『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

映画「エスター」について。ネタバレ注意!!


こんにちは。ミステリー好きの者です。映画もミステリーはよく見るのですが、いわゆる「どんでん返し」「オチがすごい」「衝撃的な結末」と言った映画が好きです。
そこでつい最近調べてでてきた「エスター」を見ました。

すごいハラハラして個人的にはパニック系だったのですが、どんでん返し···?と言うと微妙です。ほかの「どんでん返しオススメ」サイト様でも「エスター」ゴリ押しでそこまで面白かったかな~と言った感想です。実はエスターは子供じゃなかった、という結末も個人的にはうーん。「えー!!」とはならなかった。だったら「ユージュアル・サスペクツ」とか「SAW」の方が「ええ!」と声に出ました。

なんでそんなに評価が高いのか不思議です。
あともしよければミステリー物でおすすめの映画があれば教えてください。ネタバレは無しでネ(´∀`)

A 回答 (5件)

こんばんは!



それでは…、「エスター」以外のお薦めを紹介します。(^-^)


◎「セブン」


◎「Arlington Road(邦題:隣人は静かに笑う)」
 テロを研究する大学教授が、本物のテロリストに嵌められ…。
https://www.youtube.com/watch?v=zfbBavo86qs

◎「ソルト」
https://www.youtube.com/watch?v=zTbH59FbFQo

◎「ドラゴン・タトゥーの女」
https://www.youtube.com/watch?v=BGFNTbw_eLA

◎「IT/イット」
https://www.youtube.com/watch?v=b2MH-yxIR4Y


参考になれば、幸いです!(^o^)丿
    • good
    • 0

日本人は元々「子供っぽい」人が多いので、それほどエーーとはならないでしょうが、欧米人だと「大人が子供を騙るのはほぼ不可能」なので、そこが「すごい」わけです。



つまりそういうことが日本ではあり得る(そういえば、時々テレビでみんな二十歳ぐらいのかっこうして「誰が小学生?」なんてやっていますね)のに、欧米ではあり得ない、だからありえないのにそういうシュチュエーションを見せられてゾッとする、ということはあります。

似たようなモチーフだとご存知かもしれませんが「薔薇の素顔」も面白いです。
ついでに薔薇つながりで「薔薇の名前」も秀逸

ホラー系でどんでん返しなら「アザース」も面白かったし、シックスセンスの監督が作った「ヴィレッジ」も面白いです

ユージュアル・サスペクツは秀作ですが、あれが好きなら「LAコンフィデンシャル」もおすすめ、絶対「ロロトマシ」って口ずさみたくなります(笑)
後は「バニラ・スカイ」も面白いですが、原作のスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」のほうが味があります
    • good
    • 0

確かに、「どんでん返し」ではないですよね。


書かれておられる通り、ハラハラしたり、
誰もわかってくれないもどかしさと、恐怖。
あと味の悪さ。でしょうか。
あと味の悪さもない分「シックスセンス」の方が、私は良かったです。
先の方の書かれたように、映画の宣伝文句は、時に、逆効果ですね。
結末が予測できたり、「衝撃のラスト」とやらに、心の準備ができたり・・・
一切の前宣伝なしで、見た人の口コミだけで(「でも、実際に見て欲しいから言わないよ」)、
評判になる映画を見たいですよね。
    • good
    • 0

まあエスターのオチは強引なとこありますもんね


でも怖かったあ

「ライフ・オブ・デビッドゲイル」
「ミスト」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね。
確かにホラー目線出みれば怖かったです。直視出来ませんでした(笑)

ミスト見ました!あれは最高ですね。ライフオブ~は見たことないので見てみます!ありがとうございました。

お礼日時:2018/11/14 19:23

ちょうど2年前、とある映画を観に行ったのですが、映画館に入る直前に外壁ポスターに書かれた「ラストxx分の衝撃」の文字を目にしてしまいました。

連れは観終わった後で凄い結末だったと激賞していました。しかし、こちらはどんでん返しがある事が分かってるため、そこから逆算して考えて観ていたので、結末は予想通りでした。

「どんでん返し」などのフレーズで検索したり映画を探したりするのはオススメしません。ミステリー映画ならともかく、そうではない映画を色々観ている中で、その手の映画が突如現れるから、驚き、賞賛するのです。『エスター』もそういった感じでしょう。

ちなみに、小説だと叙述トリックを主に書く作家(折原一やリチャード・ニーリィなど)のミステリーは、「叙述トリックがある」という盛大なネタバレがなされてるにも関わらず、オチが読めない事も多く、オススメです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに先入観が働いてしまいますもんね。当方も「叙述トリック」という言葉すら知らない時にたまたま買った本がそういう本で、頭打たれましたよ。そういう衝撃にもう一度出会いたいものですね···難しいですけど。

折原一は読んだことがあります。リチャードニーリィは読んだことないので探してみます!ありがとうございました。

お礼日時:2018/11/14 19:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの映画はなんという題名ですか? あとこれより面白い作品は ありますかね?

この映画はなんという題名ですか?
あとこれより面白い作品は
ありますかね?

Aベストアンサー

ターミネーター2
だそうです(^ ^)

Qビキビキビキと鳴くロボットが出てくる古いSF洋画のタイトルわかりませんか? ~覚えているシーン~ ①

ビキビキビキと鳴くロボットが出てくる古いSF洋画のタイトルわかりませんか?
~覚えているシーン~
①主人公は、過去からきた宇宙飛行士で、『シカゴ、シカゴ、我が町』と歌う。
②顔だけのようなロボットが集まって会議をしている。
③ロボットはビキビキビキっと言う。
④『宇宙空母ギャラクティカ』『2300年未来への旅』的な感じ?
⑤わりかしインパクトのある主題歌。
⑥日曜洋画劇場で観たような?淀川さん解説してたような?
以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『25世紀のバック・ロジャース』(放映時タイトル『スペース・レイダース』)ですか?
https://www.youtube.com/watch?v=HmqH1aT4vl0

Qこの内容の映画のタイトルを教えてください。 男がレイプ殺害か何かでの残虐な犯罪容疑で逮捕され、その警

この内容の映画のタイトルを教えてください。

男がレイプ殺害か何かでの残虐な犯罪容疑で逮捕され、その警察はジェイルで男へ暴力を与え、捕まった男の方がなんだかイノセントで良い人に見えて、見るものを「冤罪じゃないか、警察組織が腐っているんじゃないか」と思わせ、弁護士も必死に彼を救い、最終的に男は釈放されるんだけど、実は男が真犯人だった、というどんでん返し系のアメリカ映画。

Aベストアンサー

ショーン・コネリー主演の「理由」原題「JustCause」じゃないかと思います。

Qループしてきた人を撃ち殺す洋画のタイトル ループされて来た人を撃ち殺す仕事?か何かで、ある日ループし

ループしてきた人を撃ち殺す洋画のタイトル

ループされて来た人を撃ち殺す仕事?か何かで、ある日ループしてきたのが自分だった、みたいな内容だったと思います。そのワンシーンしか覚えてないのですが、この映画のタイトルわかる方いますか?

Aベストアンサー

2013年公開の「ルーパー」かもしれません。
こちらでご確認を。
https://movie.walkerplus.com/mv51515/

https://www.youtube.com/watch?v=hKLH5q9Lz48

Q映画に詳しい方にお聞きします。写真のシーンがある映画のタイトルを教えてください。

映画に詳しい方にお聞きします。写真のシーンがある映画のタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

No.1さんがおっしゃる通り、これはテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」のワンシーンです。
ここに写っている女優さんは、イギリスの女優Lena Headey(レナ・ヘディ、リーナ・ヒーディ)です。ドラマの中ではサーセイ・ラニスター役で出演しています。
なお、このドラマはHuluで配信されています。
https://www.happyon.jp/game-of-thrones

Qある洋画のタイトルを知りたいです。 うろ覚えなのですが平成20〜25年ごろにCMをしていて、(公開さ

ある洋画のタイトルを知りたいです。
うろ覚えなのですが平成20〜25年ごろにCMをしていて、(公開されたか、DVD化されたか)
内容はお婆さんが亡くなります。
亡くなる直前に呼ぶ(思い出す?)のは昔の恋人か、それとも連れ添った夫か、というものです。
上記がラストシーンと思われるのですが、今更ながら気になっています。

少ない情報ですがご存知の方いらしたら回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』 Away from Her (2006年) のような気がします。原作は、2013年にノーベル文学賞を受賞したカナダの小説家アリス・マンローの短編。短編集『イラクサ』(2001年)に入ってます。カナダ出身の女優サラ・ポーリーが監督した初長編。日本公開は2008年5月。
http://www.annieplanet.co.jp/lineup/324.html
https://eiga.com/movie/53289/photo/

もしくは、『きみに読む物語』 The Notebook (2004年) でしょうか。ニコラス・スパークスの同名小説を、ニック・カサヴェテスが監督。日本公開は2005年2月。
https://eiga.com/movie/1570/photo/
https://www.gaga.co.jp/cinema_items/detail/891/lineup

Qスターウォーズのエピソード1がエピソード0と呼ばれた時期はあったでしょうか?

調べても中々答えにたどりつけず困っております。

実は母がエピソード1が公開されていた時、当初はエピソード0と紹介されていた時期があったというのですが、そのような事があったでしょうか?

そのせいで母の中ではエピソード1~6の順番がエピソード0~5と認識されており
お互い話しているときにこんがらがってしまうことがあります。

なんとかかんとかエピソード1がエピソード0と言われた時があったような気がするという
情報を1件は見つけたのですが、やはりその方も記憶があやふやのようで確実にあったという
情報は得られませんでした。

もしそのような時期があったのを覚えている方がいましたら教えていただけないしょうか。
可能であればどんな媒体で紹介されていたか等も教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、当時と今では、この作品の監督さんや様々な形で携わってスタッフなどが全く違います。
更に、エピソードとつけ始めたきっかけは、この作品の制作会社ではなく、世間。
つまり、マスコミや一部のマニア達の間です。
じゃないと、ストーリーが過去。未来、現在へと飛んでしまっているからです。
大元である初期のこの作品。
当時は確かに、一部マスコミとかの間でエピソードゼロと名付けて騒いでいた記憶があります。
なので、私的には、貴方の実の母の言う事は、間違ってはいなかと思います。
当時日本では、長編などの作品に、プロローグとしてオープニングを飾る作品をよく「ゼロ」と名付けるのが好きだったように思えます。
当時、このスターウォーズも、長編になるだろうという噂があったので、マスコミ関係が日本人好みに仕立て上げる為に、「エピソード・ゼロ」
と、勝手に騒いだのだと思います。

でも、時代が変わり、この作品の監督も変わり、初期の現在から過去へ飛び、やがて、未来へ。
と、移る中、番外編、外伝も登場するほどに、この作品としての世界観が広がったことを受けて、それぞれの作品が一つの世界で繰り広げられているという
制作者側からのメッセージ性を考慮すると、各作品に時代の流れをわかりやすくするためにナンバーを振るのは、日本だけじゃなく、本場アメリカでも
受け入れられたというべきだと思います。
海外の場合、長編の各作品にナンバーを振ることはありません。
必ず、次の作品には、副題がつけられる形が一般的です。
たとえで言うと、「ハリーポッター」とか、「ロード・オブザ・リング」。
「バックトゥーザ・フューチャー」などは、日本の様に2、3とかつけたりしません。

長くなりましたが、私が知る限りではじつの、貴方の実の母の言う事は間違ってはいないと言えます。

まず、当時と今では、この作品の監督さんや様々な形で携わってスタッフなどが全く違います。
更に、エピソードとつけ始めたきっかけは、この作品の制作会社ではなく、世間。
つまり、マスコミや一部のマニア達の間です。
じゃないと、ストーリーが過去。未来、現在へと飛んでしまっているからです。
大元である初期のこの作品。
当時は確かに、一部マスコミとかの間でエピソードゼロと名付けて騒いでいた記憶があります。
なので、私的には、貴方の実の母の言う事は、間違ってはいなかと思います。
当時日本では、...続きを読む

Q洋画を探しています。 男性が主人公でその男性は棺に入れられトラックでどこかへ運ばれていたと思います。

洋画を探しています。
男性が主人公でその男性は棺に入れられトラックでどこかへ運ばれていたと思います。
その道中で携帯電話で元?同僚や奥さんに電話をかけていたような気がします。その男性は何か秘密を握っていたと思います。さらに話が進むとタイマーが起動して、そのタイマーがゼロになると水が棺の中に入り込んできます。確か気を失うのですが、助けてくれたのは警官で運ばれている時に電話をしていた人達がグルで、結局テストを受けさせられていたようなオチだったと思うのですが、どなたかこのような映画わかる方いますか?

Aベストアンサー

ブレーキ

Qホラー映画のタイトルを教えて下さい。

恐らく70~80年代のホラー映画です。

吸血鬼(もしくは悪魔の生まれ変わり)の若い男性と、恐らく主人公である若い女性が対決するような内容かと思います。主人公である若い女性は長髪で白いパジャマみたいなワンピース?を着用、夜の墓場っぽい場所?で十字架っぽい長い杖を持っていて、それが多少輝いている場面を覚えています。村人たちはすでに全滅か悪側になっていたような感じかもしれません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『魔界からの逆襲』だと思います。
ラストの杖の描写はご記憶のとおりです。

Fear No Evil (1981)

Q古い洋画2本 タイトルを教えてください

1本めは 現代劇 といっても45年ほど以前にTVで観た現代劇
前半の内容をあまり憶えていませんが 旅先で主人公がガイドを雇います
以降をガイドの案内で移動していくのですが 主人公の望む移動先からは
どんどんズレていきます 主人公は不信感をつのらせます
終盤とうとう、わけのわからん荒れ地にまで連れていかれます
ついに激昂した主人公はメスを使って(主人公は外科医です)ガイドの手首
の脈所を斬って
どこへ進めばよいか正直に言え そうしないと、おまえは失血死するぞ
そう迫ります そこでガイドが告げるには
あなたは数年前に、わたしの子を執刀してミスで死なせた これは仇討です
ラストシーンでは ガイドを見捨てて、あてもなく歩き去る医師の姿 それが
画面が引いて俯瞰になって 医師がさまよう荒れ地がえんえんと、はるかに
遠く遠くつづいて 主人公もガイドも助からない結末が暗示されて終わり

2本めは ギャング時代のアメリカが舞台 コメディです
冒頭あたりで裏切り者が処刑される場面 暗殺者が発砲します 撃たれた男
は断末魔に身をよじり、よろめいて部屋のストーブに手をついて あちちっ
さらに後ずさって壁に当たって 壁がペンキ塗りたてだったのに気づき あっ
中盤くらいでしたか銃撃戦で 三人が並んで敵を撃ち攻めますが 三人の中
ひとりだけが拳銃で、あとの二人は長身の銃 並んで撃つときの銃声が
バアーンッ バアーンッ ぱん バアーンッ バアーンッ ぱん
しまいに二人が拳銃の仲間を もう止めろ おまえのせいで気分が出ない
と叱る ラストでは抗争に結着のつく場面で 敵の一人が悪あがきでナイフを
抜くと 味方の男が応じて出した飛出ナイフは1mほどあってビヨーンと開く

2本とも古いし、よほどマイナー作だったのか検索だけでは不明でした
わたしも観たよ、それ知ってるよ という方々がいらしたら助力を願います

1本めは 現代劇 といっても45年ほど以前にTVで観た現代劇
前半の内容をあまり憶えていませんが 旅先で主人公がガイドを雇います
以降をガイドの案内で移動していくのですが 主人公の望む移動先からは
どんどんズレていきます 主人公は不信感をつのらせます
終盤とうとう、わけのわからん荒れ地にまで連れていかれます
ついに激昂した主人公はメスを使って(主人公は外科医です)ガイドの手首
の脈所を斬って
どこへ進めばよいか正直に言え そうしないと、おまえは失血死するぞ
そう迫ります そこ...続きを読む

Aベストアンサー

1:たぶん「眼には眼を」(主演クルト・ユルゲンス フランス映画)
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-1576.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング