AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

海の浅い場所と深さ47mの深海などの水の成分や密度など、水に関して違いはあるのでしょうか?

A 回答 (4件)

47mは深海ではありません。

2000m以上が深海です。
    • good
    • 1

>深さ47mの深海など



「深さ47m」は、通常は「深海」とは呼びません。
    • good
    • 1

河川の流れこんでいる場所を除いて、水の成分や密度などに差はありません。

むしろ、海面との差の方が大きいですね。海面には機械油、PCB、DDT、ダイオキシンやマイクロプラスチックが浮いています。深さ47mはどちらかと言えば浅瀬の方で、深海は1000m以上と思います。
    • good
    • 0

違いはあるよ。


特に静かに降った雨などは表層に残るからね。
流入する河川水も表層を流れる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの石はなんでしょうか。 家の工事を行ってもらっていた際に地中から出てきたのをたまたま私が発見しまし

この石はなんでしょうか。

家の工事を行ってもらっていた際に地中から出てきたのをたまたま私が発見しました。


何かの化石かな?と思ったのですが、本当に化石なのか、あるいは鉱物なのかよくわかりません。

お詳しい方がおられましたらお知恵をお貸しください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

色からすると火成岩では無く堆積岩で、模様が大きいので多分石灰岩、だとするとこの模様は古代生物の化石ですが、模様のある石灰岩はほとんどそのたぐいなので珍しくありません。

Q光子は重力で曲がるが、ニュートリノは曲がるのだろうか?

光子は重力で曲がるが、ニュートリノは曲がるのだろうか?

Aベストアンサー

光子もニュートリノも質量があるので重力の影響を受けます。光子は相対論の光ではありません。相対論の光は質量ゼロと仮定しています。ニュートリノは質量ゼロとされていましたが、カミオカンデで水分子と衝突の際の光を観測出来たので、E=mC²から質量のある事が証明されました。とさ。

Q貿易風は、どうしてこの図だと地球が右回りなのに転向力が左にかかるのですか? 偏西風と同じように、右側

貿易風は、どうしてこの図だと地球が右回りなのに転向力が左にかかるのですか?
偏西風と同じように、右側にかかる気がするのですが

Aベストアンサー

「赤道から高緯度方向」に吹くか、「高緯度から赤道方向に吹くか」の違いです。
地球の自転による「コリオリの力」がそのように働くからです。

↓ 下記の No.5 に書いた「コリオリの力」の説明が参考になると思います。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10837644.html

Qニュートリノは順光速なのに、光子は0,1mmのチタンでも遮断出来るが、ニュートリノは地球を殆どが通り

ニュートリノは順光速なのに、光子は0,1mmのチタンでも遮断出来るが、ニュートリノは地球を殆どが通り抜ける訳は?

Aベストアンサー

弱い相互作用と重力相互作用でしか反応しないため、地球との相互作用がほぼないので素通りします。

Qもし地球に月という衛星が存在しなかったら?

もし地球に月という衛星が存在しなかったら?
個々に意見をお聞きしたいです

天文学的には 今日のような進化があったでしょうか? 今日の時点で 宇宙まで人類は飛び立つ そんなことができたでしょうか?
海洋学的にも 潮の満ち引きに関心があります。
暦も 旧暦は出来なかったはず その影響も教えてください。
勿論 他にも 現在考えられないようなことがあると思います
それらも 教えてほしいです。

Aベストアンサー

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるからです。

※地球の地軸の傾きは、月ができたときのジャイアント・インパクトによるもので、それが無ければ傾かなかったという説もありますし、月が無ければ傾きの維持が難しくなるのではないか、という説もありますが、地球ほど大きな月を持たない火星も25度ほど傾いていますし、地球の月ほどの衛星が無くても安定していますので、ここでは地軸の傾きは月とは関係ない、とします。

暦は元々「いつ種をまき、いつ収穫するか」と言うことを決めるためにうまれました。最初の暦である「シリウス暦」はエジプトで生まれ、そもそも月よりもシリウス星座を基準に1年が365日であることをしっていましたので、天文学の基礎になる暦は月と相関がなくても発展した可能性が高いといえます。

また、地球が丸いことを証明するのも月ではなく星座の観測によって行われていますので、その点でも月の必要性はあまりないといえます。

したがって、大胆に言えば月がなくても、天文学の進化にはあまり関係なかったといえると思います。

ただ、物理学と宇宙開発と言う次元になると別の問題が生じます。それは「万有引力の法則」とか「衛星」と言う概念がどの時点で芽生えるか、ということと関係しているからです。

地球と月という身近な天体が「なぜお互いの周りをくるくる回るのか?」というのは万有引力の発見に非常に重要ですし、大砲の威力がとても強ければそれは地球を一周しても落ちない「衛星になる」という知識があっても「だからそれが何の役に立つのか?」というところまで人類が思いいたるには時間がかかったかもしれません。

月はつねに「地球を見ている」わけで近代的な物理学の目で「月に立ってずっと地球を見ていたらなにができるのか」という発想が生まれないのは、科学の発展においてかなりの遅延をもたらしたかもしれません。

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるから...続きを読む

Q株は、本当に利益がでるんですか?

タイトルの件、どうでしょうか?
やはり、ギャンブルなのでしょうか?

1つ疑問なのが、証券会社の友達は、一切進めてきません!
また、親が証券会社の役員の友達がいますが
子供は、株をやっていません

そういった理由から、やはり、難しいのかなあと、おまいます!

どうでしょうか?

Aベストアンサー

「株」の本当の意味を知っているのですか?

「株」とは、その会社に「出資する」ということです。「資本」を提供する「資本家」になるということです。
「前金」として「会社の運営資金」を提供するということであり、その見返りに会社の毎期の利益に応じた「配当」がもらえます。
「株を持つ」とはそういうことです。
利益を出して、たくさん配当をくれそうな会社に出資するということです。そういう株を長期に保有して、働かずして「配当」を受け取るのです。

株の売り買いで、その「差額」で儲けるというのは、本来の株のもち方とは違う、単なる「利ザヤ稼ぎ」です。それは「投機」「ばくち」と同じです。
一昔前は、短期で売り買いして利ザヤを稼ぐ「株屋」という呼び方は、「株主」と区別した「蔑称」でした。一種の「ギャンブラー」という扱いでした。

本来の「株を持つ」「会社に出資する」という意味と、短期で売り買いして利ザヤを稼ぐこととは分けて考えないといけません。

Qなぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか? 速度と加速度の違いはわかりますが、速度

なぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか?
速度と加速度の違いはわかりますが、速度は加速度から出来ています。なのに加速度に時間を掛けても道のりが導けない事になんだか違和感があります。
単位的に見ればとりあえずは納得できます。

Aベストアンサー

加速度に時間を乗ずると速度の加減が求まるだけです。距離を求めるためには積分が必要です。

Q地球時間とはどこの国が基準なんですか?

地球時間とはどこの国が基準なんですか?

Aベストアンサー

No.1です。詳しくはこんなサイトを見てください。
https://www.localtime.jp/utc-gmt/

地球は「真球」ではないし、自転周期も一定ではないので、「地球上のある地点の時刻」とすると誤差が出るので、グリニッジ標準時(GMT:Greenwich Mean Time)に対して「理論的な時刻」を「UTC (Universal Time、協定世界時)」として使うようになったようです。

Q太古の地球の海は塩分濃度が高い海水だったそうですが今と比べてどのくらい塩分濃度が違ったのでしょうか?

太古の地球の海は塩分濃度が高い海水だったそうですが今と比べてどのくらい塩分濃度が違ったのでしょうか?

なぜ昔は塩分濃度が高かったのですか?

あと塩分濃度が徐々に薄まるのなら最終的に地球の海は真水となり水不足にならないで地球自体が終焉を迎えるのでは?

Aベストアンサー

人間の体内(血液)の塩分濃度は約 0.9% で、これは生物が海から出て地上で暮らすようになったとき以来、体内に「太古の海」の環境を維持しているからといわれています。

現在の海の塩分濃度は 3.1~3.8%なので、これに比べるとかなり塩分濃度が高いです。
海水は地殻を溶かし続けているので、太古の海に比べて、現在の海水の塩分濃度は徐々に上昇し続けてきたと考えるのが妥当ではないかと思います。

Q昼の長さ、夜の長さ(時間)

素朴な疑問です。
二十四節気の中に春分・秋分、夏至・冬至などの言葉があり、昼と夜の長さが同じだとか、昼が最も長い、夜が最も長いなどと言われます。
ある日付においての、この「昼の長さ」・「夜の長さ」というものを計算式で求めることはできるのでしょうか?
そういった公式みたいなものはあるのでしょうか?
簡単な方法としては日の出と日の入りの時間の差で求めることはできますが、もう少し高度というか、天文学的に太陽と地球の位置関係から求めるような式はあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。

>是非とも複雑な式を見てみたいです。

1つの「方程式」のようなものではなく、個別にいろいろな条件を計算して、それを組合せる数値計算だと思います。
#2 さんの挙げられたサイトやソフトを使うのが現実的だと思います。

>また、そういう式がどういった考え方で出来たものなのか解説して頂ければ
尚、嬉しいです。

私にはそれだけの知識や根気がありません。
「考え方」ではなく、現実の「観測結果」の組合せだと思います。


人気Q&Aランキング