唐突ですが、子宮癌などの検査を受けて、例えば先生が慣れてないとか、苦手とかetc で後遺症が残ってしまう事ってあるんでしょうか?
まずい治療や手術によって後遺症が残るというのはよく聞くところなんですが
経験のある方、情報をお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひ教えて下さい。

というのも、先日、人間ドックで受けた子宮癌検査がとにかく痛くて、これまでに受けた検査と何か違うと思い「もう止めて」と言おうとしたところ、「もうすぐ終わります」と言われて耐えていたら、声にならないほど激しい痛みと悪寒に襲われて、失神寸前でやっと終わりました。時間にして多分10分くらい、ずっと子宮を掻き回されている感じでした。
検査後3日目の今日ですが、未だに下腹部の不快感と骨盤付近の痛みがあり、
何度か受けた検査の中でこんな事は初めてなので、ちょっと不安です。
痛みがひどくなるようなら、検査を受けた病院へ一言、後は別の病院を受診するつもりですが、、、。
皆さんの体験や情報、お知恵などお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


もしかして膣鏡のサイズが大きかったのではないでしょうか?

この検診では、膣に器具を入れて膣口を広げて中を見ます。
ひととおり中を見たら、ヘラで膣の中を軽くこすり、表面の細胞を取ります。

このこすり方は、ほっぺたの内側をスプーンの端でこする程度のもので、そんなに傷を付けたり、激痛ということはまずないです。
膣の上の端から子宮頸管の入口あたりをこする時は不快感を生じることがあります。

しかし、すでに経験されてるように、それほどひどいことは通常ありません。

もし膣鏡のサイズが大きかった場合や、膣鏡がちゃんと挿入しきれてない状態で膣鏡を広げた場合は、膣口を無理やり広げる事になり、出産時と違って恥骨結合の部分などもあまり広がっていないので激痛を伴う場合があります。

膣口が裂けているなどでなければ、数日で痛みも治まると思いますが、裂けている場合や、1週間近くも痛むようなら病院へ行きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、ありがとうございます。
様子を見ていたんですが、1週間くらいで痛みや不快感は治まりました。
何というか、私は回復手術も経験したんですが、術後の痛みよりもひどかった気がして、、、。  とりあえず一安心です。
でも、もう二度と、かかりつけの医師以外のところでは、例え検診であろうと行かないことに決めました。 そう考えると、セカンドオピニオンを求めていくのも恐くなっちゃいますね。
お礼が遅くなってすみませんでした。

お礼日時:2001/08/03 12:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q替駒式ねじマイクロメーターの校正

替駒式ねじマイクロメーターの校正を自社で行うにはどのようにしたら宜しいでしょうか?新しい仕事の検査にこのマイクロメーターが必要なのですがISO上校正が必要なのです。簡単に自社で校正する方法を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単に測定ではなく校正となると、=検定=それなりの技術者は当然ながら、基準になるマンドリル(ねじの棒)が必要なのではないでしょうか。
(測定するねじのサイズ毎に校正値を表で著わすか、測定可能範囲全体に器械側で校正するとかするのでしょうか)
当然のことながら、ベース測定となるブロックゲージの対応も必要かと。

Q歯列矯正の相談でかかりつけの歯科医に行って検査を受けたのですが検査代だ

歯列矯正の相談でかかりつけの歯科医に行って検査を受けたのですが検査代だけで4万5千円もかかり費用もトータル120万ほどだと言われたので他の歯科医でも相談したいと思うのですが、その際かかりつけの歯科医で検査したデータ等をもらう事は可能でしょうか?保険が利かないので簡単な検査で高額な支払を何件もでするなんて経済的にも精神的にも無理です。良いアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

歯列矯正医です。

最初の検査代というのは、実はデータ代ではないんですよね。矯正治療の中で、どういう治療計画を立てるかという設計を立てる作業が「一番大事」と言っても過言ではありません。装置をセットしたり、ワイヤーを交換したりという治療の技術より、診断の立て方が一番治療結果に影響する、大事な作業なので高額なのです。でも全額免除までいかなくても、自分のものだと証明できる状態でデータを持っていけば多少は安くしてくれるかもしれません。データは歯科医師同士のやり取りがあればもらえるはずです。いくら安くなるかは歯医者によります。

Q校正に使用する分銅の重さについて

・校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?
60kgや100kgの台秤などを校正する際に、20kg分銅を使用して校正しております。
しかし、20kg分銅を使用することは校正者の負担が大きく、なんとかならないものかと考えております。
たとえば、20kgを10kgや5kgの分銅を使用して台秤などの校正をしても問題ないでしょうか?
もちろん、四隅検査や直線性の確認をしっかり行います。

・上記質問などを考えるときに良い資料などあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・点検」のレベルで、「校正」や「検定」などと言える様なモノでは有りませんよ。

一方、検査・点検レベルであれば、目的(≒要求される精度)に対し、合理的な方法であれば良いです。
「60kgや100kgの台秤」で「20kg分銅を使用」でも、計測能力の100%を計測していないので、現状も「校正」は行われていないと考えられます。

ただ、「校正者の負担が大きい」は、少なくとも精度を担保する上での合理性では無く、どちらかと言うと、肝心の精度は犠牲にする方向性かと思います。
また、検査・点検レベルでも、その方法を変えると言うことは、従来からの安定性を損なう点には、配慮が必要です。

添付のURLなどは、校正を考える上で参考になると思います。
正しい校正の方法については、詳しくはJISハンドブックなどをご覧下さい。
めんどくさければ、その台秤などのメーカーに問い合わせても良いかと思います。

参考URL:http://www.j-sl.com/chn/write_07/07_main03.html

> 校正に使用する分銅の重さは、分解しても平気なのでしょうか?

結論から言えば、「全く平気では無い」です。

「校正」の方法は、法令に基づき、JIS規格などで決められています。
万人が公正さを担保された同一の方法で行うのから「校正」であって、その方法に則って行わなければ、「校正」とは言いません。

しかしご質問は、その「校正」に関して「勝手にJIS規格を変えて良いですか?」に等しく、良いワケがありません。
即ち、質問者さんの「校正方法を変えてもいいか?」と言う発想は、「自主検査・...続きを読む

Q子宮体癌検診後の出血

昨日、子宮体癌検診を受けました。
痛いと聞いていたのですが、子宮にチクリとするような痛みもなく、下腹に鈍痛を感じただけでした。その鈍痛はすぐに治まりました。帰宅してからトイレに行きますと少量の血液がトイレットペーパーについてました。その後、今朝までトイレの度に(3回)そのような状況です。
ドクターは出血があるような事はおっしゃられませんでした。これは異状なのでしょうか?

Aベストアンサー

私が検診を受けたときは、出血が多少ありますよと言われ、ナプキンをくれました。
トイレットペーバーにつく位だったら大丈夫だと思いますよ。
私は3日間くらい続きました。

あまりにも多くなったり続くようだったら、もう一度病院に行かれて見ては?

Q計測器の校正(較正)について

電子計測器を1年に1回、外部業者に校正を依頼しています。

「校正」とは、その計測器の性能が規格範囲に入っているかどうかを検査するものだと聞いています。
あくまで検査のみで、もし外れていたときにそれを入るように調整することは「較正」で、これは、通常、その計測器メーカが行うものだとのこと。

ここでちょっと思ったのが、毎年校正に出して、一応、「規格範囲内」ということで校正証明をもらっていますが、実際、その計測器も経年変化等により、徐々に誤差は増えているのではないかと思います。

「規格範囲内」ではあっても、十分規格に収まっている場合と、辛うじて収まっている場合とあると思うのですが、誤差が大きければ、たとえ規格範囲内でもそれは「較正」をかけたほうがいいような気がします。

このあたりの判断は、誰がどうやってすればいいのでしょうか?(校正業者が、校正時に「誤差が大きいですよ」教えてくれる?)

また、毎年の校正でもし、不合格があったときは、当然、前回の校正時以降、その計測器を使った試験などは、校正されていない計測器で行ったことになり、これは問題ですよね。
そのときの対応って、具体的にどうするのでしょうか?
そうならないために、日頃から、どうしておけばいいのでしょうか?

ご教授お願いします。

電子計測器を1年に1回、外部業者に校正を依頼しています。

「校正」とは、その計測器の性能が規格範囲に入っているかどうかを検査するものだと聞いています。
あくまで検査のみで、もし外れていたときにそれを入るように調整することは「較正」で、これは、通常、その計測器メーカが行うものだとのこと。

ここでちょっと思ったのが、毎年校正に出して、一応、「規格範囲内」ということで校正証明をもらっていますが、実際、その計測器も経年変化等により、徐々に誤差は増えているのではないかと思います。

「規...続きを読む

Aベストアンサー

計測器にもよりますが、一般に精度の規格範囲に対して、計測器の実力はある程度の余裕があります。
もし、精度が規格範囲を外れたり、ぎりぎりであったとすれば、「較正」をかけるだけでなく、オーバーホールや修理をしたほうがよいでしょう。
古い計測器なら廃棄も検討します。劣化が進んでいると「較正」しても次の校正時まで精度を維持できないかもしれません。

校正で不合格だった場合、その計測器を使った試験は個々に再評価しなければなりません。
試験の基準範囲と、計測器の精度範囲は同じではありませんから、場合によっては再試験を行わなくても良いかもしれません。
しかし、試験結果に問題があると判断される場合は、再試験を行ったり、顧客に渡った製品などではリコールをする必要があるでしょう。

Q子宮ガン検診の検査は?

年齢が年齢なので、子宮ガン検診を使用かと思うのですが、いきなり、例の診察があるのでしょうか?
実は、まだHの経験なしなので、あの格好はちょっと耐えられませんし、ドクターの指が始めて・・・・というのは悲しすぎます。
どんな検査なのでしょうか?
性経験なども聞かれますか?

Aベストアンサー

いきなり例の診察です。
というかそうしないと検査できません。

私は処女で検査しました。
子宮ケイガンと子宮体がんの2種類あります。
ケイガンは普通は性体験というかセックスしたひとが
なりやすいガンなので処女で検査を希望する
ひとはほんとにすくないらしいです・。・
体がんはその兆候として不正出血があるらしいです。

ちなみに簡単にいいますとケイガン検査は膣のなかに
綿棒みたいのをいれて子宮の入り口の
細胞をとります。そのときに形状をみたり押したり
いろいろすることもあります。

うちは母親に「30こえたら検査が当然」
「恥ずかしいかもしれないがガンで死ぬよりはまし」と
いわれたのでいきました・・。
なので私もはじめてであの体勢です。
でも初えっちしたときちょっぴり血はでましたよ。

Q校正証明の添付は義務ですか?

弊社製品を出荷する際に、納入先要求に従い、全長寸法をノギスで測定し、その結果を書面で添付致しました。(この書面の添付は無償です。)その結果、納入先から「校正証明書」の提示要求がありました。ISO9001を取得していますので社内定期校正の記録等はありますが、社内文書扱いであり、社外秘としてきた経緯があります。
(1)この場合、ノギスの社内管理No.や、校正証明書、校正時の記録等を開示する義務はあるのでしょうか?
(2)個人的には、検査成績書等を「販売対象」としていないので、開示を避けたいと考えています。良い説明方法はありませんでしょうか?
納入先へのアクションが必要なため、お知恵を拝借したい次第です。

Aベストアンサー

 先方から本件の注文を受注するときに、どんな約束(契約)になっていましたでしょうか。文書で交わした契約でなくても、口頭で求められれば契約ですし、文書でも交わしておらず口頭での要求もないが、常識的な当然のことであれば、それも果たすべき義務に入ります。本件の状況を見れば、校正状態を実証する証明書を先方の「要求」にしたがって出すのがスジでしょう。それを契約とか義務とするかどうかはともかく、私が先方の責任者であれば、ごく当然な要求であるのに校正の証明を出さない(出せない)会社は、取引停止処分にしますね。先方(顧客)に満足してもらい、信頼されるような仕事をなさってください。まっとうな(校正の)仕事をしている限り、出せない(出してはまずい)事情はないと思いますがね。
PS:検査成績書等を「販売対象」としていない…は考え方が間違っています。

(ISO9001主任審査員)

Q乳がん、子宮がん等の検診を受ける場所および料金について

こんにちは、私は30代前半の女性で、乳がんや子宮がんの検診をそろそろ受けなければと思いながらも、なかなかできないでいます。

恥ずかしいのですが、どこへ行ったらいいのかもよくわかっていません。

女性外来が増えて、よくメディアでもやっていますが、メンタルから体の病気までケアします、というのをうたい文句に清潔感のあるクリニックが増えていますね。
しかし料金を問い合わせると最初のカウンセリングだけで都内で3万円以上、検査も保険がきかない、というのを知ってびっくりしました。
 
自治体に問い合わせれば安い費用で検査をしてくれるところもあると思うのですが、上記のような女性外来に比べてどこまで診てくれるのか不安もあります。

数万円もかけて今注目されている女性外来で検査を受ける価値はあるのでしょうか。 

それとも自治体の指定する病院でまずは受けてみれば、大体の病気の発見はカバーされるのでしょうか。

生理の期間が長くなったり原因不明の腹痛があり、体調の変化を感じて不安な反面、病院への不信もあり行動できなかったのですが、もう何かしなければと思っています。

宜しくお願いします。

こんにちは、私は30代前半の女性で、乳がんや子宮がんの検診をそろそろ受けなければと思いながらも、なかなかできないでいます。

恥ずかしいのですが、どこへ行ったらいいのかもよくわかっていません。

女性外来が増えて、よくメディアでもやっていますが、メンタルから体の病気までケアします、というのをうたい文句に清潔感のあるクリニックが増えていますね。
しかし料金を問い合わせると最初のカウンセリングだけで都内で3万円以上、検査も保険がきかない、というのを知ってびっくりしました。
 
...続きを読む

Aベストアンサー

No1です。追記です。
まずがん検診とその他の病気に関しては別に考えた方が良いと思います。

今、自治体などでも盛んにがん検診を推進しているのは早期発見が目的です。ですから症状が無い人が定期的に行うものです。
検診は他の方もおっしゃっている通り、乳がんの検査はマンモグラフィ(レントゲン)や超音波、子宮がんは内診や細胞診です。つまりガンの疑いがあるかないかを調べる検査で、他の事は見ません。(勿論内診で子宮内の異常の有無などは分かりますが)
詳しくは以下を参照してください
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/women/index.html

自覚症状が無く、単純に検診目的で病院なり、医院にいって子宮頸ガンの検診をしてくださいといえば、自費なので値段設定はバラバラです。
自治体の検診を受ければ値段は安くなりますが検査内容はあまり変わらないと思います。乳がんはマンモと超音波の違いがありますが。

ご質問者様は生理に問題を感じたり、腹痛等自覚症状があるのだから婦人科にかかった方が良いと思います。診察の結果がん検査も必要と医師が判断すればそれは保険診療になります。

それから3万円というのはびっくりですね。有名な銀座のクリニックですと検査やカウンセリングごとに3万円というのもあるみたいですね。知人がそこで診察を受けた事があり感想を聞きましたが、あまり良くなかったそうです。

がん検診は定期的に受けるものですし、PMSや月経の問題、妊娠出産、更年期など診察が必要になる可能性はあるので、これを機に婦人科にかかりつけ医をもたれることをおすすめします。
ちなみに私は私立の総合病院の婦人科にかかっていますが嫌な思いはありません。でも一人目の医師はあまり合わなかったので今の担当医にかえました。

全身を調べたい場合は人間ドックですね。上記の東京予防医学協会の人間ドックだと↓こんな感じです。
https://www.hokenkaikan.jp/dock/komoku.html
これが病院よっては消化管の内視検査とか、脳のMRIや最近話題のPETとかがあるのだと思います。

長文で失礼致しました。

No1です。追記です。
まずがん検診とその他の病気に関しては別に考えた方が良いと思います。

今、自治体などでも盛んにがん検診を推進しているのは早期発見が目的です。ですから症状が無い人が定期的に行うものです。
検診は他の方もおっしゃっている通り、乳がんの検査はマンモグラフィ(レントゲン)や超音波、子宮がんは内診や細胞診です。つまりガンの疑いがあるかないかを調べる検査で、他の事は見ません。(勿論内診で子宮内の異常の有無などは分かりますが)
詳しくは以下を参照してください
http:/...続きを読む

Q計測機器の校正対象

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正を行なわなければならなくなり、コスト的に耐えられなくなってしまいます。
 ISO要求は校正と調整を行なう事となっていますが構成する計測器個々の構成が不可能な場合、複合機全体としての調整のみでも良いのかが解りません。
 校正対象と調整対象及びトレサビリティーなどISO要求7.6に対する論理的な正しい設定の仕方に付いて上記事例の扱いに付いて教えて頂けないでしょうか。
 あと別件になりますが、識別ラベルで以前より、校正対象外ラベルを貼るようになっていますが、貼らないものが校正対象外と識別できるので不要のように思えるのですが、何か必要な理由があるのでしょうか・・・併せて教えて頂けないでしょうか。
 宜しくお願い致します。

 ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。
 事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。
 その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正...続きを読む

Aベストアンサー

>見解の違いから指摘される事はどの様なものでしょうか又、それに対応する論理的解釈はどの様な事を備えておけば良いでしょうか。

担当官によっては何も言わない事もあれば、それで不良品の割合を
**%以下にできる根拠を示せって言われる事もあります。
統計的見地から理論的に説明できるような数値があると、第3者から見ても判りやすいので、
できれば理論武装しておくと良いでしょう。

説明できないからといって即認証取り消しになるわけではありませんので
慌てずしっかりした書類を作成して下さい。

機器の調整方法やサンプル数に変更がある場合は、ちゃんと変更履歴(理由と変更可能と判断した根拠)を
残すことをお忘れなく。

Q肺のCT検査を受けたいのですが…

先日NHKの「ためしてガッテン」という番組で、煙草も吸わず受動喫煙もない女性の肺ガンを発見するには、肺のCT検査が一番良いと放送していました。
私も受けてみたいのですが、肺のCT検査はどういう所で受けられるのでしょうか?
個人病院の内科はCTを設置していないし、大きな総合病院で、何も異常もないのにいきなり「肺のCT検査をして欲しい」と言っても嫌がられるだろうと、とある方から聞かされました。
お分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

一般的な流れですが
内科を受診 健康診断を受ける
異常が見つかるか、二次検査が必要なら
規模の大きな病院を紹介される(紹介状が必要)
そこでどの検査を受けるか決めてもらい
その中に必要ならCTがある
と言うのが一般的でしょうが

こちらの病院でも
http://medical-checkup.info/article/41614055.html
まず異常があった場合、自覚症状があった場合のようです

近所に検診センターがあれば
http://www.mmhosp.jp/kensa/kensin/index.htm

その中にあることが多いようです

そうですね健康相談センターのような窓口が
お住まいの地域でないでしょうか?
http://www.keiyukai-group.com/kenkou/shindan/index.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報