プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

15世紀にモンゴルと結んでロシアを統一した国はどこですか?

A 回答 (1件)

15世紀のモスクワ大公国は、ルーシ内の諸公国や、リトアニア大公国と戦いながらルーシ(ロシアの前)に勢力拡大した。



イヴァン3世が1480年にキプチャク・ハン国(モンゴルの一部で、ティムールに敗れて没落後は分裂した)から独立し、北西ルーシの強国ノヴゴロド公国を併合し、ルーシ北部をほぼ統一した。
更に、1453年にオスマン帝国によって滅ぼされた東ローマ皇帝にかわる正教会の保護者としての地位につくきっかけをつくった。

(イヴァン3世の孫の)イヴァン4世(初代ツアーリ、イヴァン雷帝)が1547年に「ツアーリ」の称号を用い、ロシアの正教会の間ではモスクワはローマ皇帝の後継者と考えられてきた。モスクワ大公国の支配領域が、「ルーシの国」を意味する「ロシア」との名称で呼ばれるようになったのも、イヴァン4世の頃の16世紀
とあるので、ロシアを統一したのは16世紀と思います。(モスクワ大公国→ロシア)

1401~1500までが15世紀

>モンゴルと結んで

キプチャク・ハン国(モンゴルの一部)から独立した
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング