はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

70歳の母のことです。

今年に入ってから腰痛があり、8月頃からは痛みが強くなり、ほぼ寝たきりの状態でした。

2週間前に自宅で転倒し、日赤を受診。
胸椎圧迫骨折が見つかりました。
その後いろいろ検査をした結果、癌が骨に転移していると言われ、肺と肝臓、卵巣に影があるが、原発はわからないと言われました。

呼吸器内科の先生は、肺の影は炎症じゃないか?と言っていました。

入院して骨に5回放射線あてて、痛みはだいぶ軽くなり、今日退院しました。
PET検査や気管支鏡検査など勧められましたが、検査をしたからと言って原発が必ず見つかり、治療できる訳では無い。
やっと痛みが取れたのに、また辛い検査をして原因が見つからないとなってはショックなので、今後は訪問看護や訪問診療を利用して、痛みを緩和してもらいながら在宅生活を送ることになりました。

母の意思を尊重しようと思いますが、原発不明癌は半分くらいの方は余命一年くらいだと聞きました。

今の母は、痛みに耐えていた頃を思えば、車いすに座って食事もできるし、食欲もあります。このまま良くなるのでは?とも思える程です。

私は今30歳。お付き合いしている方もおり、結婚を考えています。
花嫁姿を見せたいし、孫の顔も見せたい。
一緒に買い物したり旅行にも行きたい。やりたいことがまだまだあります。
もしかしたらあと一年しか生きられないかもなんて信じられません。

原発不明癌の方でも何年も生きることもあるのでしょうか?
これから先、痛みが酷くなり苦しむこともあるのでしょうか?

A 回答 (3件)

痛みに対しては放射線や麻薬の使用で対応していけると思います。

私は癌の治療は薬よりも本人が前向きに笑って暮らし、自己免疫を上げるのが一番だと思っています。なかなか受け入れられないとは思いますが、残された時間をクヨクヨと嘆くより、楽しい思い出を残せるようにするのが一番だと思います。お母さまと一緒に結婚式のプランを考えるのも良いかもしれませんね。生きがいになると思いますよ。
    • good
    • 0

良い文面ですね。



複数の転移もあるということは手術も困難ですし抗癌剤も効果が望めませんから、積極的な治療は断念した方が良いという見立てと思います。
ただ、放射線で骨の転移による痛みが取れたとしてもいずれ再燃するはずです。
原発癌が何なのか解らないところも難点です。

私は癌ワクチンであるハスミワクチンを中心にした免疫療法の定例会を優れた協力医と持つ者ですが、ハスミワクチンは副作用なく、少なくとも痛みや苦しむことなく延命が得られる免疫療法です。
ただ原発癌が不明ということは、ハスミワクチンが癌の種類ごとに適合するものを使う点で厄介です。(ワクチンの種類はおよそ30種、癌ごとにあります)
卵巣癌が血行性転移で肺や肝臓に飛ぶことがあっても、その逆は無いように思います。
(肺や肝臓は血液が豊富なため血行性転移が起きやすく、肺癌が卵巣に飛ぶことは少ないと思うし、BやC型肝炎ウイルスをお持ちでなければ原発の肝臓癌はまれと思います)
なお、胃癌は腹腔内転移による卵巣転移もあります。

・提案ですが、医師の経験から★推測できる原発癌の部位を聞き、その適合する一般ワクチンと尿から癌抗原を抽出する自家ワクチンをされてはと思います。
その際、ハスミワクチンの話しをしても医師は知識になく理解はされないでしょうが、
ハスミは癌細胞が持つ特有の癌細胞膜抗原(蛋白分子)と癌ウイルスを抽出したものを材料とするワクチンであり、一般ワクチンは癌の種類ごとに作られている既成のものであり、患者の尿や胸水や腹水からでも自己の癌抗原を抽出して合わせる(自家ワクチン)も可能です。一般ワクチンは即日入手できますが自家ワクチンの作成は2ケ月かかります。

・原発癌の特定も推測も困難であればK.Mという胃癌用のワクチンと自家ワクチンと言う手もあります。

いずれにしましても、緩和医療においては痛みや苦しみを軽減するだけのもので先の希望などはありません。可能性を捨てないことが希望につながります。

----------------------
余談ですが、癌免疫療法には丸山やハスミが古くからありますが、近年、免疫細胞療法としてNK細胞療法や樹状細胞療法等の庶民の手には届かない高額な免疫療法も開発されています。
特にHITVという樹状細胞療法においては患者の樹状細胞を培養し、数か所の癌に注入し短期間に消すことができます。
そういった情報がご入用でしたらお知らせください。詳しく知っています。

なお、いかなる免疫療法にも抗癌剤を併用しては効果を見ません。
ハスミワクチンにおいても抗癌剤は併用してはなりません。健全な白血球を前提にするのが免疫療法であるからです。
以上です。
「原発不明癌」の回答画像2
    • good
    • 0

表現は冷たい物に成りますが、



癌の発生要因などは不明で当たり前です、
癌が確定しても、余命などは個々人での体力に個体差が有りますから、仮に半年・1年がDr.の診立てでも、当方の祖父の様に3年間も元気に過ごす場合も起こります、
普通に食事を摂り、短い距離ながら散歩もこなし、痛みも無く、健常者に見紛う形で命を閉じる一週間前まで過ごし悠容と旅立ちました、

ご家族としては、思入れも多々有るかと思いますが、周りは唯見守るだけです、
人間誰しも何時かは命を閉じますから、
それだけを肝に命じての気持ちが必要です、

汝知る事叶わじ、 です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友人が舌がんで、心配です。

最近、友人(女性)が舌がんであると連絡してきました。
近く入院し、手術するとのことです。
診察した結果、病期がまだわからないとのこと(分類でいえば、原発腫瘍の評価が不可能?)で早期に手術が必要と判断されたとのこと。
その友人は大体3カ月前以上から舌の痛みを訴えており、当初は虫歯や歯ぐきによる傷が原因の口内炎と思っていたようです。
ステージによっては、嚥下機能や構音機能の障害(食べ物が呑みこめなかったり、言語障害)が起こりうるようで、転移によっては命にかかわるそうなので非常に心配しております。

心配なのは、今の状況でどこまで進行がすすんでいる可能性があるか?です。
なにせ、数カ月前から歯医者への診察はいってたようですが、長い期間がん検診については放置状態の
状態だったので。

舌がんにかぎらず、別のがんでもかまいません。上記の状態に近い経験、または聞いたことあるかたがあれば、情報ください。

Aベストアンサー

腫瘍を取り除くと言っても腫瘍が下の何処に有りどの様に取り除くかによってですよね、今貴方様の友人の情報です、それを私が貴方様から聞いている状態ですので、それは医師でないと解りかねねますね、普通舌癌は舌の横側に出来るのが多いですがね。それ以上は直接診ている医師でないとね?

Q子宮頸癌で亡くなる方がいますが、みんなそれほど検診に行ってないってことでしょうか?

子宮頸癌で亡くなる方がいますが、みんなそれほど検診に行ってないってことでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんどこかに「自分は大丈夫」と思ってるんでしょうね。
今はある年齢になると無料で検査を受けれるのにね。
無料だから行かないと損だし、安心も出来ませんよね。

Q82才の母親がCTの画像診断で肺線癌の疑い有りでひっかかりました。お医者様の話しだと恐らくステージ1

82才の母親がCTの画像診断で肺線癌の疑い有りでひっかかりました。お医者様の話しだと恐らくステージ1aから1bの肺線癌だろうと言う話しで、治療をするかどうか悩んでます。高齢な為、お医者様も強く治療した方がいいとは言っておらず悩ましいとこです。
手術や放射線治療による後遺症なども高齢ですし、怖いですが、何もしないって言うのも辛いです。進行はとても遅いみたいです。
母親は、あまり活発な人ではなく、体力的にも心配です。
もし、皆様が私の立場なら、母親に治療をすすめますか?ちなみに、母親には、お医者様が恐らく肺線癌だろうと、話しをしてることは、伝えてません。
色々なご意見いただければ、参考にさせて欲しいです。

Aベストアンサー

肺ガンってガンの中でも一番頑固なガンであると、妻が肺がんで闘病中に担当の専門医より聞いています。高齢者はガンでなくなるのではなく、治療の副作用の厳しさでお亡くなりになります。一番副作用の少ない放射線治療でも副作用はかなりあります。抗がん治療など地獄に行くよるもまだよ厳しいのをこの目でみています。手術も、片肺をすべて切除で、80歳を超えた人が耐えうるものでもないです。

何もしないでも、数年、妻は3年半が、苦しみもせずに生きていけます。妻は心臓が弱くなり肺に水が溜まりだし、リビングで家族と笑いながら会話中に、心臓停止でアッと言う間に逝ってしまいました。その3年半の間も、何回もこれが最後だという体に負担をかけない同じホテルに連泊の旅行もしました。本人の強い希望で入院は一度もなしです。

痛みが来る前に、緩和ケアの先生にはお世話になりましたが、痛みは末期でアスピリン2錠を飲む程度が最後までで、麻薬系鎮痛剤の使用はなしでした。

Qタバコ吸って肺癌になる奴って自業自得ですよね?笑。 しかも,そういう人に限って肺癌と診断されたらパニ

タバコ吸って肺癌になる奴って自業自得ですよね?笑。

しかも,そういう人に限って肺癌と診断されたらパニックになりそうですよねw

Aベストアンサー

肺がんは難しいがんの一つです。転移しやすいため急いで手術せねばならず、削除の範囲も広くなります。私の友人は登山が好きでしたが、手術後はそれが以前ほど楽ではなくなりました。
確率もあるので肺がんイコールタバコとは断定出来ませんが、強い誘因と言われていますから、避けた方が良いでしょう。家族や周囲も煙で迷惑します。
肺腺がんのように喫煙以外の原因もあります。原因としては「女性ホルモン」と「汚染大気」の2つが有力視されています。大豆製品が有効なことと、定期的なX線検査が重要です。

Q抗がん剤治療はしない方がいいのですか?

がんになると、みなさん抗がん剤治療をしていますが、
ネットで調べると、
抗がん剤治療は体への負担が大きいので
かえって寿命が短くなると書いてありますが、どうなのでしょう。
今、友達の娘さんが白血病で抗がん剤治療をしているのですが
副作用で体が辛いみたいです。
もし、自分が、がんになった時に抗がん剤治療は
必要なのか悩んでいます。

Aベストアンサー

癌治療は難しく医師に頼りがちですがそこに落とし穴もあります。
あなたが患者さんの親に情報としてアドバイスされるのか、あなただけの知識にとどめるのかは解りません。いずれにしても知識として頭に置かれることもよろしいかと思います。
-------------------

・癌に対する現医療は手術・抗癌剤・放射線が3大療法とされています。それにiytfきんねんされていませんが近年様々な免疫療法が一部の機関でなされています。
・白血病は白血球の癌化で、骨髄性白血病(骨髄球が癌化)とリンパ性白血病(リンパ球が癌化)があり、それぞれ急性と慢性に分かれます。
種類については後ほど以下を参考にしてください。
なお、広義には悪性リンパ腫や骨髄異形成症候群などもあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%97%85

細かいことはぬきにして、最も抗がん剤治療が効果があるのは急性のリンパ性白血病です。最も効果が無いのは慢性の骨髄性白血病です。(骨髄性はあまり期待できません)

・抗がん剤治療は、劇薬となる細胞毒により癌細胞を死滅させようとするものです。
当然正常な細胞も死にます。正常な白血球が少なくなれば免疫力が低下し感染症にもかかります。
抗癌剤を止めれば先に癌細胞が回復します。
抗癌剤治療をして様子を見、癌細胞が増えてきたらまた抗癌剤ということで、もぐらたたきのような治療です。そこに抗癌剤や放射線などによる癌治療の難しさや落とし穴があります。
・ほとんど癌細胞(癌化した白血球)が見えなくなる状態を寛解時期と言います。
それを維持し、完全寛解から治癒まで至るかどうかは、★実は健全な白血球が癌化する白血球を見破って破壊し排除してくれるかどうかにかかっています。

---------------------

免疫療法と言うものはひと口で言えば、『正常な白血球をすこぶる活性化させて、癌細胞の存在を認知させ、排除に向かわせる医療』です。

医療としての免疫療法には古くから丸山ワクチンとハスミワクチンがあります。
丸山ワクチンは結核菌の成分を抽出しワクチン化したものです。
ハスミワクチンは癌の種類ごとに癌細胞から抽出した癌細胞膜抗原とウイルスをワクチン化したものです。
また、近年では免疫細胞療法と言われるものが数種類開発されています。LAK療法・NK細胞療法・樹状細胞療法等があります。これらは、目的とする白血球を患者の血液から取り出し、体外で数千倍に培養し患者に戻すもので百万単位のお金が必要です。

・白血病に最も効果があるのはハスミワクチンです。
免疫が低下する抗癌剤をされずにハスミを使用することが望まれますが、
抗癌剤を避けれない現状では、抗癌剤を止めれる寛解時期に躊躇なくされれば治癒が望め再発もしません。
・いつまでも抗癌剤に頼ればいずれ敗北します。
癌治療は医師任せにしない頭脳が必要です。

以上、簡単にまとめてみました。参考になれば幸いです。

癌治療は難しく医師に頼りがちですがそこに落とし穴もあります。
あなたが患者さんの親に情報としてアドバイスされるのか、あなただけの知識にとどめるのかは解りません。いずれにしても知識として頭に置かれることもよろしいかと思います。
-------------------

・癌に対する現医療は手術・抗癌剤・放射線が3大療法とされています。それにiytfきんねんされていませんが近年様々な免疫療法が一部の機関でなされています。
・白血病は白血球の癌化で、骨髄性白血病(骨髄球が癌化)とリンパ性白血病(リンパ球が癌...続きを読む

Qこれから手術します。癌に良い物教えてほしいです。

これから手術します。癌に良い物教えてほしいです。

Aベストアンサー

笑うエネルギーは癌を救う。これは実話です。笑う時間は脳にいいし、癌を活性させます。日々の基本はクヨクヨしないことです。

Q左足全体が痛い。 足の癌だと思います。 やはり 病院は癌センターに行ったほうがいいでしょうか?

左足全体が痛い。
足の癌だと思います。
やはり
病院は癌センターに行ったほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

国立がんセンター(県立のセンターも含みます),癌研病院 共に
専門の医療機関なので当然紹介状が必要になります。
簡単には受け付けてくれないことが多いですよ。

今かかりつけの医師が何と診断しているか判りませんが、まずは別の病院でのセカンドオピニオン
(カルテや検査データを借用して別の病院に相談に行くこと)を実施してみることをお勧めします。
ネットとかで調べると受け付けてくれる病院は結構ありますよ。
もし、かかりつけの先生がセカンドオピニオンをイヤがったら・・・
それは自分の診断に自信がないか、金儲け主義に走ったヤブ医者って事で、
病院替えるのも一つですね。

個人の開業医の方が、がんセンターの医師よりしっかり診てくれる場合もあるし、
他の方が言う通り、足の痛みだから ”足” が悪いと思ったら、
実は心臓とか脳神経の問題だったなんて話もありますし・・・

Qくも膜下出血、てんかん、脳梗塞、水頭症

30代の家族がくも膜下出血で緊急搬送されました。発症後すぐに救急車を呼んでいただいたのが幸いし、急性期病院を4週間後回復期リハビリ病院に転院し現在5週目、両足に麻痺が残るであろうという診断でしたが、現在は杖で院内を歩けるまでに回復しました。軽度の記憶障害がありますが職場復帰に向け、リハビリに日々励んでおります。くも膜下出血の緊急搬送中にけいれんを2回起こしており、現在てんかんの薬を服用しています。くも膜下出血再破裂防止(記憶障害の原因)の手術後に脳梗塞(足の麻痺の原因)と水頭症を発症しました。水頭症にはvpシャント術をし(シャント術直後にもけいれんを起こしました)、バルブとチューブが入っています。起こってしまったことは、仕方がありません。なかったことにはできません。日常生活が送れる有り難さを感謝しながら体調管理、健康的な生活をこつこつ続けて行く、当たり前のことですが、家族として支えて行きたいと思っています。同じ病気の方やそのご家族にお話を聞かせて頂きたいです。私たちは静岡県西部に住んでおります。直接会ってお話ができる場や家族の相談窓口等教えてほしいです。ネットやリハビリ病院の相談員さんへの質問で少しずつ情報を集めていますが、まだまだ情報が足りません。どうかお願いします。

30代の家族がくも膜下出血で緊急搬送されました。発症後すぐに救急車を呼んでいただいたのが幸いし、急性期病院を4週間後回復期リハビリ病院に転院し現在5週目、両足に麻痺が残るであろうという診断でしたが、現在は杖で院内を歩けるまでに回復しました。軽度の記憶障害がありますが職場復帰に向け、リハビリに日々励んでおります。くも膜下出血の緊急搬送中にけいれんを2回起こしており、現在てんかんの薬を服用しています。くも膜下出血再破裂防止(記憶障害の原因)の手術後に脳梗塞(足の麻痺の原因)と水頭症を発...続きを読む

Aベストアンサー

#1です
先が長いですし
再発することも考えられます
我が家は父親ですが4年以上病んで(高齢ですので)この春見送りました
半身まひでしたが
そのときもソーシャルワーカーさんに色々相談して力になってもらいました

質問者さんも体を大切にしてください
息抜きしながら見守ってあげてください

Q飲酒の再開、過労、ストレスで、癌術後の5年生存率下がりますか?

飲酒の再開、過労、ストレスで、癌術後の5年生存率下がりますか?

Aベストアンサー

過労やストレスは、免疫機能に直結しますので再発率は高くなる可能性があるので、下がってもおかしくないと思いますよ。
https://www.sciencedaily.com/releases/2008/02/080227142656.htm

アルコールに関しては、口腔、咽頭、声帯、食道、肝臓、大腸、乳がんについては因果関係がある様です。

Q直腸がん 手術を受けない、抗がん剤を使わないときの考えられる経過

90歳の父親です
直腸がんが見つかり医師から体力的、年齢的に手術、抗がん剤などは勧めない。選択肢としてはあるが、と説明を受けました。
医師を信頼していますので、医師の勧めに従い、手術、抗がん剤は使わずにいこうと思っています。
心配なのはそのままで経過していったときに、がんが大きくなって便がでなくなるようなことはないのか、あったら何らかの手立てがあるのかないのか、苦しむようなことになるのか、などということです。
それがどうだからといって、では手術や抗がん剤をお願いしようと考えを変える気持ちはありませんが、心準備といいますか、わかったうえで情報収集をやっていきたい、その時に備えたたいと思い質問をしております。
手術をうけるかどうするか、をすぐに返事をしなくてはならないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国立がんセンターの発表では、
高齢者の場合
手術など治療するも、
経過観察も余命に大差ない
むしろ治療が逆効果
今は75歳以上は経過観察する
方針みたいですよ

高齢者は若い方と異なり、
進行は遅いです
手術はリスクがある
万一の時には麻酔から覚めない
抗がん剤治療は地獄の苦しみ
必ず有効じゃない
主治医の選択が正しいのでは?

お大事にして下さいね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング