これからの季節に親子でハイキング! >>

筋トレって一日置きにやった方がいいですか?
毎日やるのとどっちが筋肉がつくスピードが上ですか?

A 回答 (3件)

筋肉痛があるのなら、その期間はしない方がいいと言われています。


でも、部位によっては毎日繰り返してもよい、とされる部位もあります。

知識のあるトレーナーに聞いて、自分に合った負荷、回数、インターバルの取り方を教えてもらった方がいいです。

やり方を間違うと、質の悪い筋肉が付くそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質の悪い筋肉って怖いですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2018/11/06 13:30

筋肉を刺激し成長ホルモンの分泌を促すことによって、筋肉の強化を図ることができますが、それと同時に、筋肉を休ませることも必要です。


1日8時間程度筋肉を休ませるのが効果的と言われていますので、その程度の睡眠を取れば良いことになりますから、休息のために一日置きにする必要はなく、毎日でも可能です。
そういう意味において、一日置きではなく毎日の方が筋肉の強化を早めることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

腰が痛いので一日置きにします。

お礼日時:2018/11/06 13:59

毎日です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんでですか?

お礼日時:2018/11/06 13:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋トレを行なっていますが、一向筋肉が成長しません。内容が足りないのかもしれませんが、ジムの方からは最

筋トレを行なっていますが、一向筋肉が成長しません。内容が足りないのかもしれませんが、ジムの方からは最低体脂肪率が15パーセントくらいはないと着いていかないよ。と言われました。現在は増やして10%ほどにはなりましたが、体脂肪率が最低どれくらいはないとつかないのでしょうか?本当に15%くらいはないとダメなのでしょうか?因みに毎日筋トレ一部位1時間ほど、有酸素運動でランニングを8キロほど走っています。どうなのでましょうか?

Aベストアンサー

体脂肪率15%ぐらいないと筋肉がつかないという事は無いです。ジムのトレーナーがそんなことを言うとは思えませんので、勘違いか聞き間違いじゃないでしょうか?

例えば、筋肉というのは太りながらしか付けられません。いくら鍛えても痩せながら筋肉を付けるのは不可能です。ただし体脂肪率が高い場合は、体重を増やさなくても筋肉を付けられる場合があります。体脂肪率が高くないと付かないってのは、その事を言っているんじゃないでしょうか。

それと、有酸素運動は筋肉の発達を阻害しますので、毎日8kmも走っているとしたらなかなか筋肉は付かないと思います。ランニングをやめて、あるいは20分程度に減らして、食事を少し増やして体重を増やしつつ筋トレしましょう。

筋トレの負荷は足りていますか?
十分にカロリーを摂っていて、筋トレの内容が適切で、余計な有酸素運動をしなければ、効率よく筋肥大すると思います。

Qガリガリで筋トレ増量をしているものなのですが、ジムに行く時間とお金がなく、ダンベルを買って家トレをし

ガリガリで筋トレ増量をしているものなのですが、ジムに行く時間とお金がなく、ダンベルを買って家トレをしているのですが、ジムトレよりどうしても物足りなさを感じてしまいます。しかし、忙しいので筋トレの時間はせいぜい1時間が限界です。ダンベルでジムトレ並みのキツさを感じられるトレーニングを教えてください。あと、スペースがないのでベンチは買えません。

ジム並みのキツさでないと、カロリーも微妙に制限しないといけないから、少し精神的にストレスを感じます。

Aベストアンサー

毎日1時間あれば充分に効果がでます。ただし1年は続けて

Q「スタミナが付く」とは何でしょうか

遅筋の量が増えるのか、肺の機能が向上するのか…。

腕立て伏せを限界までこなしても足腰は動きますよね。
それぞれの筋肉にスタミナがあるという考えでいいのでしょうか。

では、走ったり歩き続けられるスタミナを鍛えるにはどの筋肉が重要なのでしょうか?

Aベストアンサー

スタミナには大きく3つの要素があると思われます。
・ 筋肉中のミトコンドリアが増えると得られるエネルギーが増える
・ 筋肉部分の毛細血管が増えると供給される酸素が増える
・ エネルギー生産回路のうち脂肪燃焼系が活性化すると蓄えたエネルギーが長持ちする
 ~ 例えば、グリコーゲン(糖質)だけではフルマラソンすら走り切れません

 上記の要素を鍛えるにはLSDなどゆっくり長く走るトレーニングで、足腰を中心に鍛えることが有効とされています。これとは別に、心肺機能やフォームの改善などもトータルのタイム短縮にはもちろん有効ですが、スタミナとは別の強化項目だと理解しています。

 幸運をお祈りします。

Qマッチョではなくて、適度に体を引き締めるためのアイデアをお願いいたします。 しょ。食事制限もしますが

マッチョではなくて、適度に体を引き締めるためのアイデアをお願いいたします。
しょ。食事制限もしますが、合わせて行う運動のアドバイスお願いいたします。
ウォーキングか、(胸を落としたくないのでランニング、ジョギング以外)
ジム、プールで考えています。(ジム、プールはちょっと距離があるので週2程度)
組み合わせや、他になにかあればアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

適度に身体を引き締めたいなら最適な運動があります。
それは有酸素運動です。
有酸素運動は、酸素を使って脂質・糖質を燃焼する運動です。
同時に生活習慣病(高血圧・糖尿病・動脈硬化...)の予防もしてくれるという利点がありますので、
今や女性も、男性にも痩せたい人に人気のある運動ですね。
運動をしますので、筋肉もある程度は使っていますので引き締めるという健康的な効果もあります。
(でも疲れてきた時は休日にしてください)

【有酸素運動類】
●ウォーキング
●ジョギング
●自転車
●なわとび
●エアロビクス
●水泳
●ヨガ(ヨガとピラティスは、図書館とか本屋に専用の参考書があります)
●ピラティス
●フラフープ
●ステッパー (道具が必要です)
●エアロバイク(道具が必要です)
●踏み台昇降 (道具が必要です)
●トランポリン(道具が必要です)・・・等々です。

有酸素運動の前に多少の筋トレをしますと、痩せる効果と、ある程度締まる効果も増しますよ(科学的にも証明されています)
でも筋トレをやっているからといってマッチョには決してなりませんのでご安心くださいな(^◇^)
また気が向いた時に筋トレを「グ~で、あのどっかのお兄さんが筋トレ進めて来たから1度やってやるかなぁ!」という
具合にやってみるだけでも身体には損ではないですよ。
でも、まりころ1985さんの判断に任せます。

日本人の黄色人種は男女ともに特に女性が筋肉がつきにくい体質をしています。
マッチョの人は、バーベルなどなどの筋トレ道具を正式に使いながら、筋肉増強剤の薬を飲んでいないとマッチョにはならないですね。

でも使いすぎて【ホルモン逆転現象】が起きた人もいるみたいですよ。
男には、女性の胸のような柔らかい胸がついてしまって、
女には、男の胸のようなたくましい胸毛がある胸がつきました現象です。
でもこれらは筋肉増強剤の薬を使った時です(プロテインは、筋肉増強剤ではありませんね。プロテインは身体の栄養サプリメントですね)

いちよ筋トレのメニューの表示もしておきます。
【筋トレ】
●スクワット…足を肩より少し開いて、腰の上げ下ろしです。
●腹筋…仰向けになり、膝は立てて置き、胸の裏側の背中から頭を上に上げ、目線はおへそです。そして胸から頭を上下させます(ゆっくりや、早くや、時たま止まって下さい)
●背筋…仰向けになり、腰を上げます。余裕があれば、片足も上げて下さい(この形で数秒~数分です)
●腕立て伏せ…うつ伏せになって、手を肩より少し開いて床に置き、膝を上げ、体を上下させます。
●首筋トレ…仰向けになり、首だけを上げます。左右上下に動かすといいですよ(この形で数秒~数分です)
●カカトの上げ下ろし…壁に手を置き足の親指に力を7割入れて、他の指に3割力を入れてカカトを上下します。(慣れて来たら片足づつやりますと効果的です)
 (このカカト上げの筋トレは、ねんざの予防にも役立ちますよ)

今日は「これと!これと!にしよう」という自由な具合でいいですよ。
臨機応変に楽な気持ちで楽しみながらやる事が、長続きさせるコツですね(^_-)-☆
それに毎日はやらなく、疲れた日は休養日にして下さい。
その休養日に、新鮮な筋肉がつくられるんですよねぇ。
回数と時間は、自分に合わせて下さいな。
でも無理は禁物です。無理しますと怪我の恐れがありますからね。
痩せる事は、誰もが経験のある事です。
みんな大変です。
でもだからこそ、そこに自分の主役のドラマが始まります。
気楽な気持ちで、のんびり進めていって下さいな。

※運動する前は、ウォーミングアップ(運動前の準備体操とストレッチ)と、クールダウン(運動後のストレッチ体操)も、やった方が怪我のリスクも低く身体が健康的になりますよ。
運動中に疲労物質の悪玉親分の【乳酸】が体内に蓄積します。
その乳酸が、酸性物質で筋肉を酸性化させて、最悪「筋肉が動かないよ~(>_<)」にしてしまいます。

でも、クールダウンでその乳酸を遅筋線維という筋肉群に洗い流してくれるんですよ。
ですので、トレーニングが終わったら自分の身体に対して「疲れたね~!でもよく頑張ってね」と自分の身体に一言声をかけてやって下さいな(^。^)y-.。o○
そしてゆっくりとストレッチ体操をして下さい。

ウォーミングアップと、クールダウンではその種類を教えたいのは山々ですが、ここがネットの限界です。
図書館でも本屋でも、写真入りの体操が多種類で載っている本があります。
暇ができた時にでも見に行ってみて下さいな。新しい発見がキッとありますよ。
(ストレッチは痛いのに無理して伸ばさないで下さい。徐々に柔らかくしていって下さい)

適度に身体を引き締めたいなら最適な運動があります。
それは有酸素運動です。
有酸素運動は、酸素を使って脂質・糖質を燃焼する運動です。
同時に生活習慣病(高血圧・糖尿病・動脈硬化...)の予防もしてくれるという利点がありますので、
今や女性も、男性にも痩せたい人に人気のある運動ですね。
運動をしますので、筋肉もある程度は使っていますので引き締めるという健康的な効果もあります。
(でも疲れてきた時は休日にしてください)

【有酸素運動類】
●ウォーキング
●ジョギング
●自転車
●なわとび
●エア...続きを読む

Q普段やらないトレーニングをしたり、久しぶりにトレーニングをすると翌朝歩けないくらいの重度の筋肉痛にな

普段やらないトレーニングをしたり、久しぶりにトレーニングをすると翌朝歩けないくらいの重度の筋肉痛になります。

私はその重度の筋肉痛にはまってしまいそうです。

なんか体はキツいけど気分がいいです。

ちょっと変態かもしれませんが
トレーニングをする度に歩けないくらいの重度の筋肉痛になりたいんですが、さすがに毎回はなれませんかね?

各部位週1です。

Aベストアンサー

筋肉痛により身体が、ひと回り強くなりますね。
ですから毎回となりますと、その強くなった身体以上の負荷をかけないとならないです。

筋肉痛とは...
その概要をいいます。
【普段やらないトレーニングをします。】
●そのトレーニングによって筋肉に”嬉しいキズ”がつきます。
           ↓
●筋トレ後、そのキズに白血球がつき免疫を張ります。
           ↓
●そして、そのキズを解体します。
           ↓
●次にそこにまた元気のいい筋肉が回復します。

そこで、そのキズを解体するわけですので、腫れて痛いです。
その腫れて痛いピークが、筋トレ後の筋肉痛なんですよねぇ(^○^)

でも、そこに回復する筋肉はまたひと回り強い筋肉です。
ですので筋肉痛になるには、またひと回り負荷をかけるトレーニングが必要となる訳ですね。

ですが思惟と言えば、1回筋肉痛になって...次にその筋肉痛が治ってから1か月間ぐらいしてから、
また同じような激しい運動で筋肉痛に簡単になれると思います。
なぜならば付いたばかりの筋肉は、すぐ何もしないと消えてしまうからです。

でもその筋肉痛の長さも、スポーツマンの方ですと筋肉痛になっても1日以内ですね。
でも運動不足の方が激しい運動をしますと最長1ヶ月間は、筋肉痛が取れないともいわれています。

筋肉痛は言うなれば努力の結晶です。
ですから考えようによっては、その筋肉痛の痛みも気分がいいですね。
それを考えるて怪我の痛みと比べると、ツキとスッポンです。
今まで考えた事もなかったですね(^。^)y-.。o○

筋肉痛により身体が、ひと回り強くなりますね。
ですから毎回となりますと、その強くなった身体以上の負荷をかけないとならないです。

筋肉痛とは...
その概要をいいます。
【普段やらないトレーニングをします。】
●そのトレーニングによって筋肉に”嬉しいキズ”がつきます。
           ↓
●筋トレ後、そのキズに白血球がつき免疫を張ります。
           ↓
●そして、そのキズを解体します。
           ↓
●次にそこにまた元気のいい筋肉が回復します。

そこで、そのキズを解...続きを読む

Qランニングて毎日12キロ走って更に毎日ジムで体を鍛えていますが、一向に筋肉がつきません。多分、鍛えた

ランニングて毎日12キロ走って更に毎日ジムで体を鍛えていますが、一向に筋肉がつきません。多分、鍛えた筋肉分を、ランニングで燃焼してしまっているんだと思いますが、体に脂肪と糖質を溜めこみたくありません。(好きなものも好きなだけ食べたいので)
走る距離を調節した方が良いと思っているのですが、大体体内の体の糖質をある程度使い切ろうと思った時、毎日どれくらいの距離を走れば良いのでしょうか?また、このままこれを続けた場合、脂肪が付かずに筋肉だけついていく、ということは無いのでしょうか?

Aベストアンサー

持久スポーツと、無酸素スポーツの体は相反するものです。
筋トレをしていても、有酸素運動をたくさんやっていると筋肉はつきにくくなります。
維持どころか、むしろ筋肉量は減っていきます。

強い力を発揮しない、持久的なスポーツには筋肉量は必要ありません。むしろ必要以上の筋肉は、無駄にエネルギーを消費してスタミナを奪いますし、筋肉が付くと重くて長距離には不向きになります。
そのため、質問者さんのような運動を日々行っていると、筋肉は付きにくく、特にランニングであまり負荷がかからない上半身からは筋肉は落ちていく傾向があります。反対に、長距離の運動には体脂肪は大切なエネルギー源となるため、脂肪は付きやすくなる傾向があります。
ですから、長時間・長距離のランニングなどを趣味にしていると、体は筋肉質というよりはガリガリな感じにしかならず、またやめた後に脂肪がドカンとついて体重変動が激しくなってしまったりもします。
筋トレしても、筋肉が減っていくのを食い止めるぐらいの効果しかないかもしれません。

反対に、スプリントつまり短距離走や、格闘技など、爆発的に筋力を発揮しなければならない運動をしていると、体脂肪率は低く、筋肉量は増していきます。
長距離走のように長い時間エネルギーを消費する必要が無いので、逆に脂肪はつきにくくなります。

実際、マラソン選手は痩せているように見えますが、体脂肪率は男性でも15%程度が平均です。
反対に短距離のスプリンターは、体脂肪率10%以下で筋肉質な身体になります。
筋肉もついていて、長距離を走るスタミナもある身体というのは理想ですが、両立するのは難しいことです。
自分が何を一番重視したいのか考えてトレーニング内容を改めてはいかがでしょうか。

マラソンが趣味だというなら、筋肉が増えにくくなることを覚悟のうえでこのまま運動するのも良いと思いますが、体型や筋肉量を重視するならランニングの距離を4km程度に減らし、さらに毎日ではなく週3ぐらいに減らしましょう。あるいは、走るなら距離ではなく、スピードと負荷重視の、坂ダッシュやインターバルトレーニングなどをやるといいと思います。

併せて、コルチゾールについても気を付けるといいと思います。
1回で1時間以上のトレーニング、あるいは頻繁過ぎるトレーニングは、身体にストレスを与え、コルチゾールというホルモンの分泌量が上がります。
コルチゾールは筋肉を分解してしまうため、たくさん運動するほど筋肉は付きにくくなります。まあ、かといって1時間しか運動できないとなると、どんなスポーツも部活も練習できなくなってしまいますが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということで頭の隅に入れておくといいと思います。

筋肉は、運動で増えるのではなく、短期勧集中で負荷をかけて鍛え、そして食べて休んでいる間に発達します。
一方、運動はやればやるほど身体を消耗させる行為です。
どの程度の運動量・運動時間・運動頻度がベストかは人それぞれですので、自分でちょうどいいバランスを模索してみてください。

また、限界まで負荷をかけていると書かれていますが、もし限界まで負荷をかけて適切に追い込めている場合、毎日筋トレできるはずはありません。
普通、どの種目でも10回限界の負荷で3~4セットおこなったら、翌日~翌々日は力が入らなくて同じトレーニングはできません。筋肉痛というわけではなく、チカラが出ないのが普通です。だから、筋トレは否応なしに同じ部位は1日置き、あるいは2日置きにせざるを得ないのです。
筋トレの内容も見直してみてください。

持久スポーツと、無酸素スポーツの体は相反するものです。
筋トレをしていても、有酸素運動をたくさんやっていると筋肉はつきにくくなります。
維持どころか、むしろ筋肉量は減っていきます。

強い力を発揮しない、持久的なスポーツには筋肉量は必要ありません。むしろ必要以上の筋肉は、無駄にエネルギーを消費してスタミナを奪いますし、筋肉が付くと重くて長距離には不向きになります。
そのため、質問者さんのような運動を日々行っていると、筋肉は付きにくく、特にランニングであまり負荷がかからない上半身...続きを読む

Q自宅で筋トレをしていたら立てなくなりました。 筋トレを初めて1日目の頃ですスクワットを30回おわりあ

自宅で筋トレをしていたら立てなくなりました。
筋トレを初めて1日目の頃ですスクワットを30回おわりあと10回しようと思ったら筋肉がプルプルして力が入らず座っている状態から立ち上がれなくなりました。
10分ほど休憩したら立ち上がれるようになりました。
毎回立ち上がれなくなるのは嫌です。ですが筋肉痛がない時は毎日しようと考えています。
立ち上がれなくならないようにはどうしたらいいでしょうか?やはり筋トレを続けて筋肉をつけていかないとだめですかね?

Aベストアンサー

これは結果筋肉が動かなくなってしまう現象が、よくあります。
この為だと予想はできます。

筋トレなどなどの筋肉を激しく動かす運動をしていますと、筋肉細胞に誰もが【乳酸】が溜まります。
その乳酸というのは、例えると疲労物質の悪玉親分ですね。

そして筋トレもピークに達して深部体温が41度位で、(熱ショックたんぱく質)が分泌されます。
そしてかなりの疲労物質の乳酸を消してくれますが、残った乳酸は、筋トレの後のクールダウンというストレッチ体操で、
その疲労物質の乳酸を洗い流してくれるんですよ。

しかし、そのクールダウンをやらないでいますと、筋肉中に溜まりに溜まった酸性物質の乳酸が筋肉を酸性化させてしまいます。
そして最終的には「筋肉が動かないよ~(@_@;)」の状態になってしまいますね。
そこで、柚音さんみたく立ち上がれなくなってしまう事もあります。
まさに結果、乳酸の仕業だと思います。

ですので筋トレ後にクールダウンというストレッチ体操を伸ばし過ぎて痛みを出さない程度にゆっくりやっていってほしいですね。
図書館や本屋に行きますと、写真付きのストレッチ体操の本が多くあります。
それを見ながら筋トレの初めと終わりのストレッチをやって下さい(^◇^)

チョッと付け加えますと、クールダウンで疲労物質の乳酸を洗い流したといいましたけど、
その洗い流された乳酸は遅筋線維という筋肉群に行きます。
そこで【悪玉親分】が更正して【善玉】親分に成り代わります。
そして遅筋線維の筋肉のエネルギー源に成り代わってくれるんですよ。

そこまで思いながら筋トレ~クールダウンをやっていると、今の自分の身体の見えない仕組みが面白く感じると思いますよ(^。^)y-.。o○

これは結果筋肉が動かなくなってしまう現象が、よくあります。
この為だと予想はできます。

筋トレなどなどの筋肉を激しく動かす運動をしていますと、筋肉細胞に誰もが【乳酸】が溜まります。
その乳酸というのは、例えると疲労物質の悪玉親分ですね。

そして筋トレもピークに達して深部体温が41度位で、(熱ショックたんぱく質)が分泌されます。
そしてかなりの疲労物質の乳酸を消してくれますが、残った乳酸は、筋トレの後のクールダウンというストレッチ体操で、
その疲労物質の乳酸を洗い流してくれるんで...続きを読む

Q朝、 30分くらいウォーキングと 筋トレ どちらが痩せますか??体が引き締まりますか?!

朝、
30分くらいウォーキングと
筋トレ

どちらが痩せますか??体が引き締まりますか?!

Aベストアンサー

筋トレとウォーキングでは効果が違いますからね
ただ、どちらか一方というならば筋トレをお勧めします、筋肉が増える=大きなエンジンを車に積むのと一緒で、パワーが上がる分燃費の悪い体になります。
燃費が悪くなればそれだけ痩せやすい体質になるし、太りづらくなる、腰痛や肩こりの解消などにも繋がるし、まずはそこから初めてはどうかと思います。
まぁといっても有酸素運動&栄養の摂取も考えないといけないと思いますけどね、三種の神器じゃないけど、やはり3つしっかりコントロールするのが鉄板ですし

NO1のかたも書いているけど、体重には惑わされないことです
綺麗で健康な体がほしいのか、体重は下がっったけどなぜか脂肪体型のままの体がいいのか、そこを間違えないことでしょう
ダイエットは生活習慣の見直しです、痩せるためだけに一時的にがっつりやるような手法はリバウンドとデブのもと、ずっと継続できる形で自分にあった物を探すといいでしょうね

Q筋トレについて

以前にも質問したものです。

体に変化がないので、詳しい方のアドバイスお願いいたします。


ジムは2年くらいです(会員歴は6年)。
素人なので、ジムのダイエットメニューや筋トレメニューを去年一年しましたが、交通事故やぎっくり腰で休んでいるうちに、リバウンドしました。

現在は、筋トレメニューを2つにして、交互に週4日、たまに別の日に時速6~6.5㎞で傾斜をつけて歩いています。


スペックは
身長174㎝、体重82㎏、ウエスト100㎝、体脂肪26.4%、筋肉量25.8㎏です。

月に一回ボディスキャンしていますが、半年間ほとんど数値に変化がありません。

食事は
朝 プロテイン+低脂肪牛乳
昼 自炊、コンビニ、パスタなど
夕 プロテイン
夜 自炊、外食など
寝る前 プロテイン

トレーニングの日は、トレーニング前にバナナやプロテイン、トレーニング中はbcaa、ロイシンどちらかを水に溶かして飲んでいます。トレーニング後は30分以内にプロテイン20g飲みます。

食事管理アプリで、タンパク質摂取量を1日120g以上になるようにしています。
平均して1日2000kcalです。
ささみ、豚肉、牛肉(いきなりステーキ)、魚、豆腐、納豆、りんごを良く食べます。



筋トレ
メニューA
ダンベルプレス20㎏ 10×3セット
ワンハンドローイング20㎏ 10×3セット
アーノルドプレス7.5㎏ 10×3セット
サイドレイズ5㎏ 10×3セット
バックプルダウン55㎏ 10 60㎏ 10×2セット
ケーブルロウ32.5㎏ 12×3セット
チェストプレス62.5㎏ 12×3セット
ショルダープレス42.5㎏ 10×3セット
鉄棒ぶら下がり 20秒×3セット
背筋 10×3セット
腕立て伏せ 10×3セット
Vシフトアップ 12×3セット
サイクルクランチ 30×3セット


メニューB
レッグプレス150㎏,160㎏,170㎏×12
ゴブレットスクワット12.5㎏ 10×3セット
スプリットスクワット7.5㎏ 10×3セット
プレートRDL 12.5㎏ 10×3セット
カーフレイズ(片足)14㎏ 15×3セット
ダンベル手首曲げ10㎏ 15×3セット
ダンベル手首反らし7.5㎏ 15×3セット
ダンベル手首回し10㎏ 15×3セット
サークルアームカール5㎏ 12×3セット
キックバック5㎏ 12×3セット
ヒップリフト(片足) 10×3セット
ボールツイスト 30×3セット
ボール腹筋 15×3セット

体脂肪を減らす(20%以外)、ウエストを85㎝にする、出来れば筋肉量を増やす事を目標にやっています。
トレーニングは1日1時間半~2時間です。

頻繁にジム通いしているのに、変化ありません。
手足が細く、腹が出ているメタボリック体型です。

10年前にジム通い一年で75㎏から62㎏にダイエットしました。
今はその時よりも、筋トレメインのメニューになっています。

ジムのアルバイトにパーソナルで見て貰っていますが、筋トレの姿勢に問題は無いそうです。
食事をタンパク質の摂取量を変えずに、カロリーを1700kcalにして、筋トレを半分にして、有酸素運動を増やそうと思いましたが、メニューはこのままで、カロリーを増やして下さいとアドバイスされました。

効果がないので、私の筋トレはストレッチをしていることと同じなのかと、凹んでいます。

難しいです。
アドバイスお願いいたします。


よろしくお願いいたします。

以前にも質問したものです。

体に変化がないので、詳しい方のアドバイスお願いいたします。


ジムは2年くらいです(会員歴は6年)。
素人なので、ジムのダイエットメニューや筋トレメニューを去年一年しましたが、交通事故やぎっくり腰で休んでいるうちに、リバウンドしました。

現在は、筋トレメニューを2つにして、交互に週4日、たまに別の日に時速6~6.5㎞で傾斜をつけて歩いています。


スペックは
身長174㎝、体重82㎏、ウエスト100㎝、体脂肪26.4%、筋肉量25.8㎏です。

月に一回ボディス...続きを読む

Aベストアンサー

カロリー計算はあくまで目安であって、完全なものではありません。
それと、そのジムのアルバイトさんはまったく筋トレの知識が無いです。かなり酷い内容です。

まず先にカロリー計算についてですが、カロリー計算は結果が全てです。
食品のカロリー表記は誤差20%まで認められています。外食メニューや市販の加工食品などは、そのユルいガイドラインを悪用して低めギリギリに表記しているものも多いでしょう。つまり自炊で素材から計っているわけでない限り、2000Kcalのつもりで毎日2400Kcal摂取している可能性もあるわけです。400Kcalってのはどんぶり飯1杯ですから、なかなか馬鹿にできない誤差です。大雑把にやるとさらに狂うので食事のカロリー計算は成功には必須ですが、完全に計算通りいくとは思わないほうが良いでしょう。

そ運動の消費カロリーや基礎代謝はそれ以上に把握が困難です。体脂肪計に出る数値も、筋トレの消費カロリーも大雑把でアテにはできません。というか生活次第で内分泌系の働きにより消費カロリーは変動するので、把握は不可能なのです。

結果的に痩せていないことから、質問者さんはアンダーカロリーにはなっていないと判断できます。あくまで成果を見つつ、調整していく必要があります。というか結論から言えば、2000Kcal食べていたらなかなか痩せないですよ。また、カロリー計算だけでなく、その内訳はどうなっていますか?できるだけ脂質・タンパク質ではなく、糖質を制限してください。健康診断の数値も改善するはずです。


次に筋トレについてですが、その内容ではほとんど筋トレの要件を満たしておらず、効果もゼロに等しいと思います。

筋トレは10回ずつおこなうのではなく、「10回程度しかできない重さ」で1セットごとに「限界回数まで行う」のが基本です。脂肪燃焼に効果的な負荷も、筋肥大に効果的な負荷も、最大筋力の80%前後。それがちょうど10回前後しか繰り返せない重さです。
※10回しか繰り返せない重さを10RMと言います。RMという単位は、Repetition Maximum=「繰り返せる限界」という意味です。しかしながら、質問者さんの体格を考えると明らかに10RMになっていない、かなり軽すぎるダンベルでトレーニングしています。

また、扱うウェイトの重さはどのように変化しているのでしょうか?
ダンベルプレスは20kgでやっているとのことですが、半年前は何kgでしたか?体格を考えると、半年も続けて今も20kgしか上げられないというのは考えられないことです。半年前に20kgでダンベルプレスを始めたなら、1ヶ月程度もすれば徐々に慣れて13~14回できるようになります。それだと軽すぎて効かなくなるので、重さを22kgとか24kgとかに上げて、また10回程度しかできないようにします。そうやって漸進的に負荷を増やしていくことで効果があります。これをトレーニングの5大原則の一つで、「漸進性の原則」と言います。
始めたばかりの頃と同じ重さで筋トレしているなら、筋肉量も始めた時のまま変わりません。

上半身はまだマシで、特に下肢の種目の負荷が異常なほど軽いです。一番大きな筋力が出るはずの下半身の種目が、上半身よりも軽いのはおかしいことは、質問者さんも気づけますよね?

ゴブレットスクワット12.5㎏というのは、女性の初心者が行う負荷。
広瀬すずでも30kgでフルスクワットしています。
http://news.livedoor.com/article/detail/13435392/

質問者さんの体格では、30kgでもあまり効かないです。おそらく60~80kg程度のバーベルでないと10回MAXの負荷にはなりません。そもそもレッグプレスでは170㎏行くのに、ダンベル種目で12.5kgという軽負荷がどういう役に立つのか、疑問を持たなくてはなりませんね。

RDLについても、その体格だと80kg以上、半年やったら現在100kgで10回が妥当です。現在のメニューの大半は、全く効いていないはずです。

そのジムにはバーベルはありませんか?ダンベル種目中心なのはバーベルが無いからなのかもしれませんね。ダンベルは持ちにくいので10RMの負荷は扱いにくいかもしれませんが、それにしてもこの重さで筋肥大というのは無理がありますから、すべてのメニューの負荷を改めて見直さなければなりません。


ちなみに筋肉量の増減は、体脂肪計などではなく扱うダンベルやバーベルの重さが上がっていくかどうかで判断します。ずっと同じ重さでトレーニングしていたら、筋肉量が上がっていることなど把握できませんし、そもそも筋肉量が増えることはありません。

既に20kgのダンベルで10回以上拳上できる人が、ずっと20kgで鍛えていたら、何年鍛えても筋肉量はずっと20kgを挙げる筋肉量のままです。できる回数が増えないように、22kg、24kgとあげて常に10RM前後の負荷をかけて鍛え続けることで筋肥大していきます。
タンパク質を多めにとったとしても、筋トレの負荷が変わらなければ筋肉量が増えたりはしませんよ。

カロリー計算はあくまで目安であって、完全なものではありません。
それと、そのジムのアルバイトさんはまったく筋トレの知識が無いです。かなり酷い内容です。

まず先にカロリー計算についてですが、カロリー計算は結果が全てです。
食品のカロリー表記は誤差20%まで認められています。外食メニューや市販の加工食品などは、そのユルいガイドラインを悪用して低めギリギリに表記しているものも多いでしょう。つまり自炊で素材から計っているわけでない限り、2000Kcalのつもりで毎日2400Kcal摂取している可能性も...続きを読む

Qランニングを始めようと思うのですが出来るだけ速く10周走るかゆっくり20周走るかどちらの方がいいんで

ランニングを始めようと思うのですが出来るだけ速く10周走るかゆっくり20周走るかどちらの方がいいんですか?

Aベストアンサー

体に無理せず続けるには、20周がいいと思います。
私のオススメはインターバルですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング