潜水艦が出没して大きなニュースになっています。
ところで日本にも潜水艦があると思います。
日本の潜水艦の性能や目的はなんでしょうか?
「漢級潜水艦」に比べて優秀でしょうか?

潜水艦のほかに北朝鮮の船などが密航してきてますが、日本の潜水艦が活躍したという話はききません。
日本の潜水艦は何のためにあるのでしょうか?
日本の海を護衛するものではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

海上自衛隊は現在16隻の潜水艦を現役として保有しており、各種活動にあてています。

各種活動の詳細は防衛機密です。潜水艦の現在の居場所自体が防衛機密であり、港にいるとき以外はほとんどの関係者が居場所を知ることがありません。

現在海上自衛隊が保有している潜水艦は、ゆうしお型、はるしお型、おやしお型の3タイプです。どのタイプも登場期は世界でも最高性能を誇る通常動力型潜水艦といわれていました。現在の最新型はおやしお型で、平成五年に計画された潜水艦です。

細かい性能は防衛機密でありよくわからない事が多々あるのが潜水艦の世の常ですが、おやしお型は最新鋭の射撃式装置、効率の大変よいソナー装置、対艦攻撃用の魚雷やミサイルを各種二十発程度搭載しており攻撃能力も十分です。潜水艦の命といえる静粛性能に関しては、どうも訓練相手の護衛艦からすれば10回探査して一度コンタクトできるか怪しいという人もいるようで、また今までの実績から見ても他国の新鋭通常潜水艦と比較してけして劣ることだけはないでしょう。

任務としては、主に二つ。1番の方も言われているように、待ち伏せ攻撃があり、これは潜水艦の伝統的な任務です。海上自衛隊の潜水艦は排水量に比して人員が多すぎるとの批判がありますが、この事は逆にダメージコントロールへの対応や長期間の任務への対応をやりやすくしている側面があります。なお潜水艦は対空能力や対地能力は普通ありません。イギリスやアメリカの潜水艦はトマホークを搭載しているのですが、日本にはトマホークがないため行えません。また対空能力を持つ潜水艦も存在するにはしますが、潜水艦のアドバンテージである秘匿性を台無しにするような対空ミサイルなど、潜水艦にとってはデッドウエイト以外の何物でもありません。少なくとも運用上、海上自衛隊にはまったく必要のないものでしょう。

もうひとつの任務としては、情報収集活動があります。日本の周辺海域で何処の国の軍艦がいつどのように通行したのかなどを、海中からひっそりと監視することです。各種艦船の情報や海域の情報を収集することによって基礎データを作り、何かあったときにそなえています。他にも付随した任務があるようですが、当然この辺は防衛機密なのでよくわかりません。

漢級潜水艦とおやしおですが、漢級のアドバンテージは海中をおやしおよりずっとながくもぐっていられること、ダッシュが長続きすることで、それ以外はおやしおが遥かに勝っていると考えてよいでしょう。それでもおやしおは電池性能の強化で今までの潜水艦に比べ潜水時間がかなり増加したようですが。

また潜水艦の任務はあくまで情報活動と対艦攻撃であり、北朝鮮の不審船や工作船のような小物を補足したり攻撃したりすることは目的ではありません。もっと最適な装備があるのでそちらでやればいいことです。

ちなみに2番の方も述べられているように、潜水艦を自力で設計から製造できる国はそうそうなく、日本、ロシア、ドイツ、オランダ、ノルウェー、フランス、イギリスくらいです。尚米国は現在通常動力潜水艦を建造することはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
潜水艦は忍者のように活発に動き回るものだと思っていました。
北朝鮮の密輸や拉致工作の船舶に対しては無力だったとは残念です。

お礼日時:2004/11/13 03:58

「ところで現在では潜水艦など衛星から監視されてしまうのではないでしょうか?


海水温が高くなっていますから、すぐにわかると思いますが。」

確かに原子力潜水艦が高速で浅深度を航行すれば海水温が上がるでしょう。しかし低速(原子炉の出力制御は難しいので速度でどれだけ変化するかは自信なし。)でしかも深度を深くとれば見つかりにくくはなると思います。ただそれでは潜望鏡で周囲を監視することもできませんし、無線電波も届きにくくなり命令を受領することも困難になります。おそらく軍事秘密になるのでしょうが、ミサイルなども水圧の影響などで使える深度は決まっているのではないでしょうか。

通常型潜水艦となると内燃機関を停止できますので、廃熱はかなり小さくなります。対潜艦艇の攻撃に際し、停止して深くに留まっているのは映画でもおなじみのシーンでしょう。今ではAIPもありますから、低速で潜行しているかぎりは発見は難しいでしょう。

また低軌道衛星が継続し特定の個所を監視できるのは数分です。次の衛星に引き継がなければ継続監視はできません。むしろ対潜航空機の方が脅威でしょうね。
    • good
    • 0

通常動力潜水艦と原子力潜水艦では、まったく別物といってよいほど違うものです。



基本的に通常動力潜水艦は、有人機雷とでも言ったほうがよいかもしれません。つまり海中に潜んで獲物がくるのを待ちうけるのです。原子力潜水艦のように高速で長距離を潜行したまま航行することは不可能です。そのかわり静粛性に優れています。

日本の潜水艦も基本的に通常動力潜水艦の枠内の存在であり、海峡のなどのチョークポイントで敵艦を待ちうけるのが基本でしょう。

第2次世界大戦でドイツのUボートが活躍しましたが、あの場合でも、積極的に敵船団を追いまわしたわけではないのです。事前に待ち伏せするわけです。したがって暗号解読によって待ち伏せポイントが知られてしまうと途端に戦果が減りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
映画でみましたが、エニグマをよく解読したものだと感心しています。
ところで現在では潜水艦など衛星から監視されてしまうのではないでしょうか?
海水温が高くなっていますから、すぐにわかると思いますが。

お礼日時:2004/11/13 04:04

潜水艦には 原子力潜水艦と通常動力の潜水艦の2種類があります



ちがいは 原子力で動くか否かだけです
当然 動力性能は半永久的なエネルギーの原子力を動力とする方が航行性能的には有利です

日本は 通常動力の潜水艦しか作っていませんが、
通常動力の潜水艦の中では日本は世界トップ水準です。
これは第二次大戦時から大型潜水艦を作っているノウハウが活かされているためでしょう
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
原潜は事故や破壊されたときのリスクが大きそうですね。

お礼日時:2004/11/13 04:01

日本の潜水艦はディーゼル・エレクトリックですから、原潜のように


潜航したままと言うことはできませんが、原潜に比べ静かです。
(ただし、性能は世界有数のものです)

潜水艦を自前で建造できる国は、多くありません。

また、潜水艦は存在するかもしれないと言うだけで相手に負担をかけます。

ただ、不審船などの攻撃には向いてないと言えるでしょう。
撃沈するためのコストパフォーマンスが悪いし、数が少ないです。

とりあえず、日本の潜水艦は敵の軍艦を撃沈するために存在すると言って
いいでしょう。
自衛隊が、通商破壊戦をするとも思えませんので。
    • good
    • 0

日本の潜水艦は、旧ソビエト海軍のウラジオ艦隊が、日本海から出るのを阻止するためのものです。


ですから、航続距離もありませんし、攻撃力も対艦が中心です。
対馬海峡、宗谷海峡、津軽海峡に待ち伏せするために作られています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
待ち伏せ業務がメインなのですね。

お礼日時:2004/11/12 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代海戦ゲーム(PC)、潜水艦戦ゲーム(PC)、で良いものがあったら教えてください。

 現代海戦ゲーム(PC)、潜水艦戦ゲーム(PC)、で良いものがあったら教えてください。良いものというのは実際の海戦を良く再現していたり、シナリオにリアリティがあるとか、ミッション作成機能が優れているなどとと言う意味です。特に3Dでなくとも良いです(特に潜水艦戦のゲーム)。出来れば日本語版が良いのですが、内容が良ければ英語版でも良いです。ただ英語のインターフェースやマニュアルが読み易い物が良いです。

 プレイした感想や意見なども添えてくださると嬉しいです。色々な意見をお待ちしています。



以上、よろしく御願いします m(_)m

Aベストアンサー

最近出たリアル系のなら、

Silent Hunter III
(第二次世界大戦時のドイツ軍潜水艦)
http://www.silent-hunteriii.com/uk/home.php
http://www.4gamer.net/news.php?url=/review/sh3/sh3.shtml
Silent Hunter II+拡張なら、日本語版あったけど、
もう移植されないだろなあ、。
wikiで大体の操作が乗っているので理解出来そうなら、買ってみてはどうでしょうか?
http://chomu-ab.atso-net.jp/wiki/index.php?SH_FAN.jp


DANGEROUS WATERS
(アメリカ・ロシア・中国の戦艦や潜水艦などでの,現代の海戦をシミュレート)
http://www.scs-dangerouswaters.com/scrnshts.html
http://www.4gamer.net/news.php?url=/DataContents/game/1200.html
steamなら、39.95$で即買える。
とりあえず、デモで面白いと思ったらどうぞ、、。
http://www.scs-dangerouswaters.com/demo.html


、、、正直、コア過ぎて敵に近づく前に、眠気が、、。
(=w=;

最近出たリアル系のなら、

Silent Hunter III
(第二次世界大戦時のドイツ軍潜水艦)
http://www.silent-hunteriii.com/uk/home.php
http://www.4gamer.net/news.php?url=/review/sh3/sh3.shtml
Silent Hunter II+拡張なら、日本語版あったけど、
もう移植されないだろなあ、。
wikiで大体の操作が乗っているので理解出来そうなら、買ってみてはどうでしょうか?
http://chomu-ab.atso-net.jp/wiki/index.php?SH_FAN.jp


DANGEROUS WATERS
(アメリカ・ロシア・中国の戦艦や潜水艦などでの,現代の海...続きを読む

Q戦闘機、潜水艦、護衛艦を日本はどんな事態を想定して所有しているのでしょうか?

戦闘機、潜水艦、護衛艦等を日本はどんな事態を想定して所有しているのでしょうか?
戦闘機、潜水艦、護衛艦等を日本が所有していなかった場合、どのようなリスクがあると考えられているのでしょうか?
戦闘機、潜水艦、護衛艦の戦闘における役割の違いについて教えてください。m(__)m

Aベストアンサー

戦闘に於ける三者の役割そのものについてですね。

戦闘機とは、敵の航空機の作戦行動を阻止する事に役割を特化した航空機の事です。機関砲やミサイル等によって、敵機を撃破、撃墜する事を本務とします。進入する敵機に追随出来る飛行性能を求められる為、通常軍用航空機の中では最も高速力を有し、空中での格闘戦を想定して、高い旋回能力を有するものが多いです。これに対し、爆弾やミサイル等で、敵の地上部隊や施設、艦船を攻撃する航空機は爆撃機、攻撃機と呼び習わされるのが一般的ですが、航空機との戦闘を兼務する物を特に、戦闘爆撃機、戦闘攻撃機と呼び、現代日本の航空自衛隊ではこの種別の航空機を特別に、支援戦闘機と呼びます。

潜水艦は、海面下に潜航し、敵の艦船や潜水艦を攻撃する事を本務とします。発見され難い水面下を行動し、奇襲的な攻撃を行う事により威力を発揮し、その海域に「いるかも知れない」と言う抑止効果によって、敵に護衛艦艇を割かせる等、戦力の分散を強制する効果も期待されるものです。敵の同様の行動に対抗する為の、対潜水艦作戦も任務に課されます。
この他、核兵器保有国には、隠密裏に核ミサイルを運搬し、敵により核基地に対して先制攻撃を受けるリスクを回避、核反撃能力を確保する目的で建造された、戦略ミサイル潜水艦も存在します。

護衛艦は、フリゲートや駆逐艦と呼ばれる艦種と同様の物で、日本本国への物資輸送のための海上交通路、所謂「シーレーン」を防衛する為の戦闘艦です。貨物船やタンカー等、国民生活や戦争遂行能力(抵抗能力)を支える物資の流れに対しての、敵の打撃を阻止する事が本務であり、その為、長い航続能力と(この点の実態について異論がある方もいますでしょうが、基本理念として)外洋航行能力が求められ、主に、最大の脅威である潜水艦に対する捜索、攻撃能力に優れている事が戦闘能力として重視されています。単艦によるバランスの取れた戦闘能力も求められる、海上軍事作戦のワークホース的な役割も課せられており、砲や対空、対艦ミサイル等の攻撃手段も有するのが一般的です。海上自衛隊の主力戦闘艦と捉えて間違いありません。

戦闘に於ける三者の役割そのものについてですね。

戦闘機とは、敵の航空機の作戦行動を阻止する事に役割を特化した航空機の事です。機関砲やミサイル等によって、敵機を撃破、撃墜する事を本務とします。進入する敵機に追随出来る飛行性能を求められる為、通常軍用航空機の中では最も高速力を有し、空中での格闘戦を想定して、高い旋回能力を有するものが多いです。これに対し、爆弾やミサイル等で、敵の地上部隊や施設、艦船を攻撃する航空機は爆撃機、攻撃機と呼び習わされるのが一般的ですが、航空機との戦...続きを読む

Q潜水艦のゲーム

WINDEPTHという潜水艦を爆発させるゲームに凝っています。

11面くらいまでいけるように上達したのですが、
気になることがあります。

10面から紫色のぶどうみたいな生き物が上昇してきます。
それは、11面も出てくるのですがそのぶどうみたいな生き物にいつも
やられてしまいます。

このゲームが何面まであるかご存知の方がいましたら
おしえてください。

あと、実際にこのゲームをやったことがある人で
10面から出てくるぶどうのような生き物の倒し方のコツを
知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

ゲーム名をみて懐かしく思います。2年ほど前に雑誌のCDに入っていて
やってみると面白く、結構やってました。
 ・面数は何面まであったか覚えていません。
  「ぶどう?」のボーナスステージが終わると、また1面と同じような
   パターンになりますが、金魚みたいな形の潜水艦が真上に火の玉の
   ようなロケット弾?を打ってきます。これが結構早くて気が抜けません。
 ・「ぶどう?」の倒し方は、10~11面だと下から右と左から固まって出てきて
   船の方に並んでくるので、早めに爆雷を落とすと連鎖で消えます。
   水面まできたものは、船が逃げるとついてくるのでぎりぎりの所で爆雷を
   落とすとやっつけられます。しかしこれは高度なテクニックとなり自爆
   する危険度が大です。基本的に画面の半分ぐらいまででやっつけるように
   することです。(爆雷の沈んでいく速度と相手の動きを十分把握する)
たいしたアドバイスになってませんが、ぜひ最終面までがんばってください。
   

Q水上艦と潜水艦との平時での駆け引きについて書かれた本がありますでしょうか

江畑 謙介氏の著作を愛読しているごくごく軽度の?軍事オタクです。
昨年でしたか、南シナ海か東シナ海を航行中の米空母キティホークの
すぐそばまで中国海軍の潜水艦が接近したトピックがあったと記憶しています。江畑氏の著作でなくてもいいですので、空母(水上艦)と潜水艦との平時でのせめぎ合いや駆け引きについて書かれた本があれば紹介して下さいませんか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

民間人が読めるもので、トム・クランシーの一連の著書を超えるものは、ないのではないでしょうか。
ペンタゴンから、相当、情報提供を受けているようですし。

私は逆に、彼が書いていないことに、興味がありますね。
書いてあることを頭の中で表にしてゆくと、あちこち、すっぽり抜け落ちている部分があります。

ま、気にしても仕方がありませんが。

Q日本の潜水艦の性能や目的は

潜水艦が出没して大きなニュースになっています。
ところで日本にも潜水艦があると思います。
日本の潜水艦の性能や目的はなんでしょうか?
「漢級潜水艦」に比べて優秀でしょうか?

潜水艦のほかに北朝鮮の船などが密航してきてますが、日本の潜水艦が活躍したという話はききません。
日本の潜水艦は何のためにあるのでしょうか?
日本の海を護衛するものではないのでしょうか?

Aベストアンサー

海上自衛隊は現在16隻の潜水艦を現役として保有しており、各種活動にあてています。各種活動の詳細は防衛機密です。潜水艦の現在の居場所自体が防衛機密であり、港にいるとき以外はほとんどの関係者が居場所を知ることがありません。

現在海上自衛隊が保有している潜水艦は、ゆうしお型、はるしお型、おやしお型の3タイプです。どのタイプも登場期は世界でも最高性能を誇る通常動力型潜水艦といわれていました。現在の最新型はおやしお型で、平成五年に計画された潜水艦です。

細かい性能は防衛機密でありよくわからない事が多々あるのが潜水艦の世の常ですが、おやしお型は最新鋭の射撃式装置、効率の大変よいソナー装置、対艦攻撃用の魚雷やミサイルを各種二十発程度搭載しており攻撃能力も十分です。潜水艦の命といえる静粛性能に関しては、どうも訓練相手の護衛艦からすれば10回探査して一度コンタクトできるか怪しいという人もいるようで、また今までの実績から見ても他国の新鋭通常潜水艦と比較してけして劣ることだけはないでしょう。

任務としては、主に二つ。1番の方も言われているように、待ち伏せ攻撃があり、これは潜水艦の伝統的な任務です。海上自衛隊の潜水艦は排水量に比して人員が多すぎるとの批判がありますが、この事は逆にダメージコントロールへの対応や長期間の任務への対応をやりやすくしている側面があります。なお潜水艦は対空能力や対地能力は普通ありません。イギリスやアメリカの潜水艦はトマホークを搭載しているのですが、日本にはトマホークがないため行えません。また対空能力を持つ潜水艦も存在するにはしますが、潜水艦のアドバンテージである秘匿性を台無しにするような対空ミサイルなど、潜水艦にとってはデッドウエイト以外の何物でもありません。少なくとも運用上、海上自衛隊にはまったく必要のないものでしょう。

もうひとつの任務としては、情報収集活動があります。日本の周辺海域で何処の国の軍艦がいつどのように通行したのかなどを、海中からひっそりと監視することです。各種艦船の情報や海域の情報を収集することによって基礎データを作り、何かあったときにそなえています。他にも付随した任務があるようですが、当然この辺は防衛機密なのでよくわかりません。

漢級潜水艦とおやしおですが、漢級のアドバンテージは海中をおやしおよりずっとながくもぐっていられること、ダッシュが長続きすることで、それ以外はおやしおが遥かに勝っていると考えてよいでしょう。それでもおやしおは電池性能の強化で今までの潜水艦に比べ潜水時間がかなり増加したようですが。

また潜水艦の任務はあくまで情報活動と対艦攻撃であり、北朝鮮の不審船や工作船のような小物を補足したり攻撃したりすることは目的ではありません。もっと最適な装備があるのでそちらでやればいいことです。

ちなみに2番の方も述べられているように、潜水艦を自力で設計から製造できる国はそうそうなく、日本、ロシア、ドイツ、オランダ、ノルウェー、フランス、イギリスくらいです。尚米国は現在通常動力潜水艦を建造することはできません。

海上自衛隊は現在16隻の潜水艦を現役として保有しており、各種活動にあてています。各種活動の詳細は防衛機密です。潜水艦の現在の居場所自体が防衛機密であり、港にいるとき以外はほとんどの関係者が居場所を知ることがありません。

現在海上自衛隊が保有している潜水艦は、ゆうしお型、はるしお型、おやしお型の3タイプです。どのタイプも登場期は世界でも最高性能を誇る通常動力型潜水艦といわれていました。現在の最新型はおやしお型で、平成五年に計画された潜水艦です。

細かい性能は防衛機密であ...続きを読む

Q日本の潜水艦や戦闘機は他国の領域侵犯したことありますか

<領空侵犯>伊豆諸島南部でロシア機 空自がスクランブル

というニュースを見て、1年くらい前にも中国の潜水艦が日本の領海を侵して自衛隊が出動したような事件がありました。また何かで読んだのですが、ロシア、中国の領空侵犯はニュースになっていないだけであって、かなりの件数があるというような記事を読んだことがあります。逆に日本が他国、中国、ロシア、韓国あたりの領海侵犯はしたことがあるのでしょうか?彼らが領海侵犯されたら問答無用で攻撃してきそうですが、なぜ日本は攻撃しないんでしょう?

Aベストアンサー

>日本が他国、中国、ロシア、韓国あたりの領海侵犯はしたことがあるのでしょうか?
 基本的に日本は領空侵犯はしません。
 ただ・・・相手にとってはそうではありません。
例を挙げれば尖閣諸島や、沖縄近隣の海域、これは日本の領海ですが、中国に言わせるとそれらは中国の領海であり侵犯行為です。
 中国が沖縄からたった少し北上すれば、そこは中国の主張する領海です。ですので、日本の航空機や船舶は日本の領海であっても、それは中国に言わせると侵犯行為ですので、当然、何回も相手はスクランブル掛けてきます

Qかっこいい潜水艦の戦闘映画を探しています

潜水艦の映画をいくつか調べてみたのですが、
どれも潜水艦が登場するだけで、潜水艦独自の戦闘の駆け引きが見れそうなものが
見つかりませんでした。

ソナーを使った探り合いなど、そういった潜水艦独自の緊張感ある戦闘が見れる映画は
ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

何をご覧になったのかの記載が無いので、適度に並べます。

眼下の敵
Uボート
レッドオクトーバーを追え
クリムゾンタイド
は鉄板です。

漫画になりますが、沈黙の艦隊は外せませんよね。

Q日本は、アメリカ海軍の、核ミサイル潜水艦を一隻、北朝鮮の問題が解決する間、レンタルするべきではないで

日本は、アメリカ海軍の、核ミサイル潜水艦を一隻、北朝鮮の問題が解決する間、レンタルするべきではないでしょうか?

トランプ大統領はディールが好きだと言っています。つまり、取引が好きだという事です。トランプ大統領は元々が商売人だからです。ですから、日本がレンタル料金は一日一億円だと言えば乗組員ごと喜んで貸してくれるでしょう。

要は、例えレンタル核ミサイル潜水艦でも、日本が核ミサイル潜水艦を持っているという事を北朝鮮に示す事が重要のです。それで北朝鮮からの核攻撃が防げるな安いものでしょう。少なくとも何もしないよりはマシです。

北朝鮮は、そんなものは、案山子だと思うかもしれませんが、100%案山子だとは言い切れません。それが抑止力に成るのです。

Aベストアンサー

原潜は貸してくれないでしょう。
何せ、軍事機密がびっしりと詰まっていますから。

やるとすれば、古くなって廃棄する予定の
核ミサイルの購入ですね。

足下を見られて、バカ高い値段で買わされる
悪寒がしますが。

米国としては金出して廃棄するところを、大金で
売れるのですから、こんな美味しい話はありません。

問題は、日本国内です。
野党や朝日が狂ったように反対するでしょう。

それをどう乗り切るかのほうが難しいと思います。

Q旧日本軍はどうして潜水艦を強化しなかったのでしょうか?

第二次世界大戦もののDVDを観て思ったのですが、
潜水艦の役割は重要です。
攻撃にしろ、防御にしろ威力絶大と感じました。
とくに太平洋に飛び飛びにある島の防衛などは、潜水艦を配備していれば強化できたと思います。
日本の潜水艦のことはあまり聞きませんが、
海軍は、どうして潜水艦の開発に力を注がなかったのでしょうか?
海を制したかったら潜水艦が不可欠ではないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本海軍は、甲標的艦を完成。実戦に投入しました。
2人乗りの水中高速型の潜水艦の開発に成功していたのです。

この事実に米軍は驚愕しました。

時の水上機母艦は、甲標的艦母艦として即座に改装可能なように設計、建造されていました。

潜水艦に対し相当力を注ぎ込んでいたようです。

日本軍では潜水艦とは、
隠密行動を取り、単独で侵入し、敵艦船を攻撃する為の兵器でした。(特攻に近い思想)

艦隊戦では、艦隊の前で哨戒に当たらせ、
平時は、敵の基地付近の哨戒任務に付かせました。

一方、米軍の潜水艦は日本軍のそれよりはるかに劣ります。
酸素魚雷の開発もまだでした。

米軍は、
潜水艦を3隻一組とする狼狽戦法で弱い輸送船団を襲う事に専念します。
彼らは、日本軍の海防艦が、殆ど使い物にならない木造船である事を知っていました。

日本軍は
駆逐艦を重雷装する事により重巡洋艦と匹敵する戦力としようとします。
重巡洋艦は、重雷装させ、戦艦と互角で戦える事を目標としました。

その結果、被弾に対しては極めて脆く火災、誘爆が多かったのです。

米軍は、無理な雷装や、無理な作戦より、
より効果的な運用方法を目指しました。

追い詰められ、
潜水艦に戦艦が沈められるようになると、
日本海軍も、もう終わりだな。
こう言う空気が流れます。

潜水艦に対する防御、発見方法、攻撃方法などが確定していないと言う、根本的な問題でした。

>とくに太平洋に飛び飛びにある島の防衛などは、潜水艦を配備していれば強化できたと思います。

潜水艦は、常に最前線に投入され、後方は無視されました。

>日本の潜水艦のことはあまり聞きませんが、
海軍は、どうして潜水艦の開発に力を注がなかったのでしょうか?
海を制したかったら潜水艦が不可欠ではないでしょうか?

上層部は、敵艦隊を攻撃する事しか頭にありませんでした。後方、補給よりも、最前線でした。
援護の無い、単独攻撃は、犠牲も大きかったようです。

日本海軍は、甲標的艦を完成。実戦に投入しました。
2人乗りの水中高速型の潜水艦の開発に成功していたのです。

この事実に米軍は驚愕しました。

時の水上機母艦は、甲標的艦母艦として即座に改装可能なように設計、建造されていました。

潜水艦に対し相当力を注ぎ込んでいたようです。

日本軍では潜水艦とは、
隠密行動を取り、単独で侵入し、敵艦船を攻撃する為の兵器でした。(特攻に近い思想)

艦隊戦では、艦隊の前で哨戒に当たらせ、
平時は、敵の基地付近の哨戒任務に付かせました。

...続きを読む

Q護衛艦DDGとDDの対空ミサイルの違いは何ですか

護衛艦DDGとDDの対空ミサイルの違いは何ですか
おもいつくのはイージスシステムの有無ですが、それではイージスシステムのないDDGはたがぜの対空ミサイルと他のDDの対空ミサイルはどうちがうのでしょうか。

Aベストアンサー

DD(Destryer)とDDG(Guided Missile Destryer)の違いは、前者がシースパローのような個艦防空用のミサイル程度しか持たないのに対し、後者はスタンダードミサイルのように、艦隊防空を目的とした射程の長い対空ミサイルを持つ艦であるということです。

イージスシステムだからDDGというのではなく、艦隊防空を目的としたスタンダードミサイル(SM-1やSM-2)を積んでいる艦のことをDDGと言います。

護衛艦はたかぜは、イージスシステムは搭載していませんが、スタンダードミサイル(SM-1MR)を搭載した、艦隊防空を目的とした艦ですから、DDGとなります。

はつゆき型護衛艦などのDDに搭載されるシースパロー(RIM-7)は、自らを守るためのミサイルで、射程もスタンダードミサイルより短くなります。

ただ、最新の護衛艦あきづき型などに搭載される発展型シースパロー(RIM-162)は、名称はシースパローですが、射程は30~50km程度と、はたかぜ型DDGのSM-1MRの射程20~30kmを上回る射程を有しています。
レーダー・射撃式装置も国産の最新型FCS-3Aを搭載、アクティブフェイズドアレイレーダーですから、古いはたかぜ型DDG搭載の回転式三次元レーダー(SPS-52)よりもあらゆる面で優れています。
それでもあきづき型の艦種はあくまでDDです。
ミサイルや武器システムの発展で、従来ほどDDとDDGの差はなくなってきています。

DD(Destryer)とDDG(Guided Missile Destryer)の違いは、前者がシースパローのような個艦防空用のミサイル程度しか持たないのに対し、後者はスタンダードミサイルのように、艦隊防空を目的とした射程の長い対空ミサイルを持つ艦であるということです。

イージスシステムだからDDGというのではなく、艦隊防空を目的としたスタンダードミサイル(SM-1やSM-2)を積んでいる艦のことをDDGと言います。

護衛艦はたかぜは、イージスシステムは搭載していませんが、スタンダードミサイル(SM-1MR)を搭載した、艦隊...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報