あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

保険料控除申告書について質問があります。
【1】保険の契約者が本人でなく扶養親族の場合、書いても良いですか。
【2】保険の契約者が扶養親族以外の家族でも、本人が家族の保険料を支払ってる場合、書いても良いですか。

A 回答 (3件)

生命保険料控除については下記のQ&Aがあります。



「Q1妻が契約者である生命保険契約について夫が保険料を支払っている場合、夫が支払った保険料は夫の生命保険料控除の対象となりますか。」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
    • good
    • 0

1.扶養家族が書いてもいいけど、提出はできません


2.生計を共にしていないのであれば、書いちゃダメです
    • good
    • 0

医療費控除のことなら、一連の書類の中で申請する対象者の名前と住所とマイナンバーがわかるので


書いておけば、いいでです。
【2】は書きようがないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「あ な た の 本 年 中 の 合 計 所 得 金 額 の 見 積 額」の計算方法は?

定年退職後に再就職しまして現在派遣勤務です。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/kisairei_1.pdf
の説明に
------------------------------------------
「あなたの合計所得金額(見積額)」欄で
計算し求めた合計所得金額を記載します。
--------------------------------------------
とありますが!
 11月12月の給料の見積額を計算しないといけなないのですが!
これは
 2018年の1月~10月平均金額を
11月12月の給料とみなして記入していいのでしょうか?
ボーナスはありませんので
月々の年12回の給料のみの収入しかありません!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

2018年の5月~10月の給与の平均金額を11月、12月の給料とみなして記入すればいいですよ。

Q源泉徴収票について質問です。今年4月から正社員として働き始めました。その前はフリーターでアルバイトを

源泉徴収票について質問です。今年4月から正社員として働き始めました。その前はフリーターでアルバイトを二つ掛け持ちしていました。年末調整で源泉徴収票を会社に二枚提出するのですが、会社の人が何か源泉徴収票を元に資料を作成するのか、そのまま税務署に提出するのか知りたいです。知ってる方教えてください。

Aベストアンサー

渡した源泉徴収票は、そのまま
税務署等には提出しません。

年末調整でやることは、
各人の1年間の給与収入の
前職、現職分、全てを『合算』。
・扶養控除等申告書
・配偶者控除等申告書
・保険料控除申告書
等を元に、『控除の申告額』を計算。
その結果で出た金額で、
●源泉徴収票を4部作成します。

それを
①本人
②税務署
③お住まいの役所に2部
会社から発行提出します。

※③は『給与支払報告書』
 という名称になります。
※②③にはマイナンバー付で
 提出されます。

アルバイトの源泉徴収票は現職で、
預かることになります。
現職で発行される源泉徴収票の摘要欄に
★前職の会社名や金額の内訳が、記載
されることになります。

以上ですが、いかがでしょう?

Q学生アルバイトについて質問です。 今、大学生で今年のバイト代が103万を超えてしまうかもしれないです

学生アルバイトについて質問です。
今、大学生で今年のバイト代が103万を超えてしまうかもしれないです。
派遣のバイトを三ヶ所でやっているのですが、103万を超えた場合、確定申告はしなければならないのですか?しなければ違法になってしまうのですか?
詳しい方教えてください!
宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

>103万を超えた場合、確定申告は
>しなければならないのですか?
しなくてもよいです。

>しなければ違法になってしまうのですか?
なりません。

下記の3の(注)に該当しますから、
確定申告は必要ありません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm
引用~
3 2か所以上から給与の支払を受けて
いる人で、主たる給与以外の給与の収入
金額と給与所得及び退職所得以外の所得
の金額の合計額が20万円を超える人
~~~~~~~~~~~~~~~
掛持ちのバイトで収入の少ない方が、
20万を超えると確定申告が必要
ということなのですが・・・
~~~~~~~~~~~~~~~
(注)給与所得の収入金額から、雑損控除、
医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外
★各所得控除の合計額を差し引いた
★金額が150万円以下で、給与所得
及び退職所得以外の所得の金額の
合計額が20万円以下の人は、申告の
必要はありません。
~引用
~~~~~~~~~~~~~~~
★給与収入150万以下なら、
★確定申告は必要ないということです。

但し、
あなたの場合、学生なので、
★勤労学生控除27万の控除を
受けられるので、給料から、
引かれた所得税は、確定申告で
還付されます。

★確定申告をしないと、せっかくの
★還付が受けられません。

また、住民税はこのルールがないので、
住民税の申告は勤労学生控除の申告も
兼ねて、申告した方がよいです。
※来年の2~3月にお住まいの役所へ
行って申告します。

こちらもほっておくと、住民税を余計
にとられることになります。

なお、103万を超えると、親御さんは
扶養控除の申告条件からはずれるため、
★親御さんの税金が7万以上増え、
手取りの収入が減ることになります。

ですから、103万を超えることを、
親御さんに連絡してください。
それを忘れると、親御さんは後から
税金を追徴されることになります。

ご留意下さい。

>103万を超えた場合、確定申告は
>しなければならないのですか?
しなくてもよいです。

>しなければ違法になってしまうのですか?
なりません。

下記の3の(注)に該当しますから、
確定申告は必要ありません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm
引用~
3 2か所以上から給与の支払を受けて
いる人で、主たる給与以外の給与の収入
金額と給与所得及び退職所得以外の所得
の金額の合計額が20万円を超える人
~~~~~~~~~~~~~~~
掛持ちのバイトで収入の少ない方が...続きを読む

Q「平成30分 給与所得者の配偶者控除等申告書」記入要領で

以下の記入欄で質問です。
1)あなたの本年度中の合計所得金額の見積額
2)給与所得
に記入する金額ですが、
1円単位まで記入しないといけないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1)あなたの本年度中の合計所得金額の見積額…

あくまでも見積額、“取らぬ狸の皮算用”ですから千円単位でも万円単位でも適当に丸めてかまいません。

ただし、1年が終わって“狩りの成果”が明らかになったとき、所得税額に影響するような丸め方であった場合は、1月中に会社で「再年末調整」
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2671.htm
をしてもらうか、3/15 までに自分で「確定申告」
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2020.htm
をする必要が生じます。

そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
自営業者等が、年が明けてから確定申告をするのはこのためです。
サラリーマンの場合に限り (ほかにも一部あるが)、源泉徴収の名の下に分割前払いさせられます。
源泉徴収は、あくまでも取らぬ狸の皮算用ですから、1年間が終われば過不足を生じることも多々あり、これを是正するのが年末調整です。
とはいえ実際には年末=大晦日にならないうちにやってしまう社が多く、年末調整自体がフライング気味なのです。

例えば、見積額 900万円ちょうどと書いて実際には 9,000,100円であった場合は、配偶者控除額
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1191.htm
が 38万円から 26万円に落ちますので、所得税額が変わってくるのです。

その用紙で「配偶者の合計所得金額(見積額)」欄についても同様なことが言えます。
そのため、円単位まで正確に皮算用できるなら円単位まで書いた方が良いです。

なお「収入」と「所得」の違いはお分かりですか。
その用紙の裏面にもありますが、税の話をするとき収入と所得は意味が違い、使い分けないといけませんのでご注意下さい。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
1350.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/index2.htm

>1)あなたの本年度中の合計所得金額の見積額…

あくまでも見積額、“取らぬ狸の皮算用”ですから千円単位でも万円単位でも適当に丸めてかまいません。

ただし、1年が終わって“狩りの成果”が明らかになったとき、所得税額に影響するような丸め方であった場合は、1月中に会社で「再年末調整」
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2671.htm
をしてもらうか、3/15 までに自分で「確定申告」
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2020.htm
をする必要が生じます。

そもそも...続きを読む

Q給与所得者の扶養控除等申告書記入について 回答お願いします。 給与所得者の扶養控除等申告書は従業員か

給与所得者の扶養控除等申告書記入について


回答お願いします。

給与所得者の扶養控除等申告書は従業員から了承を得れば会社側が記入してもよいのでしょうか?(毎年記入してもらってました) 住所変更も扶養者も変わりはないです。

Aベストアンサー

今後のトラブルを、あえて作る事は有りませんよ。本人に名前でも書いておいてもらえば、筆跡が本人になります。
間違った時などに、誰が責任持つのか、その上、本人の筆跡でなければ、公文書偽造です。

Q保険料控除申告書について

無知のため教えてください。
保険料控除をうけるために申告書を書いています。

生命保険料控除額が最高12万円となっています。
例えば最高額の12万円が控除額だとしたら、12万円戻ってくるという意味ですか?

簡単に教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなたの給料は年間いくらありますか?

この書類で、生命保険料控除を
12万円申告することで、
(所得額を12万円低くみてもらえる)
ということです。

低くなった所得に税率をかけるので
その分、税金が安くなるのです。

所得税では、
最低で所得税率5%です。
給与が多ければ、それだけ税率が
5%、10%、20%、23%・・・
と上がっていきます。
●12万×5%~=6,000~
が軽減される税額となり、その分
年末調整で還付されます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
住民税の税率は一律、10%なので、
●12万×10%=1.2万
が住民税から軽減されます。
今年分の住民税が来年6月から、
天引きされる時、税金が減り、
手取りが増えます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

因みに、
生命保険料控除は、例えば
平成24年以降の新契約なら
死亡保険
医療保険
個人年金
★それぞれの控除額4万が上限です。
★各保険料がそれぞれ8万超あって
★4万が上限額です。

お間違いないように、
ご留意下さい。

Q白色申告の場合、奥さんに給料支払い

ご主人が自営業者で、私が会社員です。今私は、産休を取っております。主人の経費のお手伝いで、10万円もらう予定です。これは経費にあてられますでしょうか。また、私は何か申告しないといけませんか。税金を多く払うことなら、もらいません。
主人は国民健康保険、私は、社会保険です。
いいアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

NO1キチィちゃんが全く正しい回答をされている。
その後の回答も正だが、「うそ回答」がある。質問者が混乱してしまうのではないだろうか。

1 白色申告者は、家族に給与を払っても経費とできません。
2 給与を貰った家族も、自己の所得とする必要はありません。
3 白色申告者が家族に払った給与については源泉徴収の必要はありません。
  給与支払報告書(支払い調書ではない)を市に提出する必要もありません。
  
4 青色申告の承認申請は今からすると「平成31年から適用」になります。
5 専従者は年6月以上の専従労働が求められますが、専従できる期間の2分の1以上を専従労働に充てられるなら、専従者になります。
 例 会社勤めしてた妻が、8月31日に退職した場合。
  残り4か月しかありませんが、専従できる期間(4か月)の二分の1以上、つまり2か月以上専従労働すれば、専従者控除が認められます。
6 白色事業専従者控除を夫が受けると、控除額は「専従者が受け取った給与」とみなされます。
 源泉徴収義務や給与支払報告書提出義務はありません(既述)が、専従者である妻が、専従するまでの期間に給与所得を得てるとしたら、合算しての確定申告が必要となります。
 例 妻が育休するまので給与は企業が年末調整してくれて、源泉徴収票が発行される。
   この源泉徴収票に記載された給与収入と事業専従者として、夫が専従者控除を受けた額が「妻の一年間の給与収入」

NO1キチィちゃんが全く正しい回答をされている。
その後の回答も正だが、「うそ回答」がある。質問者が混乱してしまうのではないだろうか。

1 白色申告者は、家族に給与を払っても経費とできません。
2 給与を貰った家族も、自己の所得とする必要はありません。
3 白色申告者が家族に払った給与については源泉徴収の必要はありません。
  給与支払報告書(支払い調書ではない)を市に提出する必要もありません。
  
4 青色申告の承認申請は今からすると「平成31年から適用」になります。
5 専従...続きを読む

Q平成30年分の税の確定申告についての質問です。

平成30年の所得税確定申告をするべきかどうかで迷っている80歳の年金生活者(公的年金のみの収入)です。
老夫婦二人で生活しており、妻(80歳)の方は無収入です。
毎年、まじめに、e-Tax によって確定申告をしているのですが、毎年、概ねこのような状況ですが、
確定申告ぜずにおこかとも思うのですが、如何でしょうか? 
専門家のご意見をお聞きしたいと思い、この度の質問に至りました。

つまり、
1.私自身の収入は、公的年金のみで、老齢基礎年金、退職年金、厚生年金基金による年金、の3本立てで、合計400万円程です。
2.従って、公的年金等の控除によって、雑所得としては、
(400万円×75%-37.5万円)=263万円 の雑所得(a)。

2.なお、3通の源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額は、合計3.5万円ほどです。
どうして、こんなに少ない額しか源泉徴収されないのでしょうね。 この点が、疑問なのですが、・・・・・。

3.一方、介護保険料、後期高齢者医療保険料などの社会保険料は 合計約36万円、
基礎控除として 38万円、 配偶者控除として 48万円、 となり、
所得控除の合計は、=36万円+38万円+48万円=122万円(b) となります。

4.従いまして、課税所得としては、=263万円ー122万円=141万円。

5.ここまでの計算では、所得税としては、=141万円×5.105%=7.2万円
となるかと思います。  実際は、3.5万円だけ源泉徴収されていますから、
この状態でしたら、7.2万円ー3.5万円=3.7万円 程の追徴課税の支払いになるかと思われます。

6.しかし、私の場合、更なる今年支払った控除対象の金額として、
医療費は合計約13万円、生命保険料は7万円、地震保険料は6.5万円
ですので、これらによる所得控除額としては、
医療費控除3万円+生保控除4.3万円+地震保険控除5万円=12.3万円の所得控除(c) となりましょうか。

7.この所得控除を加味しても、所得税の支払いとしては、
(a):263万円ー(b):122万円ー(c):12.3万円=128.7万円 の課税所得として、
128.7万円×5.105%=6.6万円 となり、
この状態ですと、6.6万円ー3.5万円=3.1万円 の追徴課税ということになるかと思われます。

以上のような状況でしたら、わざわざ納税者自らが確定申告しないで、そのまま放置しておいても
よろしいのでしょうか?  毎年、おおむねこの様な状態が続いています。
この辺りの見解をお訊ねしたくて、この度の質問に至りました。
ご指導の程、よろしく。

平成30年の所得税確定申告をするべきかどうかで迷っている80歳の年金生活者(公的年金のみの収入)です。
老夫婦二人で生活しており、妻(80歳)の方は無収入です。
毎年、まじめに、e-Tax によって確定申告をしているのですが、毎年、概ねこのような状況ですが、
確定申告ぜずにおこかとも思うのですが、如何でしょうか? 
専門家のご意見をお聞きしたいと思い、この度の質問に至りました。

つまり、
1.私自身の収入は、公的年金のみで、老齢基礎年金、退職年金、厚生年金基金による年金、の3本立てで...続きを読む

Aベストアンサー

「公的年金等の収入金額が四百万円以下」の場合には、確定申告書の提出義務はありません(所得税法第121条)。
提出すると納税額が発生する場合でも、提出しなくて良いとなってます。つまり選択できるわけです。

ご質問者は400万円を超えているのですから同条文の適用外ですから、提出するかしないかの選択はできません。
ただし「還付金が発生する場合」は申告書の提出義務はありません(所得税法第120条)。

本質問では、申告書の作成をしたら納税額が出るわけですから、申告書の提出義務があります。

Q住民税について。 今日、平成29年1月~12月の収入分の住民税納税通知書が届きました。 そこで大きな

住民税について。

今日、平成29年1月~12月の収入分の住民税納税通知書が届きました。
そこで大きな疑問なのですが合計所得金額が122,000円に対して年間85,000円の市民税・都民税って高すぎじゃないですか?

私は29年1月に実家を出て一人暮らしを始めました。
29年度(28年1~12月分)の年収は約170,000円で非課税でした。

収入が下がったのに課税になる意味が分かりません。


なぜですか?分かる方お願いします!

Aベストアンサー

>正 :合計所得金額 1,220,000円です。

つまり、昨年の年収は、
給与支払金額が、約200万
給与所得控除後金額が122万ですね。
今年初めにもらっている
『平成29年分 源泉徴収票』を
確認して下さい。

住民税では、そこから、
基礎控除33万
が控除されます。
122万-33万=89万
あと5万程、所得控除があります。
おそらく国民健康保険料ですかね?
社会保険料控除が6万ぐらい。
122万-33万-6万=83万
83万が課税所得となり、
税率10%の
8.3万が、住民税の所得割額
ここから調整控除2500円が引かれ、
均等割額が5000~6000円加算され、
★約8.5万が住民税となります。

で、疑問点となる、
>年収は約170,000円で非課税でした。
は、どうなんですか?
こちらも、170万ですか?

あなたは実家を出たばかりとのこと
ですから、おそらく、
★昨年20歳になったのではないですか?

住民税には、非課税条件があり、
未成年は所得125万以下なら
(収入換算で204.4万未満なら)
非課税になる条件があります。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#gaiyo_04

17万なら当然非課税ですが、
★収入170万でも未成年なら非課税
となるのです。

どうでしょう?
納得いただけましたか?

余談ですが、年金保険料も払うことを
お薦めします。税金も安くなりますよ。

>正 :合計所得金額 1,220,000円です。

つまり、昨年の年収は、
給与支払金額が、約200万
給与所得控除後金額が122万ですね。
今年初めにもらっている
『平成29年分 源泉徴収票』を
確認して下さい。

住民税では、そこから、
基礎控除33万
が控除されます。
122万-33万=89万
あと5万程、所得控除があります。
おそらく国民健康保険料ですかね?
社会保険料控除が6万ぐらい。
122万-33万-6万=83万
83万が課税所得となり、
税率10%の
8.3万が、住民税の所得割額
ここから調整控除2500円が引かれ、
均等割額が5000...続きを読む

Qフリーターなんですが市民税県民税申告書が届きました どう書いたらいいんでしょうか

タイトルの通りですが
役所からこの度 申告書が届いたのですが対処がよくわかりません
昨年は基本日払いのバイトで10数社以上で単発のバイトや短期のバイトをしてたんですが
明細書や領収書が殆どもらってなく 給料袋に手書きで金額が書いてる物が一部残ってるだけな状態です
月々の給料を書く欄があるのですがうろ覚えで書くしかない状態なのですが
とりあえずそれで出してみても大丈夫でしょうか
勤め先の書く欄があるのですが
複数社なのでそれもちょっとどうしていいかわからない感じです

収入は年間で80万程だと思います
詳しい方いましたらアドバイスよろしくお願いします

Aベストアンサー

まともな回答がないので、回答します。

住民税の非課税条件は、
給与収入換算で
93万~100万以下です。

下記URLを参考にご覧下さい。
給与収入から、
給与所得控除65万を引いた
合計所得が
★28万~35万以下
が非課税所得の条件です。

※お住まいの地域により、条件が
変わるので、お住まいの同様の
サイトで、確認して下さい。

①例 那須塩原市
http://www.city.nasushiobara.lg.jp/08/001447.html
②例 東京都23区
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#gaiyo_04

>市民税県民税申告書が届きました
というのは、あなたの所得の報告書
(給与支払報告書)が、勤め先から
ないため、あなたに所得があったか
なかったか、不明なので郵送されて
きたのです。

この申告書を提出しないと、例えば
国民健康保険料の計算と軽減措置、
国民年金の免除申請等に、不利な
状況なります。

率直に言えば、
>収入は年間で80万程だと思います
ならば、住民税は非課税となるので、
>月々の給料を書く欄があるのですが
>うろ覚えで書くしかない状態
で、かまいませんので、記載し、
上述の条件である、
給与収入で93万~100万以下
合計所得で28万~35万以下
であることを、明言して下さい。

昨年1~12月の合計が、
給与の支払金額80万
給与所得控除65万を引いて
合計所得15万
を記入することで、住民税は、
公式に非課税になります。

きちんと提出しないと、
・所得証明が発行できず、
・健康保険料も決まらず、
 保険料が高額になったり、
・年金の免除、猶予申請の書類として
★非課税証明書も発行できません。

以上、いかがでしょうか?

まともな回答がないので、回答します。

住民税の非課税条件は、
給与収入換算で
93万~100万以下です。

下記URLを参考にご覧下さい。
給与収入から、
給与所得控除65万を引いた
合計所得が
★28万~35万以下
が非課税所得の条件です。

※お住まいの地域により、条件が
変わるので、お住まいの同様の
サイトで、確認して下さい。

①例 那須塩原市
http://www.city.nasushiobara.lg.jp/08/001447.html
②例 東京都23区
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#gaiyo_04

>市民税県民税申告書が届きま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング