毎日英語を書かなきゃいけないんですが、時々表現に困る時があります。これらの言葉は英語で何と言うのでしょう?
1.しょうがない
例えば「彼が忙しくて私に電話できないのはしょうがないと思う」
2.からかわれて、「ひろみちゃんってば顔が真っ赤になっちゃうなんて、か~わい~」
3.気合(友達がイギリス人に「yell」と言ったら「yell?」と聞き返されましたが、和英辞書を見て納得していました。本当にyellで通じているんでしょうか?)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1. "He's busy, and he can't be blamed for not calling me often"とか?電話できないことを「彼のせいにはできない」って意味になると思います。


2. からかう感じで、"ooh, you're blushing, Hiromi!"
3. yellは掛け声ですね。「気合を入れる」は"show fight/spirit"かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>1.
なるほど。そういう書き方もありますね。良いですね。とても納得。

>2.
からかわれてる状況が良く出てますね!赤くなっている事をからかわれているのが重要ですもんね。

>3.
spiritと言うと、内面にあるモノという感じですね。 yellだとそれを行動で表してしまっているという感じがしたので。内面のモノを表したかったので、良いと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/23 18:57

1.It can not be helped that he can not call me as he is very busy.


2.Hiromi is still naive and cute with a blush on her face!
3.with renewed vigorのほうがより解りやすいのでは…と思いますが。
yellはshout atと同じで、”気合”といえば”気合”ですが…まあ、その場の状況にもよると思うのですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>2.
naiveっていうのもホント可愛らしい感じが出てて良いですね(*^-^*)

やはりyellって言うと、叫んでるだけっていうイメージがありますよね。あたしも疑問に思っていたのですが、他に良い言葉が思いつかなくて。
vigorも良いですね!ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/23 18:47

1.しょうがない


普通に「それはしょうがないよ」と言う場合は
It can't be helped.
とか
You can't do anything about that.
とでも言います。
しかしかなり口語的なのでライティングには向かないかもしれません。

2.からかわれて
「からかう」はteaseとかmake fun ofとかあります。
ジョークを言われたときのレスとしては…
You're kidding!
You're pulling my leg!
などがあります。

3.気合
これは私は日本語と同じでgutでいいと思うんですが。
まあコンテクストにもよるでしょうが。

こんなもんでいかがでしょう?
それからこの質問は英語の方に載せたほうがいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い御回答ありがとうございます。
口語的でも結構です。あたしの書いている文は結構くだけた文で、AndやBut等を文頭に置いている文も書いているので。
gutですか。思いつきませんでした。そう言われてみればそうですね。和英辞典にはyellしか載っていなかったので…
この質問、間違えて外国語の方に載せてしまいました(^^;)後で気づきました。このままそっくり英語の方に移すという事は出来るんでしょうか?それとも同じ内容の質問を英語の方にもう一度載せなければいけないんでしょうかね。これで良い回答が得られれば、なるべく早く、そのまま締め切ってしまおうかと思っています。

お礼日時:2001/07/23 18:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q英語の得意な方翻訳をお願いします。Yelling at my sist

英語の得意な方翻訳をお願いします。Yelling at my sister, 'there are poor people without water and your wasting it!!'この英文はどのように訳したらよいでしょうか?どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 yell at は「~に怒鳴りつける」です。

 http://eow.alc.co.jp/yell+at/UTF-8/

 引用符の中は「水の無い貧しい人が居るのに、貴方は水を無駄使いしている」

 お困りの原因は、誰が怒鳴ったかどこにも書いてないからでしょう、私も困りました。分かっているのはこの怒鳴り屋さんは、水を垂れ流しにしている妹(お姉さんはそんなことしませんよね)の兄か姉、で my とあります。ですからどこにも書いてないけど主語は「私」でしょう。

 次にお困りの原因は、主動詞が無いことです、「『、、、』と妹に怒鳴りつけ。」
では、何とも落ち着きが悪いですね。I ran into the kitchen 「(と怒鳴りながら)私はキッチンに駆け込んだ」か何か主文が抜けていますね。

 『水の無い貧しい人が居るのに、貴方は水を無駄遣いしている』と妹(あるいは出来の悪い姉)に怒鳴りながら私は(キッチンに駆け込んだ)

 括弧の中は原文にない、勝手な補充です。

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

QHow many...........

きみの学校には英語の先生は何人いますか。
How many English teachers are there in your school?
君のクラスには何人の生徒がいるの?
How many stydents do you have in your class?
と問題集にありました。
なぜ、are there とdo you have と違うのでしょうか?
どちらでも同じことなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

<you のこのような使い方が私にはどうも受け入れがたい?というか、、、、
We had snow this winter in our country.
このwe had の部分がとても引っかかってしまいます。
私たちが持った という訳のイメージが強すぎてしまって。>への回答:

解決法:
1.Have「持つ」を「ある」「所有する」「所属する」「含む」といった概念で捕らえればいいのです。柔軟にイメージを膨らませるのです。

2.例文のようなWeやyouの使い方は、日本語でもありますよ。
「うちんとこは雪が降ったよ」
会話の相手がどこにいるかわかっているので、「うちんとこ」は相手のいる場所(別の県、別の国、別の村)が推察できます。

ご質問文の例文でいうなら、「きみんとこ、生徒何人?」
「クラス」の話題が出てる場所で使えば、「きみんとこ」はクラスのことだとわかります。

このように、日本語でも「うち」「あなたのところ」「そちら」「こちら」など、We、Youに相当する使い方はあります。

3.Our contry snowed this winter.
これでは文にはならないのです。何故か。

1)Snow「雪が降る」は場所を主語にできません。主語は、天気を言う時に使う形式主語itを使って、it snowedとしなくてはなりません。
2)Our countryを主語にするならhad「持つ」→「~があった」「~を経験した」とし、目的語snowが必要になります。

頑張って下さい。

No.2です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

<you のこのような使い方が私にはどうも受け入れがたい?というか、、、、
We had snow this winter in our country.
このwe had の部分がとても引っかかってしまいます。
私たちが持った という訳のイメージが強すぎてしまって。>への回答:

解決法:
1.Have「持つ」を「ある」「所有する」「所属する」「含む」といった概念で捕らえればいいのです。柔軟にイメージを膨らませるのです。

2.例文のようなWeやyouの使い方...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

QMy wife walked home to find..........

回答者の皆様、あけけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

NHKラジオ英会話講座より
My wife called home in a panic,and I rushed over on my bicyle to begin the search. My wife walked home to find my daughter there.
・・省略・・。妻が家に戻ると、そこに娘がいたんだ。

(質問)[My wife walked home to find my daughter there.]についてお尋ねします。
(1)[to find]は不定詞の形容詞的用法(~すべき)でしょうか?
(2)私が直訳すると「妻はそこに娘を見つけるために家に歩いた。」となり、何か変な文章になります。「・・娘がそこにいた」というフィーリンングがつかめません。テキストの訳文を、分り易く直訳し、解説していただけませんか?よろしくお願いいたします。 以上

Aベストアンサー

Gです。 何の正月雰囲気もないところから、明けましておめでとうございます。

フィーリングがなかなか感じられないとおっしゃっていましたね。 今回もそうなんですね。 でも、感じたい、と思っておられるようなので書いてみる事にしました。

Thank youと言われたときとかありがとうと言いたいときにこの表現のフィーリングをちゃんと身につけていますね。

理由は何であろうと、その表現のフィーリングとは何なのかを学校で教えてくれたのですね。 無駄な事を教え込まされないうちに、この表現はありがとうと言う意味だよ、と言われてそのフィーリングを感じ始めたわけです。 

つまり、フィーリングを感じろ、と教えてくれれば感じることが出来るのです。

でも、教えてくれないで(教えられる先生がいるか否かは別問題として)フィーリングを感じることは難しい事ですよね。 思いもよらない事をしようとしたいわけですから。 なぜならそれ自体が英語力となるわけですから時間が架かってしまうのです。 時間がかかるからできるだけ早くこのフィーリングをつかんで自分が持っているフィーリングを表現できるように勉強の仕方を帰ると言うか追加しなくてはならない、と言う事なのです。

しかし、日本ではいまだに、文法さえ知っていれば、専門用語で説明されれば納得してしまうと言う状況があるのですね。

これが、今回の「フィーリングをつかむ事が難しい」と言うことになってしまう理由があるのです。

どんな学校文法項目なのかお分かりでしょうか。

まさにこの、不定詞の理解、なのです。 不定詞に関する説明から作られてしまう理解、だと言う事です。

ではその壁になっている説明とは、と言うと、

不定詞には3つの「用法」がある。

その用法とは名詞用法、形容詞用法、そして副詞用法。

それらは「~する事」「~する為の」そして「~する為に」です。

この文章の不定詞は副詞用法ですから、、、、、、と言う説明方法

と言う4段階に分けた教え方なのです。

そしてこの説明では充分ではないと気がつくと、また分類して、副詞用法の~です、として不十分さをカバーしようとするわけです。 そして、その用法名を知っていると意味がわかった気分になるわけですね。 なぜなら、その説明では、このxx用法ですから~のように訳します、となるからですね。

じゃ、どうやって「見極めるの?」と言う前にその見極め方を教えてくれないのです。 なぜ教えてくれないのでしょう。 私は使えるように教えてくれないと言う証明だと言うわけです。

ここからが私なりの回答となります。

My wife walked home to find my daughter there.とMy wife walked home to find the lost key.との「用法の違いに何かある」と感じてくれましたか?

それを理解するにはfindと言う単語のフィーリングを感じて欲しいのです。(意味と言うことですが)

キーはfind my daught thereとfind the lost keyですね。 ここで、前文に「文章」のフィーリングがあるけど後文にはそれがない、と感じてくれましたか?

後文は単なる単語群ですね。 名詞です。 なくした鍵を、ですね。 ですから、このこのfindは「見つける」と言う意味のfindなのですね。 findの意味は私の説明がなくても分かりますね。

前文のほうが難しいと思います。 でも、my daughter therと言う表現が文章的だと言うことに気がつくと、~が~であることが、となりますね、そうすると、このfindは物体を見つけるのではなく、である事が分かる、と言うフィーリングのfindだと分かるようになりますね。

その例が、I found my girldfriend so thoughtful.と言う文章と同じフィーリング表現方法と同じじゃないか、と言うことになるわけです。 つまり、カノジョが大変思いやりがあると「分かった」と言うフィーリングになりますね。 I found my girldfriend is so thoughtful.と同じでmy girlfriend is so thoughtfulと言う分のフィーリング(文節)が隠れているわけです。

~が~である、と言う部分がmy daughter thereなのです。 俗に言うSVOCと言うことになります(私には関係ない知識ですが)。

この解釈による理解で終わってはならないのです。 この理解を「応用する」事が直接このMy wife walked home to find my daughter there.の、歩いて帰ったらそこに娘さんがいた、と言うフィーリングになる「知識」が身に付くのです。

つまり、見つけると言うフィーリングが感じる文章では「見つけるために」と言うフィーリングを出せる表現方法として使われるのですが、わかると言うフィーリングが感じる文章では「~したら分かる」と言うフィーリングを表せる表現方法が使われたと感じるわけですね。

自分に身につけるための練習です。

My wife walked home to find my daughter playing.
My wife walked home to find my daughter with her boyfriend.
My wife walked home to find my daughter
My wife walked home to find my daughter's dog.

これだけでどっちを意味するかもうお分かりですね。

そうすると、findのフィーリングによって意味合いが代わってくる、と言うことになりますね。 

しかし、この知識を使いこなせるようになるにはもう一つの知識を持つべきと言う事を知っておいてください。

それは、findの「分かる」「知る」と言うフィーリングを表す時に、~かどうかを知る、と言う表現方法がありますね。 find if xxx is xxxと言う表現です。

この文節が来た時にはto findの意味合いが~する為にと言うフィーリングが出てくるので、My wife walked home to find if my daughter would be there.と言う表現であれば、そこにいるかどうかを「知るために」家に徒歩で行った、と言うフィーリングになるわけです。

歩いていったらそこのいるかどうかを知った、とはならないわけです。My wife walked home to find if my daughter would be there.の文章ではそこにいたと言うフィーリングは出ていないのですね。

そして、最後にフィーリングの複雑さがどうしても表現方法に二十見出てしまうことさえあるのです。

My wife walked home to find my daughter there.の文章では、歩いて帰った、と言う事と、そこにいた、と言うこととは何も因果関係と言うものを感じさせませんね。

しかし、因果関係があるとしたらどうなるのでしょうか。 ここが要点にもなるのです。

My wife rushed home to find my daughter there.と言う文章では、なぜrush homeなのかを感じ取る事が出来ますね。 娘がそこにいるかどうかを知るために急いだ、そこにいるのを知るために急いだ、と言う関係が成立するわけです。 (わざと混乱させる為にfindの意味を変えているのに気がつきましたか?) この説明で終わっていたら突っ込んでもらいたかったのです。<g>

そこにいるのを知るために、ではないですね。 そこで見つけるために、と言う意味ですよね。 

つまり、ここでも、見つけると言うフィーリングでのfindを使っているのです。 rush to findだからこそ、今回のwalk to findとは違うフィーリングとなるわけです。 

チャレンジした教え方をしてごめんなさい、でも、なぜそうしたのか分かってください。

少しずつフィーリングをつかめるように勉強してください。 フィーリングをつかめるようにはなれないと言う事は今のところ誰にも起こっていません。 でも、つかめるようにしなければ決してつかめるように名ならないし、フィーリングをつかめる実力がなければ表現力を高める事は難しいと言うことになってしまうわけですね。

最後のチャレンジです。

My wife walked home to find my daughter there.妻が家に戻ると、そこに娘がいたんだ、が分かったら、今度は、妻が家に戻るとそこに娘がいたんだ、と言う文章をMy wife walked home to find my daughter there.と言う英文で書けるように努力してください。

この段階にチャレンジしなければ、妻が家に戻るとそこに娘がいたんだ、と言う文章を見たら、今回の表現方法ではなくほかの文章を作ってしまうことになるのです。

参考になりましたでしょうか。 お分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

Gです。 何の正月雰囲気もないところから、明けましておめでとうございます。

フィーリングがなかなか感じられないとおっしゃっていましたね。 今回もそうなんですね。 でも、感じたい、と思っておられるようなので書いてみる事にしました。

Thank youと言われたときとかありがとうと言いたいときにこの表現のフィーリングをちゃんと身につけていますね。

理由は何であろうと、その表現のフィーリングとは何なのかを学校で教えてくれたのですね。 無駄な事を教え込まされないうちに、この表現はあり...続きを読む

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Q和英or英和の翻訳ソフト

PCの翻訳ソフトはどれがお勧めでしょうか?
翻訳サービスや翻訳サイトではありません。
OSはwindowsです。

Aベストアンサー

 あの、このような質問はすでに回答済みなんですが。。。まあ、私は「アトラス」がいいかもしれないと回答しておきましたが、ただ、値段が高い割に、まったく、使えないという気持ちでしたね。オンライン翻訳と同じくらいレベルとしたら、買ってみて、使いにくいことを発見してがっかりするかもしれません。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q......way out of style.

NHKラジオ英会話講座より
My husband gave me this blouse.
I know it looks tacky.
This kind of shirt is way out of style.(このてのシャツは全然流行ってないし)
But it's the thought that counts.(でも気持が大切なのよね)
Wearing it makes me feel good.
(質問)way out of styleを「全然流行っていない」と訳しています。ではway of styleで「流行っている」と表現できますか?
 よろしくお願い致します。 以上

Aベストアンサー

tommy0313さん、こんにちは!

 いつも、私の軽佻浮薄な回答を暖かく読んでいただき感謝に堪えません。持って生まれた馬鹿が一生祟っているカンジです...

 tommy0313さんは、真直ぐなお方なのでしょうね。いつもご質問に感心いたします。あっ、そう言えば、これ難しいな~、と分かるのです。

 さて、way ですが、ぜひ覚えていただきたいものの1つです。文章ではまず使いませんが、話し言葉ではとても便利ですよ。

 強調詞です。次に来る言葉を強めるんですね。日本語の、うんと、ずっと、すっごい、チョー、マジ...みたいなものですかね。

 特に前置詞句の前に使われます。

 My answer is off the point. (私の答えは的外れだ。)

 My answer is【way】off the point. (私の答えは【チョー】的外れだ。)

 夫:Can you see my glasses? I can't find them.
 妻Naomi:I can clearly see them on the bookshelf.
 夫:Oh, you've got very good eyes, at least. Where are they? Around here?
 妻Naomi:No, up!
 夫:You mean, around here?
 妻Naomi:No,【way】up! You've got to stand up. Who can ever imagine a man searching for his glasses on his stomach?

 軽佻浮薄な前置きが長くなりました!

This kind of shirt is way out of style.は、This kind of shirt is out of style. を強めたものですね。

ただ、 way は、be in fashion を強めて、×be way in fashion なんてのは言えません。way up, way down, way above, way below, way ahead, way behind なんかがよく使われるものです。

 Naomi:Hey, your jokes are way out of date.
  私:Are they? Maybe your appreciation is way out of line.

 以上、ご参考になれば幸いです!

tommy0313さん、こんにちは!

 いつも、私の軽佻浮薄な回答を暖かく読んでいただき感謝に堪えません。持って生まれた馬鹿が一生祟っているカンジです...

 tommy0313さんは、真直ぐなお方なのでしょうね。いつもご質問に感心いたします。あっ、そう言えば、これ難しいな~、と分かるのです。

 さて、way ですが、ぜひ覚えていただきたいものの1つです。文章ではまず使いませんが、話し言葉ではとても便利ですよ。

 強調詞です。次に来る言葉を強めるんですね。日本語の、うんと、ずっと、すっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報