1億円にした話などを耳にします。

でも、そんなことが可能なら、皆さんどなたもやっておられると思います。

そこで質問です。

ずばりお尋ねしますが、株で200万円を資金に倍の400万円に増やすことは可能ですか?

倍とまでいかなくても、1.5倍の300万円に増やす事は可能なのですか?

当方、株の知識は全くないズブの素人です。

もしも本当に可能であれば、その方法を教えて下さいませんか?

虫のいい質問ですみません。

株に詳しい方がおられましたら、是非、具体的な方法をわかりやすく教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

できてますよ。1年にいくつかの銘柄を買ってその後は放置。下がっても気にしない。
2000円で買った明治は一時期1万円を超えこれだけで1000万円超。今は7740円
8337円の村田製作所は17110円
2821円のエーザイは10910円
1743円のマキタは5380円
4188円のソフトバンクは11075円
1800円のファンケルは5010円
744円のニプロは1551円
960円のなとりは1875円
1105円の伊藤園は2578円
など好きな会社の株だけ30銘柄ほど保有しています。これだけ持つとほぼ日経に連動してしまうのですがそれだと保有する満足感が得られないので個別銘柄に投資しています。

最近買ったのだとイオン。
1887円が2692円。半年で1.4倍。

どれも売る気はなくずっとホールドです。
方法は簡単。いい会社を選び、買ったら売らない。いつの間にか増えてるです。
わたしは企業イメージとファンダメンタルで選ぶので東証1部だけの投資ですが、短期に増やしたいならマザーズなどで成長しそうな会社を探すことです。

Q仕組債というものは、損するものなんでしょうか?

仕組債というものは、損するものなんでしょうか?

Aベストアンサー

すでに他の方が回答されているように、かなり分の悪い取引であると思われた方が良いです。

ほぼ全ての仕組債は、オプション取引がベースですので、ゼロサムゲームとなります。どういうことかと言うと、仕組債の設定条件と正反対の条件で取引しようとしている人が居て、仕組債を買った人は、結果がどうであれ、その人とのお金のやりとりで取引が完結します。つまり、どちらかが儲かったら、必ずその分だけ他方が損する訳です。要するに個人間のギャンブルです。

で、覚えておくべきことは、そのギャンブルの勝ち負けの条件は、必ず、仕組債を売る側に回っている人が設定していると言う事実です。仕組債を買う人はその条件を飲まされてギャンブルを受けることになります。

そんなギャンブルで、勝てると思いますか?

Q資産運用で、証券会社の債権というものは、株やFXよりかは見返りが少ない分、安全なものなんですか?

資産運用で、証券会社の債権というものは、株やFXよりかは見返りが少ない分、安全なものなんですか?

Aベストアンサー

債券とは一般的に、株式と目的は同じ企業などの資金調達の手段ですが、あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される点がちがいます。つまり、企業がこのぐらいの利率であれば返済できる、と見込んで計算するので、法外な価格等が出ることはありません。

株価というのは、一度市場に出てしまえば企業が直接株価を確実な方法で予測することは非常に困難ですので、どちらかというと為替と同じで将来に対する期待値も含めて投機マネーの動きの性質も強くなります。為替はそれ自体は動きが非常に少ないし、市場も特定の株に比べて非常に大きいので安定したものですが、それが故にレバレッジをかけて取引することからハイリスクになることがあります。

いずれにせよ、ざっくりとした言い方をすれば期待される利率の高さ=リスクの高さ、という考え方はあながち間違ってませんが、リスクやリターンを考える上で重要なのは、”誰が”が”どの様な根拠で”、”どういう価値基準で”その本元やリターンを保証するなり計算しているかという考え方は非常に重要になてきます。例えばインフレが非常に進んでる国では、現金をもちつづけることは逆に言えば資産価値を減らしてるという言い方だってできるでしょう。国が現金で本元保証したところで資産は減るばかりです。故に、金持ちや投資家、企業の資産んというのは景気等によって色々な動きがあるとも言えるのです。

債券とは一般的に、株式と目的は同じ企業などの資金調達の手段ですが、あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される点がちがいます。つまり、企業がこのぐらいの利率であれば返済できる、と見込んで計算するので、法外な価格等が出ることはありません。

株価というのは、一度市場に出てしまえば企業が直接株価を確実な方法で予測することは非常に困難ですので、どちらかというと為替と同じで将来に対する期待値も含めて投機マネーの動きの性質も強くなります。為替はそれ自体は動きが非常に少ないし、市場...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング