中小企業の働き方改革をサポート>>

大きな政府・小さな政府とは何なのか?
明確な説明の出来る方いらっしゃいませんか?
いらっしゃいましたら、是非、回答お願いします。

A 回答 (3件)

大きな政府とは、ケインズの考えを受け継いだ供給側が理想とする政府のありかたであり、小さな政府たは、スミスの理念を受け継ぐ需要側の理想とする政府のありかたです。



大きな政府とは、公共の福祉や、財政投資を盛んにする政府であり、小さな政府とは、民営化や規制緩和等を行い、市民が形成する市場です。例えば、労働の面から言えば、生まれながらに人は平等ではないから就ける仕事も違うので個人の失業にも寛容的であり、失業者のためにいろんな救済の手(失業保険等)を差し伸べるのが大きな政府であります。それに対して小さな政府はそのような行き過ぎた福祉に甘んじて個人の自発的失業(就職口はあるけども、もっといい職に就こうとして就職しない事)が発生するので、それを防ぎ、強い個人を育成し、強い個人が市場を形成すると考えているので、行き過ぎた福祉な反対し、救済の手は差し伸べません。また、供給側はみんなが基本的に平等であるという原則の上に成り立っているのに注意です。ちょっと前にあったアメリカの大統領選挙はまさに大きな政府を理想とする党派と、小さな政府を理想とする党派の対立でした。(共和党が小さな政府でしたかな??自信ないです・・・)

さだかな知識ではありませんので、参考程度に、調べ物の手助け程度に活用してください!私はただの学生ですのであしからず・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
おかげで大体わかりました。

お礼日時:2001/07/24 11:53

大きな政府とは、福祉、社会保障、公共事業、国営企業の活動等が充実している状態です。

簡単に言えば、国が何でも面倒を見ますよ、ということです。しかしその分、国民が支払う税金が高くなります。
小さな政府とは、上記のような活動を必要最小限しか行いません。しかしその分国民が支払う税金は安くなります。

最近の流れとしては、大きな政府で財政的に破綻したことによって、小さな政府へ変更をする国が増えてきています。これは国が行う活動では効率が悪いことが多いからで、民間の競争原理に任せた方が効率の面では有利です。

しかし、儲けを期待できない分野もあるわけで、その部分を小さな政府は税金を使って行うのです。そしてこの見極めは非常に難しいので、国民は注意深く見守る必要があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
非常に助かりました。

お礼日時:2001/07/23 15:48

 きわめて簡単に言えば、政府の仕事が多ければ大きな政府、少なければ小さな政府ということになります。


 現在小泉首相が進めようとしている郵政事業の民営化も、国がやっていた仕事を民間に移すわけですから、その分、政府を小さくするということができます。

この回答への補足

もう少し具体的に教えて頂けないでしょうか?
欲を言えば論述して頂きたいのです。

補足日時:2001/07/23 15:49
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さな政府とはなんですか?

ずばり小さな政府とは何かを教えてください。
経済に政府が出来るだけ介入しないってことでしょうか?

出来るだけ詳しく、具体例など(国とか政策の)だしてくださると有難いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
 #2さんがざっくりと説明している通りです。「民間に出来ることは民間にまかせる」=「政府のやることを減らす」ことです。
 質問者さんの言うように、経済に介入しないという面もありますが、政治的にもやることを減らしていきます。

 因みに、過去の政権で「小さな政府」を目指したことで有名なのはイギリスのサッチャー政権、アメリカのレーガン政権、日本の中曽根政権です。
 (彼らの主張は「新自由主義」と呼ばれて、結構研究も進んでいるので、検索すると多数ヒットすると思います。興味があったら検索してみてください)
 これらの政権で行われたことは、規制緩和、国営企業の民営化(日本だと国鉄の民営化ですね)、文教・福祉予算などの削減、減税などです。
 このような政策をとると、減税で収入も減るし、予算の削減で支出も減ります(扱うお金の量が減る)。規制緩和や民営化で仕事も減るので、政府の規模は小さくなります。ですから、このような政策をとる政府を「小さな政府」と呼びます。

 因みに、「小さな政府」の反意語は「大きな政府」なのですが、これは必ずしも非難されるべきものではありません。
 上でも「小さな政府」は、減税を行い、文教・福祉予算を削減したと言いましたが、近年の国家(「大きな政府」)は、このようにして、国民から税を徴収し、貧困層に生活保護などと言う形で再分配を行ってきたのです。そのことによって、国民全てが最低限の生活を保障されてきました。(反面、富裕層は、税金をたくさん取られる割に見返りを得られませんでした)
 市場の競争原理が働かない政府による保障は、画一的で非能率的なものになりがちだという批判があるのも事実ですが、私は、「小さな政府」「大きな政府」というのは、良い悪いの問題でなく、現状を見てどのくらいの規模の政府をつくろうと考えるのが重要なことだと思います。

 最後の方は私の感想になってしまってすいません。。。
 最後に、検索に役立ちそうな語を挙げておきます。
○レーガノミクス
○小さな政府=安価な政府≒消極国家≒夜警国家
○大きな政府≒積極国家≒福祉国家≒行政国家

 
 
 

こんにちは。
 #2さんがざっくりと説明している通りです。「民間に出来ることは民間にまかせる」=「政府のやることを減らす」ことです。
 質問者さんの言うように、経済に介入しないという面もありますが、政治的にもやることを減らしていきます。

 因みに、過去の政権で「小さな政府」を目指したことで有名なのはイギリスのサッチャー政権、アメリカのレーガン政権、日本の中曽根政権です。
 (彼らの主張は「新自由主義」と呼ばれて、結構研究も進んでいるので、検索すると多数ヒットすると思いま...続きを読む

Q大きな政府と小さな政府のメリットとデメリットをお教えください。

政治経済の勉強を始めたばかりの者です。

政治経済の教科書に「大きな政府と小さな政府」という言葉が出てくるのですが、説明が具体的でなくてよく意味がわかりませんでした。

またメリットとデメリットについてあまり記述されていないので、こちらもよくわかりませんでした。

初歩的な質問でとても申し訳ございませんが、お教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネットで検索すればすぐ出てくるんですけどね。 他人のブログのコピペですが、どうぞ。


大きな政府とは?

経済や社会政策を強力に推し進め、積極的に経済に介入しようとする思想、政策です。 市場に積極的に介入するので財政規模が非常に大きくなります。だから大きな政府と言います。

具体的に何をするのか?

税金を高くして福祉を強化する
財政費用を増加する
富の分配
計画経済(国が市場をコントロール)
完全雇用を目指す
保護貿易(関税をつける)

などです。

高福祉なのが大きな政府の特徴です。

デンマークやノルウェーなどの北欧国家が大きな政府です。1970年以降に、新保守主義のサッチャーやレーガンらにより「小さな政府」へ移行されました。 

大きな政府のメリット

困った時に政府がいろいろ見てくれる。
生活保護を受給しやすい
所得、資産が低い人にとって見返りが大きい。
怠惰な人間には最高

大きな政府のデメリット

国に財政赤字をもたらす
経済が非効率化する
支払う税金が多くなる
所得や資産が多い人は、見返りが少ない

以上がメリット、デメリットです。

小さな政府とは?

これは、大きな政府と逆です。 経済や社会政策にできるだけ関与せず
民間の自由競争や自由主義的経済観で経済を発展させる思想です。財政規模を縮小させようとするので小さな政府といいます。

具体的に何をするのか?

税金を安くして低福祉
財政費用を縮小する
自由貿易(関税を設けない)
自由経済
自己責任
国営企業の民営化

自己責任になるのが小さな政府の特徴です。

これに関しては、福祉を切り捨てるとの批判もあります。小さな政府は、イギリス、アメリカ日本です。

小さな政府のメリットやデメリットは?

小さな政府のメリット

税金が安い
社会保障費が安い
国の財政費用縮小
所得が多い人は納得できる
意欲が高い人間にとって一攫千金のチャンス

小さな政府のデメリット

犯罪の増加、治安の悪化
格差拡大
福祉切り捨て
以上がメリット、デメリットです。

ネットで検索すればすぐ出てくるんですけどね。 他人のブログのコピペですが、どうぞ。


大きな政府とは?

経済や社会政策を強力に推し進め、積極的に経済に介入しようとする思想、政策です。 市場に積極的に介入するので財政規模が非常に大きくなります。だから大きな政府と言います。

具体的に何をするのか?

税金を高くして福祉を強化する
財政費用を増加する
富の分配
計画経済(国が市場をコントロール)
完全雇用を目指す
保護貿易(関税をつける)

などです。

高福祉なのが大きな政府の特徴です。
...続きを読む

Q「小さな政府」の長所と短所を教えてください。

最近、よく「小さな政府」といわれていますね。政府は小さな政府を目指し改革をめざしているようですが、どんなことにも長所と短所があると思うんです。
この「小さな政府」の長所と短所をわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

フランス革命直前、フランスでは不景気、財政難という状況にあり、その中で王妃マリーアントアネットやその周辺が贅沢三昧な生活をしていました。それが ちまたで噂になり、マリーアントアネットが税金を無駄に浪費し、その為一般庶民が苦しい生活を強いられている というストーリーが定説になって行きました、やがてその噂話も原動力となり、暴動に発展、そしてそれを利用した一部の勢力が革命へと発展させました。
その後、戦争のカリスマであるナポレオンが現れるまでの長い間、革命を先導した者を含め、多くの政治家がギロチン台に送り続けられる事態が続きました。
しかし、実際はマリーアントアネットの浪費などは税収の氷山の一角であり、一国を傾かせる様なものとはほど遠く、財政難とは何の関わりもありませんでした。

誤った情報が定説化する事で問題の本質に雲を掛け、いつまでも本題に手をつけられない状況、これが本当に恐ろしい事態を招くのです。


日本は民主主義ですので、民がそれら本質的なものに目を向けなければ、耳障りのよい事を話すだけの政治家が権力を握り、問題にはいつまでも手がつけられず事態はますます悪化していく事態になります。

天下り問題でいえば、財政再建とは根本的には関係がありません(精神論としては関係がありますが)。
官僚に天下り先が存在する問題は、好景気時には安月給であくせく働かされ、サービス残業はあたりまえ、景気が悪くなったらマスコミや世間から目の敵にされて給与を下げろ、首を切れと、なっているのが現状。
今までの官僚らの負担を認めず、または知らずに、官僚ばかりを無邪気に批判しても何の意味もないのです。むしろ反日本的な官僚を作り出すのに一役買う事にすらなりかねない。
天下り先が存在する源は、労働に見合った給与を、いままで国が払ってこなかった事が全ての原因であり、だから政治家も天下り先をなくそうとはしないわけです。(天下り先がないと官は生涯賃金という視点で見ると民業の半分ほど所得になるそうです)

基本的にはバブルがはじけて不景気がここまで長引く事を前提に多くの制度が作られていなかったという事です。これらバブル期を引っくるめ政治判断の失敗であります。また、西武、ダイエーなどの大手スーパーなどを見ても分かるように、民間でも同じように大きな判断のミスがあり、これだけ長い間の不景気と、そこから生まれる財政難という事態があるわけです。

また、官僚、公務員のように厳しい公務員法の規定があるなかで動いていれば、国民の代表である政治家さえしっかりしていれば、さほどの問題ではないのです。しかし民営化され公のものであるべき存在が、企業に独占される事は大きなブラックボックスとなる可能性があります。


公務員をただ減らしたって何の意味もありません。公的にやらなければならない事は沢山あるわけで、人員不足という状況を招けばこれこそ問題を肥大化させます。必要なのは公務員の「仕事」を減らす事です。
官の仕事の合理化がどこまで可能なのか、どの程度 官の仕事をへらして一般国民へ負担を回すのが可能であるのか、または望ましいのか、これが公務員改革です。

フランス革命直前、フランスでは不景気、財政難という状況にあり、その中で王妃マリーアントアネットやその周辺が贅沢三昧な生活をしていました。それが ちまたで噂になり、マリーアントアネットが税金を無駄に浪費し、その為一般庶民が苦しい生活を強いられている というストーリーが定説になって行きました、やがてその噂話も原動力となり、暴動に発展、そしてそれを利用した一部の勢力が革命へと発展させました。
その後、戦争のカリスマであるナポレオンが現れるまでの長い間、革命を先導した者を含め、多く...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報