人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

次のexcelのデータで、おかしなところがありましたら、教えていただけると幸いです。
https://fire.st/9Il0GsR

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    https://6900.teacup.com/cgu135/bbs/716
    でもできるのでしょうか?
    後、私が元々作った万年カレンダー(COUNTIF関数のみ)でも祝日をつけるのには、正しいのでしょうか?教えていただけると幸いです。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/10/25 21:30
  • うーん・・・

    祝日の名前を定義するとは、どういうことでしょうか?教えていただけると幸いです。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/10/25 23:35
  • うーん・・・

    祝日の名称はY列全体を選択します。とはどういうことでしょうか?祝日の日付の間違いでしょうか?
    教えていただけると幸いです。

      補足日時:2018/10/26 12:39
  • うーん・・・

    すみません。COUNTIF 関数のみで、祝日に色をつけるとするとどうすれば良いのでしょうか?教えていただけると幸いです。

      補足日時:2018/10/30 20:23

A 回答 (9件)

>確かに35行は、緑になりました。

どうしてそうなるのでしょうか?教えていただけると幸いです。
添付の画像を参照ください。
2018年6月の例ですが、C35へ
=COUNTIF(祝日,A35)
と入力しています。結果は、1048470が表示されます。
これは、=COUNTIF($Y:$Y,A35)と同じことです。(祝日の範囲がY列全体の為)
A35は空白なので、Y列の空白の部分がカウントされます。その為、1048470になります。
COUNTIF(祝日,A35)の結果が0でなければ、判定は真なので、色がつく条件式が成立します。
そのため、緑になります。

>すみません。COUNTIF 関数のみで、祝日に色をつけるとするとどうすれば良いのでしょうか?教えていただけると幸いです。
祝日の範囲を、空白を除いて、正確に定義しなおします。
一旦、祝日の名前を削除し、実際に祝日の日付が入力されているセル範囲Y3:Y107を、祝日の範囲にします。
(つまり、Y列全体をやめて、$Y$3:$Y$107にします)
そうすると、COUNTIF 関数のみで祝日に色をつけることができます。
祝日の名前を削除する方法は、下記を参照ください。(削除せず、変更することも可能です)
https://www.wanichan.com/pc/excel/2016/8/47.html

COUNTIF 関数のみで、祝日に色をつけるようにした場合は、祝日の追加が発生すると(2023年以降分の祝日の追加など)、Y列の範囲が変わるので毎回、それにあわせて、祝日の範囲もかえる必要があります。
「万年カレンダーについて。」の回答画像9
    • good
    • 0

>なぜ、A5<>″″を入れないと、35行が空白の時そのセルが緑になるのでしょうか?教えていただけると幸いです。

No.3の回答です。
実際に試してみください。
=COUNTIF(祝日,A5)
と入力して、35行目が空白の時、どうなるか、確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに35行は、緑になりました。どうしてそうなるのでしょうか?教えていただけると幸いです。

お礼日時:2018/10/30 12:47

>祝日の名称はY列全体を選択します。

とはどういうことでしょうか?祝日の日付の間違いでしょうか?
>教えていただけると幸いです。
添付図のYの箇所(赤線で囲んだところ)をクリックします。そうすると、Y列全体が選択されます。
このことを「Y列全体を選択します」と表現しました。
この状態で、左上にY1と表示される個所があるので、(青線で囲んだところ)、そこへ”祝日”と入力、エンターキーを押します。
それで、祝日の名前の定義が完了します。
「万年カレンダーについて。」の回答画像7
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なぜ、A5<>″″を入れないと、35行が空白の時そのセルが緑になるのでしょうか?教えていただけると幸いです。No.3の回答です。

お礼日時:2018/10/30 02:32

>一応、エクセルで聞いた質問です。


>http://www.excel.studio-kazu.jp/kw/2018102020253
>まだ、前後関係がわからなければ、URL をはって投稿します。
>教えていただけると幸いです。
すみません。前後関係を追うのに疲れました。こちらは、勘弁してください。
    • good
    • 0

>祝日の名前を定義するとは、どういうことでしょうか?教えていただけると幸いです。


セルの範囲に名前を付けることです。
例えば、A1:B5の範囲があって、それを何かの関数で(例えばCOUNTIFで)COUNTIF($A$1:$B$5,3)と記述する代わりに
COUNTIF(定義した名前,3)と書くことができます。
こちらが参考になるかと。
https://www.becoolusers.com/excel/name-create.html
    • good
    • 0

>

https://6900.teacup.com/cgu135/bbs/716
>でもできるのでしょうか?
すみません。こちらは、前後関係がよくわからないので、回答は控えさせてください。

>後、私が元々作った万年カレンダー(COUNTIF関数のみ)でも祝日をつけるのには、正しいのでしょうか?教えていただけると幸いです。
はい、正しいです。但し、Y列を選択して「祝日」の名前を定義してから、指定してください。
なにもしないで、いきなり指定してはいけません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応、エクセルで聞いた質問です。
http://www.excel.studio-kazu.jp/kw/2018102020253 …
まだ、前後関係がわからなければ、URL をはって投稿します。
教えていただけると幸いです。

お礼日時:2018/10/25 23:40

下記URLにアップしました。


https://fire.st/iQUeVOU

祝日の名称はY列全体を選択します。
祝日の緑表示は
=AND(A5<>"",COUNTIF(祝日,A5))
とします。
A5<>”” を入れないと、35行が空白の時、そのセルが緑になります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

祝日の名称はY列全体を選択します。とはどういうことでしょうか?祝日の日付の間違いでしょうか?
教えていただけると幸いです。

お礼日時:2018/10/26 12:39

素晴らしい!


2019年4月開始カレンダーとしたら「なるほど、天皇交代のときは十連休!」と感動させてください。
    • good
    • 0

Excelの初心者です。

拝見しました。

一般的に土日の色をつけるのは、weekday関数を使う方が一般的ですね。
それとカレンダーでしたら、祝日・休日も色がついた方が良いのではないでしょうか。
祝休日については別の表にテーブルをつくってそこで同一の日があった場合は色をつけるというパターンです。もっともTEXTで曜日を表示していれば面倒ですが…

でも、表を拝見して、こういう作り方もあるのかと感心しました。
勉強になりました。ありがとうございます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルについて。

次の数式を求める関数(下の方のプラン表)は、どんな数式を打てば良いのでしょうか?教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単純な足し算ですよね。
添付画像のように作ったとして

[C8]=SUM($B$2,C$7,$B8)

これを[C8:F12]の範囲にコピーすればOK。

通常、数式のセルは、コピー貼り付けすると、移動先に応じてセルアドレスが変わってしまいますが、
「$」をつけることで、固定することができます。

上の式だと、どこに移動しても

$B$2 は B2 を参照するように固定される。

C$7 は 7行目 を参照するように固定される。
(式を下にコピーしても、7行目に固定される)

$B8 は B列 を参照するように固定される。
(式を右にコピーしても、B列に固定される)

ということになります。
$をつけて参照先を固定するのを「絶対参照」、
つけていない普通の場合は「相対参照」、
と言います。
より詳しいことは、このキーワードで検索して調べてみてください。

金額表示については、セルの書式から、
分類:通貨
記号:\
にしてあります。
実際のセルに「\」は入力されていません。

Q万年カレンダーについて。

次の私のカレンダーの作り方の方法で、祝日をどうやってつければ良いのでしょうか?教えていただけると幸いです。大変恐縮ですが。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10773352.html

Aベストアンサー

添付図参照

Q下の画像の数値を93+124+126と計算できる関数を教えて下さい。

下の画像の数値を93+124+126と計算できる関数を教えて下さい。

Aベストアンサー

式でいいんじゃ無い?
=A113*100+B113*10+C113
をD113へ入れる

それを、D114,D115へコピペ

Q飛行機の形について。

飛行機の写真の形を、下を白い雲の形にするには、どうすれば良いのでしょうか?教えていただけると幸いです。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10845425.html

Aベストアンサー

あなたは、回答者の名前などいちいち覚えていないのかな?
あちこちで同じ質問を繰り返しているから、混乱するのですよ。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12199512557
回答の内容を試して、理解できない部分だけを補足すれば、的確な
回答も得られるでしょうに。(まぁ、無理だと思うけど)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10845425.html
他の掲示板の回答内容を、お礼欄にそのまま書き、その内容を問う
のもどうかと思う。(私の回答内容を無視していると思えるから)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12199512557

[透明色を指定]については、今回はありえないと思う。
飛行機自体の色にも雲の色と同じ色があるので、その部分も透明に
なってしまうから。だから無意味な回答ですね。
(他の回答者を批判するつもりはないが、混乱の元なので否定)
印刷されたものとして、白色は用紙の色を使い印刷されない部分と
なっています。ですから、雲の色は印刷されないので凸凹に見える
だけだってことを理解してください。

これ以上のやり取りは、無意味なので質問を閉じてくださいね。
私としても、そのほうが幸いです。

あなたは、回答者の名前などいちいち覚えていないのかな?
あちこちで同じ質問を繰り返しているから、混乱するのですよ。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12199512557
回答の内容を試して、理解できない部分だけを補足すれば、的確な
回答も得られるでしょうに。(まぁ、無理だと思うけど)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10845425.html
他の掲示板の回答内容を、お礼欄にそのまま書き、その内容を問う
のもどうかと思う。(私の回答内容を無視していると思えるから)
https://detail...続きを読む

Q旅行案内の背景と、飛行機の形について。

旅行案内の説明の後ろの背景と、飛行機の下ががたがたしているのはどうやって作ったのでしょうか?
教えていただけると幸いです。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10835060.html

Aベストアンサー

No.1の回答者です。
何かの問題集を解いているのですよね。

その問題を出している方に、画像の提供や参照先を訊いたら。
飛行機の画像に雲があるだけなので、なにも工夫していないと思う。
ペイントでも何でもよいので、青い背景に飛行機を描き、雲も描けば
同じようなものは作成できます。
Excelはお絵かきソフトではないので、わざわざ作る人はいない。
図形機能で複雑なクリップアートを作る人たちもいるけど、そこまで
するほどの作図ではないですし。

> 飛行機の写真の形を作る方法
下側の凸凹部分が気になっているようだけど、No.1の回答に添付した
画像にあるように、白い雲があるだけですよ。
用紙の白い部分と白い雲が重なって凸凹を作っているだけですからね。

説明文の背景も、[挿入]→[オンライン画像]→[テクスチャ]で探します。
似たような画像を挿入したら、色をウォッシュアウトなどで薄くして、
背景として利用します。

Q重複を含まずに件数を数える方法

お世話になります。
重複を含まずに件数を数える方法を教えて下さい。
下のような表がSHEET1にあるとしてC列に●が入っているもので
A列にある種類に対してB列にある産地の件数を重複を含まずに数えたいです。
ちなみに実際の表はA~S列まであり、1万行近くあります。
ピポットだと重複を含んで計算してしまい、困っています。
どうぞよろしくお願いします。

※EXCEL2010を使用です

SHEET1
A列   B列    C列
種類  産地   チェック
リンゴ  青森     ●
ぶどう  山梨
みかん  愛媛  ●
リンゴ  福島     ●
リンゴ  青森     ●
みかん  愛媛  ●

SHEET2
A列   B列    
種類  産地件数
リンゴ  2(※青森2、福島1件で重複分は含まないので2件)
みかん  1(※愛媛2件で重複分は含まないので1件)

※ぶどうはC列に●がないので記載しない

お世話になります。
重複を含まずに件数を数える方法を教えて下さい。
下のような表がSHEET1にあるとしてC列に●が入っているもので
A列にある種類に対してB列にある産地の件数を重複を含まずに数えたいです。
ちなみに実際の表はA~S列まであり、1万行近くあります。
ピポットだと重複を含んで計算してしまい、困っています。
どうぞよろしくお願いします。

※EXCEL2010を使用です

SHEET1
A列   B列    C列
種類  産地   チェック
リンゴ  青森     ●
ぶどう  山梨...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>1万行近くあります。
となるとオートフィルではかなり面倒なので、VBAでの一例です。

>ちなみに実際の表はA~S列まであり・・・
D列以降のデータも対象になるのか不明なので、質問文どおりA~C列までのデータとしてみました。
標準モジュールです。

Sub Sample1()
 Dim myDic1 As Object, myDic2 As Object
 Dim i As Long, lastRow As Long
 Dim myStr As String, wS As Worksheet
 Dim myKey, myItem, myR
  Set myDic1 = CreateObject("Scripting.Dictionary")
  Set myDic2 = CreateObject("Scripting.Dictionary")
  Set wS = Worksheets("Sheet2")
   lastRow = wS.Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Row
    If lastRow > 1 Then
     Range(wS.Cells(2, "A"), wS.Cells(lastRow, "B")).ClearContents
    End If
   With Worksheets("Sheet1")
    lastRow = .Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Row
     myR = Range(.Cells(2, "A"), .Cells(lastRow, "C"))
      For i = 1 To UBound(myR, 1)
       If myR(i, 3) <> "" Then
        myStr = myR(i, 1) & "_" & myR(i, 2)
        If Not myDic1.exists(myStr) Then
         myDic1.Add myStr, ""
         If Not myDic2.exists(myR(i, 1)) Then
          myDic2.Add myR(i, 1), 1
         Else
          myDic2(myR(i, 1)) = myDic2(myR(i, 1)) + 1
         End If
        End If
       End If
Next i
End With
  myKey = myDic2.keys
  myItem = myDic2.items
   myR = Range(wS.Cells(2, "A"), wS.Cells(UBound(myKey) + 2, "B"))
    For i = 0 To UBound(myKey)
     myR(i + 1, 1) = myKey(i)
     myR(i + 1, 2) = myItem(i)
    Next i
   Range(wS.Cells(2, "A"), wS.Cells(UBound(myKey) + 2, "B")) = myR
    Set myDic1 = Nothing
    Set myDic2 = Nothing
    wS.Activate
    MsgBox "完了"
End Sub

とりあえずはお望みの結果になると思います。m(_ _)m

No.1です。

>1万行近くあります。
となるとオートフィルではかなり面倒なので、VBAでの一例です。

>ちなみに実際の表はA~S列まであり・・・
D列以降のデータも対象になるのか不明なので、質問文どおりA~C列までのデータとしてみました。
標準モジュールです。

Sub Sample1()
 Dim myDic1 As Object, myDic2 As Object
 Dim i As Long, lastRow As Long
 Dim myStr As String, wS As Worksheet
 Dim myKey, myItem, myR
  Set myDic1 = CreateObject("Scripting.Dictionary")
  Set myDic2 = Create...続きを読む

Q見積書について。

次のURL 先で、送料の求め方がわかりません。教えていただけると幸いです。
https://firestorage.jp/me/space/0zuv8bjugj54uh7z

Aベストアンサー

=VLOOKUP(VLOOKUP(C7,取引マスター!C:F,4,0),送料一覧!B:C,2,0)
と入力してください

Qエクセル 計算式のコピー

例えば、
A1 とB1、A2とB2に数字が入ってるとして
C1にA1とB1をかけたものを入れた場合

このC1をC2にドラッグコピーするとA2とB2をかけたものの解が表示されますよね?

ところができないんですよ。
C2にA1とB1をかけたもの、つまりC1と同じものが張り付けられてしまうんです。
ずーっとドラッグコピーを下にしていってもC3もC4もC1の値が張り付けられてしまいます。

新規ファイルを開いてやってみるとできるんですが
保存ファイルを引っ張り出してこれをするとできないんです。

なにが違っているのでしょう?

Aベストアンサー

そのブックの計算方法が手動になっているのでは?
F9を押したら結果がきちんと表示されるなら
数式→計算方法の設定で自動に変えてください。

Qvlookupにて、返した値をさらに、他の文字列に変換するには

タイトルの件、質問します。

下記画像をご覧ください。
B2には、次の式が挿入されています。 =VLOOKUP(A2,$D$2:$E$6,2,FALSE)
B3には、              =VLOOKUP(A3,$D$2:$E$6,2,FALSE)

B2の501をさらに、【五】に変換
VLOOKにて値【101や201】を返した後に、さらに、101を一、201を二
501を五 というように、任意の文字列に変換をするにはどすれば良いでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ちなみに、表示形式でやる場合C2に
=INT(B2/100)
→表示形式をユーザー定義で「[DBNum1]」にする。

TEXT関数なら
=TEXT(INT(B2/100),"[DBNum1]")

QEXCEL VBA で年間カレンダーを作成したい

EXCEL VBAで年間カレンダーを作りたいのでご教示下さい。
①コードをすっきりさせたい(処理を早くしたい)②表示の各月を“1月”、“2月”と表示させたい
③(次処理別コード)
 カレンダー作成後に各月の休日に手動で黄色を付ける。※稼働日(白セル)、休日(黄色セル)
  その後に各月の稼働日(白セル)、休日(黄色セル)の数をカウントしたあと
(稼働日と休日を表示)
セルB41に1月、B42に2月、B43に3月、B44に4月、B45に5月、B46に6月、J41に7月、J42に8月、J43に9月、J44に10月、J45に11月、J46に12月、R41に各月の稼働日合計と休日合計を表示

(検索して見つけたコードとマクロの記録と途中のコード)(記載できるところまで)
Sub cal()
'横に3か月、下に4か月を出力
Dim myDate As Integer
Dim Nen As Integer, Tuki As Integer
Dim i As Integer, j As Long, k As Integer
Dim myTitleD, myTitle(1 To 1, 1 To 7)
Dim myRow As Integer, myCol As Integer
Dim cn As Long, cntCol As Integer, cntRow As Integer
Dim c As Range
Worksheets("Sheet1").Activate
With Range("A1:Z49")
.Font.Size = 28
.Font.Name = "メイリオ"
.Font.Bold = True
End With

myRow = 9
myCol = 8

myDate = Application.InputBox(Title:="年の指定", _
Prompt:="作成する年(西暦)を入力してください", _
Default:="2019", Type:=1)
Nen = myDate

myTitleD = Array("日", "月", "火", "水", "木", "金", "土")
For k = 0 To 6
myTitle(1, k + 1) = myTitleD(k)
Next k

Application.ScreenUpdating = False


Worksheets("Sheet1").Activate

For i = 1 To 12
Dim myTable(1 To 6, 1 To 7)
cn = 1

Select Case i
Case 1, 4, 7, 10
cntCol = 1
Case 2, 5, 8, 11
cntCol = 2
Case 3, 6, 9, 12
cntCol = 3
End Select
Select Case i
Case 1 To 3
cntRow = 1
Case 4 To 6
cntRow = 2
Case 7 To 9
cntRow = 3
Case 10 To 12
cntRow = 4
End Select
For j = DateSerial(Nen, i, 1) To DateSerial(Nen, i + 1, 0)
If Day(j) <> 1 And Weekday(j) = 1 Then cn = cn + 1
myTable(cn, Weekday(j)) = j
Next j

With Cells(5 + myRow * (cntRow - 1), 4 + myCol * (cntCol - 1))
If i = 1 Then .Offset(0, -1).Value = Nen
.Value = i
.Font.Bold = True
.Offset(1, 0).Resize(1, 7).Value = myTitle
.Offset(2, 0).Resize(6, 7).Value = myTable

.Offset(1, 0).Resize(1, 7).Interior.Color = RGB(194, 214, 154)
.Offset(1, 0).Resize(6, 7).HorizontalAlignment = xlCenter
.Offset(2, 0).Resize(6, 7).NumberFormatLocal = "d"

.Offset(1, 0).Resize(7, 1).Font.Color = RGB(255, 0, 0)

End With
Erase myTable
Next i


Worksheets("Sheet1").Activate

Range("A:B").Delete

Application.ScreenUpdating = True

Worksheets("Sheet1").Activate
Range("A5").Select
Cells.EntireColumn.AutoFit
Range("A5").Select
Selection.Cut Destination:=Range("B1")

Range("B1:X1").Select
With Selection
.HorizontalAlignment = xlCenter
.VerticalAlignment = xlCenter
.WrapText = False
.Orientation = 0
.AddIndent = False
.IndentLevel = 0
.ShrinkToFit = False
.ReadingOrder = xlContext
.MergeCells = False

End With
Selection.Merge
With Selection.Interior
.Pattern = xlSolid
.PatternColorIndex = xlAutomatic
.ThemeColor = xlThemeColorAccent3
.TintAndShade = 0.399975585192419
.PatternTintAndShade = 0
End With

Application.Calculation = xlCalculationManual


Selection.NumberFormatLocal = "0""年 カレンダー"""
Range("B3:X3").Select
With Selection

EXCEL VBAで年間カレンダーを作りたいのでご教示下さい。
①コードをすっきりさせたい(処理を早くしたい)②表示の各月を“1月”、“2月”と表示させたい
③(次処理別コード)
 カレンダー作成後に各月の休日に手動で黄色を付ける。※稼働日(白セル)、休日(黄色セル)
  その後に各月の稼働日(白セル)、休日(黄色セル)の数をカウントしたあと
(稼働日と休日を表示)
セルB41に1月、B42に2月、B43に3月、B44に4月、B45に5月、B46に6月、J41に7月、J42に8月、J43に9月、J44に10月、J45に11月、J46に12月...続きを読む

Aベストアンサー

一応、なにかの参考にと思い、「マクロで作るカレンダー」を、私も作ってみました。
作ってみて気がついたことは、今回のようなマクロは、ボタン起動型よりも、アドイン型のほうが利便性が高かったのですが、それでも、ボタンの付け方とか、別の意味で参考になるだろうと思いました。ご要望になっているものとは、違いますが、3列と2列の選択、月曜日スタート型と、日曜日スタート型とか、曜日を日本か英語か選べるようになっています。

http://xfs.jp/YRT1C
ダウンロード後は、プロパティからブロックを外してください。


人気Q&Aランキング