あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

天使は何のために地球に舞い降りて来たのですか?

A 回答 (6件)

質問の「天使」の概念ってどんなの?


天の使い
言葉通りだけど「天」を何を指すのかによるのですよ
ユダヤ、キリスト、イスラム教ですら天使の概念は微妙に違うしね

回答としては「貴方が思う神様の使い」って事です
一々神様が人や世界へ介入しないし出来ないので
神の使いが色々と行うのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2018/10/27 19:46

神様が振りかざす手前勝手な正義に基づき神罰を振りまくため

    • good
    • 0

オイタをして天から落っことされたと言ってました。


尻尾があるのが気にはなりましたが。
    • good
    • 0

君を幸せにする為だよ。




何か問題でも?
    • good
    • 1

残酷な天使のテーゼです。

    • good
    • 0

みんなを笑顔にするため

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人生がうまくいく「求めない」法則

「人生がうまくいく「求めない」法則」 (扶桑社文庫)という本が売れているそうです。
2018年4月時点で460万部突破ですので、国内ではハリーポッターや、乙武さんの五体不満足並みですね。
それだけ、この考え方が共感を得ているということでしょう。

私はこの本は読んでいませんが、人生のいくつかの側面においては、諦めとは違って、いい意味で期待しすぎないこと、見返りを求めないことの重要性も感じておりました。
タモリさんも、自分にも人にも期待しすぎないことが人生哲学だそうです。

例えば、人に期待しすぎない方が、落胆もしないので、
価値観の違いを受け入れやすくなったり、
人付き合い・人間関係が楽になったりするそうです。
もちろんこういう事は程度問題もあるでしょうけど。。。

皆さんは、あえて、「求めない」、「期待しない」方がいいと思っていることはありますか?
(どんな小さな些細なことでも構いません)
例:
妻に料理上手は求めない。
教えてgooで回答しても、お礼は求めない。
等。

Aベストアンサー

日本人ですよ

わしもね
ついこの間まで
知らんかったけどね

戦後復興
マッカーサー元帥と昭和天皇の対談
昭和天皇の戦後の巡礼

マッカーサー元帥の聴聞会

教えられて無いことが
ネットでね
チラホラ流されてるんですよ

別に国粋主義じゃないけどね

日本の良いところを
なぜか、教えない!広めない
今の地上波では
反日思想や搾取目的の民営化

移民法や水道の民営化

現代日本人って?

思うところもあるけどね
( ̄▽ ̄;)わしのが偏りすぎてるね

ごちゃごちゃと書いてますが

gooだけにとどまらず
個人!個人の
価値観や感情が
ギスギスしてないかな?
なんて、思うときに
ハイジさんの質問を
拝見させてもらい
参加させてもらったんですよ

有意義な質問
議論の許可
解りやすい、反論

色々と感謝(*-ω人)いたします

ではでは
また、次の機会を
楽しみにしてますよ

追記
弁士はとかく狙われやすいので!お気をつけてくださいね

Qまだ先の話ですが、キリスト教の洗礼を受ける事にしました。そうしたら、今付き合っている彼は、それなら別

まだ先の話ですが、キリスト教の洗礼を受ける事にしました。そうしたら、今付き合っている彼は、それなら別れるって言うんです。檀家になっている家の宗教は、どうするんだって言うから、それはそれでするよ、と言っても、2つも同時に出来ないだろうって言うんです。そして、俺は宗教は嫌いだと。でも、自分の両親の位牌とかには、お線香を上げたりお水を上げたり、それはしっかりやっているんですよ。いくら、別に変わらないよ、と言っても駄目で、かといって止めたら、一生無理だと思うんです。俺とどっちを取るんだと言われてます。それで、どうしようか困っているんですが、皆さんならどうしますか?洗礼を止めたくないので、別れるしかないんでしょうか?他の皆さんのご意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

なるほどねー
そういう事情だと「宗教嫌い」もわかります
質問者さんの教会のことは、わかんないけど
カトリックなんか
普通の仏教よりもぜーんぜんお金かからないんだけどね(苦笑)
意外とかかるよ、お寺は

たぶん彼の言う「宗教」と
あなたの「宗教」って意味が違うんだと思う…
あ、違うな

彼の中で宗教っていうのは
生活の仕方から何から全部決められてしまうようなものなんじゃないかな…そういうイメージ
で、
お寺のことは
宗教というよりは
おまじないみたいなもんなんだよ、きっと
供養とかやっとかないと、悪いことが起きるとやだから、とりあえずやっときます、って感じの
「信仰でない」というのは
そういう意味なんじゃないですかね

別にそこに、生き方とか考え方とかの指針を求めてないの
というか、求めるのが嫌なの
生き方考え方は自分で決めるものだろう、とかそういう感じなんでしょうね

でもその「自分」にどういう思想教養知識があるのか、なにが基盤かって問題はあるんだけどね

結構、いい加減なもんだもん「自分」なんて
一日で考えが変わってしまうようなもんですよ
そのへん、ちゃんと考えてないと
そういう「宗教は嫌い」な人って
新興宗教でも風水でも占いでもスピリチュアルでも自己啓発セミナーでも
「あ、これだ!これが本物だ!」
ってあっさりハマったりするもんです

まあそれはいいとして

別にここで
「彼のいいところ」
を発表する必要はないのですが
ほんとに「たくさん」あるのですか?
具体的に?

私には、その「いいところ」が全然想像できないんだよね…

なにより、あなたのことを
大切にしてない、
理解しようとしてない、そのことが
やっぱり、引っかかる

そして
病気になったとしても
「どうなんだろう、わかりません」
って…
あのさ、ただの友達だとしても
心配するだろうし、出来るだけ助けてあげたいと思うよね?
彼はそれ以下ってことだよね?

だから同棲しても
体調悪い時に労わるどころか
飯作れとか言うタイプだよ

一度
デートDVチェックしてみて
検索すると出てくるから

なるほどねー
そういう事情だと「宗教嫌い」もわかります
質問者さんの教会のことは、わかんないけど
カトリックなんか
普通の仏教よりもぜーんぜんお金かからないんだけどね(苦笑)
意外とかかるよ、お寺は

たぶん彼の言う「宗教」と
あなたの「宗教」って意味が違うんだと思う…
あ、違うな

彼の中で宗教っていうのは
生活の仕方から何から全部決められてしまうようなものなんじゃないかな…そういうイメージ
で、
お寺のことは
宗教というよりは
おまじないみたいなもんなんだよ、きっと
供養とかやっとかないと...続きを読む

Q生物を食べる生物

は、食べられる生物の命を絶ち、それを食べ、生き、生を繋ぎます。
人間もこの種の生物です。

考えてみなくても、これは残酷な事です。
私やあなたが、他の生物に狩られて、その生命を奪われ、食べられた時を考えると、すぐわかります。

生物は、他の生物の生命を奪って生き永らえます。
残酷な事です。

ただ、果物の木は、自分の一部を実として提供して、子孫を残す事に協力して貰い、同時に他の生物も生かします。
ほかの植物にしても、太陽と、大気と、土中の養分から、自分の身を作り、その命を維持します。
植物は、とても進化していると思います。

皆さんはこの事についてどう思いますか?
他の生物の命を絶って、自分の生を繋げる存在として。

Aベストアンサー

>ただ、果物の木は、自分の一部を実として提供して、子孫を残す事に協力して貰い、同時に他の生物も生かします。

たしかに。
ただ、完全に放置された自然環境の中では、植物同士での生存競争は行われています。
ある木の日陰になったために枯れてやがて朽ち果てる木もある。
身近でも、雑草が生い茂る中、毎年生えていた草花が淘汰されてしまう例はいくらもあります。
顕著になっていないだけであり、本質的に弱肉強食である点では変わらないでしょう。

植物も動物も、そもそもが「自分を活かす」ために生を受けるのであって、また、自分を活かすためには何らかのエネルギーを他者から獲得せざるを得ない仕組みになっているのは明らかだろうと思います。
その意味で、生きとし生けるものはすべて残酷性を秘めていると言わざるを得ないでしょう。

人間界に目を向けた場合も同様で、人間は別に天使でもなんでもありません。
生きるために他の生命を犠牲にする「残酷な」生き物であるのは、ライオンやハイエナと何ら変わらない。
自分の手を汚さないで肉を口にするだけ偽善的な残酷性を保持した生き物だとも言えますね。
むしろ、猛獣たちより質(たち)が悪い。
いずれにせよ、生命をつなぐために残酷であることは必要不可欠なのだという認識は必要です。偽善者になりたくなければ、ですが。

その上での話ですが、人間が純粋な捕食動物と異なるのは、質問者さんのように、食われる側の動物に対する想像力が働く、という点です。
ライオンやハイエナに他者に対する想像力というものは、おそらく働かない。
こうした意味で、人間は本能の壊れた動物だと言えるでしょう。つまり、動物としては極めて不自然な発達を遂げた生き物である、ということ。
と言うか、むしろ本能を一部捨てることによって、代替的に大脳が発達するように進化した生き物である、と言うほうが適切かもしれません。
この大脳、特に前頭葉がどのように発達していくものなのか興味深いと思います。
ともかくも、人間は、そうした矛盾を背負って生きざるを得ない動物なのだ、ということを大前提にした上で、それでもなおかつ他の動物や植物、そして他者としての人間に対して、どこまでの想像力を発揮することができるか。
また、その想像力を梃子にしつつ、背負っている矛盾をどこまで解消していくことができるか、などといった方向に思考が進んでいくようであるなら、現在の、このろくでもない世界より、多少はマシな世界へと変貌できる可能性も見えてくるような気がします。

>ただ、果物の木は、自分の一部を実として提供して、子孫を残す事に協力して貰い、同時に他の生物も生かします。

たしかに。
ただ、完全に放置された自然環境の中では、植物同士での生存競争は行われています。
ある木の日陰になったために枯れてやがて朽ち果てる木もある。
身近でも、雑草が生い茂る中、毎年生えていた草花が淘汰されてしまう例はいくらもあります。
顕著になっていないだけであり、本質的に弱肉強食である点では変わらないでしょう。

植物も動物も、そもそもが「自分を活かす」ために生を...続きを読む

Q「くっそおもんない人生やな〜」 くっそ面白い人生ってどんな人生ですか?

「くっそおもんない人生やな〜」


くっそ面白い人生ってどんな人生ですか?

Aベストアンサー

仕事もうまく行ってて、自分の思い通りの人生。
不満もなく、常に笑いが絶えないような・・・

Q「世界は神が創り、日本は●●が創った。」

東京では、オランダの画家、フェルメール展が開催されています。

オランダは、世界に先駆けていち早く、市民が社会の主役になった国です。
そのことをとてもオランダ国民は誇りに思っているので、
「世界は神が創り、オランダはオランダ人が創った。」
とプライドを込めて豪語しているそうです。

それでは、日本はどうでしょう?
「世界は神が創り、日本は●●が創った。」
の、●●に入る言葉は何だと思いますか?
ご自分の主観でもいいし、大喜利みたいなのでもOKです。

画像はフェルメールの、牛乳を注ぐ女。私がアムステルダムの美術館で見た時に撮った写真です。今は日本に来ています。召使いである牛乳を注ぐ女を、尊厳を込めて描いたこの作品は、市民と堅実な生活を礼賛した、ある種の聖母像という見方もあるそうです。

Aベストアンサー

日本は外国人が作った。


日本という国号ができたのも、天皇という呼称が生まれたのも、当時の百済が滅ぼされて朝鮮半島が唐の勢力圏に入り、次は日本が侵攻されるのではないかという危機感によって生じたものです。この時代、首都を大津に遷都して海から遠ざけたり、貴族が皆して中国風の衣服を着たりして、大騒ぎでした。

鎌倉幕府の末期、元から大量の銅銭が渡来して、悪党と呼ばれる大量の成金が発生。彼らの豊富な資金力は、鎌倉幕府妥当の原動力となりました。

戦国時代、ポルトガル商人と倭寇の商人が伝えた火縄銃は、全国に広まり、刀や弓では決着のつきづらかった膠着状態の勢力争いにケリがつきはじめ、天下統一に繋がりました。

江戸末期のペリー黒船の影響は書くまでもないでしょう。明治時代はロシアとの戦いでした。

Q誰もが嫌がる人気のない仕事って何ですか?

誰もが嫌がる人気のない仕事って何ですか?

Aベストアンサー

モワハラ、パワハラがあるような職場

Qキリスト教について

本場の欧米で教会に行かれた人、もしくはキリスト教を学問として勉強した人に聞きます。客観的に見てキリスト教や聖書、そこで働く人たちについてどう思いますか?信じておられる方でなく、出来るだけ冷静に見られる方に聞きます。キリスト教や教会についての実態について、いい面も悪い面も含めて知ってる人、しゃべってもいい人いませんか?

Aベストアンサー

部外者の立場で見ていて、教会建築や音楽は素晴らしいですし、まったく勧誘の下心なしに、いろいろ参加をさせてくれますし、人々のマナーもとても好もしいですし、私が個人的に関わってきた範囲では、至って好感があります。

でも、信者として育てられた人たちの中に、罪の意識を植えつけられて、仏教に憧れるという人が多いようですね。教え自体によるところが大きいのだと思いますけど、事実を知った人たちはキリスト教が一番、残虐だと彼ら自身が思っているのですよね。これが決定打になって信じる気が失せてしまうのでしょうね。(つまり、現実を知ってる人はキリスト教に限らず宗教というものを信じない方向性があるように思いますが…)

キリストはシッダールタなどとともに賢人だったろうと思っています。しかし、宗教となると…人が集まるところ、とかく問題なしには済まないですね。とくに、昔は未知のものが今よりずっと多かったわけですから。

たまたま最近、読んでいたんですが、1906年に書かれた小説(ヘッセ『車輪の下』〔ドイツ〕)でもすでに、牧師は聖書には間違いや嘘があると言うことになっていて、庶民に敬虔な信者を貫こうとしている人が根強くいるという風に描かれています。

こういう背景がもうとっくの昔からあるわけで、教会関係者はもちろん組織存続のために在り方を見直して、求められる存在になろうと努力をしてきているのでしょう。

部外者の立場で見ていて、教会建築や音楽は素晴らしいですし、まったく勧誘の下心なしに、いろいろ参加をさせてくれますし、人々のマナーもとても好もしいですし、私が個人的に関わってきた範囲では、至って好感があります。

でも、信者として育てられた人たちの中に、罪の意識を植えつけられて、仏教に憧れるという人が多いようですね。教え自体によるところが大きいのだと思いますけど、事実を知った人たちはキリスト教が一番、残虐だと彼ら自身が思っているのですよね。これが決定打になって信じる気が失せて...続きを読む

Q存在論をどう考えますか? 存在性理論から。

存在性理論と言うのは所謂「存在」と言うものが「どの様にして存在しているのか」を明らかにした理論です

それを語るにはまず「存在とは何か」と言う事を問いかけねばなりません。

私は今の学界、哲学界が「存在」とは何だと説明しているのか知りません。何故ならその定義は学者によって違うし

余りに難しく説明する人が多いからです。

存在と言う言葉が今どのように使われているか そこから考えて行きましょう。

一つの流れは人間存在中心主義。我思うに我ありから実存主義などに至る「我れ」の存在論です。

もう一つは科学などで、或いは日常に使う「この部屋には酸素分子が存在していると考えられる」と言う

「ある」と言う意味での存在である。

私は此処で回りくどく説明しなければならない しかしそれではみなさん飽きてしまう

ですからザックリと分かりやすく説明を加えます。

つまりはデカルトから始まる「我れ」と言う存在は精神の事であり 精神とは心の事であり、心理学が究明する世界でもあります。

その掴み所のない精神をこねくり回しても 灯台下暗しでいまだに分からない。

私はその様な哲学界を背に「では 精神は何で出来ているのか?」と考えてみた。つまり精神の成分である。

精神は言葉で出来ているのか シナプスの伝達物質で出来ているのか 脳波で出来ているのか・・・・・

何だろうと考えた。結果 精神は様々なエネルギー(質量も含む)の持つ「性質」で出来ていると言う結論に当たって説明が付いた。

つまり人間の体がCHINOPS系で出来てDNAによって秩序立ってる様に 人間の心は様々なエネルギーの持つ性質で出来ており

その性質の反応、作用、相互作用で出来ている。自我(自己)を中心として主体化した性質の秩序立った反応、学習、思考によって

精神は誕生する。人間の脳を中心とした内面と人間が感じる外面と人間の持つ愛と理性で精神は出来ている。欲望や本能も影響する。

と言う事です。

ここから言える事はデカルトから実存主義までの「我」は実はどのようなエネルギー、物質の持つ質量も持つ「性質」がその正体だった

と言う事です。分かりやすく言うと 酸素分子の持つ性質も精神を構成する性質の一つと言う事である。

唯物論で言う「性質」も唯心論でいう「精神」も同じ質のものだったのです。

そこで私は存在を定義しました 随分前にですが。存在とは(個性ある)性質を持ったエネルギー(質量を含む)と言う事になります。

これはまだ存在性理論のほんの入り口ですが 後、進化論の普遍性やエントロピーの増大・安定・減少を論じ存在性と言う性質の働き

を論じて行かなければなりません。それを書いた、やや長いHPが此処にあります↓

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yuniko37/

これをざっと読んで間違っているところを指摘して下さい。何処に間違えがあるでしょうか?

存在性理論と言うのは所謂「存在」と言うものが「どの様にして存在しているのか」を明らかにした理論です

それを語るにはまず「存在とは何か」と言う事を問いかけねばなりません。

私は今の学界、哲学界が「存在」とは何だと説明しているのか知りません。何故ならその定義は学者によって違うし

余りに難しく説明する人が多いからです。

存在と言う言葉が今どのように使われているか そこから考えて行きましょう。

一つの流れは人間存在中心主義。我思うに我ありから実存主義などに至る「我れ」の...続きを読む

Aベストアンサー

https://www.youtube.com/watch?v=xGficZ-CAUI&list=PL1yfjZppO7NRfKzVKmFYNz7Tc6icO26jQ&index=2

色々分かりました、ハルさんのことも。

私もこの歌は好きです。アグネスは本当に心を込めて歌っているように思います。
だから、この詩は彼女の本心でもあるのでしょう。彼女は純粋で頭のいい人だと思
います。ただ、正直言うと、あんまり好きなタイプではありませんでした(笑)。

彼女のことを偽善者扱いしている人達がいることを知っています。
また、山本伸一の詩がいくつか提供されているということからも、創価学会と中国
韓国あるいは北朝鮮との特別な関係を指摘する声がネット上でたくさんあることも
もちろん知っています。

確たる根拠のない連想ゲーム的邪推であると私は思います。新興宗教が金儲け以外
の目的があるわけがないという固定観念の上に立った連想的思考ですね。

何事もキチンと認識しないといけないとつくづく思う今日この頃です。アグネスに
対する私の認識もある種の固定観念に囚われていたようです。何故そう思ったかと
言えばよく知らないで評価していたことが分かったからです。

ハルさんが主張する、平和、人権、極めて大切であるにもかかわらず、人々は何故か
その正確な認識に戸惑っているように思えてなりませんでした。様々な思惑が社会に
渦巻いているからだと思います。

人類の平和と幸福の為に、その一点においては少なくとも連帯すべきです。そのため
にも、つまらない固定観念は一つづつ捨てていかなくてはいけませんね。

https://www.youtube.com/watch?v=xGficZ-CAUI&list=PL1yfjZppO7NRfKzVKmFYNz7Tc6icO26jQ&index=2

色々分かりました、ハルさんのことも。

私もこの歌は好きです。アグネスは本当に心を込めて歌っているように思います。
だから、この詩は彼女の本心でもあるのでしょう。彼女は純粋で頭のいい人だと思
います。ただ、正直言うと、あんまり好きなタイプではありませんでした(笑)。

彼女のことを偽善者扱いしている人達がいることを知っています。
また、山本伸一の詩がいくつか提供されているということからも、...続きを読む

Q絶対的に正しいことを定義してみました。

絶対的に正しいことを演繹的に定義してみました。

私たちは「大切なものを守ることは正しい」と感じます。(うん、そりゃみんなそう思うね)
では「最も何よりも大切なものを守ることは最も何よりも正しいとなる(まあ、当然そうなるな)

では「群れにとって最も何よりも抜群に大切なものは群れの命でしょう」(まあ、そりゃ~、そうだろうな)
それでは「最も何よりも大切な群れの命を守ることは最も何よりも正しい」となります。(そうなるね)
逆から言えば「何よりも抜群に最高に正しいことは群れの命を守ることである」となる。(そりゃ~そうだろう)

つまりその群れにとって、「絶対的に、何よりも最高に正しいことは群れの保存、存続である」と言うことが導かれる。
結論、その群れにとって、何よりも、絶対的に、最高に正しいことは群れの存続、群れ社会の安寧秩序を守ることである、となった。

私は哲学は素人なもので、どこか間違っていないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>詳しくは下記のリンクを覗いてください。絶対善を定義していますから。読まれましたら、コメントください。

読みました。

例えばイギリス人が、物事の正しさを問う時は、「何が正しいかは、歴史に答えがある。」として、歴史の知見で正しさを考えます。(半分ステレオタイプです。)

例えばムスリムが、物事の正しさを問う時は、「何が正しいかは、コーランやハディースに答えがある。」として、コーランやハディースを出典にして正しさを考えます。(意外とステレオタイプではありません。)



私がミスリードしたのかもしれませんが、あなたの文章は、「僕の考えた絶対に正しい事」を主張しているだけにしか思えませんでした。また、「絶対」と言う言葉は、他人からは胡散臭く聞こえるので私はあまり使いません。

Q昔は一神教であったが、多神教に変わった、という国(民族)は、ありますか?

宗教は、一神教と多神教に分けられますね。
私は、各地で、古くは多神教あったが、次第に一紳教に変わった(征服された)ような気がします。
ところで、昔は一神教であったが、多神教に変わった、という国(民族)は、ありますか?

Aベストアンサー

インドです。
ムガール帝国の時代はイスラム教が信じられていましたが、現在はヒンドウゥー教を信仰する国となっています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較