寝る前に聞くと最高な洋楽♪安眠ソング5選

いいなと思った女性がいたけど、年齢的に子供は厳しい年齢の方だったら、やめておきますか?

男性で子供が欲しい場合です。

質問者からの補足コメント

  • 女性に対して失礼だと思いますか?

      補足日時:2018/11/09 15:41
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (7件)

子供欲しい、欲しくないに関わらず、20代女性までが結婚相手と考えるべきです



子供が欲しいと決めているなら尚更です
中絶の過去がある女性も多いので、妊娠しにくいとか、後悔しないように、出来るだけ若い処女と結婚するのがよいのは、常識ですよ

高齢女性と結婚しても良いことなんて何も無い
    • good
    • 1

設定している条件が少なすぎですね。



子供が欲しい男性、だけでなく
その男性は何歳くらいを想定しているか
その男性が使えるオカネはどのくらいなのか
によって、回答がぜんぜん違います。

女性側に「卵子の劣化」と言う致命的な年齢制限が
あるのと同様に、
一般的に家計を主に負担する男性側には
生まれた子供を無事に育て上げる事ができるだけの
経済的余裕があるのか、が
子供を持てるか持てないかの判断になります。

無理すれば高齢女性でも子供は産めますが
そのためには旦那側の経済的余力が必要で
絶対的に自由に使えるオカネを持ってるジジイなら
相手の女性を自由に選ぶ事ができます。
秀吉のようにブランド嗜好で処女のタカビー女を妾にするのも
家康のように現実主義で子持ち年増女を妾にするのも、
何をしても自由です。

逆に、その時点ではカネを持っていなくても
まだ若くてどうとでも使える男も、自由に選べます。
これからの存在ですから、将来について憂いがある者以外、
選ぶ女性の選択肢はとても幅が広い。

上記に該当しない男には、
そもそも女性を選ぶ権利なんか無いです。
給料は良くても別れた女房との子供に養育費払っている奴とか
若いのだけどヒキコモリのヒッキーで何もしない寄生虫な奴とか
この類の場合には、女性が高齢だからどうのこうの、と言う以前に
自身に大問題を抱えているので男性側こそ「価値無し」です。

人間は男でも女でも
「持てる者」が勝者であり、
「持たざる者」は敗者です。
勝者のみが質問されている事についてご質問を考慮できるでしょう。
敗者は質問にある「子供」を育てる事ができないので
質問への回答する資格が無いはずです。
こういったところですから、
女性に対し失礼もへったくれもありません。

オカネにしろ
健全な子供を産む能力にしろ
「持っていない者」
はゴミと同じで分別されるだけです。

もちろん、
人によって対象への愛着は違います。
どう見てもおばあちゃんな女性でも
当人にとって憧れの対象であれば
どっかの国の大統領みたいに
子供の頃の恩師と結婚することもあるでしょう。

最終的には相手次第。
もし、子供ができないから、
などを理由に断られたのであれば、
申し訳ないけどそれはおそらく
「単なる後付の理由」で
実際には「遊びです」って事だと思いますよ。
    • good
    • 0

思いません!



自分のお子さんが欲しいというのは、当たり前の感情だと思うので。

35以上では、難しいのが、現状なのですから、仕方ない。
    • good
    • 0

どうしても欲しくて、女性よりも子供の気持ちが勝るなら、やめておくし、その方がお互いの為だと思います。


きちんと話し合いが必要だと思います。

そもそもつきあうときに確認するかなー。

わたしも高齢で結婚しましたが、主人の子供に対する考え方は確認しましたし、ふたりだけの人生でも仲良く生きていこうという意思確認もしっかりして、同じだったため結婚しました。

女性に対して失礼だとは思いません、当然だとおもいます。
    • good
    • 0

子供が欲しいならやめればいい。



その女性と生きたい!と思うなら
子供は諦めればいい。

それだけのこと。
    • good
    • 3

生殖という条件で愛しい人を諦められるのでしようか?



養子という選択も有ります。
    • good
    • 1

子供が欲しいならやめるでしょうね



>女性に対して失礼だと思いますか?
散々付き合って、結局やっぱり結婚はできないや
って言うなら失礼、というか可愛そうですけど
その前でしたら別にいいのでは

選ぶ権利はどちらにもありますしね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報