痔になりやすい生活習慣とは?

先日、仕事中の事故で、右手中指第一関節下を切断してしまい、現在、治療中です。傷もそれなりに癒え、リハビリも進んでいるのですが、欠損なので、治癒という形にいずれはなると思います。その際、自分の場合、障害等級は何級になるのでしょうか。
それと、すぐではないのですが、足指移植や皮膚移植による指の再建も考えています。そうなるとまた等級や状況が
変わってしまうのでしょうか。
給付の手続きなど、解からない点が多く、困っています。
どなたか、お詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

白斑」に関するQ&A: 白斑、抜けた色

A 回答 (2件)

 右手中指の末節骨(指先の骨)の1/2以上が残存していれば「骨指の一部を失ったもの」として、第14級の6となり、1/2より短い場合は、「用を廃したもの」として第12級の9(機能障害扱い)となります。

目安として、中指の爪が全部なければ、ほぼ12-9です。しかも切断面の断端形成のため、指骨の一部を削って切断面の縫合をしているはずです。認定に際しては、レントゲン写真で健側(左中指)と患側(右中指=負傷部位)の末節骨の長さを計測して決定です。

 また負傷部位が中指ですから、足指移植はないと思われます。皮膚移植の部位が肘関節以下のため、露出面として醜状障害の対象と思われますが、手のひら程度の黒変、色素脱失による白斑化が認められないと認定の対象外。よって、等級に変更は生じないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事おくれてすいません。
末節骨の残存により等級も変わるんですね。
とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/29 13:45

下記の表だと14級になるようですね。


再建後の事はわかりません。

参考URL:http://www.campus.ne.jp/~labor/hoken/syougai-tou …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2004/11/29 13:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指の切断。補償は何がありますか?

身内(20代。妻子供一人あり)が先日、業務中に右手小指の第一関節より上を失いました。手術をし入院4日。全治1ヶ月だそうです。
現在の職場には昨年の6月末に入社したばかりです。
公的な補償ではどのような物があるのか教えてください。勤め先が個人事業者(株式会社ですが)なので、制度に精通しているか、貰い忘れがあってはと、気になっています。
個人的な生命保険など未加入のようなので、それをカバーできる制度などもご存知であれば、あわせて教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

労災では次の補償があります。
業務上により負傷した場合療養を必要とするとき、「療養補償給付」労災病院や指定医療機関で無料で治療を受けられる現物給付です。

業務上負傷による療養のため労働することができず、賃金を受けていないとき、「休業補償給付」。
その第4日目から支給されます。
休業の初日から第3日目までを待期期間といい、この間は業務災害の場合、事業主が労働基準法の規定に基づく休業補償(一日につき平均賃金の60%)を行うこととなります。待期期間の3日は労災で支払いませんので事業主は免責になりません。

業務上の負傷が治ったとき、身体に一定の障害が残った場合には、「障害補償給付」が支給されます

現在は健康保険で治療なさっているのでしょうか。
業務上の負傷の場合、健康保険では掛かれません。
もし、健康保険で掛かっていた場合は療養費の返還を求めてくるかもしれません。
労災は健康保険よりずっと給付が厚いです。
労災を受けることで事業主は労基法に定める補償は免責になります。
しかし、事業主が労災を未加入の場合は労基法により、事業主はあなたに補償しなければなりません。

労災では次の補償があります。
業務上により負傷した場合療養を必要とするとき、「療養補償給付」労災病院や指定医療機関で無料で治療を受けられる現物給付です。

業務上負傷による療養のため労働することができず、賃金を受けていないとき、「休業補償給付」。
その第4日目から支給されます。
休業の初日から第3日目までを待期期間といい、この間は業務災害の場合、事業主が労働基準法の規定に基づく休業補償(一日につき平均賃金の60%)を行うこととなります。待期期間の3日は労災で支払いませんので事業...続きを読む

Q指先切断 もとにはやはりもどらないのでしょうか?

2週間前に指先を1cm程包丁で切り落としてしまいました。昨日抜糸してきました。医者はショックをあたえないようにしているのか、はっきり言わず 詰め寄ると「厳密には違うけれどけっこうもとにちかくはなると僕は思うけど」と目をあまりみないで答え、苦しそうにみえました。
結構切ったけれど元に戻ったとかいう遠い話も聞くし、切ったものは生えてくるわけないし、、、とも思うし。
どなたか稀なことですが、御存知でしたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 切ってしまった端を残った皮膚で覆う”断端形成”などの処置をしていなければ、肉芽という皮膚の盛り上がりができてきて、指らしき形になってくるとは思いますよ。元の指と寸分違わないかといえば、長さや形、再生した皮膚の感じが多少異なるかもしれませんが。
 実際に経過を見てみないとどうなるか断言はできませんので、その医師も言葉を濁したのでは?
 時間はかかりますが、経過を見てみてください。

 爪や爪の根元はどうなっていますか?爪の根元(爪床)には爪の元が隠されていますので、その部位に損傷がなければ、元の爪に近い形で生えてきます。傷が付いたり変形している場合には、変形した爪が生えてきますし、爪床がない場合には残念ながら爪は生えてきません。

 以前5mmほど薬指を斜めに包丁で切り落とした(!)際には(爪床は無事)、皮膚はケロイドっぽくは見えるものの以前とほとんど変わらぬ指先に再生しました。(切ったところと残った指の境目に線があります)指先の感覚もあります。

Q以前、労災にて指を切断してしまったのですが

以前、労災にて指を切断してしまったのですが
この場合に請求できる補助などがよくわからず、
詳しい方にお聞きしたいと思い、質問させていただきました。
まずは加入している保険会社に連絡を入れ、保障の手続きを行ったの
ですが、その他にも申請できるものはあるのでしょうか?
障害手帳の申請など…
出来る場合、どこにどの様な申請をすればいいのでしょうか?
また、その保障額はどれほどでしょうか?

怪我の状況は人挿し指と中指の2本を受傷しました。
中指に関しては皮1枚でつながっており、処置も早く、
なんとか元の形には戻ったのですが、第一、第二間接が
ほとんど動きません。(指の付け根部は動きます)
人指し指については根元部から切断となってしまいました。
現在、中指のみリハビリを行いつつ、今後、癒着剥離手術を予定している状態です。
人指し指は切断であった為、もう治療はしていません。

簡単な説明ですが、ご存知の方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>以前、労災にて指を切断してしまった
お聞きします。
1.以前というのは、いつの事でしょうか?
2.労災というのは、仕事中の事故ということでしょうか?
3.そして、その時の治療には労災保険は請求していないのでしょうか?

勤め人が、仕事中に私的な目的ではなく仕事に関しての作業が原因で指を切断したのなら、労災保険を使用しなけねばなりません。健康保険は使えません。
私的に加入している損害保険等からの補償は別に国が補償してくれます。
従って、以前というのが2年以内なら、直ぐ労災保険の請求の手続きをしましょう。
かかった治療代全額と治療のため仕事を休んで給料を貰っていない日は休業手当として8割貰えます。それに、お尋ねの障害が残っているなら、障害補償があります。「第一、第二間接がほとんど動きません。(指の付け根部は動きます)人指し指については根元部から切断となってしまいました」なら、恐らく12級(詳細は不明なので恐らくです)に相当し、一時金が出ます。

ただし、手続きはややこしいし提出必要書類も多く、会社の協力も必要です。最寄の労働基準監督署で相談して教えて貰って下さい。それにしても、会社は何をしていたのでしょうかね。

>以前、労災にて指を切断してしまった
お聞きします。
1.以前というのは、いつの事でしょうか?
2.労災というのは、仕事中の事故ということでしょうか?
3.そして、その時の治療には労災保険は請求していないのでしょうか?

勤め人が、仕事中に私的な目的ではなく仕事に関しての作業が原因で指を切断したのなら、労災保険を使用しなけねばなりません。健康保険は使えません。
私的に加入している損害保険等からの補償は別に国が補償してくれます。
従って、以前というのが2年以内なら、直ぐ労災保険の請求...続きを読む

Q労災の給付金と後遺症障害認定について(指の骨折)

労災の給付金と後遺症障害認定について教えて下さい。

約一年前、通勤途中(電車のドアに指を挟み)に指を骨折し、労災で手術、リハビリ、通院をしていました。
治癒見込みが来月(4月)なのですが、病院に現時点での診断書(保険会社提出用)を記入して頂いたところ、
後遺障害が【あり】と診断されました。この場合、労災の給付金等は発生するのでしょうか?
また、発生する場合、下記傷病でだいたいどのぐらいの給付金が発生するか教えて頂ければと思います。

傷病名:右示指DIP関節内骨折
詳細
2007/4:通勤途中(電車のドアに指を挟み)右人差し指第一関節骨折
↓最初、固定治療をしたが、治らず
2007/5:手術

2007/6:抜糸

2007/6~2008/3リハビリ(合計20回程度)

■リハビリしたものの、指を伸ばしても真っ直ぐにはならず、指を曲げても通常の指の半分程度にしか曲げられず
少しでも使用するとすぐに炎症してしまう為、現在事務の仕事をしていますが、パソコンを使用する際、人差し指は使えない状態です。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら
教えて頂けますでしょうか。宜しくお願い致します。

労災の給付金と後遺症障害認定について教えて下さい。

約一年前、通勤途中(電車のドアに指を挟み)に指を骨折し、労災で手術、リハビリ、通院をしていました。
治癒見込みが来月(4月)なのですが、病院に現時点での診断書(保険会社提出用)を記入して頂いたところ、
後遺障害が【あり】と診断されました。この場合、労災の給付金等は発生するのでしょうか?
また、発生する場合、下記傷病でだいたいどのぐらいの給付金が発生するか教えて頂ければと思います。

傷病名:右示指DIP関節内骨折
詳細
...続きを読む

Aベストアンサー

PIPなら12級の可能性もありますが、DIPですから14級でしょうね。
「1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することが出来なくなったもの」に該当する可能性があります。
これは屈曲筋の損傷等原因が明らかで、自動で屈曲が出来ないものまたは此れに近いものを言います。

障害給付の一時金が給付基礎日額の56日分、障害特別一時金が算定基礎日額の56日分、特別支給金が8万円です。

Q指の切断で神経は戻りますか?

ショッキングなタイトルで申し訳有りません。海外からです。

昨晩、知人(日本人)が、金属のドアに手をはさみ、指先がもげてしまうという痛ましい事故がおきました。
もげた部分は、人差し指の爪の根本あたりから先(約1cmほど)でしたが、不幸中の幸いか、骨の部分はもげずに腕の方に残っていました。
ですので、事故がおきたときは、骨がむき出しという状況でした。
すぐに緊急病院につれていきましたが、夜だったため、医者の到着に少し時間がかかりました。
それでも、事故がおきてから約2時間弱後に、縫合で指をつけなおしました。
その後の指の様子を見ていたところ、真っ白になっていた取れた指先の色が徐々に赤くもどってきていたのですが、医者の話ですと、このまま(神経が?)指先に戻るかどうか、五分五分だとのことです。
現在は、自宅に戻り、その後の経過をみている状況です。
ここでいくつか質問があります。

・このように指先を付け直す手術の場合、日本で手術したとしても、単に、周りを縫い直すだけでしょうか?(手術を横で見ていましたが、神経や欠陥をつなぎなおすようなことはしていませんでした)

・この場合、指先に神経が戻る可能性はどの程度でしょうか?

・怪我したのは指先ですが、しばらくは絶対安静でしょうか?多少は体を動かした方が良いのでしょうか?

・後遺症としては、どのようなことが考えられますか?

・日本へ戻って手術等をしなおすべきでしょうか?

アドバイスをお願いします。

ショッキングなタイトルで申し訳有りません。海外からです。

昨晩、知人(日本人)が、金属のドアに手をはさみ、指先がもげてしまうという痛ましい事故がおきました。
もげた部分は、人差し指の爪の根本あたりから先(約1cmほど)でしたが、不幸中の幸いか、骨の部分はもげずに腕の方に残っていました。
ですので、事故がおきたときは、骨がむき出しという状況でした。
すぐに緊急病院につれていきましたが、夜だったため、医者の到着に少し時間がかかりました。
それでも、事故がおきてから約2時間弱...続きを読む

Aベストアンサー

爪のレベルでの指の再接着手術はまず不可能です。日本で手術したとしても、周囲を縫合するだけになると思われます

指先に神経が戻る可能性については、他の方が示されているように、神経が末梢の組織に入り込めるかどうかと言う問題なので、なんともいえないと思います。数ヶ月以上経ってみないと分からないと思います。

日常生活程度の活動ならその指先を使わない範囲であれば問題ないと思います。しかし、タバコだけは控えたほうが良いです。最悪の場合は組織が生着しなくなってしまう(腐って落ちる)こともあり得ます。

後遺症としては疼痛・痺れ・指の関節の動きの悪さなどが残る可能性が考えられます。

現時点では、日本へ戻って手術等をしなおす必要は無いような印象です。

大変な怪我をなされてしまったようですが、1年も経つといろんな意味で落ち着きます。気長に経過を見ることも必要です(海外ではなかなかそうも行かない国もあるようですが)。

どうぞ、お大事に

Q労災はいつまで続けられるか?

手の小指の第一関節のところの靭帯損傷で労災にかかって約5ヶ月になります。今は治療らしきものはなく、状況報告とリハビリでストレッチのようなことをしてもらうだけです。曲げるのはほぼ問題ない状態になりましたが、反らしたり、ひねったりするとまだ痛みがあり、自分で触っても関節部に柔軟性がなく硬い感じで明らかにもう一方の手の指とは違います。医者に聞くと、怪我自体は治っている時期なので、それは元通りにならないかもしれないし、元通りになるかもしれないけど1年とか2年ぐらい時間がかかるかもしれない、と言われました。リハビリの先生は、その部分が癒着して硬くなっている。元通りになる人もいればならない人もいる。と言われました。いつまでリハビリを受けるか、いつあきらめるかの判断をつけるのはとても難しい。他の投稿を見ると「リハビリは6ヶ月まで」という記事がありましたが、(1)「リハビリは6ヶ月までしか受けられないのでしょうか?」また、自分で費用負担していないことが逆に後で請求されはしないかと思うと不安です。(2)「治療を受けた後、病院が毎月労災機関に請求しているようですが、労災機関が「長くかかりすぎ」とか言って拒否して、事後で私に治療費の請求がきたりすることはないでしょうか?」

手の小指の第一関節のところの靭帯損傷で労災にかかって約5ヶ月になります。今は治療らしきものはなく、状況報告とリハビリでストレッチのようなことをしてもらうだけです。曲げるのはほぼ問題ない状態になりましたが、反らしたり、ひねったりするとまだ痛みがあり、自分で触っても関節部に柔軟性がなく硬い感じで明らかにもう一方の手の指とは違います。医者に聞くと、怪我自体は治っている時期なので、それは元通りにならないかもしれないし、元通りになるかもしれないけど1年とか2年ぐらい時間がかかるかも...続きを読む

Aベストアンサー

質問にお答えします.

>リハビリは手術後150日間で終了したということですね。

その通りです.

>その終了の判断は誰が判断するのですか?「病院の医者」でしょうか?

こちらもその通り、主治医です.
回答にも書いた通り、私の場合、さらにリハビリを続けたとしても負傷部分の機能が回復する訳ではなかったので打ち切りとなりました.
そして、今後はジム等で筋力UPをせよと言われました.
dol28さんのように動き自体に問題がある場合はよくわかりませんが、基本的な動きが戻ったのなら、「反らしたり、ひねったり」さえしなければ支障はないということで、リハビリは限界と判断されるかもしれませんね.
ただ、「1~2年続ければ...」とも言われているのであれば、それはDrの判断として、延長されるのかもしれませんね.
ちなみにリハビリ中に理学療法士の方から聞いたのですが、整形外科系の場合のほとんどは150日で打ち切られ、脳障害の後遺症の場合などは年単位でのリハビリで回復効果が上がるので延長されることが多いとも言っていました.これもケースバイケースだとは思われますが...


>また、手術からほぼ2年後に、労働基準監督署から電話があり...
      
そうですが、これは半年に1度しか通院せず、しかも受診内容がX線撮影、触診、鎮痛剤飲み薬の投与だったので、それを見た監督署が連絡してきたのが、たまたま2年後だったのではないかと思われます.
根拠はありませんが、何か「2年」という基準があるのでは無いと思っています.

>労災給付は打ちきりになり、そして、後遺障害の申請を行い、その後病院に行った医療費等はその申請が認可されることにより支給された。
をということですね?

これも回答に書いた通り、先日、監督署の呼び出しに応じて出頭し、審査(医師の診察)を受けたところまでで、結果待ちです.
監督署からの電話で聞いた範囲では、そう言われたということです.
手続き後に受診はまだしていませんので、仮にいま受診したら費用(というか病院の会計での支払い)はどうなるのかわかりません???
ただ、労災打ち切りの通知もまだ来ていないですね.

また何かありましたら遠慮無くお尋ね下さい.

質問にお答えします.

>リハビリは手術後150日間で終了したということですね。

その通りです.

>その終了の判断は誰が判断するのですか?「病院の医者」でしょうか?

こちらもその通り、主治医です.
回答にも書いた通り、私の場合、さらにリハビリを続けたとしても負傷部分の機能が回復する訳ではなかったので打ち切りとなりました.
そして、今後はジム等で筋力UPをせよと言われました.
dol28さんのように動き自体に問題がある場合はよくわかりませんが、基本的な動きが戻ったのなら、「...続きを読む

Q指切断、再接着後の後遺症認定

こちらのカテでいいのかわかりませんが質問させて頂きます。
子供が右手人差し指の爪の下の関節(第一関節でいいですよね?)部分で指を切断しました。
再接着しましたが、ちょうど関節の部分で、軟骨がこなごなになってしまい、神経や血管、筋?は繋いで頂いたようですが、なんせまだ1歳と小さいこともあり、指が曲がるようになるかもしれないけどなんとも言えないと先生から言われました。
この場合、後遺症認定は「指の用を廃したもの」か「指骨の一部を失ったもの」どちらになるでしょうか?
ちなみに、民間の保険ではありませんので、先生の診断書から判断されるようです。

Aベストアンサー

だれからも回答がないのでご参考程度に。

手指の機能障害である「用を廃する」とは、「DIP」関節ではなく、「PIP」もしくは「MP」関節の可動域制限が、健康な手の方と比較して2分の1以上ある場合を意味するはずです。質問者の用語を使うなら、第一関節ではなくて、その次の第二関節や、指の付け根の第三関節に制限がないと「用を廃した」ことには原則ならない。質問者の場合、爪の下の関節だということですから、「DIP」関節のことです。だから、原則としては「用を廃する」には該当しないと思います。「DIP」関節については、後遺障害第14級7号「1手の親指以外の手指の遠位指節間関節(DIPのこと)を屈曲することができなくなったもの」か、あるいは14級6号「1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの」かのいずれかでしょう。では、「手指の指骨の一部を失った」とはどういうことでしょうか。1 指骨の一部を失ったことがレントゲンによって明確であるもの及び遊離骨片が 認められるもののことです。ただし、その程度が手指の末節骨の長さの 2 分の 1 以上を失った場合は、手指の用を廃したものになるはずなので、それだと12級に該当することになります。原則があってその例外があり、さらにその例外があるというような、何だか回りくどいアドバイスになって申し訳ありません。

だれからも回答がないのでご参考程度に。

手指の機能障害である「用を廃する」とは、「DIP」関節ではなく、「PIP」もしくは「MP」関節の可動域制限が、健康な手の方と比較して2分の1以上ある場合を意味するはずです。質問者の用語を使うなら、第一関節ではなくて、その次の第二関節や、指の付け根の第三関節に制限がないと「用を廃した」ことには原則ならない。質問者の場合、爪の下の関節だということですから、「DIP」関節のことです。だから、原則としては「用を廃する」には該当しないと思います。「DIP」...続きを読む

Q労災(通勤災害)後遺障害で支払われる金額について(計算方法)

労災(通勤災害)後遺障害で支払われる金額について(計算方法)

(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも時給700円で4-5時間研修をうけた
程度で通勤途中に転び労災保険の適用で通院していましたが、先日症状固定となりました。

労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。

多くても月2-4日程度の勤務でしたが(ただしその日前日が実践日初めてだったように
記憶しています)

これはたとえば基本額が5000円の場合、14級の後遺障害認定が降りた場合、5000円*56日分と
なるのでしょうか?(+見舞金)

労基署で尋ねても担当はあまりわからないようで、詳しい説明はありませんでした。
5000円しかでないのか、それとも*等級に見合った日数なのか。

また違う担当者にフルタイムではない場合は違う算定方法もあるといわれました。
5000円でるかでないかでは手間を考えるとどうだろう?と思っています。

等級については小指についてなので認定がおりて14級と考えておりますので、14級で話しを
仮定いたしました。

交通事故の場合とは若干違うため、専門ではないためにご教示いただければと存じます。

労災(通勤災害)後遺障害で支払われる金額について(計算方法)

(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも時給700円で4-5時間研修をうけた
程度で通勤途中に転び労災保険の適用で通院していましたが、先日症状固定となりました。

労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。

多くても月2-4日程度の勤務でしたが(ただしその日前日が実践日初めてだったように
記憶しています)

これはたとえば基本額が5000円の場合、14級の後...続きを読む

Aベストアンサー

 「労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。」

 給付基礎日額(平均賃金)=算定事由発生の日以前3ヶ月間に支払われた賃金の総額÷算定事由発生の日以前3ヶ月間の総日数(暦日数)の事を言っています。(賃金の総額には臨時に支払われた賃金・ボーナスは含みません・業務上の傷病による療養・産前産後・使用者の責めに帰すべき・育児・介護の休業、試みの使用期間は含みません)


「(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも時給700円で4-5時間研修をうけた
程度で通勤途中に転び労災保険の適用で通院していましたが、先日症状固定となりました。

労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。

多くても月2-4日程度の勤務でしたが(ただしその日前日が実践日初めてだったように記憶しています)」


 これではどんな働き方をしていたのか理解出来ません。
 給付基礎日額を計算するには算定事由発生の日以前3ヶ月間に特例により上記の計算式で算出した給付基礎日額が適当でないと認められる時は、厚生労働省令で定めるところによって政府が算定する額を給付基礎日額とする事があります。


 給付基礎日額を計算できませんので給付基礎日額最低保障額で計算します。

 給付基礎日額最低保障額は4040円です。14等級なら56日分の障害一時金。
 4040円×56日×=226.240円。但しこれも相談者の平均賃金により違います。

 その他に障害特別支給金14級・8万円。
 賞与などの特別給与があれば障害特別一時金14級は算定基礎日額の56日分。算定基礎日額は賞与があれば計算しますが質問内容から無いようですので必要ないですね

 「労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。」

 給付基礎日額(平均賃金)=算定事由発生の日以前3ヶ月間に支払われた賃金の総額÷算定事由発生の日以前3ヶ月間の総日数(暦日数)の事を言っています。(賃金の総額には臨時に支払われた賃金・ボーナスは含みません・業務上の傷病による療養・産前産後・使用者の責めに帰すべき・育児・介護の休業、試みの使用期間は含みません)


「(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも...続きを読む

Q労災から障害補償一持金が入金されました、ですが・・・

たびたび利用させて頂いています。
仕事中に交通事故に遭って障害が残りました、症状固定となり自賠責へ障害等級の申請を行いました。仕事中の事故でもあるので労災へも障害申請をしようと労災へ電話にて問い合わせた処、「自賠責の等級が決まってから労災へ申請してほしい」と言われたので自賠責からの連絡を待つことにしました。
自賠責から等級事前認定の通知が来て14級との事でしたのでその等級は納得がいかず異議申し立てを行う事としました。同時にとりあえず経済的な理由もある為、労災へ障害申請を行いました。(労災へは自賠責に対して異議申し立てを行う事は、伝えました)
私としては、自賠責への異議申し立てにより等級が確定してから労災からの各、支給金等が決まり入金との流れと思っていましたが、先日、労災より支給決定書が来て等級は11級でそれに伴う各、支給金が入金となりました。
事故などのサイトなどでは、自賠責と労災両方適用になる事故では、労災の方で一部各支給金を相殺したり、障害年金では支給停止期間がありある程度の期間は支給されないとの事が書かれていいたり、事故日の翌月から3年間過ぎてから、その後に支払いされる障害給付は代位取得せず、相手に求償しないとも書かれています。
私の場合は、労災の支給決定書に書かれている各日時は 傷病年月日 平16年11月 療養開始年月日 平16年11月 支給事由発生年月日 平18年 10月
支給決定年月日 平20年 1月となっています。
労災に障害申請時には自賠責に異議申し立てを行う事は伝えてあったのでどうして支給が決定になったのかがわからなく労災へ問い合わせた処、「とりあえず自賠責より14級との事前認定が出ているので支給決定した」との事で自賠責との示談時には、労災から障害給付を受けた事はを伝えてください」と言われ、また相殺に関しては、「自賠責の方で行うと思うが相殺の基準は、自賠責と労災では違うのでどの程度、相殺になるかは分らない」との事でした。
私の場合は、自賠責との示談時、相殺対象になるのか、もしなるとすればどの程度の割合になるのかなどわかりません。
又、事故日より三年以上経過していますがその期間経過も含めてどうなるのか教えてください。
よろしくお願いします。
 

たびたび利用させて頂いています。
仕事中に交通事故に遭って障害が残りました、症状固定となり自賠責へ障害等級の申請を行いました。仕事中の事故でもあるので労災へも障害申請をしようと労災へ電話にて問い合わせた処、「自賠責の等級が決まってから労災へ申請してほしい」と言われたので自賠責からの連絡を待つことにしました。
自賠責から等級事前認定の通知が来て14級との事でしたのでその等級は納得がいかず異議申し立てを行う事としました。同時にとりあえず経済的な理由もある為、労災へ障害申請を行い...続きを読む

Aベストアンサー

調整期間3年は年金の場合です。
一時金は関係ありません。
11級は一時金となります。

障害一時金の損益相殺は逸失利益の部分です。
自賠責の後遺障害11級は、保険金が331万円ですが、その内196万円が逸失利益です。
貴方の障害一時金が200万円とすると196万円全額控除、190万円とすると6万円が支払いされます。
慰謝料等は関係あありません。
障害特別一時金、特別支給金は損益相殺の対照ではありません。

Q後遺障害について

会社の業務中に怪我をして労災にて治療を続けてきて、先日病院の先生に後遺症の診断書を書いて頂き、先週の月曜日に監督署に提出しています。
その際、会社より後日監督署より呼び出しがあって後遺症の認定の面談があるのでレントゲンが必要になるかも、と言われました。
 
そこでお聞きしたいのですが、後遺症の認定というのは医師の診断書だけでは決まらないのでしょうか?
何の為に面談をするのでしょうか?診断書は意味無い?
会社の担当者の方から聞いてこのサイトやネットで色々調べたのですがよく分かりません。
今は監督署からの連絡待ちなのですが、いちよネットで調べて自分は9級に当てはまるのではないかと思うのですが、色々言われて認定されないのでは無いか不安です。
面談というのは誰がするんでしょうか?
また、監督署からの連絡はどれくらいでくるのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1で書いた者です。

時間が掛かる理由は、簡単です。
たった一人のために全てをやれるほど気前が良くない為です。

労災の認定を行なっている医師は、専属でいつも居るわけでは有りません。
そんなに労災の後遺障害認定を受ける人が沢山居たら、そもそも問題なわけですからね。

ですから、地区によっても変わりますが、一ヶ月に1度程度。まとめて面接を行なうわけです。
地区で複数の労働基準監督署がまとまってやりますので、電話して日程確認をした後、予定表に加えて面接をやる事になるので、大抵は連絡を取った翌月程度になります。
混んでいれば当然ですが翌々月にずれる事もありえます。

よく考えてくださいね。
後遺障害を負ったとしても、9級で有れば35/100の労働能力損失となります。
全く働けないわけではなく、後遺障害認定を受ける時にはすでにこの投球であれば働いているケースの人もいるわけです。
そうすると、労働基準監督署が押し付けで日程を決める訳にも行かないんです。
ですから融通が効く様に1ヶ月程度猶予を持った日程で組むのが現実なんです。

元々後遺障害は、それ以上良くならない物なのですから、時間が多少遅れても診断内容は変わりません。
もし回復してしまう事を考えられて入るなら、それは良い事なのですから。

また、9級では、年金支給対象では有りませんので、年金受給額が減ると言う事にもなりません。
ですので、遅いからどうのと言う事はありません。

>等級というのは面談の日に決まらないんでしょうか?

決まりません。
決定権は面談した医師にはありませんし、労働基準監督署の彼方の担当官の様な下っ端が出来る物ではありません。
お役所なのですから、認定は労働基準監督署の所長が行ないます。
面接の場所にわざわざ出向いてその場で決定する事はありません。


>大体の資料(診断書含)は監督署も把握してあると思うのですが???

前に書いた内容をもう一度読まれてください。
どれに当てはまるのかを書かれて居るのであれば、どう見てもすぐに分かると言う物もありますがそうでない物もあります。
医師の診断書だって、偽造と言うのがありえる訳です。
そう言う事がないのでしょうから、何も恐れる必要もない訳ですよ。

また、診断書に何が書かれて居なければならないのかと言うことは、大学の医学部では教えて居ません。ですから、判らないのです。
指が動かないといっても、労災の認定基準の中には、
稼動域の制限無し、稼動域の制限あり、著しく稼動域に制限を受ける物、用廃した物。
この基準がその場で居える医師なんてまず居ません。
患者本人から「今までより稼動域が狭くなった。」と言われても、
基準の稼動域が確保できれば制限無しになります。
医師によっては稼動域制限があると書くかもしれません。
また悪い方では、ぴくりとでも動けば、用廃とはなりませんが、これじゃ動いてないのと一緒だねと。「動かない。」と書かれても、労災の基準は用廃に成らないのです。
だから面接でハッキリした基準に照らし合わせるのです。


>また、認定医というのは普通の病院の医師ですか?

医師免許を持っている医師です。
労働局と契約を結んでおり、認定をする為の基準なども理解して居る医師です。
勤務医の場合も有りますし、個人開業医の場合もあります。

認定医になるには、医師免許があれば良いのですから何処に勤務して居るなどは何も関係ありません。
もし勤務していたとして、診断書を書いたとすれば、面接は別の医師に替えられる物と思いますよ。


私の場合ですが、労働基準監督署に書類を提出してから、認定が降りるまでの期間は、約6ヶ月ほど掛かりました。
4~6ヶ月位は掛かると思われた方が良いと思いますよ。

1で書いた者です。

時間が掛かる理由は、簡単です。
たった一人のために全てをやれるほど気前が良くない為です。

労災の認定を行なっている医師は、専属でいつも居るわけでは有りません。
そんなに労災の後遺障害認定を受ける人が沢山居たら、そもそも問題なわけですからね。

ですから、地区によっても変わりますが、一ヶ月に1度程度。まとめて面接を行なうわけです。
地区で複数の労働基準監督署がまとまってやりますので、電話して日程確認をした後、予定表に加えて面接をやる事になるので、大抵...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング