あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

確定拠出年金(以下年金)を投資信託(以下商品)で運用しています。
ちなみに投資信託はそれ迄はやったことがありませんでした。
日経平均株価(以下日経)や為替レートを目安にスイッチングしたりして、今年の1月時点で
利益が400万円近くになりました。その時の日経は24000円強で、商品の価格はそれより
2000円以上高かったです。
しかし、いつからか商品の価格が逆に日経の1000円以上も安くなっており
更に昨今の株安も加わってで利益が300万円近く目減りしてしまいました。
日経と商品の価格関係が1月の状態なら150万円の目減りで済んでたはずです。
価格差が逆になった理由は何が考えられるでしょうか。全体にそんな傾向なんでしょうか。
今持ってる商品自体の問題(運用が下手とか)なんでしょうか。

A 回答 (1件)

投資信託にはいろいろなものがあるので、


具体的な商品名が分からないとなんとも言えません。

日経平均の単純な連動ならば、配当金と連動して
分配金などを出したことも考えられます。
海外のものならば、為替変動に影響したりします。

いかがでしょう?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨日ゆうちょ銀行の定額貯金満期の手続きに行くと、投資信託を勧められて、今はそういう時代なのかと自分な

昨日ゆうちょ銀行の定額貯金満期の手続きに行くと、投資信託を勧められて、今はそういう時代なのかと自分なりに解釈して、全額申し込んてしまいました。
スマート ファイブ(一年決算型)です。
しかし家に帰り調べたら評判が悪く、よく考えたら、なんて安易なことをしてしまったのかと、激しく後悔しました。無知な自分の愚かさを責めて、気持ちは沈み身体の具合も悪くなりました。
投資信託にお詳しい方や、スマートファイブをやられてる方にお聞きしたいのですが、高い手数料を捨てても解約するべきか、持っておくべきか、アドバイスいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

きちんと理解している人は、まあ
肯定的な回答ですよね。

私もそう思います。

無難な商品ですよ。どちらかと言えば、
ローリスク・ローリターンの商品です。

分かっていない人ほど無闇に否定します。
また、購入時期としては、幸い比較的
良い時期でした。

これを機に中身の理解に努め、投資や
経済の知識を深めましょう。

惜しむらくは、
①手数料が高いですね。2%もあります。
 同等の商品で手数料なしのものも
 あります。

②ゆうちょ銀行で買ったのもいまひとつ。
 ネット証券会社などの方が
 優遇措置がいろいろあります。

③この商品は景気が良い時にさえない
 商品と言えるでしょう。

 現状のように米国の景気が良く、
 米ドルの利上げが続いている間は
 ほうっておいた方がよいです。

 現状では半分近くが日本国債なので
 『利上げ』が燻っていると下り坂
 なのですが、坂も緩やかだし、
 長期でみれば、戻ります。

 つまり、パフォーマンスが低く、
 のらりくらりなので、 投資を
 賭け事だと勘違いしている輩の
 評判が悪いのでしょう。

感覚的には、東京オリンピック以降
まで長持ちするつもりでいて下さい。

約定した時の基準価額と2%の手数料を
元に、基準価額がどこまで上がれば、
プラスになるのかも、おさえておいて
下さい。
といったあたりをまず理解できるよう
にして下さい。

参考
http://www.nikkoam.com/files/fund_pdf/642053/file/m_smartfive.pdf

きちんと理解している人は、まあ
肯定的な回答ですよね。

私もそう思います。

無難な商品ですよ。どちらかと言えば、
ローリスク・ローリターンの商品です。

分かっていない人ほど無闇に否定します。
また、購入時期としては、幸い比較的
良い時期でした。

これを機に中身の理解に努め、投資や
経済の知識を深めましょう。

惜しむらくは、
①手数料が高いですね。2%もあります。
 同等の商品で手数料なしのものも
 あります。

②ゆうちょ銀行で買ったのもいまひとつ。
 ネット証券会社などの方が
 優遇措...続きを読む

Q1960年生まれの年金開始の年齢は?

1960年生まれ58歳のの会社員ですが、

今週号の週刊ポストに1960年生まれの

人は年金を貰える年齢が65歳から68歳に

この数年で延ばされるだろうと書いて

ありました。

まさかわすか、数年後の事も延ばされるのかと

おどろきましたが本当でしょうか?

よくご存じのかた、教えて下さい。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

週刊ポストですか~A^^;)
デマの何物でもないですね。
こと年金については昔からそうです。
タチの悪いデタラメな煽り記事を
書いて高齢者の購買部数を稼ごうと
しでいるだけです。
芸能人の噂記事レベルです。

下記をみれば分かるように、
私もそうですが、昭和35年生まれは
★特別支給の厚生年金が受給できる
世代なのです。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html

つまり、これでやっと60→65歳に
年金受給開始年齢を下げる制度を
20年かけて完了するということです。

その後をどうするか?
を検討しているということです。

とうことで、私もそうですが、
昭和35年生まれが、64歳から
特別支給を受給できるのは、
間違いないし、もちろん65歳
受給開始も変わりません。

強いて言えば、繰下げ受給の
優遇制度を強化ぐらいはする
かもしれません。
それに合わせて在職老齢年金制度の
撤廃も考慮されるでしょう。
実際に検討されています。

それよりも実施される可能性が高いのは、
106万の壁が、2020年に
★82万の壁になる
ということでしょう。
社会保険の加入条件が緩和(?)され、
パートやアルバイトでも厚生年金に
加入することになり、これまでの
社会保険の扶養の恩恵にあやかれない
主婦が増え、主婦もフリーターも、
そして外国人労働者も、厚生年金保険料
をしっかり払うようになる。
ということです。

なぜか、これには全く反応が薄いです。
社会保険の扶養、年金の制度で言うと、
第3号被保険者の制度は確実に廃止の
方向に向かっている。ということです。

106万の壁の時もなんの抵抗もなく、
法案も、野党の抵抗など全くなく、
サラっととおり、導入され、
国民年金の加入者や未納者が減り、
厚生年金の加入者が増え、収入が
増えています。

こうやって年金の財源は少しずつ
確保されているわけです。

話を戻すと、
2035年頃、現在の65歳の支給開始
年齢の引き上げが終わってから
次の引き上げ制度が導入され、
68歳まで時間をかけて引き上げ、
かつ繰下げ受給の優遇強化を図る
といった方向で検討されると考える
のが、妥当でしょう。

ということで、
ご質問の内容が週刊誌の内容だとしたら、
デマであり、発行部数を稼ぐための
『いつもの煽り記事』ということです。

まんまとひっかかりましたね。A^^;)

週刊ポストですか~A^^;)
デマの何物でもないですね。
こと年金については昔からそうです。
タチの悪いデタラメな煽り記事を
書いて高齢者の購買部数を稼ごうと
しでいるだけです。
芸能人の噂記事レベルです。

下記をみれば分かるように、
私もそうですが、昭和35年生まれは
★特別支給の厚生年金が受給できる
世代なのです。
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html

つまり、これでやっと60→65歳に
年金受給開始年齢を下げる制度を
20年かけて完了するということで...続きを読む

Q投資信託NISAの非課税枠で年間120万×5年間は最大600万、積み立NISAは年間40万×20年は

投資信託NISAの非課税枠で年間120万×5年間は最大600万、積み立NISAは年間40万×20年は最大800万とありますがどういう意味菜なのでしょうか?あと5年後、20年たったらどうなるのでしょうか?
投資信託始めようと思っている全くの素人なので分かりやすく教えてもらえないでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>どういう意味菜なのでしょうか
年に120万、40万の枠まで投資額なら、
その元手で得られる利益には、税金が
かからない(非課税)という意味です。

投資信託で言えば、1年間で
基準価額10,000円の投資信託の銘柄を
NISAでは、120万口
積立NISAでは、40万口
(口数は×1万で表現する決まりです)
まで、購入できる枠ということです。
1銘柄だけでなく、株も含めて何種類も
購入できます。

また、儲けが出たから、年内に売却して
しまうと、その枠を再度利用することは
できません。
これがNISAの使いにくさ、デメリット
となります。

>5年後、20年たったらどうなる
>のでしょうか?
どういう意味で、どうなるか?
を訊いているのか分かりませんが、
NISA自体の制度ということなら、
明確にはなっていません。

▲NISA制度が終わってしまった場合
その時点で持ち続けているものは、
特定口座、一般口座へ銘柄が移管
されることになります。
それまでの『儲け』は非課税ですが、
移管後の『儲け』には課税されます。

●NISA制度が継続される場合
ロールオーバーという仕組みが
利用できます。例えばNISAなら、
5年経過した分(1年目)を、そのまま
6年目のNISA枠に移管することが
できます。
その場合、6年目の枠は使うことに
なってしまうので、儲けも含めて
120万を超えていれば、6年目の増額は
できないことになります。
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_nisa&cat1=nisa&cat2=nisa&dir=nisa&file=nisa_rollover.html

ですから、
★120万×5年分=600万が
★投資の元手の最大枠
というわけです。

どうでしょう。
ご理解いただけたでしょうか?

参考
https://site0.sbisec.co.jp/marble/nisa/top.do?

>どういう意味菜なのでしょうか
年に120万、40万の枠まで投資額なら、
その元手で得られる利益には、税金が
かからない(非課税)という意味です。

投資信託で言えば、1年間で
基準価額10,000円の投資信託の銘柄を
NISAでは、120万口
積立NISAでは、40万口
(口数は×1万で表現する決まりです)
まで、購入できる枠ということです。
1銘柄だけでなく、株も含めて何種類も
購入できます。

また、儲けが出たから、年内に売却して
しまうと、その枠を再度利用することは
できません。
これがNISAの使いにくさ、デメリッ...続きを読む

QiDeco、積み立てNISA元本割れ

老後の年金が不安になってきたのでiDecoと積み立てNISAに申し込もうと思います。マネックス証券に既に口座があるので加入しようとしたら色んな商品がありました。しかも投資信託と書いてあります。節税ができるのは確かでしょうが、実際60才になって受け取る金額が元本割れになってる可能性はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

NISAは損失があると節税はできません。
利益に税金がかからないだけです。

>実際60才になって受け取る金額が
>元本割れになってる可能性はあるん
>でしょうか?
もちろんあります。
iDeCoでも、定期預金、個人年金等の
商品選択もありますが、その場合でも
元本割れはありますよ。
口座管理手数料をとられますから。

iDeCo、NISAに限らず、
各金融商品や制度、経済状況を理解
しないまま、やるならば、
例えば、定期預金でも将来損をする
ことになりかねません。

定期預金なら、元本保証で安心。
というのは、誤解です。
積立てたお金が20年後に2000万
あっても、物価が2倍になっていたら、
1000万の価値になり、5年分の生活費
と計画していたのものが、2年半しか
もたない、ということになりかねません。

よくご検討下さい。

QNISA口座における株の売買について

確認なのですが、NISA口座を使うと制度的に株を売ることがができなくなってしまうことはあるのでしょか?

Aベストアンサー

つみたて NISA と異なり、NISA は個別株の運用ができます。

個別株であれば、各企業の IR 内容によってはストップ安状態になる事があり、そうなってしまったら株は(数日間は)売却できません。また投資先企業が上場廃止になった場合、市場での売却ができません。

そういうレアケースを除いて、普通に投資していたら売買には何も制約がありません。
もし今から投資を始めるなら、つみたて NISA と投資信託の組み合わせが良いのではないかなと思います。

Q今、日本株は買い?

日経平均株価が大きく下がってますね。銀行の人から「今が今年の底だから日本株投信買ったほうがいいですよ。」と勧められました。
(底の根拠は分かりませんが)
これだけ株価が動いてても、買ったほうがいいですか?

Aベストアンサー

そのセールストークの時点でダメです。

どこが今年の底とか天井とか、そんなことはわかりません。結果的にそうかもしれませんが、別に根拠があって
言ったことではなく、単に大きく下落した時のセールストークというだけです。

一般論で言えば、株価が大きく下落、それも特に個別銘柄がということでなく、全体が大きく下落した時は買いの
チャンスではあります。銘柄によってはここから分割して買い下がるようなスタンスは悪くないかなとは思います。

ただ、一般的な銀行で販売しているようなオープンの投資信託は短期の株価の大きな動きに対応して利益があげられ
るようなものではありません。ETFという株式のように時価で売買できる商品の場合は可能なことがありますが。

かつ、一般に、銀行で売られている投資信託は当初の販売手数料が高く(3.24%とか)、信託報酬も高い高コスト
の商品が多く、同じ投資信託でもネット証券で買った方がコストが安い場合もあります。

株価が大きく動いているということと、買ったほうがいいかどうかは基本的には関係がありません。

投資信託を買うのであればコストの安い金融機関を利用されることをおすすめします。

そのセールストークの時点でダメです。

どこが今年の底とか天井とか、そんなことはわかりません。結果的にそうかもしれませんが、別に根拠があって
言ったことではなく、単に大きく下落した時のセールストークというだけです。

一般論で言えば、株価が大きく下落、それも特に個別銘柄がということでなく、全体が大きく下落した時は買いの
チャンスではあります。銘柄によってはここから分割して買い下がるようなスタンスは悪くないかなとは思います。

ただ、一般的な銀行で販売しているようなオープンの投資信...続きを読む

Q投資信託をしようと思い雑誌など読んでいますがドルコスト方とかで積み立てするのが良いと書いてありますが

投資信託をしようと思い雑誌など読んでいますがドルコスト方とかで積み立てするのが良いと書いてありますが、たとえば1日100円ずつ、1ヶ月3000円ずつ、1年36000ずつ10年積み立てした場合、投資した資金は同じなので損益も同じになるのでしょうか?
バカな質問ですいません。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

支払い方式の比較は、商品価格が上下変動している場合を例にとっているので、
この例自体が現実的ではありません。
結局は、10年後の商品価格が大きく影響をするので、注意が必要です。
なお、10年かけた分の利子も問題です。定期的な配当額にも注意してください。

Q投資信託始めようと本や雑誌など見て思うのですがよくs&p500との比較のグラフが出てきて近かったら良

投資信託始めようと本や雑誌など見て思うのですがよくs&p500との比較のグラフが出てきて近かったら良いとか書いてありますが、だったらS&P500に投資すればいいのでは?偉大な投資家バフェット氏も言っているのに本や雑誌ではあまりお薦めしてないのはなぜでしょう?

Aベストアンサー

>10年以上の投資であればS&P500のインデックスファンドに投資したほうが間違いないないでしょうか。
別に悪い選択であるとは思わないですが、投資ですから、間違いがないかどうかはわからないですね。
逆に言うと、投資で「間違いがない」とか「絶対」とか言われたら、それはよく言って眉唾、悪い場合は詐欺かと思います。

Q証券口座にマイナンバーを登録しない場合

どうなるのでしょうか?
楽天証券のQ&Aでは、
以下の通りになっています。

Q)マイナンバーの登録をしない場合、取引に制限がかかりますか
A)現時点では、特段の制限がかからないこととなっておりますが、ご登録は義務になっておりますので、なるべくお早めにご登録をお願いいたします

とあります。
この文章を解釈する限り、
マイナンバー登録は義務だが、
登録しなくても今まで通り問題なく売買できる。
となるのですが・・・

実際のところどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

現在においては、マイナンバー登録は義務ではなく、断ることができ、
これを理由に不利な扱いを禁止しています。
これは、会社や自治体、銀行、その他関係機関も含めてです。
なお、収集側は、「提供側が拒否している」という記録が必要になっています。
ご参考まで。

Q証券の相続で現金化して皆で分けたい。証券売る時に税金は?

4人での相続で、トータル金額は非課税内に入ってます。資産の中に株式等の証券があった為、私が代表して口座を作り、一旦証券を引き取り現金化して皆に配る事にしました。この時、私だけが証券を売って手に入れた現金に課税されてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>私が代表して口座を作り、
>一旦証券を引き取り現金化して
>皆に配る事にしました。
『相続』として、そのやり方は
『代償分割』になります。

遺産分割協議で、あなたが株を
もらって、それを売って現金化し、
★代償分割することを明記する
必要があります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4173.htm

不動産を売って、現金化してみんなで
分けるのと同じことです。

そうしないと、あなたが株を受け取って
現金化して、他の相続人に渡すつもりで
いても、ただの『贈与』とみなされて
高額な贈与税を課税させられる可能性があります。ご注意下さい。

以下の例で説明すると、
①被相続人の購入時:3000万
②相続発生時評価額:4000万
③売却時の評価額 :5000万
④売却時の譲渡所得:2000万
⑤④に対する課税額:400万(概算)
⑥株売却の手取額 :4600万

相続税の対象となる金額は②4000万
売却による利益は③-①=2000万
となり、
2000万の譲渡所得の課税額は、
20%の400万となります。

これを
②の金額から具体的金額で分割するか、
③を割合で分割するかどうかによります。

相続人が2人で、
売却時の評価額の1/2に分けるなら、
③×1/2=2500万の売却額で
④×1/2=1000万が譲渡所得で
⑤×1/2=200万が20%の納税額なので、
③-⑤=2300万ずつ分ける。
ということになります。

税金は代償分割を引き受けたあなたが
400万払うわけですから、もうひとりの
相続人には、200万引いた2300万を
渡せばよいのです。

相続時の評価額で、いくら現金を渡す
と決めてしまうと、後でトラブルに
なりやすいです。

逆に
②で4000万だったのに、
③で3000万になってしまった。
なんて場合、
それでも2000万をもうひとりに
渡すとなったら、あなたが損を
してしまうことになります。

ということで、まとめると
⑩代償分割として遺産分割協議に
 明記すること。

⑪分割方法は割合で決めておくのが
 望ましい。

⑫発生する利益に対する税金は、
 あなたが払い、
★その分を引いて他の相続人に
 分配すればよい。
となります。

いかがでしょうか?

>私が代表して口座を作り、
>一旦証券を引き取り現金化して
>皆に配る事にしました。
『相続』として、そのやり方は
『代償分割』になります。

遺産分割協議で、あなたが株を
もらって、それを売って現金化し、
★代償分割することを明記する
必要があります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4173.htm

不動産を売って、現金化してみんなで
分けるのと同じことです。

そうしないと、あなたが株を受け取って
現金化して、他の相続人に渡すつもりで
いても、ただの『贈与』とみなされ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング