人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

保障と貯蓄という観点から、生命保険を検討中です。
低解約返戻型の終身保険にしようと思っていますが、
これは支払い終了後に返戻金がグンと上がるので、
資産運用という点からはとてもいいと思っていました。
が・・この場合のデメリットとして、支払い終了までは
解約すると損するということで、15年や20年の間、解約が
できない。つまりお金がすぐ使えないということですよね。
その場合、次の点が困るかなと、思っています。

(1)これから住宅購入の予定があるのですが、貯金が貯まり次第、ローンの繰上げ返済した方が得ではないか
(2)保険会社が破綻しそうになった場合、すぐ解約できる方がいいのではないか


それで、低解約返戻型ではない、普通の終身保険というのは、何年くらいで返戻率が100%になるのでしょうか。
ちなみに被保険者になる夫は40歳です。
年齢からしても保険料は高くなるでしょうが、
短期間で解約する融通が利くお金も半分確保して、
半分は低解約返戻型で貯蓄を増やして、という方法がいいのではと考えてます。
なかなか解約返戻率の設計書などは、保険会社の営業担当さんにお願いしないと出してもらえないので、検討しようがなくて困っています。
私が一番望んでいるのは元本割れしない保険なので、そのような商品があれば教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そうです。

 一時払いの場合、解約しなければ解約返戻金は増え続けていきます。
例えば60歳時では約112%、70歳時では約120%、80歳時では約126%って感じです。
この解約返戻金を原資に年金として受け取ることも可能だったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/13 01:02

<#2のお礼より>


>一時払いで4年後100%、というのは、大体どの商品でもそうなのでしょうか。これは保険会社に設計書を出してもらわないと、やはりわからないことなのでしょうか。
おそらくどこの保険会社も似たような結果になると思われます。 当然ですが解約返戻金を絡めた話になると保険会社もしくは代理店にお問い合わせされる必要はありますので、その努力は惜しんではいけないでしょうね。 念の為言っておきますが、その際特約等(定期保険・入院etc.)を除いた保障内容でお問い合わせされるとよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。代理店などに聞いてみようと思います。もうひとつ、もしご存知でしたらアドバイスを頂けたらありがたいのですが、例えば4年後に解約金が100%に達したとして、その後は解約しないでおけば返戻金は増えていくのでしょうか。そうだとしたら、かなり効率のよい資産運用・・のような気がするのですが。

お礼日時:2004/11/12 04:29

保険料を分割で(月払等)で支払う場合を前提ですが、払い込み終了までに解約の場合は元本割れします。



短期で解約する可能性があるのででしたら、
終身保険を一時払いすると3~4年以降で解約しても元本割れしません。

低解約型の場合は最低15年の支払い期間があります。

保険を貯蓄代わりに使う場合は、そのお金の使用目的を考える必要があると思いますす。その保険を販売してある方に聞かれれば、シュミレーションも出来ると思いますし、目的に合わない保険に無理やり入らされる可能性は低いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。低解約型は最低が15年なんですね。やっぱりこれはギャンブルになるな、と改めて思いました。#2の方にもお聞きしましたが、一時払いで解約率100%に達したあとは、返戻金は増えていくのでしょうか。もし何かご存知でしたら教えてください。

お礼日時:2004/11/12 04:43

40歳加入で60歳払込終了の終身保険で払込終了時で解約返戻金が100%以上になるものは、ありますよ。

(低解約返戻型でないもので)
非喫煙割引なんかを組合わせるともっと、いいですね。

外資系、ひらがな生保がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほど、非喫煙割引などで保険料を抑えることができますね。

お礼日時:2004/11/12 04:45

元保険外交員です。


まず、終身保険で支払金額以上の解約金がもらえるということはないと思います。終身保障のみで、定期特約や入院保障など何もつけてなければ、支払金額に近い額はもらえるかもしれませんが、それでも、たぶん無理だと思います。
それに、保険で貯蓄を求めるのは無謀ともいえるかもしれません。元本割れしない保険というのは、必ず満期まで待たないといけません。終身保険で100%もまずないと思っていた方がいいと思います。
元本割れしない保険では一般的に養老保険がありますが、保障も求めるのであればかなり保険料は高額になってしまいます。
住宅購入の予定があるのであれば、保険は保障を求めるだけにして、安い掛け捨てにして家計に余裕を作り、その分を金融機関(口座)に貯蓄するのが一番だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。確かに保険と貯蓄は別だという考え方が一般的だとは思いますが、実際に老後のための資金を作るには、銀行預金などでは足りないのです。その上保障を掛け捨てで買っていくと、どんどん貯金は減っていきます。だからそのために「保障を買いながら貯蓄もする」方法として、低解約返戻型の保険を利用するつもりなのです。でもだからこそ破綻が一番怖いのですが・・。yukimusiさんの仰るように、保険料はかなり高額になることは承知の上です。でもなかなか早期に解約率100%に近づくものはないということなら、普通の保険で貯蓄を考えるのは、再検討した方が良さそうですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/11/11 23:55

>普通の終身保険というのは、何年くらいで返戻率が100%になるのでしょうか。


払込方法と払込期間によって変わってきます。
例えば60歳払込満了の月払いでは66歳くらいから100%を超えます。 同じく65歳払込満了では71歳くらいから、また70歳払込満了では77歳くらいから100%を超えます。
(終身払いでは100%を超えることはありません)
保険会社によって若干違うかもしれませんが、概ねのところは同じだと思われて支障はないように思います。
ちなみに一時払いだと44歳(4年後)に100%を超えます。

※ 今の時代では月払いの場合で払込期間中に解約返戻金が100%を超える終身保険はないかもしれませんね。 変額終身保険ではそのような場合もありうるが、運用実績がが悪ければ逆効果になるリスクもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になるアドバイスありがとうございます。
確かに月払いでは考えてなく、年払い、もしくは一時払いで少しでも有利にしたいと考えてます。
一時払いで4年後100%、というのは、大体どの商品でもそうなのでしょうか。これは保険会社に設計書を出してもらわないと、やはりわからないことなのでしょうか。

お礼日時:2004/11/11 23:37

今の金利情勢から言ったら解約元本割れは確実、満期100%以上も危ないよ、保険は貯蓄とは違うよ掛け金より減ってもしかたないよ、低掛け金でも万が一の時保証してるからね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q終身保険の解約返戻金について

かんぽの終身保険の解約返戻金について教えて下さい。
かんぽの保険は民間よりも割が悪いと聞きましたが本当でしょうか?
すでに10年支払い終了の分があり、すでに払い込みは終わっています。
昭和62年から10年間掛けた分と平成10年から平成21年まで掛けた分の二つです。
解約した場合の返戻金の戻り率などが分かりましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般生保と比べてかんぽの返戻率が良いか悪いかは一概には言えませんが、かんぽの場合は医療特約などを付けている場合が多いですので、その分は悪くなる可能性があります。
(基本的に医療特約の保険料は掛け捨てになるため)
また、同じ商品でも契約した時期によって予定利率が異なるので、それに連れて解約返戻率も違ってきます。
あと、かんぽの場合は死亡保障を2倍や5倍などと大きくした商品もありますので、その倍率が大きいと基本的には解約返戻率は下がる傾向があります。
個別具体的な契約内容を知る方法は、かんぽに直接聞く以外にありません。
証券と身分証明書を持って郵便局の窓口に行けば教えてくれるはずです。

Q終身保険の満期保険金は受け取れる?

ある方が昭和53年に加入した終身保険の満期を昨年迎えました。彼は25年間きちんと保険料を払っていましたが満期保険金は支払った保険料の3分の1だけでした。日本の大手と思われている生保会社です。私も違う日本の保険会社の終身保険に昭和63年に加入しています。保険料は30年間支払い、30年後一時金として受け取るか、年金として受け取る事を選択できます。家族がいないので死亡保険も要らないので解約も考えますが損な気がします。しかし先に述べた方の例を考えるとこの先保険料を払い続けても結局損ではと不安です。実際の所私の保険会社が破綻しないとしても加入30年後の1時金は払った保険料を下回る可能性が高いのでしょうか?契約時の約束では支払い保険料プラス50万円程度と言う話です。

Aベストアンサー

ご質問についてですが、そもそも終身保険に満期はありませんよ! それは解約した時に戻る“解約返戻金”を原資にした年金受け取りの変更か一時金でもらう、ただの解約の間違えと思うのですが・・。

ちなみに、特約など多種の保障が無く終身保険単体のご契約であれば、払込期間中に保険料が引き落とされなく“立替”にまわっていたり、一時的な資金が必要で“貸付”などを受けていなければほぼ、払込保険料と同額か期間によっては払込保険料を上回るでしょう!

Qかんぽ生命保険!解約した方が良いでしょうか?

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです、その他色々な病気の種類で40倍まで、様々だそうです)
※「死亡時」
 これに関しては、変な書き方かも知れませんが、自分がいなくなってしまうので、あまり気にしてはいません。
(お金に関して、せこい意味ではなく、家族構成の問題からです)

★毎月 18420円支払っています。
★満期が「平成33年 3月」です
(自分の年齢から計算すると・・あと151ヶ月支払います)
★つまり、来月からの合計の「支払額」は
18420円×151ヶ月= 278万1420円です。
★満了時(積み立てなので300万返って来るそうです)
★ちなみに・・今、解約した場合は・・59万1808円戻るそうです。
★つまり・・満了まで支払う合計額と、今現在解約して戻る額を比べてきた場合「21万8580円」少ないのです。
この先、入院、手術をしたとしても、上記の金額しか保障が無いのであれば、また、がん保険は無いとの事なので、
自分としては「解約」して、自分に合った「保険」の自分に必要だと思われる「契約内容」「支払う金額」「保障される金額」を今一度考え、新たな保険に加入した方が良いと思うのですが・・。
どう思われますか?
ちなみに「三井生命」の保険にも入っているため、そちらの方の「契約内容」を今一度確認した上でのことなのですが・・。

どう思われますか?
是非、ご意見、アドバイスを頂ければ・・と思っています!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです...続きを読む

Aベストアンサー

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、死亡保障などの特約としてつける場合は、基本的に5日目からしか支給されません。
そのため、医療保障がご不安でしたら、医療保険単体の一日目から保障される保険のほうが安心ですし、死亡保険金を気にされていないなら
必ずしも養老保険という形態をとらずに、個人年金でも貯金でも良いと思います。現在では、解約返戻率が100%を超える終身保険も登場していますが、一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をすることもあります。貯蓄の流動性(すぐに現金として手元に戻せる)を考えれば貯蓄と保険を別個に考えられることも大切かもしれません。ただし、掛けかえるのであれば新しい保険が成立してから解約しましょう。

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、...続きを読む

Q終身保険60歳払込後のコース選択の判断は

終身保険の払込が終わり、満期後のコース選択の案内がきました。
一生涯1千万の死亡保障又は 一括受け取り400万
10年確定年金年約50万 5年確定94万 
10年保証期間附き終身保険32万です。
現在60歳1年間の契約で働いています。(月20万ほど)
コースを選ぶポイントは何でしょうか。
判断が付きかねています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険業に従事しているものではありませんが、参考にしてください。

結構有利なまた良い財産を得ましたね。
まずたぶん支払は400万近いと思いますが、400万で1000万の終身が買えたことが、デフレの現在ラキーです。今1000万の終身を一時金で買うとしても、たぶん800万前後必要と思います。
保険会社にしてみれば、あなたがここで、一括受取400万円のコースが年金の選択をしてくれることを望みます。(あなたの保険はたぶん漢字名の付く保険会社だと思いますが。)
(1)一番保険会社が不利であなたが有利な選択。
 そのまま死亡時までなにもしないこと。(85歳死亡と仮定)
 上記保険は実質非課税で約3%に増えていく定期預金と一緒です。
 途中で急激がインフレが来れば、不利ですが、ゆるやかなインフレだ と全く問題ありません。(今はデフレ状態)
(2)2番目に保険会社が不利であなたが有利な選択。
 年金に転換するならなるべく遅く10年か5年確定を75歳~80歳 で開始すること(保険会社に確認)遅らせるぶん、金額が3%では増えませんが、1.5%前後くらいでは増えていくはず。(しかも死亡保障つき)
 今年金に転換してくれれば死亡保障金を外せるのですから、なにせ死亡率は70歳以降急激に上昇していきますので。
いずれにしても一時金や60歳からの年金を選ばせようと会社は必至なのです。
終身保険は会社の規定によりバラツキがあるので担当者から説明を受けて有利に利用したいものです。
保険の選択も財テクです。

保険業に従事しているものではありませんが、参考にしてください。

結構有利なまた良い財産を得ましたね。
まずたぶん支払は400万近いと思いますが、400万で1000万の終身が買えたことが、デフレの現在ラキーです。今1000万の終身を一時金で買うとしても、たぶん800万前後必要と思います。
保険会社にしてみれば、あなたがここで、一括受取400万円のコースが年金の選択をしてくれることを望みます。(あなたの保険はたぶん漢字名の付く保険会社だと思いますが。)
(1)一番保険会社が不利...続きを読む


人気Q&Aランキング