グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

USAのトランプさんは アメリカファースト!と言ってアメリカ人が一番大事だと言っています

日本人は外国で事故があると「日本人は含まれていませんでした」と聞くと安心します

中国人は何を考えているのでしょうか?中国の歴史は日本より長くアメリカなど最近出来た国です。

ナショナリズムが流行っていますが 尖閣とかどれだけ中国に近いか 知ってますか?

北方領土がどれだけ日本に近いか知ってると思います。

中国の軍備増強は良くない様に言って、アメリカと韓国と日本の合同軍事演習は問題ないと言う

本音でどうですか? 日本人とUSAの人と中国人 一番大事なのはどこの国ですか?

貴方はどう思いますか?

A 回答 (10件)

カルチャー(道徳)が異なるので


一概には言えない。
ただ、その地のモラルには従うべきだと思う。

尖閣と北方領土の件ですが、
遠近も重要ですが、その島に住んでいた。立ち入っていたか…などの歴史的なものも重要です。

軍備の件ですが、
中国の軍備増強とシナ海での埋め立てなと問題は多々です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成程ですが アメリカは世界中に艦隊を持っているのです

中国もそれに対抗してるのでしょう。

お礼日時:2018/11/08 23:13

私は、心があるのは、日本人だけだど思っています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

かなりの危険思想ですねえ。外国人は心がないと?

日本人は何時から心があるんでしょうか?

お礼日時:2018/11/08 23:12

>私は人間は似たり寄ったりだと言いたいだけです。


私もそうだと思います。私自身は帰国子女、身内には外国人と結婚した人も数人いますし、外国に住んでいる人もいます。人間はどこでもそれほど変わりません。

でも「人間はどこでもそれほど変わらない」ならむしろ「一番尊いのはどれか?」と比べるのはおかしいでしょう。どれも同じように尊いです。いや、本音で書いています。

ただ、問題は「自分自身が生き残るために何が重要か」というのがそれぞれの場所で「違う」ということです。これが国際関係の基本です。

たとえば日本で生まれ日本語で育った多くの日本人は、いきなり日本以外の国に放り込まれたらすぐに路頭に迷ってしまいます。言葉が通じないので仕事もできないし、頼れる身内もいないし、そもそも「自分」と言う存在が立脚する原点が外国には存在しないわけです。

ですからどこの国の人でも「自分が所属している国」に依存するのは当たり前、でありそれが「愛国心」とか「他国に対する不信感や防衛」につながっていくわけです。侵略されて、日本が別の国のシステムになったら、日本人全体が路頭に迷うわけで、植民地化、というのはそういうことだったわけです。

だから
>中国の軍備増強は良くない様に言って、アメリカと韓国と日本の合同軍事演習は問題ないと言う
当たり前です。日本が自分の国を守るためにどのような方策を取り、どこの国と同盟するかはその国の主権だからです。中国が尖閣を「おれんとこの領土だ」と主張するのも構いませんし、南シナ海を実効支配するのもその国の意志ですから、一向にかまいません。ただ日本としてはその結果シーレーンが脅かされれば問題なのでアメリカなどと連携するし、フィリピンやベトナムなど、中国が南シナ海を支配すると困る国と協力関係を築くだけです。


>ナショナリズムが流行っていますが 尖閣とかどれだけ中国に近いか 知ってますか?
>北方領土がどれだけ日本に近いか知ってると思います。

この発想は実に日本人的だと思います。なぜなら「日本人は陸地の国境をもたない」からです。どれほど尖閣が中国に近かろうと関係ありません。陸地の国境なら隣は他国であり、1ミリだって譲り合わないわけで「周りの三方が囲まれているから、この部分は俺の国の領土でもいいはず」とか「お前の国は全部俺の国に囲まれているんだから、俺の国が占領してやる」なんていうのが通用しないのは、ちょっと考えれば分かると思います。

だから「近さ」は全く関係ありません。
    • good
    • 0

haru27さんはどうしても日本人は悪人だとしたいのでしょうね。

何故なんでしょうか。何か日本人に恨みでもあるんですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

私は人間は似たり寄ったりだと言いたいだけです。悲惨な過去もあれば栄光の日々もあり

いい事をすることもあれば悪い事をすることもある。

立場が違えば同じことをやる様な 利口なようで愚かで 憎らしくもあり愛すべき者だと思うのです。

お礼日時:2018/10/26 22:38

そりゃ日本人でしょうが。



日本人は、毛沢東のように自国民を数千万人の単位で餓死させたこともないし、今の中国で現にしているように、ウイグル人の100万人を超える人々が強制収容所にぶち込まれているようなことをしたこともない。記録によるとヒトラーでも強制収容所にぶち込んだ数は71万人だそうだ。そんなの赤子の仕業のようなことを、中国じゃ今でもやっている。原爆で外国から攻撃された被爆国は確かに日本だけだが、HNKが喜多郎のニューエージ・ミュージックを使ってシルクロードを夢の世界だと日本人に紹介していたころ、そのまさに同じ時期に、中国では、その地域のイスラム系の住民を退避させることなく、中国の核実験を行なっていた事実も明らかになっているそうだ。聞くところによると、イスラム系の人々の100万人ぐらいの被爆者が出ているとか。日本の被爆者の数どころじゃない。

アメリカだって、原爆や東京大空襲やドレスデンの大空襲で非戦闘員の殺戮を好き放題やってきた。その殺戮の数たるや途轍もない数にのぼる。その事実を承知していた米軍の将軍の一人は、「この戦争に絶対勝たなくちゃダメだ。もし負けたら、俺たちは、非戦闘員の無差別殺戮と言う国際法違反で確実に死刑にされてしまう」と言っていた。

ああだこうだと言っても、日本人はそこまで自国民や非戦闘員の大量殺戮を行っては来なかった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

確かに中国やアメリカの様な極端な殺戮は日本人はしなかったかもしれない

しかし日本史も戦争の歴史であり残酷な事は沢山あった。

それに日本人は平和な時でさえ 士農工商 えたひにんの身分差別を作って

下の階級を苦しめてきた。日本だって太平洋戦争に勝っていたら何をやったか分からない

鬼畜米英と言うくらいだから奴隷にしたかもしれない。

人間どの国でも人間は人間だ。日本だけは違うとは言えないのではないだろうか?

お礼日時:2018/10/26 15:53

1)中国の歴史


 中国の歴史が日本より長い、とは思っていません。
 中国の地に、古くから幾多の王朝が盛衰を繰り返しているとは思いますが、
 民族がそれぞれ違います。

 今は、中国共産党が、他民族を圧迫して君臨しているだけで、
 栄華盛衰、先は解りません。

2)尖閣と中国の距離
 海運国である日本から見るとそう思えるかも知れませんが、一般的には、
 陸地に国境が存在するので、道路の向こう側が他国、なんてのは
 ありふれています。

 尖閣と中国は、十分な距離があり、日本の領土であることは、疑いがありません。

3)軍事増強
 善悪は別で、日本は民主主義の領域に属しており、中国は共産党一党独裁国家です。
 中国が覇権主義、膨張主義を採って、米国を頂点とする自由民主主義国家群に
 挑戦の意図を隠さない以上、ご指摘の事例は当然、発生します。

4)日本とUSAと中国
 いちばん大切なのは、日本です。論をまたない。
 次は、USAでしょう。
 実質はどうあれ、米国は世界秩序を支配しており、日本で構築されている価値観の
 多くを共用しています。
 少なくとも、日米の関係は、表面上は「仲間」であり、同等に近い。
 中国は覇権国家です。
 中国と他の国が「仲間」に成ることはあり得ません。
 「朝貢」の言葉に付きます。

5)アメリカ・ファースト
 中国以外の世界の国は、自国ファーストであり、自国の利益の最大化を
 図るために「外交」を行っています。
 トランプの表現がストレートなだけであって、間違っては居ない。

 中国の膨張主義は、共産党の膨張主義であって、共産王朝の膨張主義です。
 これは、地球上の全ての国が、赤化して、「朝貢」をするまで継続します。
 故に、非常に危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

そう悪い方に考えない方がいいんじゃないでしょうか。

中国もアメリカも大きな国だから日本の学生運動を叩き潰すようには治まらず

大きな力を使ってしまうのでしょう。中国には言えて なぜロシアに言えないのか?

それは中国よりロシアの方が怖いからなのでは?

ロシアは今でも7000発以上の核を持っているそうです。

日本の特徴は平和主義です 何も悪くはありません。自衛隊もいるのですから

飽くまで平和主義外交を展開すればいいのではないでしょうか?

中国も変わったしUSAも変わった。日本人が悪く変わらない様にしなければ日本の意味がないのでは?

お礼日時:2018/10/26 16:05

やっぱり、生まれ育った自分の国が一番大事であり、尊いのでしょうね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

故郷と言う事でしょうか。ウサギ追いし故郷~♪ 確かに自分の育った国が大切ですねえ

唯その育った故郷がどんどん変貌していますねえ。

私の育った家はもうマンションになっています。遊んだ藪は駐車場です。

そうすると問題は人ですねえ。日本の人はどうか?日本人の人柄はどうか?ですねえ。

お礼日時:2018/10/26 08:56

どれも尊いんじゃない?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

勿論それはそうです。しかし色んな特徴や良し悪しもあります。

お礼日時:2018/10/26 09:21

中国人かな。


日本:思いやりの精神とか言っていますが、心の中でネチネチ引きづるのは昔からの日本人の典型的な例。空気を読むことには世界一長けていると思う。

アメリカ:色んな人種が沢山集まった国なので、差別が大きい分政府がアメリカ人の団結力を深めようとすることは当然のこと。また、国自体は歴史が浅いが、先述の通り、イギリスやアフリカなどの歴史の長い国から来た人の割合も多いですから、文化はそれなりに発展しているでしょう。

中国:歴史がとても長く、経験値はこの国の中で一番高い。それにより繁栄の仕方もわかっていると思う。マナーが悪いところもあるが、たしかに日本人よりは頭が良い。(幼稚園から英語を習い始め、社会はもちろん中国全土についても習います)人口も多いので様々な思惑があると思われますが、滅亡する国が多い中発展してきた国なので、実際はこれが最善の形なのかもしれない




まあこんな感じです。
心っつうか全体的な話になりましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

中国を一番に挙げる方が居たのは良かった。日本ではどうしても西寄りの報道がされますからねえ

実質アメリカにはペコペコしなければならない。アメリカが買えと言ったら買わなくてはならない

あの戦闘機は高いんでしょ。何十億とするんでしょ。あれを買って何に使うんですかねえ?警戒される

だけじゃないでしょうか?

日本人は確かにいじめとか酷いですねえ。中国にそんないじめとかあるのでしょうか?

中国の人は美醜などそれほど気にしてない様な感じですけどねえ。

どうもありがとうございます。

お礼日時:2018/10/26 09:16

根本的に文化の違いから「善悪」の基準自体が違うので、比べられないです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

善悪まで問うつもりはありません。どれが良いと思うかと言う事です。

中国は統制が厳しいし USAは格差や問題が多いし 日本は窮屈です

ありがとうございます。

お礼日時:2018/10/26 09:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「日本は・・・」、「日本人は・・・」”という言葉を使用できるには、どの位の外国人と交わらねばならない

このカテで、「日本は・・・」、「日本は・・・」”という言葉が使用されています。(一般的には、否定的な内容が多いようですが)
ところで、このような言葉を使えるには、外国へどの位訪問(見物・居住)したり、どの位の外国人と交わらねばならない、のでしょう?(もちろん、その軽重や深浅があり、一律はいえませんが)

Aベストアンサー

当人が希望して別の土地に赴く場合、土地や風土、文化、人に期待しているので、得てして「痘痕も笑窪」になりがちです。相手からしても、一過性のお客さんなので地は隠して笑顔で振舞うでしょう。
行った人が飽きて、その土地の人も来訪者に気を遣わなくなってから、初めて一過性でない気候や、風土慣習、文化、価値観などに触れるわけです。最初の期待は裏切られ、互いに地金が見え隠れし、上っ面でない会話になり、それでもその土地や人が好きか嫌いか段々と分かってきます。そこで諦めずに更に滞在すると、妥協できるかどうか互いに距離を測り始めます。

イメージ的には、「憧れ」→「真実が見えてガッカリ」→「でも、意外と良いところもあるね」 or 「あー、やっぱ駄目だわ、ここ」という流れです。ここまで行けば、さすがに自分が生まれ育った土地や文化、風習、価値観と、やっと比較ができるようになります。もちろん憧れからだけ始まるわけではないでしょう。仕事での赴任だから仕方なくということもあるでしょう。そうなると最初は「不安」だとか「疑念」から始まり、「でも、意外と良いところもあるね」とか「やっぱ、思った通りだわ」になり、「それでも・・・」という流れになるのではないでしょうか。

何にせよ、こういう比較ができるまでには、最短で半年、最長で5年ぐらい、下手をすると、子供が地元の学校に通うようになって初めて知ったとかもあるでしょう。時間もかかりますし、その土地での関わり方も関係します。

それでも「日本は・・・」、「日本人は・・・」とまともな比較論を語るには、そういう経験が一箇所とか一カ国では不足しています。個人的にはそういう対象は3つ以上あるべきだと思います(日本を含め4つで比較)。同じような文化風習のところではなく、例えば経済という視点で語るにしても、ニューヨークや上海などの動きが激しいところ、インドやマレーシアのように独特な地域性があるところ、アラブ地域のような特殊な価値観で動くところ、発展途上国というより後進国といった方が適切なところぐらいのパターンを経験しないと、本質的な会話にはなりません。よって、ほんの一部の分野に絞ったとしても、多分、最低で3年、可能であれば20年ぐらいの時間は見た方が良い気がします。

もちろん、ニューヨーク、ロンドン、フランクフルト、香港のように敏感で動きが早いところと比較すれば、日本が敏感であるか、日本の動きが早いかという比較論はできるとは思います。

「日本は・・・」、「日本人は・・・」に限らず、「アラブ地域は・・・」、「アラブ人の思考は・・・」なんて騙るジャーナリストもいますが、原理主義的な地域と世俗主義的な地域では全く違いますし、宗派によっても、近隣の国との友好度合いによっても、呆れる程、幅があります。それとて表の顔で、外国人や異教徒には見せない顔もありますから、一括りにしている時点で「うーん、底が浅い」と看過されます。いえ、別にアラブじゃなくて、「アングロサクソンは」とか「インド系の民族は」とか「東南アジアでは」とかに置き換えても良いんですよ。

>(一般的には、否定的な内容が多いようですが)

否定、批判をするには、より多くのサンプル、より多くの経験、より長期スパンでの比較ができないと難しいでしょう。それができていない癖に批判ぶったり、挙句、自分の足元である日本の知識、理解が不足していたりすると、識者のみならず敏感な人にそれを直感的に察知され「こいつw、浅いな」と見透かされる訳です。
また、こういう言い方をする人は「インドネシアと比べて日本は」とか「パナマ人と比べて日本人は」とは言いません。仮にスペインと比較する人がいればキーワードは「情熱」だったり、イタリアと比較する人がいればキーワードは「デザインセンス」だったり「享楽性」とかだったりしますが、そもそもそういうステレオタイプな捉え方から抜け出せずに無分別に批判しているようですと、「うーん、こいつwww」と思われたりします。思われている人はそんなこと想像だにしていないでしょうけど。
ドイツの職人的工業製品と日本の大量生産工業製品の比較で批判しているような人は、実は日本人には多いような気がしますが(しまった、私自身も「日本人は・・・」を言ってしまったw)、単に工業そのものの考え方の根底に根ざしたアプローチの違いであって、どっちが好きか嫌いかはともかく、実はどっちが優れているという結論には至らない方向違いの議論だったりします。

当人が希望して別の土地に赴く場合、土地や風土、文化、人に期待しているので、得てして「痘痕も笑窪」になりがちです。相手からしても、一過性のお客さんなので地は隠して笑顔で振舞うでしょう。
行った人が飽きて、その土地の人も来訪者に気を遣わなくなってから、初めて一過性でない気候や、風土慣習、文化、価値観などに触れるわけです。最初の期待は裏切られ、互いに地金が見え隠れし、上っ面でない会話になり、それでもその土地や人が好きか嫌いか段々と分かってきます。そこで諦めずに更に滞在すると、妥協...続きを読む

Q身近な洗脳を見たことありますか?

洗脳というと、カルト新興宗教のイメージが、強いですが、
私は、身近に、あるいは社会でよく行われている気がします。
政府が国民を、メーカーが消費者を、経営者が従業員を、教師が生徒を、親が子供を、
洗脳していることは多々あると思います。意図的に、あるいは無意識に。
そのような事例を経験、あるいは目撃したことはありますか?

Aベストアンサー

「洗脳は身近なものである」という視点はとても良い事だと思います。

「それが普通、〇〇に決まってる」と口癖のように言う人がたまにいます。
しかし普通の定義は個人によって違いますし、決まってると言っても公的に法的に定められているものではない。
その人が勝手に思い込んでいるだけなんです。

特に世間など周囲の目を気にする我々日本人は、個が弱い為に自分の考えや価値観を社会常識と混同してしまう悪い癖があります。
物事を言っているのは自分ではなく世間なので、自分は発言の責任をとらなくていいから楽なんですね。

私たちは個人の発言を全体の発言のように感じてしまい日々それに踊らされているのです。

誰が言ったのかもわからない考えや価値観がふわふわとそこらに漂い、それを何の疑いもなく受け入れているのはとても恐ろしいと思います。

Q"アホはほっとけ"は正しいか

どうなんでしょう。

Aベストアンサー

相手の立場に立つ、は一般的に正しい行為みたいです。

その人の立場って何?
ほっとけない行為が相手を理解しているか?
アホに限らず、
他者である存在に、自分が一人よがりでなかったか?とか、伝わらなさに虚しさを感じるときがあるから、このような問いが生まれるのかなと思ったのですが。
ほっとくにしろ、ほっとけないにしろ、往々にして自分の欲望が勝った、後付けや正当化だとも思うんです。
でもやった後で言うのと、やらないで言うだけでは全然価値が違います。


人間のさだめのようなもので、分かった気になり、自己満足を優先させる。万能じゃない部分でしょう。

どこまでも、目の前のアホのような奴は、自分とは異なる存在の「他者」であると覚れば、ある程度ほっとけるのではないですか。

相手はいずれ成るように成るもので、何を掴むか、受け取らないかは己がやらなきゃ自分の意味にならない。
他人がどうこうする領域じゃないと知っていれば。

お互いに具体的な言葉にするほど自他の異なりが露わになるでしょう。
同じようで違う、違うようで同じ、というのを確認します。
そうした体験すれば作用にも気づきます。
自分の方法は増えるのですが、人間は頭では体験を超えられません。
冷静に相手の立場に立って出来るものなど取るに足らない小ささに思います。
大人?日本人?は関係を怖れている?みたいに見えます。


ある人に悩みを言ってもらい、何人かで聴きます。
それを後で皆で検討してみると、問題点、課題はほぼ同じ意見ですが、その人をどう思うか、感想を具体的にすると其々です。
相手ではなく、自分というものがそこに出てきます。

相手の立場に立つとは、
人間というものや個人を理解した上でやれる力量かもしれないですね。

余談ですがカウンセリングや相談をインターネットの文字の世界でやれると考える人と反対する人がいるんです。
文字では情報が不十分ですからね。

言い合いをしたり、食い違っても、そういう二人が向き合った体験は後に信頼の間柄になれるものでもあるという実感はありますが、使いわけていますね。

言い合いは悪い結果になると思い込んで、ほっとく、避ける一般の人が多いかもしれないです。

ほっとくの意味一つ取っても、自他は違うんですよね。

相手の立場に立ったつもりで言い、その人をよく知らない第三者からすると正論のようですが、肝心のアホにとってありがた迷惑であったりします。

気遣いができるアホは、無理解な正論にお礼を言うかもしれません。
でも、ほっとけない人が、アホを理解しているとは限りません。
ボランティアと同じです。
自分がしたくてするのか、相手の為なのか、自意識の深めがどの程度かです。


人間というものは、相手の立場に立ったつもりが立てていない時、相手はこころを開かない。

すれ違いながらもお互い辻褄を合わせ、共有した時間に意味を感じることで穴を埋め、その代償行為に気づかず、意味を後付けする生き物です。
その時を穏便に済ませるのですが、そういうときは、後から自分に違和感が出るものなのです。

相手の立場に立つ、は一般的に正しい行為みたいです。

その人の立場って何?
ほっとけない行為が相手を理解しているか?
アホに限らず、
他者である存在に、自分が一人よがりでなかったか?とか、伝わらなさに虚しさを感じるときがあるから、このような問いが生まれるのかなと思ったのですが。
ほっとくにしろ、ほっとけないにしろ、往々にして自分の欲望が勝った、後付けや正当化だとも思うんです。
でもやった後で言うのと、やらないで言うだけでは全然価値が違います。


人間のさだめのようなもので、分かっ...続きを読む

Q閲覧ありがとうございます。唯物主義に生きがいはありますか? 人間は物質からできているので精神活動も物

閲覧ありがとうございます。唯物主義に生きがいはありますか?

人間は物質からできているので精神活動も物質の化学反応によるものです。
水素が燃えて水ができる。それと何が違うのでしょう?
尊いとされる生命(その起源も偶然の長時間におよぶ化学反応によるものでしょう)や豊かとされる精神活動も自動的な物質のふるまいによる虚無の世界です。
科学の観点から自由意志は錯覚とされています。世界は物理の法則に従って動いているため、自由意志は錯覚と考えるのが普通でしょう。
また意識は傍観者で、自分は人生という映画を観ているだけでしかない。
クオリアも錯覚という説もあります。

また、人間のすべての行動は利己的です。(利己的遺伝子論) 母親が子どもを愛するために取る自己犠牲の行動、助け合うこと、またそれらを美しいと感じること…すべてに関して利己的。遺伝子の思うがままになっていると思うと、やや恐ろしくも感じるし、行動が遺伝子にコントロールされていると思うと、虚無感も感じてしまいます。

何をしても楽しくないです。例えば、奇麗な夜景を見てホッとしますが、
すぐさまこれも遺伝子にプログラミングされた自動的な感情(錯覚)だ気づき絶望します。

しかし、生命及び精神活動が科学的に解明されても、その仕組みが分かっただけで本質(中身?)は分からないと言いますが、中身(主観?)なんてないんじゃないでしょうか?
精神活動などあみだくじのようなもので、ある入力がされたらある出力がされるだけで
自分とか主観とかそんなものはなく、今こうしてこう思った!考えた!も自動的な計算による出力にすぎない。機械と大して変わりはない。

いろいろ考えた結果、自殺ということが頭に浮かびます。
しかし、世の中の唯物論者(この定義がそもそも間違ってるのかもしれませんが、スピリチュアルなことを信じない科学的な人です)の方が全員自殺されてるわけではないですよね?どうしてでしょう?何に生きがいを持ってるのでしょうか?
虚無感に襲われて辛いです。生命、精神、存在などの素晴らしさについて教えてください。
哲学や科学について素人なので簡単な言葉で教えてくださると嬉しいです。
どうかよろしくお願いします。

閲覧ありがとうございます。唯物主義に生きがいはありますか?

人間は物質からできているので精神活動も物質の化学反応によるものです。
水素が燃えて水ができる。それと何が違うのでしょう?
尊いとされる生命(その起源も偶然の長時間におよぶ化学反応によるものでしょう)や豊かとされる精神活動も自動的な物質のふるまいによる虚無の世界です。
科学の観点から自由意志は錯覚とされています。世界は物理の法則に従って動いているため、自由意志は錯覚と考えるのが普通でしょう。
また意識は傍観者で、...続きを読む

Aベストアンサー

酸素と水素が「化学反応すると」、水になる。

では、何故、空気中に、酸素があり、水素があるんですかね?

地球上、何故、水だらけにならないんですかね?

確かに、化学的には、そうかも知れませんが、二酸化炭素も硫酸も
実際に存在していますよね。

結局、人生なんて、無限に近い組み合わせのなかで、その時々で、
「化学反応」を起こしているので、それほど真剣に考える必要はないのでは?

「人間のすべての行動は利己的です。」といっても、「種の保存」の本能から
言えば、当然でしょう。

「遺伝子」だ、「ミトコンドリア」だ、と言ったところで、これらは「複製」を
求めているだけで、「誰を好きになれ」とか「誰を嫌いになれ」なんて言っていません。

外国人と結婚しても、同郷の人と結婚しても、構わないのです。
それこそ「自由」です。
自由すぎて最近うるさい「同性愛者」なんてのも居ますが、
「遺伝子」が反対した、なんて話は聞いたことが無い。

実は、私も若い頃、同じような考え方を持ってましたが、ズボラなので、
3年ほどで、すっかり忘れてしまったようです。

選択肢は、極端ですが、無限にあります。

下らない「極論」に振り回されないことです。
「極論」とは、その論を成立させるために、多くの有用な実体を、
無視し、捨て去って成立しています。

大抵は、全く役に立たない。

酸素と水素が「化学反応すると」、水になる。

では、何故、空気中に、酸素があり、水素があるんですかね?

地球上、何故、水だらけにならないんですかね?

確かに、化学的には、そうかも知れませんが、二酸化炭素も硫酸も
実際に存在していますよね。

結局、人生なんて、無限に近い組み合わせのなかで、その時々で、
「化学反応」を起こしているので、それほど真剣に考える必要はないのでは?

「人間のすべての行動は利己的です。」といっても、「種の保存」の本能から
言えば、当然でしょう。

「遺伝子」だ...続きを読む

Qいいことをおしえてやろう

最近、人に回答を求めるのではなく自分でやってみろと、ある人に言われたので、やってみる。

とはいっても自分の知らないことには答えられない。
答えられる質問にはどんどん答えてやる事に決めました。

こんな心構えでいいでしょうか?

Aベストアンサー

違うと思います。

どこかのカテゴリーで、回答に対するお礼コメントでやられて現在進行中の質問者のマネをして回答してみます。

Q:人に回答を求めるのではなく自分でやってみろ
A:初めての職場に行くと先輩が、「わからないことがあったら、なんでも聞ききなよ。」と言ってくれますが、それを信じて質問すると、「なんでもかんでも人に聞けばいいってもんじゃないだろ!!まずは自分で考えて、それでもわからなかったら質問するんだよ!!」と言われて、自分なりに「まあっ、いいか、これで」と思ってやってみると、「お前、なんてことしてくれたんだ。やるまえに、わからないことがあったらなんでも聞けと言っただろ。」と怒られてしまいます。

Q:自分の知らないことには答えられない
A:知っていることとは、しょせん知識でしかないのだから、インターネットでチョチョッと調べて、たぶんこれだな、と思った新しい知識で答えればいいんじゃない?

Q:答えられる質問にはどんどん答えてやる
A:たぶん、答えられる質問に対して答えるのではなく、自分が回答したいと思った質問に答えるのだと思います。

質問に答えたいものがあったときの心構えは、以下のようなことも必要だと思います。
・こいつ、ホントか?創作とかなりすましじゃないだろな?
・それとも、現実社会で誰も相手してくれないから、この虚構の世界で相手して欲しいのかな?
・いやいや、真剣に悩んで質問しているんだと思うけど、なんでこういう質問してるんだろ?

違うと思います。

どこかのカテゴリーで、回答に対するお礼コメントでやられて現在進行中の質問者のマネをして回答してみます。

Q:人に回答を求めるのではなく自分でやってみろ
A:初めての職場に行くと先輩が、「わからないことがあったら、なんでも聞ききなよ。」と言ってくれますが、それを信じて質問すると、「なんでもかんでも人に聞けばいいってもんじゃないだろ!!まずは自分で考えて、それでもわからなかったら質問するんだよ!!」と言われて、自分なりに「まあっ、いいか、これで」と思ってやって...続きを読む

Q女性美、に付いて。

女性の肉体的な美に付いての質問です。
精神的な内面の美ではありません。

男目線、女目線のどちらでもいいです。
女性の美にセクシーの度合いはどの位ありますか。
何パーセントぐらいだと思いますか。

セクシーさがなければ美とは云えないですか。

安室奈美恵のファンを長い事やってきたので、彼女の体躯をみての質問です。
ご意見聞かせてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

女性の美にセクシーの度合いはどの位ありますか。
何パーセントぐらいだと思いますか。
 ↑
30%ぐらいですかね。

ワタシは、美しさと、性的魅力は
別だと考えています。

百%別とは思いません。
ある程度影響し合っています。

キレイな女性でも、性的魅力が乏しい人が
おります。

性的魅力があっても、それほどキレイではない
人もおります。

しかし、キレイで性的魅力があるひとも
おります。

だから、別だけど、お互いに干渉し合っている
というように考えています。

安室奈美恵ちゃんは、キレイだけど、
性的な魅力には乏しいですね。

Q洗練や優雅

付け焼き刃と余裕の違いはどこに見て取れる?

Aベストアンサー

理を見る眼を備えた人は、感動とか感心とか言った情動に基づく心的挙動によって、言動や物事を判断しない。その判断は静かな、理を見る眼差しによって行われる。
こいつはハッタリだとか、まやかしだとか、そのようなものを見抜くことに腐心するのではなく、本質を見据えている事によって、それらに左右されない。
その言葉が本物か偽物かを見分けようとするのではなく、ただ、本物を求めていて、本物がある時にだけそれを取る。このようにして、本物を知る人は騙されない。造花からは香らないようなものである。
歴史があっても本物ではないこともある。限りなく本物のようでいて、それでもやはり決定的に違うものもある。まるで目立たないのに本物の場合もある。
そらを見いだせるかどうかのすべては、その人が本物の本物を求めているかどうかにかかっている。

Q「世界は神が創り、日本は●●が創った。」

東京では、オランダの画家、フェルメール展が開催されています。

オランダは、世界に先駆けていち早く、市民が社会の主役になった国です。
そのことをとてもオランダ国民は誇りに思っているので、
「世界は神が創り、オランダはオランダ人が創った。」
とプライドを込めて豪語しているそうです。

それでは、日本はどうでしょう?
「世界は神が創り、日本は●●が創った。」
の、●●に入る言葉は何だと思いますか?
ご自分の主観でもいいし、大喜利みたいなのでもOKです。

画像はフェルメールの、牛乳を注ぐ女。私がアムステルダムの美術館で見た時に撮った写真です。今は日本に来ています。召使いである牛乳を注ぐ女を、尊厳を込めて描いたこの作品は、市民と堅実な生活を礼賛した、ある種の聖母像という見方もあるそうです。

Aベストアンサー

日本は外国人が作った。


日本という国号ができたのも、天皇という呼称が生まれたのも、当時の百済が滅ぼされて朝鮮半島が唐の勢力圏に入り、次は日本が侵攻されるのではないかという危機感によって生じたものです。この時代、首都を大津に遷都して海から遠ざけたり、貴族が皆して中国風の衣服を着たりして、大騒ぎでした。

鎌倉幕府の末期、元から大量の銅銭が渡来して、悪党と呼ばれる大量の成金が発生。彼らの豊富な資金力は、鎌倉幕府妥当の原動力となりました。

戦国時代、ポルトガル商人と倭寇の商人が伝えた火縄銃は、全国に広まり、刀や弓では決着のつきづらかった膠着状態の勢力争いにケリがつきはじめ、天下統一に繋がりました。

江戸末期のペリー黒船の影響は書くまでもないでしょう。明治時代はロシアとの戦いでした。

Qテレビで言ってますが ボランティアが有名な割には・・・?

日本は災害復興のボランティアやゴミ拾いなどが有名な割には

花火大会やハロウィンでゴミだらけになるそうで

日本を誇る割には、実際はほかの国と同じ 

これでは偽善になってしまう。私は中高の頃から整備委員、美化委員として

ごみを捨てない様に呼びかけて来たが、やはり捨てる人は捨てる借りてる瓶も

どぶの中行きです。

ボランチアは美しいと思いますが 日ごろからマナーや道徳を身に着けたいものです

AVとか色んな詐欺とか目に余ります。

日本人のそういう本音と建前が気になりませんか?

Aベストアンサー

仕事で一日中車で走っているのですが、道端に落ちているゴミは明らかに
増えています。

ボランティアをやっているような人はゴミのポイ捨てはしないのでしょう。
それをしない人が、社会の流れの反動で、つまり流れに反発してそういうこ
とをし出した気もします。
そのあたりに深い問題もありそうです。

私が東日本大震災に被災地に住んでいるということは何度か申し上げました
が、当時、避難をして空き家になっている家を狙っている人間をずいぶん見
ましたよ。
それから、被災地に「観光」にくる人々との争いも。

私も食料とガソリンを手に入れるのに3時間、4時間並びました。そうした
ルールをきちんと守るのが日本人の文化で、外国から見れば驚異的に見える
場合があるのでしょうが、私は特に誇らしいとは思えません。当たり前だか
らです。

Qアメリカの真骨頂は民主主義か 資本主義か?

今日はアメリカで昨日から中間選挙がありましたが 上院では共和党が、下院では民主党が

過半数を取ったようです。

しかしアメリカとは本質的にどういう国なのでしょうか?

朝鮮戦争やベトナム戦争の時は 建前は自由主義を守るとかでしたが

民主主義陣営とか言いますが 実際には資本主義の力 世界一のGDPの国

軍事力も資本力も世界一と言う国でもあります。

その本質が今回見えたような気もします

アメリカの本質は自由主義でしょうか?民主主義でしょうか?資本主義でしょうか?

それとも何でしょうかあの大国は?

Aベストアンサー

米国在住です。

トランプ大統領を見てもわかるように、基本的に、功利主義です。違ったバックグラウンドを持った人たちが、まじりあって住んでいるので、それぞれの利害はいつも相反します。それを、なるべくたくさんの人の利益になるように、うまく調整しながら、かつ、将来、利益を生んでゆくような対策がたてられれば、それが一番良いのす。

今回の選挙で、下院が民主党多数になり、共和党主眼の(小さな政府・企業の利益優先)にブレーキがかかり、民主党の推す、医療保険をはじめとする、福利の充実に目が向けられるのではないか、と、アメリカ国民は、願っています。全く異なった主張の二党がアメリカの社会そのものを象徴しているように見えます。二党競合が、アメリカの民主主義の根幹です。一般人は、選挙で投票をすることに重要な意義を見出しています。

今回の選挙では、下院に女性の進出が目覚ましく、イスラム系・ヒスパニック系・東洋系・アメリカンインディアンなど、人種も入り乱れており、移民問題が取り上げられている中、時宜に適した活躍ができるよう、応援しています。

朝鮮戦争やベトナム戦争を、アメリカが戦わなければ、日本や台湾、東アジア全体が社会主義・共産主義に席巻されていたかもしれないですが、それでも良かったのかなぁ。アメリカ嫌いの人もたくさんいるようですから、そのほうが、幸せだったかもしれませんね。

戦争は、大統領が決断して、議会が承認するもので、基本的に、アメリカ国民は、できれば、戦争はしたくないです。ただ、今回の北朝鮮を見てもわかる通り、アメリカの強大な軍事力が、実際の流血を防ぐこともあり得ます。

自由主義というのは、アメリカの場合、もともとは、植民地支配、”代表権なき課税”(税金は納めるのに、議会に代表が送れない)からの独立を意味していました。憲法に、権利章典が補足として書き加えられており、言論・報道・集会・陳情の自由、保身のための銃の携帯の自由、黙秘権行使の自由、裁判の公正、などが、保証されています。

昨今のメディアの暴走は、一般の国民から見ると、ニュースが信じられないのは、非常に不便で、できれば、もう一度メディアの原点に立ち返り、きちんと事実を過不足なく報道してほしいものだと感じています。

順番をつければ、第一に功利主義、第二に民主主義、第三に自由主義、というふうになると思います。

米国在住です。

トランプ大統領を見てもわかるように、基本的に、功利主義です。違ったバックグラウンドを持った人たちが、まじりあって住んでいるので、それぞれの利害はいつも相反します。それを、なるべくたくさんの人の利益になるように、うまく調整しながら、かつ、将来、利益を生んでゆくような対策がたてられれば、それが一番良いのす。

今回の選挙で、下院が民主党多数になり、共和党主眼の(小さな政府・企業の利益優先)にブレーキがかかり、民主党の推す、医療保険をはじめとする、福利の充実に目が向...続きを読む


人気Q&Aランキング