現在、民主主義の国のほうが多いと思うのですが、民主主義以外の政治システムはどのような種類がありますか?
また、民主主義ではない国はどこですか?また、それらの国は何主義になるのでしょうか?(独裁主義とか??)

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

名実ともに民主主義の国は少ないとおもいます。


見分ける視点としては、
政権の交代が、民主的に平和に行われている。
革命で樹立された政権は、民主主義政権とはいえないとおもいます。
王制、独裁体制による世襲による政権も同様です。
基本的には、法治国家であり、基本的人権、3権分立、政教分離、。。日本は優等生です。(一票の重みをのぞけば)
民主主義の維持のためには、市場経済が不可欠とされ、経済体制が、統制経済の国は民主主義の国とはいえないと思います。
具体例として、朝鮮民主主義人民共和国、イランイスラム共和国、ミャンマー連邦。。
蛇足ですが。。
国連は民主主義の下で運営されているとは言い難い部分も多くあります。
独裁国家の代表、基本的人権が認められているとは言い難い国家の代表が、民主主義の名の下で投票する矛盾。
常任理事国の選び方、選ばれ方。。大体、一票の重みがはきっりしない多数決てあるの。。。
中国は、天安門事件の際、人民解放軍の戦車で自らの非武装の国民を踏みつぶした国家体制を維持したまま常任理事国として存在しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよねぇ~。考えたら、何で中国が常任理事国でいられるんだって感じですね。いままで「勝戦国」だから当然くらいに捉えてました。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/15 20:30

民主主義の国の方が少数でしょう。



民主主義の定義はいろいろあるようですが、現在民主主義の国と言われているとこには必ず政権交代があるので一つの目安になるでしょう。
ちなみにどこの国でも民主主義らしく見せたがります。北朝鮮やイラクなどでも一応選挙で選ばれてます、しかし一党が何十年も政権を握っています。

ところで、そのように客観的に考えると日本は民主主義の国かと言うと灰色かもしれません。

一党がほんの一時期を除いて何十年も政権を握っているからです。これは民主主義と言われる他の国ではありません。その結果何十年の間に与党の政治家と官僚と馴れ合いや癒着が深まり政策や国会での答弁も官僚任せになっています。総理の国会での演説も政治家が考えたものではなく実は官僚が土台を作っています。
旧ソ連のゴルバチョフは日本は社会主義の国だと明言しています。55年体制では政権交代一度も起こらず、補完として派閥が生まれたようです。

しかし、現在は民主党が誕生し政権交代が起こる可能性が高まっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考に致します。

お礼日時:2004/11/15 20:27

no1です。


共産システムを指揮っている人が、
自動的に独裁者です。

ま、そういう意味では、世界中が拝金主義です。
お金を拝んでますから。

民主主義は幻想かと。
    • good
    • 0

#2です。



あまり民主主義の国は多くないという意味でした。

韓国の民主化はまだ最近のことでして、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E6%B3%B0% …
によると
1987年に民主化宣言を表明。直後、16年ぶりに選挙を行ったとあります。

台湾は最近まで国民党(中国から逃げてきた党)の一党独裁で2000年の総統選挙でやっと政権が変わったということです。

ただし民主主義が常に最適というわけではなく、思想弾圧など問題はありましたが韓国の独裁政権は経済発展の面では再評価もされています(開発独裁)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あぁ~!なるほど、そういうことだったんですね!
大変分かりやすいです。ありがとうございます!

お礼日時:2004/11/13 00:35

まず民主主義とは何か、ということについてある程度理解できないと何が所謂民主主義で何がそうでないのかは判別が困難かと思われます。

中国も北朝鮮も、民主主義国家といえば民主主義です。北朝鮮に関してはさすがに独裁を飾るための民主主義プロセスですが・・・(百戦錬磨の大将軍金正日同志は一応選挙により人民から信託を受けています)。

民主主義にはいろいろと細かい定義があるようですが、全ての身分の人間に権力への接近可能性があり、人民が主権の行使者であり為政者は人民と同列であるという考え方です。勿論いい方は色々あるので、ちゃっちゃか本題。

民主主義とは異なる概念としては、権威主義的体制と全体的主義体制があります。で、それぞれ分類してみると・・・。


全体主義体制・・・スターリンの頃のソ連、ナチスドイツ

一党支配型(権威主義的)・・・中国、ベトナム

軍支配型・・・ビルマ

個人権威型・・・イラン、かつでのハイチなど

また王制を採用している国も若干あり、東南アジアのブルネイなどが体表例です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変細かく教えていただきありがとうございます。参考に致します。

お礼日時:2004/11/13 00:36

#2です。



その他王様の支配する国多数。
サウジ、ブルネイほか

ただし資源が豊富なため問題がおきない。
    • good
    • 0

あまり多くないと思うのですが。



北朝鮮・共産党独裁なのに世襲制
韓国・最近なったばっか
台湾・最近なったばっか
中国・共産党独裁
ミャンマー・軍事政権、スーチーさん軟禁

その他多数。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
ただ、韓国と台湾の「最近なったばっか」というのがいまいちわからないのです。。申し訳ないのですが、できればもう少し補足していただけるとウレシイです!

お礼日時:2004/11/12 22:55

民主主義でないものは、全て独裁主義に含まれるはずです。


だって民が主ではないんですからねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむ・・では、共産主義はどうなんでしょうか?

お礼日時:2004/11/12 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本って何主義?

よくわからないのですが、
日本は民主主義なのですか?資本主義なのですか?

Aベストアンサー

みんな上手いこと言いますね。全員セイカイでしょう。

質問に対する答えは、日本は民主主義だし資本シュギです。
民主主義で社会主義を選ばなければ資本主義なのです。民主主義によって資本主義を選んだという二つの主義があっていいのですよ。
民主主義で共産主義を選んでもいいのです。民主主義で自分たちを役人と外人のための奴隷にしてもいいのです。

民主主義で資本主義の日本は同時に「個人主義(格差)=良くない」主義なので、その実態にふさわしいのは社会民主主義です。
北朝鮮がやむを得ず共産党独裁を続けながら目指している理想の国は私有財産権のない日本の姿です。ですからこの豊かな日本においてまだ格差だなんだと所得再分配を訴えている連中は理想が北朝鮮と同じなのです。
韓国と台湾以外の東アジアは社会主義です。そう、天皇がいましたね。日本は民主主義で資本主義である社会民主主義王国です。
つまり私たちが暮らす日本という経済大国は、その民主主義も含めて、ちゃんとした主義なんてもんがない自然な国ちゃんです。行儀のいいアニマルランド。

Q民主主義国と、社会主義国…

 世界には、民主主義国家と、社会主義国家がありますが、私は社会主義と、共産主義の違いがいまいちわからず、共産主義国と社会主義国は、言い分けされていますか?
 また、そう呼ばれる国々にはどんな国があるか、それぞれ教えていただけたら幸いです。
 それから、(民主主義も含め)それぞれのメリット・デメリットについても、知りたいです。
 参考になる、URLなどでも嬉しいです。
 この手の話には、本当にうとくて…。きちんと知って、レポートを書きたくて投稿しました。
 よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

学問的な見地からはいろいろあるとおもいますが中学校の社会科で習ったことを述べてみます。

民主主義には資本主義と社会主義(または共産主義)の2種類ある。大きな違いは資本主義は誰でもが政治に参加できるが社会主義ではでは働くもの(つまり労働者・農民)だけが参加でき、働かないもの(資本家など)は政治に参加できない。

また「資本主義=自由主義」ともいわれますが、自由主義がなんでもありの自由とすれば社会主義では「搾取する自由がない」という点が大きな違いのようです。

参考までに広辞苑では次のように記載されています。

●民主主義:
 語源はギリシャ語のdemokratiaで、demos(人民)とkratia(権力)とを統合したもの。すなわち人民が権力を所有し、権力を自ら行使する立場をいう。
●社会主義:
 (1)生産手段の社会的所有を土台とする社会体制、及びその実現をめざす思想・運動。
 (2)協議には、資本主義社会に続いてくる共産主義社会の第一段階を指す。
 (3)非マルクス主義的社会主義の運動及び思想。マルクス主義の社会主義運動が共産主義運動とよばれているのと区別するために、今日の社会民主主義をとくにこの名称でよぶ。
●共産主義:
 (1)私有財産制の否定と共有財産制の実現によって貧富の差をなくそうとする思想・運動。古くはプラトンなどにもみられるが、現在では主としてマルクス・エンゲルスによって体系づけられた科学的社会主義をさす。
 (2)プロレタリア革命を通じて実現される、生産手段の社会的所有に立脚する社会体制。
(イ)その第一段階は社会主義とも呼ばれ、生産力の発展程度があまり高くないため、社会の成員は能力に応じて労働し、労働に応じた分配を受ける。
(ロ)生産力が高度に発展し、各成員が能力に応じて労働し、必要に応じて分配を受ける段階。これが協議の共産主義。

>また、そう呼ばれる国々にはどんな国があるか、それぞれ教えていただけたら幸いです。

 これまでに旧ソビエトを含めて共産主義に到達した国は無いといわれています。旧ソビエトを初め、旧東欧諸国のほか社会主義を名乗る国はいくつかありましたが、 ソビエト崩壊後、現在いわゆる社会主義国といわれているのはつぎの5ヶ国です。
 中国。北朝鮮(朝鮮人民民主主義共和国)。ベトナム。ラオス。キューバ。

学問的な見地からはいろいろあるとおもいますが中学校の社会科で習ったことを述べてみます。

民主主義には資本主義と社会主義(または共産主義)の2種類ある。大きな違いは資本主義は誰でもが政治に参加できるが社会主義ではでは働くもの(つまり労働者・農民)だけが参加でき、働かないもの(資本家など)は政治に参加できない。

また「資本主義=自由主義」ともいわれますが、自由主義がなんでもありの自由とすれば社会主義では「搾取する自由がない」という点が大きな違いのようです。

参考までに広...続きを読む

Q北朝鮮は民主主義なんですか?

タイトルの通りです。
なぜ「朝鮮民主主義人民共和国」なのか疑問です。
初歩の初歩のような質問で申し訳ないのですが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義(ism)ではありません。ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。
 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独裁ということもあります。
 つまり民主制であるなしと、国民の自由や権利・福祉が保証されているか否かは別問題であり、また自由主義や社会主義などの主義とも別物です。
 ただし、いわゆる“民主的”という言葉が、参政権や思想信条の自由などが保証されている状態を指すため、両者が混同されるのでしょう。

 それと、朝鮮民主主義人民共和国という呼称はあくまでも外国語です。なぜなら漢字を廃止しているからです。正式名称をカタカナ表記すると「チョソンミンジュジュイインミンコンファグク」です。

 つまり、彼らにとっての“民主主義”と、われわれの“民主主義”は別物だということですね。

 まずDemocracyの訳語としての「民主主義」ですが、あくまでも体制概念(cracy)であって、主義(ism)ではありません。ですので「民主制」という方が的確であり、民主主義は誤訳とする考えもあります。
 つまり「君主制」「寡頭制」「貴族制」「共和制」など主権者がだれであるかという概念・制度です。ですから日本国を含めイギリス・ノルウェーなどの大半の君主国は自由主義であり「立憲君主制」であっても、厳密な意味では民主制ではないといえます。もちろん、その逆に形式上では民主制であっても、実質独...続きを読む

Q資本主義と民主主義の関係について教えてください。

 資本主義と民主主義の関係について教えてください。
 全くわかりません。
 民主化=資本化なんでしょうか?
 わかりません。
 お願いします。

Aベストアンサー

資本主義と民主主義というのは別のカテゴリーの言葉ですので、=で結ぶのは難しいですが。
資本主義とは,一般に私有財産の存在を認め、経済主体が利潤の獲得を目的とした経済活動する経済体制です。
貨幣が元手として投下され,もうけ(利潤)とともに回収されたとき,貨幣は利潤を生みだす資本として用いられたことになります。
なにか特定の財を手に入れたり,消費するためだけに貨幣を使うのではなく,より多くの貨幣の獲得を目的として貨幣を資本として用いることから資本主義とよばれるわけです。これに対峙するのは社会主義経済ですね。

民主主義は全体主義・専制主義と対峙する政治体制。
かつては王政資本主義なども数多かったのですが、現在では、大きなグループとしては共産全体主義対民主主義・資本主義が二大勢力となっているため、民主化と資本主義導入がリンクしがちになっているものと思われます。

Q中国は社会主義。経済は資本主義?

中国は社会主義国のはずです。しかし昨今の中国経済の成長の話題から、経済は資本主義化していますか?

社会主義国にとは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?

Aベストアンサー

>社会主義国とは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?
 「社会主義」の認識に誤解があるように思うのですが、そもそもこの思想は19世紀の産業革命による経済格差を是正するために生まれた思想です。つまり、資本主義が成熟して社会主義に移行し、最期に共産主義へ到達するというのが思想の柱になっています。ですから社会主義と資本主義は対立関係にありません。

 中国共産党は現状について正式な見解を発表していませんが、政府要人などの発言を聞く限り以下のような解釈(言い訳)で資本主義化を行っていると考えられます。

・現在の資本主義化は理想の共産主義を実現するための過程である。
・資本主義を導入しているのは国民の生活を脅かさない余剰産業の分野である。
・基幹産業は国家が共産主義思想に基づいて行っているため問題ない。

 つまり、共産主義を実現するために国家の経済を豊かにしようというのが資本主義導入の理由であり、国民の生活を支える基幹産業は国家が管理しているので問題はない。そもそも社会主義・共産主義は資本主義の発展系なので、現在の資本主義はあくまでも過渡期である、というのが中国共産党の考え方のようです。

 「時代遅れなのですか?」というご質問ですが、現在の中国は本来の「資本主義→社会主義→共産主義」ではなく、文化大革命によっていきなり社会主義となった(多くの社会主義国家が同様ですが)ため、思想的にはあり得ない「社会主義状態での資本主義導入」という現象が起こっただけです。したがって「時代遅れ」とは別の次元で判断した方がよいでしょう。

 社会主義という思想は格差の是正を目的としているため、「資本家と労働者」という階級闘争に結びつきやすく、国家や官僚による国民の支配を強めてしまう側面があります。中国が抱えるさまざまな問題は、資本主義の導入が原因というよりも、社会主義が持っている問題が抑えきれずに露呈したといえますね。

 ちなみに、日本を含む資本主義社会の多くは、市場経済でありながら平等な生活を求める「混合経済体制」に移行しつつあります。すでにEUなどではゆるやかな社会主義が導入され、資本主義といかに組み合わせるかが課題となっています。そういう意味で、これからの社会は資本主義と社会主義が融合した形がスタンダードになるかもしれません。

>社会主義国とは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?
 「社会主義」の認識に誤解があるように思うのですが、そもそもこの思想は19世紀の産業革命による経済格差を是正するために生まれた思想です。つまり、資本主義が成熟して社会主義に移行し、最期に共産主義へ到達するというのが思想の柱になっています。ですから社会主義と資本主義は対立関係にありません。

 中国共産党は現状について正式な見解を発表していませんが、政府要人などの発言を聞く限り以下のような解釈(言い...続きを読む

Q共和国とは?日本は共和国?

共和国とは君主をおかず、大統領とかが国家元首となっている国家と聞きました。

このことから、アメリカは共和国と考えてよろしいのでしょうか?
あと、日本も共和国となるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。ロシアは、アメリカと違い、共和国の中に共和国(タタールスタン共和国など)を抱えています。中国(中華人民共和国)は実質的は党が国を支配していますが、独裁ではないので共和国と呼べるでしょう。
 イギリス(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)は立憲君主制。女王エリザベス二世が君主でブレア首相が政治のトップ。オーストラリアはイギリス連邦の一員であるため元首はエリザベス女王(この場合、形式上オーストラリア女王)。オーストラリア総督が政治を代行します。サウジアラビアも王国。サウード家が政治を行う数少ない絶対王政の国。

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q民主主義から社会主義になった国はありますか?

現在民主化デモが色々な社会主義の国で行われている
ニュースがTVでやっていますが、今までの歴史で、
民主主義の国が社会主義や独裁国家になった国は
ありますでしょうか?

Aベストアンサー

ベネズエラなどでは国民の大規模なデモと共に社会主義革命が起こっていますね。
ただ、民主主義も社会主義もわりと近代の国家像であることや王政国家を社会主義国と分類する傾向があったりとわりと曖昧ですね。例えば日本を社会主義国と分類することもありますし、北朝鮮は朝鮮民主主義人民共和国と民主主義を名乗っていますし、北欧を社会主義と分類することもあります。何を軸に何の目的で分類するかによって、民主主義とも社会主義とも分類できるというのが実態でしょう。

Q日本の民主主義の起源とは?

こんにちは
全然決着がつかない日本の民主主義起源論。
日本人はアメリカコンプレックスが強く嘘かホントかアメリカが民主主義の起源だと教わったとかいう人もいる。
古くはギリシア時代に民主主義があったとか、啓蒙思想があったとかで日本の民主主義は西洋由来みたいに言う人もいる。ただフランス革命のような汚い争いは敗戦後教育でも割りとまじめに書かれており、争いの絶えない血まみれの民主主義という考えも多少は植えつけられていて必ずしも幻想的に歴史教育されているわけではないきがする。
戦前は板垣退助のような自由民権運動というそのものズバリの運動が有り、東京だけでも300もの政治結社があったということが図書館の本に普通に書かれている。となると、アメリカ由来を吹聴するカスは被害妄想だ。
日本の民主主義はどこ由来ナノカ?議論求む!

Aベストアンサー

議論っていうか、回答ね。疑問があったら補足してね。

民主主義というのを考えたときに、まず「何を持って民主主義」とするかも実は議論に値する難問であるといえます。

一般的に「民主主義」という言葉は、フランス革命とアメリカ独立に始まる啓蒙主義的民主主義をいうのですが「日本の民主主義の原点」というからには、もう少し幅広い視点が必要であるでしょう。

民主主義については、古代ギリシャや古代ローマの時代にすでに民主制があり、都市国家ごとに君主制だったり民主制だったり、合議制だったりしました。
古代ローマはローマ市民による民主政治であり、帝政に発展した時期でも、その原則は崩れることはなく、帝政と民主制は両立していました。ローマの民主制は帝政との兼ね合いより、地方や属州に多く住む有権者であるローマ市民の意向がまったく反映されなかったことです。当時の技術ではなんともできない問題だったため、選挙時期にローマ周辺にいる人しか選挙権は反映されなかったからです。

このような問題や、選挙もローマは「市民」は無条件に選挙権がありましたが、ギリシャのポリスなどは多額の税金を納める人だけだったりしました。いわゆる普通選挙ではなかったのです。

では、江戸時代以前、古代などの日本には民主的決定制度はなかったのかというと、そうでもありません。
日本においても、そこに所属する総意を得る手段として、民主的な制度がありました。例を挙げると
・仏教における多人語
・集落における集会と決定
・百姓一揆における円形血判状
などです。

これらで重要なのは民主制で一番大事な「一人一人が投票において平等であること」と「結果として出た決議は反対者を含めて拘束される」ということです。

江戸時代までの日本人も民主主義的な意思決定方式は知っていたし、一部では使用されていたといえます。

明治維新は、政権運営能力を失った幕府に変わる新しい政権を作る運動であったわけですが「尊皇攘夷」がキャッチフレーズになったのは、幕府が朝廷を無視して条約を結んだりしたからです。本来、外国と条約を結べる日本の代表は「天皇」だ、ということとその天皇の名の元に夷敵を打払えということで、錦の御旗を掲げて幕府を解体し、新しい日本を作る予定だったわけです。

しかし、実際に大政奉還で朝廷が日本国の代表として復帰してみると、そこには問題が山積みであったわけで、不平等条約の改正などをするために「近代国家として西洋に遜色のない国にする」という目標ができます。

この「近代国家」というものをどう捕らえたか、というのがそのまま日本が「民主主義」を取り入れていく出発点になるわけです。

日本は近代国家の要諦として法律は最初はフランスの大陸法を取り込み、後にドイツ法を参考にしました、ドイツ法は憲法をはじめとして民法や刑法に影響を及ぼしていますので、日本の民主的な制度は当時のドイツ・プロイセンがお手本になっているといっていいと思います。

ただ、単に模倣するだけでなくそこには日本の事情が加味され、修正が加えられえているのも事実です。

自由民権運動について言えば、これは必ずしも「民主主義のための」運動であるとはいえません。ただし、数々の運動が庶民の不満を拾い上げ、憲法や国会制度、選挙制度作成への重要な後押しをしたことは間違いないといえます。

そもそも自由民権運動の最初は、板垣退助など攘夷運動を行った人々であり、思想的には明治政府とそれほど違いがあったわけではありません。しかし、より庶民の意志と生活に重点を置くか、国家の安定に重きを置くかで下野して運動するかどうかの違いになったといえます。

ですので、思想や運動に対する理論は日本のものであり、憲法制定・選挙開始までに相当に激しい議論があったことはまちがいなく、廃止され困窮を極める武士階級や勃興する地主階級など、様々な思惑が入り乱れていたのだと思います。ですから、日本の民主主義の論争はこの時点で一度収斂し、選挙制度に結びついているといえます。

その後、他国の動向にあわせて(近代化は常に西洋国の常識に合わせること、でしたから)男子普通選挙まで移行しているわけです。

そして敗戦をへて、GHQが日本の憲法を始めとした諸制度を改革していきます。民主主義的な流れで重要なのは、女性も含めた普通選挙の実施、男女平等・長幼の別のない平等、など「個人」に視点が当てられて、整理されたともいえます。

この点については、戦後の欧州でも見直しがされ、日本も欧州もアメリカ型をスタンダードとした、ともいえます。

なぜ、GHQが「個人」に焦点を当てて制度改革をおこなったかというと、そこには「リベラル」という考え方があったからです。修正資本主義ともいいます。この考えを突き詰めていくと、個人の権利を増大させるためには、共産主義がよい、という新しい風潮が生まれてきており、事実新憲法発布前には「日本を社会主義国または共産主義国に変えよう」という主張も大きく取り上げられていたのです。

GHQとしても、旧来の家制度または地主や財閥などが権力と富をもつ制度では、いずれ日本が共産化する恐れを感じていたといえます。もちろん、敗戦後の日本のエリート層も同じような意識をもっており、当時の資本主義として最大限の配慮をしたのが、今の日本の民主主義制度であるといえます。

当時のアメリカは、実にリベラルな人々を日本に派遣したといえますし、アメリカが公民権運動の結果、差別を廃止するのは1964年であり、日本の実情とは異なるものがあるといえども、日本の普通選挙実施はアメリカのリベラル層のおかげで早期に進んだ、ともいえます。

最後にひとつ重要なのは、日本人がそもそも「選挙で選んだ人に政権を託す」という民主主義にそれほど違和感をもっていなかったであろう、ということです。
民主主義的な手続きは、先に書いたように日本でも古来からあり、その方法はそれなりに知られていました。
明治になり、「日本という国のあり方」が議論されてから憲法や選挙制度が取り入れたのは事実であり、事実選挙制度公布後は自由民権運動は下火になっていきます。

これだけの土台と積み重ねがあった上でのGHQによる改革であり、まっさらな何も無いところに作り上げたものであるとはとてもいえません。

このような誤解は、太平洋戦争そのものが「軍部と政府の暴走によるもので国民は被害者であった」という東京裁判史観によるものであったと思います。国民が被害者ということであれば、その政府を選んだ国民は責任を取らなくていいからです。

しかし、実際には太平洋戦争開始前の1937年に第20回衆議院議員総選挙が行われており、宣戦布告をした内閣はこの選挙結果による内閣でもありました。直前に政党解散と大勢翼賛化が行われたとはいえ、国民の責任がなくなるわけでないと、私は考えます。

その点について、戦争に突入した責任を国民は負担しない、というフィクションこそが「戦後、そのようなことを起こさないようにGHQが日本に民主主義を定着させた」という更なるフィクションに現実味を与えたのです。

日本の民主主義には長い歴史があります。少なくとも明治からの蓄積があります。しかし、それは太平洋戦争という悲劇も生み、その責任は国民にもある、ということを忘れてはならないということです。

議論っていうか、回答ね。疑問があったら補足してね。

民主主義というのを考えたときに、まず「何を持って民主主義」とするかも実は議論に値する難問であるといえます。

一般的に「民主主義」という言葉は、フランス革命とアメリカ独立に始まる啓蒙主義的民主主義をいうのですが「日本の民主主義の原点」というからには、もう少し幅広い視点が必要であるでしょう。

民主主義については、古代ギリシャや古代ローマの時代にすでに民主制があり、都市国家ごとに君主制だったり民主制だったり、合議制だった...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報