『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

日本という国についてです。
昔、日本列島には100余の国が存在したとありますがこの100余の国の一つが今の日本なんでしょうか?
その100余の国の一つの国が日本列島にあった残りの国を滅亡させて日本を統一したのでしょうか?
なので奴国や邪馬台国が日本列島を統一したのではなく倭国が日本列島を統一し日本という名前に改名したということですよね?
また、日本列島に存在した国で代表的なのは倭国(日本)、邪馬台国、奴国の他に何がありますか?

A 回答 (10件)

#6です。

おれいありがとうございます。

古代の「国」についてちょっと補足します。

古代のクニは徒歩またはせいぜい馬ぐらいしか移動手段が無く、道路を作るのだって大変な労力が必要な時代(3世紀ぐらいだと鉄器はまだ貴重)ですから、今の村の大きさぐらいが「クニ」だったといえます。

こういう国が戦争をする場合、基本的には皆殺しが基本でした。なぜなら戦争になる理由が「クニの基盤である○○が侵された」というものだったからです。

たとえばコメを作っているクニの場合、上流に同じようにコメを作るとか、製鉄を主体にしたクニができると自分たちが生活できなくなります。最初は話し合いをしたかもしれませんが、どちらも「自分たちのクニの生活」が掛かっていて、決裂すれば飢え死にですから、戦争したって同じだったのです。

ですから、上流のクニが勝てば下流のクニの人々を皆殺しにして、後腐れなく生活できるようにしたし、下流のクニが勝てば上流の人々を皆殺しにして問題解決したのです。

このようなやり方を古代では「勝者の権利」と言って、日本だけでなく世界中で行われていました。


今「日本」となっているのは、100余国のどこかの国が日本列島を征服したからに他ならないのですが、しかし「全部のクニに勝って皆殺しにした」わけではないでしょう。それは不可能ですし、そんなことをした征服民族は世界中探してもありません。

逆をいえば「なぜ日本列島が統一で来たのか?」と考えた時に、それは「大和朝廷になるクニの指導者が慈悲深く、服従するクニや部族を支配するのではなく、仲間として扱ったから」だと考えるのが適当だと私は考えます。

事実、古代のローマ帝国は「負けた側の部族をローマの仲間にする」方法で800年近い大帝国を紡いだのに対して、元のように異民族が強制的に支配するやり方では力の指導者が他界すると、後を継ぐ能力をもったリーダーはそう簡単にでてこなかったからです。

日本列島統一には歴史資料がほとんどない3世紀から5世紀までの300年かかっているわけですから、傑出したリーダーが常に居たわけではなく、連合国家的な「みんな仲間だよ」というやり方でクニグニが緩く統一していった、と考えるほうが妥当だと思います。

ですから「100余国の中の1国がのちの日本」ではなく、「100余国のうちの1国がリーダーになりながら、多くのクニがそれに従って連合しながら日本を統一していった」という事だと思います。

ちなみに、その緩い連合を支えている連邦政府が大和朝廷で、当時は共和政という考えはないので、リーダー国の支配者が天皇だったのでしょう。

ところが、5世紀の初めごろに中国大陸の戦乱が終わり「隋」という巨大な国家が登場します。そして隋は漢民族だけでなくベトナムや朝鮮半島まで侵略を始めました。当時中国に留学していた学生たちがその情報を持ち帰り、、朝廷内は「隋が攻めてくるんじゃないか!」と大騒ぎになったのでしょう。

その結果「今のような緩い連合国家ではダメだ、中央政府を作り政治や経済を統一して強い軍事国家を作らないと隋が攻めてきてからでは遅い」となり、その結果大化の改新が起きたのです。

その結果、日本はブラフも含めて当時の隋の皇帝煬帝に「うちの国は帝(天皇)を立てて中央集権国家になり、国号も『日本』に変えたからよろしく→てめえらを見習って統一軍事国家にしたから、侵攻してきたらただじゃすまないぞ」とメッセージを送ることになるわけです。

この統一国家が日本であり、今の私たちの社会にそのままつながっているといえます。

日本は西洋列強への危機感から明治維新を行い富国強兵を行いましたが、世界のいろいろな革命に比べてものすごくスムーズだったと言われるのは、大化の改新という先例が日本人のDNAに刻まれていたからかもしれません。
    • good
    • 1

当時の國というのは、今でいう”村”とか精々”市”くらいのものです。

例えば三国志の倭人伝には、対馬島や壱岐島を1つの國としています。また江戸時代までは、各藩がそれぞれ国であり、出身地を聞くのに『あんた、お国はどこだい?』みたいな言い回しがあります(現在でも通じるものです)。
現在の日本にあたる地域に、100余りの国々があったというのが記述されている内容です。

弥生時代の戦争がどのようなものであったのか想像の域を出ませんが、一族郎党皆殺しみたいなものではなかったと思います。(戦争といっても基本的には戦う者同士が戦う場所を選んで戦っていたものです。一般市民まで無差別に殺しだしたのはナチス・ドイツで、それを真似たのが日本であり連合国諸国です。閑話休題)
邪馬台国が邪馬台国連合みたいなものを30国程度で作っていたように、後の畿内ヤマト国が西日本+αを、畿内ヤマト国連合みたいなものを作って大倭国(大和国)となりましたが、これも他国を滅ぼしたというより連合国として手を取り合ったという感じのようです。
(出雲などは、社をつくってやるよと言って作って、あれは国譲りした証拠だ、などと勝手に神話に書いてたりしてますwたぶんw)
    • good
    • 0

> 統一というのは日本列島に一つの国しかないということです!


> 鎌倉、室町、江戸などの幕府は国ではありませんしね。


そしたら倭国も、日本を統一したわけじゃないよ。
本当の意味で統一国家となったのは、明治政府以降だろうね。
    • good
    • 0

倭→日本という風に改名。

倭とか日本は日本全体の国号。倭という名前が雅(みやび)でないということで日乃本を意味する日本という国号に6~7世紀頃に改名したとされる。
ヤマトと読む。日本書紀をニホンショキと呼ぶのはただの音読み。
正式には「ヤマトブミ」と読む。倭もヤマトと読むべき。ワコクという読み方はただの音読み。だから倭國とあればヤマトノクニと日本人なら読むべき。
時代の流れでこんな大事なことが忘れられてただただ嘆かわしい。
邪馬臺国(邪馬台国は略字)は大和朝廷で日本では「ヤマトの國」と読んでいたのを中国がこのような字を勝手に当てただけ。ヤマタイコクという名前はただの当てた字の音読み。こんな名前の国などない。色んな研究家が様々な桃源郷みたいにして日本各地に邪馬台国を空想妄想で誘致しているが、大和朝廷説以外はすべてご当地ソングでいうなれば、自分の気にいる所に導こうとしてあれこれ勝手な妄想で誘導しているだけ。当時の古代国家の政治統治能力を全く無視したただの妄想。当時の統治能力を考えれば、大和朝廷以外にそのような国家が存在することはあり得ない。奴國というのはどこに在ったかはわからぬが、魏志倭人伝などから推測して九州の先端の國を当てているみたいですね。多分、当時の朝鮮などの海外の國の使節などを招いた玄関的な部分に位置する国と推測。
100余國というのは沢山の國という意味でしょう。おおざっぱに100あまりの國があったということではないですか。

魏志倭人傳を書いた人は日本に行ったことがなく、当時の日本を訪問した使者の一人が数十年立って昔話に語った話をもとにまとめた書と聞いています。こんなものを鵜呑みにして記紀を無視して日本の古代史を組み立てようとする今の古代史研究家の浅はかさにただただあきれています。あれでは何年立とうと結論などまとまる道理がなく、いつまでも迷路をさまようだけでしょうね。日本古代史研究に未来などないとただただ失望。
    • good
    • 1

まず「100余の国」の「クニ」と言う言葉を考えます。


現代のように、国境や国際組織がある時代ではありませんので「クニ」というのは現代の国家とはちょっと違います。

「クニ」というのは、基本的に「同一の生活スタイルや文化、それに伴う神(宗教)を持ち、一つの社会単位として存在する集団」といえます。

たとえば瀬戸内海の海に面した島々に住む人々なら、生活の基本は漁業、船は足ですし、神様は当然海神になるわけです。
鹿児島の平野部に住む人々は農業を主体として生活を営んだでしょうが、桜島の噴火は恐れたでしょう。神の怒りに触れないように火山を神として崇めたはずです。
こういう生活基盤の違う人々を現代では「民族」といい、民族が多数いる一つの国家などもあって、民族と国家は同じとはいえませんが「クニ」は民族と国家がほぼ同一の単位であったといえます。

このような地域的な特性は古代には世界中どこでもあり得ましたが、日本の場合それに加えて常に大陸などから民族が常に流入することで、言語自体も異なっていた可能性があります。

日本の歴史上のある時代、たぶん空白の3世紀とよばれる時期にのちに「天皇」と呼ばれるようになるリーダーとその民族がだんだんに規模を拡大していった時期が間違いなくあります。

最初は隣接する周辺の民族たちを征服したり、服従させたりして、大きくなっていったことでしょう。たぶん最初は米造りなど「同じような生活スタイルを持つ違うクニ」を服従させて領土が広くなっていったといえます。

ある時期を超えると、今度は「領土を拡大すること」がそのクニの自己目的になります。ローマもそうでしたし、チンギスハーンのモンゴル帝国もそうでした。モンゴルはチンギスの後分割統治されましたが、ローマは世代を超えてローマ本国が広大な領地を統一維持することに成功しています。


そういう前提を踏まえて個別に答えます。
>この100余の国の一つが今の日本なんでしょうか?

100余国の中のひとつが、元になっていることは確かでしょう。

>日本列島にあった残りの国を滅亡させて日本を統一したのでしょうか?
滅亡させたクニもあるでしょうが、服従させたクニや自分から協力して家来になったクニなどもたくさんあったはずです。戦国時代でも織田信長などは他の大名全部を滅ぼしたわけではありません。

>倭国が日本列島を統一し日本という名前に改名したということですよね

倭国の「倭」は中国のほうで日本の使者から聞いて勝手に書いた文字なので、当時の日本が「ワ国」であったのは確かでも「倭国」であったとはいえません。

そして「ワ国」の「ワ」はもしかしたら「和」であり「輪」であって「連邦国家」と言う意味が近く「天皇を最上級リーダーとする、多くのクニの連合国家」だったかもしれません。このあたりは資料がほとんどなく、研究が進まない分野でもあります。

ただ一つ言えるのは、「ワ国」と「出雲国」という大きな勢力同士のぶつかり合いがあり、国譲りに記されているように「出雲」は負けて、その指導者階級は冥界入りし、出雲の人々は「ワ国」に吸収された、ということです。

>倭国(日本)、邪馬台国、奴国の他に何がありますか?
出雲は有名ですね。

以下は私見
ローマは当時としてはかなり大きな領土を有していますが、各地に居る人々を征服して虐殺したわけではありませんでした。もちろん戦争はしましたが、勝ち負けが決まるとその部族と接触して「ローマへの参加」を呼びかけました。
 参加した時のご褒美は「指導者階級の元老院入閣」と「部族民のローマ市民化」またそれによる安全保障と文化の享受だったようです。

ただ、征服される側としては「戦争に負けた」という恨みと、ローマに対する「屈辱感」を感じたでしょうし、ローマ側と「対等で平等な市民」になれるかどうかは非常に不安だったはずです。

そのため、ローマは征服した部族(クニ)の神様の神殿を首都ローマの神々の丘に作り「神々が同じ丘にそろっている」ということは平等であるとしたのです。

先に書いたように、山の神を崇める人々が海の神を崇める人々を「同じ人間」とみることはほとんどなかった時代ですから、「山の神も海の神も同じ聖なる山に祀られている」ということは「山の神も海の神も同じ神=山の民も海の民も同じ人間」という価値観を与えることになったわけです。

これがローマが大きな領土を長い間保持し続けた理由であり、キリスト教化されてからはわずか100年程度で分裂崩壊しています。

資料はありませんが、日本も同じようなことをやったのではないか、と私は推測しています。「ワ」というのは「私の神もあなたの神も同じぐらい尊い=あなたのクニも私のクニも同じぐらい尊い」ということであり、それを担保するために後に天皇と言われる征服者は「では、あなたのクニの神様もわたしのクニの神殿に一緒にお祭りして一緒にお祈りしましょう」と説いたのだと思います。

この「みんなでみんなの神々たちを一緒にお祈りする」ことが「ワ」であり、これに参加した人々が統一国家を作り、それが「日本」と言う名称になったのです。

元々いろんな地域から来て、いろんな生活スタイルや神をもっていた「様々な民族」だった人々が、一人の指導者の元で「神々が仲良くできるのだから、人々もお互いを認め合って、仲良くできるはず」と約束したのが「ワ」であり、だから「大和国」なのだと考えます。

この「大和」はもともといろんな民族だったものをまとめて「違いはあるけどこれに参加したなら日本人」という単一民族化に成功したので、今は日本民族が日本列島にいる、ということなのだと私は考えています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすいです。ありがとうございます

お礼日時:2018/11/10 22:25

手塚治虫の火の鳥・ヤマト編には、クマソの国が登場。


ちなみに、自分の地元・山口県東部は、熊毛王朝。これが今でも、熊毛郡という地名に残ってます。あっちこっちに今の市町村規模の国が点在してたでしょう。
    • good
    • 0

マジレスは無駄かもしれません。



ヒント:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10705363.html



A:>昔、日本列島には100余の国が存在したとありますがこの100余の国の一つが今の日本なんでしょうか?

B:>その100余の国の一つの国が日本列島にあった残りの国を滅亡させて日本を統一したのでしょうか?

C:>なので奴国や邪馬台国が日本列島を統一したのではなく倭国が日本列島を統一し日本という名前に改名したということですよね?


B→C の論点の飛躍が理解できません。
B:日本が統一された経緯について
C:日本を統一した「国」はどれか

↑の「昔」とはいつなのか? や、あなたの「国」の定義が不明。
それがわからないと、当時「100余の国が存在した」というのが事実なのかわかりません。
それらと今の日本の関係のついての考察もできません。

ところで、なたの中では 倭国≠奴国や邪馬台国 は確定事項なのでしょうか。


Cですが、AとBの真偽が不明なのに、C=事実 と断定しているのは何故ですか。
これがわかっているなら、質問する必要はないと思います。

脳内の想像(妄想や願望?)を事実を思い込むのは、キチ○イと思考力の残念な方がよく嵌る落とし穴です。
「日本という国についてです。 昔、日本列島」の回答画像4
    • good
    • 1

>昔、日本列島には100余の国が存在したとありますがこの100余の国の一つが今の日本なんでしょうか?



いいえ、今の都道府県に近いものです

>なので奴国や邪馬台国が日本列島を統一したのではなく倭国が日本列島を統一し日本という名前に改名したということですよね?

それよりも、ずっと後の事ですよ
    • good
    • 0

あなたが考える国って何ですか?


『統一』と書いていますが、統一というのは、どういう事ですか?

現在の米国において50州あり、カリフォルニア州とニューヨーク州では州法が異なる状態ですが、では米国は貴方の考える国家ですか? あなたが考える、国家が満たすべき条件は何ですか?

そもそも江戸時代に幕末300藩と言われ、当時の出身地の紹介は、○○州、○○の国、○○藩という言い方が一般的でした。
戦国時代は、どうですか?
室町時代は?
鎌倉時代は?
平安時代は?
奈良時代は?

ちなみに日本という国号を使い始めたのは奈良時代です。その頃、大和朝廷は、あなたが考えるような『統一』をしていたのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

統一というのは日本列島に一つの国しかないということです!
鎌倉、室町、江戸などの幕府は国ではありませんしね。

お礼日時:2018/11/10 22:17

どこの地域でもそうですが、農耕を始めると人間はまずムラを作り、複数のムラが集まってクニになりますが、そのクニは今の国とは違う、協同組合みたいなもので、集まることにより農業を効率化し、防衛や治水を行うことができました。



そしてクニがお互い争ったり同盟したりして大きくなったのが国であり、それが日本には百近くあったということです。

天皇もそのうちの1つの国の王で、その国が日本を平定する様子は古事記や日本書紀に詳しく書かれているので一読をお勧めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもしも キリスト教がなかったら、世界はどうなっていたと思いますか?

こういう質問を出すと、必ず 歴史にifはない という方が現れますが、そういう方は この質問をお見送り下さるよう 最初にお断りしておきます。

世界史を勉強していると信者ではない私からすればつくづくアホらしいと思う理由で(信者の方すみません)戦争とか虐殺とかが起きてますよね。まあキリスト教以外でも戦争とか虐殺ありますが。文明もなんだか古代ローマとかのほうが中世ヨーロッパよりも進んでいたのでは?と思います。中世ヨーロッパは考え方や政治で宗教に縛られ過ぎている気がします。
もちろん逆も然りでキリスト教があったからこそ栄えた文化などはあると思いますが。
皆さんはどう思いますか。

「イエスがいなければ世界は生まれてない」などの宗教的考えは無しの方向でお願いします。あくまで歴史に基づいた考えで。

Aベストアンサー

まあそうなのだが、
キリスト勢力のおかげで古代の書物も相当程度保存されたということは言える。
・キリスト教の締め付けがなければ、その反動としてのルネサンスはもっと違った様相になっていたか、なかっただろう。
・古代ローマは進んでいたとはいえ貧富の格差は激しく身分の格差も大きかった。「神のもとの平等」は魅力的だっただろう。(現代人は法の下の平等に魅力を感じるようである)
・イスラムの誕生期の爆発的な発展を思うと、キリストという共通基盤がヨーロッパに無かった場合、イスラムのヨーロッパへの浸透はピレネー山脈でも止められなかったかもしれない。
・少なくともヨーロッパ音楽を特徴づける「ハーモニー」は中世で廃れ、後世に伝わらなかった。中世では音楽の調和の原理を探るのは神の世界を知る学問として尊重された。その蓄積がバッハ以降大爆発する。
・「ヨーロッパ」意識は功罪半ばというところがあるが、要するにキリスト精神を基盤とする。それがなければイスラムとの相克もなく、科学技術や社会制度の発展はなかった。(イスラムの科学技術は16世紀で謎の停滞期に陥っている)

質問の意図ににかかわらずローマ帝国の宗教との比較はちょっとしづらい。
それぞれが成立していた社会的条件が全く違うので。

まあそうなのだが、
キリスト勢力のおかげで古代の書物も相当程度保存されたということは言える。
・キリスト教の締め付けがなければ、その反動としてのルネサンスはもっと違った様相になっていたか、なかっただろう。
・古代ローマは進んでいたとはいえ貧富の格差は激しく身分の格差も大きかった。「神のもとの平等」は魅力的だっただろう。(現代人は法の下の平等に魅力を感じるようである)
・イスラムの誕生期の爆発的な発展を思うと、キリストという共通基盤がヨーロッパに無かった場合、イスラムのヨーロッ...続きを読む

Q鎌倉時代の京都と鎌倉はどちらが都会でしたか?

鎌倉時代の日本の首都は鎌倉であり、鎌倉幕府が政治の実権を握っていたと思います。

しかしながら、鎌倉は都市としては小さいところで、鎌倉時代の前の400年に渡って京都に首都が置かれていました。そして140年続いた鎌倉時代が終わるとまた京都に首都が移ってしまいます。

鎌倉に首都があった頃は京都と鎌倉が2大都市で、奈良が3番目だったことは間違いないと思いますが、それでは京都と鎌倉を比べたらどちらの方が都会だったでしょうか?

Aベストアンサー

慣習法からいえば鎌倉時代の首都は京都ですが、鎌倉幕府は天皇から政権運営を委託された政府ですので「実際の政府が置かれていた場所」と言う点では首都になります。

で、ご質問の内容から言えば「京都のほうが全然都会だった」といえます。

理由は「鎌倉幕府は東国武士たちが主体の軍事政府であって、行政権を持っていたとはいえ西国武士たちはしぶしぶ従い、まだ公家の権力も権威も強く、さらには大坂(難波津)が物流などの拠点だったこともあり、京都はかなりの繁栄を誇っていたといえます。幕府もそれを危険視して六波羅探題を置いていますが「都」の魅力は天皇や公家という県力だけでなく、きらびやかな文化や大坂から得られる様々な物資や情報などにもあったわけです。

その結果、後醍醐天皇が建武の新政を行える勢力まで成長し、鎌倉幕府を滅亡させることになります。

鎌倉幕府があった、鎌倉は天然の要害としては非常に優れていましたが、逆を言えば「商業地域都市としての機能」を持てるような港湾や河川も無いし、大きな人口を養えるようなスペースもありません。

Q日本は過去に女性が天皇になったことが多いのはなぜですか?

過去の歴史において女性が王や皇帝になったことは世界的に少なく、中国は長い歴史の中で1度だけですし、ヨーロッパでも女王が多かったのはイギリスくらいです。

その中で、日本は過去に10人の女性が天皇になっており、これはイギリスの女王と並んで最多になります。
日本の場合、女性天皇は古代から存在しており、それより前に女性君主を立てたのは古代エジプトくらいです。
このように、過去の日本が君主に女性を立てたことが他国と比べ多かったのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

神武天皇から推古天皇までは33人の天皇を選んだのでしょうね。皇統譜を組むときにね。だから神功天皇、飯豊天皇は日本書紀が外したのでしょうね。3が二つ並んで縁起がいいということですね。当時の日本人は語呂合わせが好きだったのでしょうな。
天皇は通常男子が成るのが普通でしたが、ほかになり手がない時は一時的に女子を建てようという政治的意図で女帝が出ただけ。いわば、候補者が決まらぬ時のつなぎ。
あのー、神功天皇とか飯豊天皇を認めるのはいいですが、歴代天皇を数えるときは入ってないですよ。今は125代とか言いますが、あの場合の125代の中に、神功天皇、飯豊天皇の2人は入っていません。日本書紀が外して続日本紀以降、神功皇后だけ歴代に追加したみたいですが、明治になってまた外しましたね。となれば、論じるなら8人の女帝といった方が現実的な気がする。まあ追加してくれるのはありがたいですが、質問者さんは進歩的ですな。
天照大神・卑弥呼は天皇ではありません。天皇は神武天皇に始まるものです。天照大神は神代の神様、まあ実在の人を当てる説もありますがね。卑弥呼は祭主でしょうね。女王にしたのは中国人の史観ですね。

神武天皇から推古天皇までは33人の天皇を選んだのでしょうね。皇統譜を組むときにね。だから神功天皇、飯豊天皇は日本書紀が外したのでしょうね。3が二つ並んで縁起がいいということですね。当時の日本人は語呂合わせが好きだったのでしょうな。
天皇は通常男子が成るのが普通でしたが、ほかになり手がない時は一時的に女子を建てようという政治的意図で女帝が出ただけ。いわば、候補者が決まらぬ時のつなぎ。
あのー、神功天皇とか飯豊天皇を認めるのはいいですが、歴代天皇を数えるときは入ってないですよ。今...続きを読む

Q4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があったのは確実ですか?

4~6世紀というと古墳時代の真っ只中ですが、大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中しています。

古墳は日本全国に散在していますが、大阪府南部の古墳は特に大きく、巨大な権力を持つ者によって建造されたのは確実だと思われます。おそらく全国レベルで影響力を持った者でしょう。

当時は陸上の移動方法が徒歩か馬しかなく、宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われるので、大阪府南部(おそらく大阪市南部か堺市のどこかの場所)に全国規模、狭くても中国地方から東海地方までを勢力範囲とする政権(大和か倭)の首都が存在したと考えてよいでしょうか。

巨大古墳という、これ以上ないほどのその存在を示す証拠があるわけですから。

Aベストアンサー

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが、彼らが大阪南部勢力に従属していた根拠はありません。(敵対していたという記載もあるようです。)
これらの複数地区が全て単一権力の支配下にあったという証拠は無く、ゆるいつながりをもった地方権力の並列性であった可能性もあります。
であれば、単一権力による中央集権制では無く、首都という言葉とはややずれます。

また、「大阪府南部に日本(倭)の首都があった」根拠として、あなたが示されているのは「大阪府南部の堺市から羽曳野市にかけて巨大な古墳が集中」という事実と、「宮殿からそこまで離れた場所に古墳を造らなかったと思われる」という推測ですが、後者を裏付ける根拠が必要です。(あえて宮殿から離れた場所に古墳を作った可能性も排除できません。)
上述のような古墳の大阪南部・奈良・岡山と広がる広範な分布は、単一権力大阪南部存在説では説明困難です。

もちろん、「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」可能性はあります。
4~6世紀大型建造物であれば、土台構造物(穴や柱石など)などの遺構が残ります。
それによって、古代都市そのものを確定し、さらには政治形態を確定、首都と定義なども必要で、お示しされた根拠だけを理由に「4~6世紀は大阪府南部に日本(倭)の首都があった」と確定するのはやや無理があるでしょう。

参考までに巨大古墳を20位までお示しします。
5位までに大阪南部が多いことは事実ですが、同時期に岡山にもあり、20位までで考えれば奈良にけっこう後半に分布しています。
この分布をみると初期大和朝廷は天皇ごとに宮殿を変えていた説、有力豪族並列説(吉備勢力など)などに説得力があり、現在我々が想定するような首都というもの存在に疑問が生じます。

1 大仙陵古墳 大阪府堺市大仙町 中期 486m 仁徳天皇陵
2 誉田御廟山古墳 大阪府羽曳野市誉田 中期 425m 応神天皇陵
3 石津ヶ丘古墳 大阪府堺市石津ケ丘 中期 360m 履中天皇陵
4 造山古墳 岡山県岡山市新庄下 中期 360m
5 河内大塚古墳 大阪府松原市西大塚・羽曳野市南恵我之荘 330m
6 見瀬丸山古墳 奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町 後期 310m
7 渋谷向山古墳 奈良県天理市渋谷町 前期 300m 景行天皇陵
8 土師ニサンザイ古墳 大阪府堺市百舌鳥西之町 中期 290m
9 作山古墳 岡山県総社市三須 中期 286m
10 仲ツ山古墳 大阪府藤井寺市沢田 中期 286m 仲津媛皇后陵
11 箸墓古墳 奈良県桜井市箸中 前期 278m 倭迩連日百襲姫大市墓
12 五社神古墳 奈良県奈良市山陵町 前期 275m 神功皇后陵
13 ウワナベ古墳 奈良県奈良市法華寺町 中期 255m
14 市庭古墳 奈良県奈良市佐紀町 中期 250m 平城天皇陵
15 メスリ山古墳 奈良県桜井市高田・上之宮 前期 250m
16 行燈山古墳 奈良県天理市柳本町 前期 242m 崇神天皇陵
17 岡ミサンザイ古墳 大阪府藤井寺市藤井寺 後期 242m 仲哀天皇陵
18 室宮山古墳 奈良県御所市室 中期 238m
19 市野山古墳 大阪府藤井寺市国府 中期 230m 允恭天皇陵
20 宝来山古墳 奈良県奈良市尼ケ辻町 前期 227m 垂仁天皇陵

大阪南部に、その古墳を作る程度に力を持った権力者がいた、というところまでは正しいでしょう。

しかし、それが「日本(倭)の首都」であったという根拠は明確でありません。
「全国レベル」ということも、「全国」の定義も不明確で、「全国レベルで影響力を持った者でしょう。」ということもあなたの推測です。

4~6世紀ほぼ同時期には、大阪府南部だけでなく岡山県吉備地区、奈良県奈良市・天理市・桜井市にも巨大古墳は多数あります。
また日本書紀には、5世紀の岡山吉備地区の有力集団の記載がありますが...続きを読む

Q高速道路を走行中の車のサンルーフから身を乗り出していた少年が高さ制限のバーにぶつかり死亡する事件があ

高速道路を走行中の車のサンルーフから身を乗り出していた少年が高さ制限のバーにぶつかり死亡する事件があったらしい。

運転していたのは父親らしいがまあなんとマヌケな親子のことか。

可哀想という人もいるみたいだが私は気の毒ともなんとも思わない。

人としての想像力みたいなものはないのですかね?

中国での出来事と聞いてまあ仕方ないかと納得はしました。

Aベストアンサー

走行中のバスで、運転手と乗客が殴り合いをして橋から転落した事故が
ありましたね
インドもそうですが生存競争が激しくて、謙虚さや思いやりがあっては
負けてしまう社会なんでしょう。
無神経、鈍感、図太さ、無鉄砲さが生き抜く力なんでしょう。

Q今年の大河ドラマ「西郷どん」と2008年放送の「篤姫」とを見比べて思ったのですが、「篤姫」では篤姫が

今年の大河ドラマ「西郷どん」と2008年放送の「篤姫」とを見比べて思ったのですが、「篤姫」では篤姫が幾島に文を託すも西郷に断られ、勝海舟に父成彬からの文を託し、それが西郷の心を動かし、江戸無血開城が決まり
、篤姫自身は西郷には会ってないようですが、「西郷どん」では勝海舟に会う前に幾島とも篤姫とも会う設定になっていますが、史実からするとどちらの方がより正しいのですか?

ナレーションでは「実に12年ぶりの再会となりました。」とあるので、「西郷どん」の方が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

史実には諸説あります。
だから小説も多数の作家のものがあります。
小説の脚本は、必ずしも「小説=脚本」とは限りません。

篤姫の場合、記録が少なく、NHKドラマは「脚本」があたかも
本当のように面白く(悲しく)描けていました。

西郷と勝の江戸城無血開城交渉は緊迫したなか行われましたので
これ以前に江戸城に入るのは無理だと思われ、これはドラマを
面白くするための脚本の所作と思われます。
つまり「西郷どん」はフィクションです。

そもそも、この時代のトップには「内戦回避、外国からの介入
回避」の認識があり、第一次長州征伐では激戦が起こりませんでした。
では薩長と徳川のNO2・3とNO1の激突である倒幕に何故
西郷は舵を切ったのでしょうか。
長州はともかく、西郷薩摩には「舵を切って」も「激突は回避され
る」と踏んでいたのでは、ないでしょうか。
こういう推理がスリルなのです。
歴史探訪の醍醐味です。


西郷さんには思い入れが強い人が多く、よく描かれることが
多いようです。
「人を愛し、弱きを助け、国を憂え、強くをくじき、ブレル
 ことなく突進し、信念は生涯変わることはなかった」など
と描かれ、作られる。
実際には、迷い、悩み、試行錯誤し失敗もし進んだのでは
ないでしょうか。
完全な人間などはいないのです。

史実には諸説あります。
だから小説も多数の作家のものがあります。
小説の脚本は、必ずしも「小説=脚本」とは限りません。

篤姫の場合、記録が少なく、NHKドラマは「脚本」があたかも
本当のように面白く(悲しく)描けていました。

西郷と勝の江戸城無血開城交渉は緊迫したなか行われましたので
これ以前に江戸城に入るのは無理だと思われ、これはドラマを
面白くするための脚本の所作と思われます。
つまり「西郷どん」はフィクションです。

そもそも、この時代のトップには「内戦回避、外国からの介入
...続きを読む

Q太平洋戦争時には米軍は日本人を猿と見ていましたね?

それはもっと前から白人が黄色人種をそう見ていた思いますが戦争勃発後の米軍は日本人を猿と見ていたのでかなり残酷な方法で殺すことができたのではないかと色々な本を読むと見えてきます。B29による無差別爆撃は焼夷弾による焼き殺しですから害獣を駆除しているがごときに思えてなりません。白人から見ると有色人種は人間とは見なしていないので日本人だけが猿扱いではないと思いますが、

Aベストアンサー

ハルノートのハルは、兵士達に檄文を
送っています。

ドイツやイタリアに対しては、あいつらは
米国に来られなかった臆病者だ。

日本に対しては、あいつらは猿だ。人間ではない。
だからどんどん殺しても構わない。

これに比べれば、ルーズベルトの人種差別は
マシなほうです。

フランクリン・ルーズベルトはオランダ出身で、「有色人種への差別が格別に強かった」と、ニューヨーク州ハイドパークの大統領私邸で会談した英国のロナルド・キャンベル公使は本国に書き送っている。キャンベルが、この会談の席上、ルーズベルトから打ち明けられたのが「劣等アジア人種」の品種改良計画だった。

「インド系、あるいはユーラシア系とアジア人種を、さらにはヨーロッパ人とアジア人種を交配させ、それによって立派な文明をこの地に生み出していく。ただ日本人は除外し、もとの島々に隔離して衰えさせる」

Q1600年関ヶ原の戦いで宮本武蔵は本当に戦に参戦したんですか? もし参戦したのならどのくらいの活躍し

1600年関ヶ原の戦いで宮本武蔵は本当に戦に参戦したんですか?
もし参戦したのならどのくらいの活躍したのか詳細まで知ってればなによりです。

Aベストアンサー

はじめまして、

No3さんの内容にほぼ同意なのですが、宮本武蔵が関ヶ原合戦に参加しただろうというのはほぼ定説です。
16歳でしたら元服をしている可能性が高いので、当時でしたら一人前、戦争に参加するのはあたりまえでしょう。

規模のおおきい戦場では多数の軍勢がぶつかりますので、剣豪とはいえ活躍するチャンスはありませんし、実際記録もありません。
島原の乱にも幕府軍の一員として参加していますが、一揆軍の投石により負傷しているぐらいです。
剣豪といえども一対一ならともかく団体戦や乱戦になればたいしたことはないんですね。

以下ウィキから2カ所を引用します

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは父の新免無二が関ヶ原の戦い以前に東軍の黒田家に仕官していたことを証明する黒田家の文書が存在することから、父と共に当時豊前国を領していた黒田如水に従い東軍として九州で戦った可能性が高い。

島原の乱では、小倉藩主となっていた小笠原忠真に従い伊織も出陣、武蔵も忠真の甥である中津藩主・小笠原長次の後見として出陣している。乱後に延岡藩主の有馬直純に宛てた武蔵の書状に一揆軍の投石によって負傷したことを伝えている。また、小倉滞在中に忠真の命で宝蔵院流槍術の高田又兵衛と試合したことが伝えられている。

宮本武蔵(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/宮本武蔵
(URLはコピペしてください)

はじめまして、

No3さんの内容にほぼ同意なのですが、宮本武蔵が関ヶ原合戦に参加しただろうというのはほぼ定説です。
16歳でしたら元服をしている可能性が高いので、当時でしたら一人前、戦争に参加するのはあたりまえでしょう。

規模のおおきい戦場では多数の軍勢がぶつかりますので、剣豪とはいえ活躍するチャンスはありませんし、実際記録もありません。
島原の乱にも幕府軍の一員として参加していますが、一揆軍の投石により負傷しているぐらいです。
剣豪といえども一対一ならともかく団体戦や乱戦にな...続きを読む

Qもし日本に原爆が落とされていなかったら・・

どうなっていたでしょう・・

本土決戦で

アメリカ人が日本本土に侵攻、占領し

ベトナムのような略奪、日本女たちをレイプ、、

ハーフの子供ばかりで

我々純粋な日本人が少なくなっていたように思いますし

『親アメリカ』!!な風潮ではなく!!

【反アメリカ】!!!な憎しみだけが渦巻く風土になっていたように思いますが

みなさんどう思いますか。

Aベストアンサー

あなたは、沖縄に米軍が上陸を行います
地上戦が行われた事を知っているのかな?

基地問題は別にして、沖縄の人達と米軍・米国との関係を見れば自ずと分かるのではないか?

沖縄県とそれ以外の日本とが、別だという認識なのかな?

Q添付ファイル画像の兵士の兜はドイツから支給された物でしょうか?

添付ファイル画像は、支那事変の頃、中国兵が犯罪者(と勝手に見なされている者)を、ピストルで処刑している写真だそうです。

ところで、中国兵の兜(かぶと)が、第二次大戦中のドイツ兵の物に、少し似ていると思います。
これはドイツから支給されたものでしょうか?

Aベストアンサー

>これはドイツから支給されたものでしょうか?

回答:(拳銃と同様に現地生産のコピーの可能性もありますが)そうだと思います。


【中独合作】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%8B%AC%E5%90%88%E4%BD%9C
(1935年から1936年にかけて、中国はドイツにM35型シュタールヘルム31万5千個と、Gewehr 88小銃、Gewehr 98小銃、モーゼルC96型拳銃多数を注文した。)



最近よく似た名前が増えているように思います。(ヒント:No1)
ユーザーが増えたせいなのでしょうか。
それとも・・・

支那事変当時(1937~)の蒋介石の妻は宋美齢
彼の婚歴は複数あるが金という女性と結婚した事はない。
それにプロパガンダに「使われた」のは日本の側だと思います。
(日本人離れした日本語のセンスですね)


私はNo4です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較