太陽電池のしくみや原理など詳しく載ってるサイトや
細かな情報など教えていただければ幸いです。
お願いします。

A 回答 (3件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく書いてあって助かりました
たくさん紹介していただきありがとうございました
回答ありがとうございました

お礼日時:2001/09/13 17:17

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#4、#5で紹介したサイト・成書も参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=33351
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました
かなり参考になる点がありました
回答ありがとうございました

お礼日時:2001/09/13 17:19

こんにちは、このようなサイトはいかがでしょうか?



参考URL:http://ace.mech.utsunomiya-u.ac.jp/~urai/cellmok …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました
つぶれてましたけど・・・
回答ありがとうございました

お礼日時:2001/09/13 17:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燃料電池と太陽電池どっちが環境にいいのか

燃料電池と太陽電池ライフサイクルアセスメント等も加味してどちらが環境いいか考えていたのですが、どっちが環境にいいのかわからなくなりました・・。水素製造時、廃棄時の問題で燃料電池の方が比較的環境に悪いのかなと考えています。同一の出力で比較するとどちらが環境にいいのでしょうか?

Aベストアンサー

太陽電池の環境性能については、下記サイトが最新の情報です。製造まで含めて環境に優しいですよ。その分野の専門じゃないのに思い込みでいい加減なことを言う方々も居られますので、ご注意を。
http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/feature/feature_1.html
http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/supplement/Supplement_EPT.html

燃料電池はよく知らないのでパスしますが、こちらも情報の信頼性に注意されることをお勧めします。たとえどこかの「教授」であっても、その人の言うことが信頼できるかどうか確認しないと、本当のことはわかりませんよ。

Q太陽電池パネルの処分

屋根などに設置する太陽電池パネル(ソーラーパネル)がありますが、
あのパネルは、使用後(廃棄の際)、どのように処分されているのでしょうか?
建築廃材として産廃処分(埋め立て処分)されているとか、
リサイクルが可能でリサイクルラインに乗っているとか、情報を下さい。
割合とかも分かったら、教えて下さい。
(ネットで色々と検索をかけたのですが、検索ワードが悪いのか、ヒットしませんでした・・・。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も昔、太陽光発電について学んでた口なのですが、
この件について書いてあった本があって、本棚をあさったのですが・・・・見つかりませんでした。

確か、太陽光発電の問題点のひとつで使用済みのパネルの処理と書いてありました。

間違っていると思いますが、「未来に(処理方法が見つかるのを)託す」とかだった気が・・・

とにかく、明確な処理方法がなかったと思います。
元はシリコンですので、粉砕して捨てると思います。

参考URLは探していた本です

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31012002

Q太陽電池 変換効率について

太陽電池の変換効率ですが、何故面積が大きくなるほど変換効率が下がるのでしょうか。

文献を見たところ、単結晶では小面積24%、大面積21%と載っていました。
多結晶でも同じように大面積のほうが低いようです。

近々会社で太陽電池について説明しなければならないのですが、早速この点に疑問を感じました。
ご存知の方、教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

専門家でないので、判る範囲でお答えします
小面積セルと大面積セルはCu(In,Ga)Se2(CIGSe)の薄膜の品質が異なるようです。
つまり、大面積で、高品質の皮膜を作る技術が確立していないため、小面積セルを多数用いる方が現在は変換効率がよいようです

参考URL
http://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol06_04/p22.html
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/cat2119765/index.html

関連URL
http://www.osakac.ac.jp/labs/matsuura/japanese/events/refreshRika2005/SolarCellSupplement1.pdf
http://www.eco-online.org/ecoenergy.htm

Q太陽電池の将来における役割

太陽電池のついての質問です。
今、太陽電池について調べているのですが、この太陽電池の発電効率が10%~20%程度と低いものだと聞きました。
そこで、お聞きしたいのですが太陽電池は将来の電気エネルギー源としてどのような役割を占め得るのでしょうか?
できれば詳しくお願いします。

Aベストアンサー

太陽エネルギー、風力、水力などは、再生可能エネルギーと言われて資源を枯渇させずに利用できることからも、地球温暖化問題をはじめとするエネルギーや環境問題を解決していく上で欠かせない技術だと思います。太陽エネルギーの利用方法のうちのひとつが太陽電池ですが、発電効率の問題はもちろん今後改善していくとしても、コストや一般に普及させるという問題が今のところ一番の課題ではないかと思います。特に、今の発電所で大量に電気を発電してそれをさまざまなところに供給するのと違って、太陽電池は分散型ですからそういう意味でも電力会社との利害関係の対立なども問題もあります。また、自然エネルギーはクリーンな一方で、天候などの自然環境によって発電量が大きく変動するなどの不安定な要素もあります。よって、それだけに頼るというのは難しいと思います。

とりあえず、今後20年ぐらいで徐々に化石燃料による発電は縮小していく方向になるのではないでしょうか?一方で、こうした自然エネルギー技術がシンポして徐々に割合が増えていくと思います。ただ、それだけでは不安定なので、原子力発電などがしばらく主流になってそれを補うような形になるのではないでしょうか?最終的には別の革新的な技術(たとえば核”融合”発電とか?)が生まれる必要があるでしょう。

太陽エネルギー、風力、水力などは、再生可能エネルギーと言われて資源を枯渇させずに利用できることからも、地球温暖化問題をはじめとするエネルギーや環境問題を解決していく上で欠かせない技術だと思います。太陽エネルギーの利用方法のうちのひとつが太陽電池ですが、発電効率の問題はもちろん今後改善していくとしても、コストや一般に普及させるという問題が今のところ一番の課題ではないかと思います。特に、今の発電所で大量に電気を発電してそれをさまざまなところに供給するのと違って、太陽電池は分散...続きを読む

Q太陽電池と環境問題

一般に太陽電池は環境によいエネルギー源とされています。
しかし現在のところ、太陽電池のパネルを一枚作るエネルギーとその一枚太陽電池が耐用年数のなかで実際に太陽光線から作り出すエネルギーはあまり変わらないという話を聞いたことがあります。
実際のところどうなっているのでしょうか?
ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。

Aベストアンサー

20年ほど前、通産省(当時はまだ通産省と呼ばれていました)の太陽光発電技術開発に関する技術振興諸施策の諮問委員会に所属していました際の議論を思い出しました。当時の太陽電池の発電効率が5%程度だったと記憶しています(現在どのあたりまで達しているのでしょうか)。

諮問委員会のメンバーの電力会社の委員から、太陽電池の製造する際に発生する二酸化炭素量、廃棄に必要な二酸化炭素量ならびに発電中に発生する二酸化炭層の総和と標準的な火力発電所(もちろん建設+発電+廃棄の総和)それとを比較したデータを開示され、太陽項発電が火力発電所よりも二酸化炭素の発生量が少なくなるには、太陽電池の寿命が相当長くないといけないという議論がなされたことを思い出します。
当時は薄膜型太陽電池(いわゆるアモルファス太陽電池)が、資源的に有利ということでもてはやされていましたが、3年で発電効率が半減するにに対し、火力発電所の設計寿命が20年ということで、数字的には太陽電池が完敗だった記憶があります。そこで現状では寿命の長い多結晶Siを用いた太陽電池が主力になっており、寿命は大幅に伸びていると思いますが、直射日光に20年以上もさらされるというのは半導体にとって相当過酷な条件であることは(だって木造家屋の寿命を考えると太陽電池が20年ももつのかなという疑問がでてきますよね)間違いありません。多結晶Si電池はどうかんがえても薄膜型Siに比べれば、製造に必要な二酸化炭素発生量は大幅増でしょうから。
二酸化炭素排出云々を真剣に考えると、原子力といった答えしかないというのが当時の電力会社の結論でした。

太陽電池が二酸化炭素排出量を削減するかどうかは、耐久性にかかっているといって過言ではありません。製造エネルギーをかがえると、エネルギー消費型の現状の多結晶Siではなく、再度薄膜Siへの回帰が必須なのですが・・・・。

20年ほど前、通産省(当時はまだ通産省と呼ばれていました)の太陽光発電技術開発に関する技術振興諸施策の諮問委員会に所属していました際の議論を思い出しました。当時の太陽電池の発電効率が5%程度だったと記憶しています(現在どのあたりまで達しているのでしょうか)。

諮問委員会のメンバーの電力会社の委員から、太陽電池の製造する際に発生する二酸化炭素量、廃棄に必要な二酸化炭素量ならびに発電中に発生する二酸化炭層の総和と標準的な火力発電所(もちろん建設+発電+廃棄の総和)それとを比較し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報