ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

今回、またお聞きしたい事がありまして、お手数ですが皆さんよろしくお願いいたします。

実は最近「倒産処分市」というものがあるとの話を聞きまして、いろんな品が破格の値段で売られていると聞きました。
そこで質問なんですが、倒産処分市が行われるのは事前に公表するものなんでしょうか?
またされるとしたらどこで公表されるんでしょうか?
されないとすれば、どうにか知る方法を教えていただけるとありがたいです。

皆さん、お手数ですが、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

我が家の近くでは良く開かれています。


何故良く開かれるかというと、
市の施設がこういう商売にも貸し出されているからです。

ただ、変なんですね。
この施設、半年前ぐらいに申し込まないと
土日の2日間なんて借りることが出来ない人気施設を
何故か使っています。
そして新聞折り込みチラシ。

行ってみると、どうみても安物としか思えない物が
並んでいます。
値段も安いのですが、それ以上に安物。
単に安物を並べて売っているだけにしか見えません。

ちなみに、本当の倒産がある場合は
取引先が在庫品をどんどん押さえてしまいます。
そして、これはほとんどの場合バッタルートに
流れます。
というのは、
小売店が潰れたら半端物ばかり
(靴で言えば、サイズが揃っていない現品)で、
卸売りやメーカーが潰れたら同じ物ばかりに
なってしまうからです。
参考URLを御覧下さい。
本当の倒産品を現金に換えるのはものすごく大変です。

参考URL:http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~j00028/koneta/batt …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事をどうもありがとうございます。

倒産処分市ではなかなかいいものが残っていないんですね。
うまくいけば、いろいろといいお買い物ができると思ったんですが。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/11/14 12:28

よく新聞の折込広告に出てるやつでしょうか?


「早急に現金に換金しないといけないので買ってやってください!9割引は当たり前!」みたいな広告、たまにみますよ。服やかばん・靴・スポーツ用品なんかが売られていますね。

近所では市の文化センターを借りて大体2~3日かけてやります。
実家のほうでは潰れた幹線道路沿いの家具屋さん跡地でやっていましたけど、今そこは新しい健康ランドができたからどうしてるかなあ?

というわけで、そういう業者さんが折込でチラシを入れると重い益代で要注意。でも、近くで開催してない(業者さんがいない)可能性もありますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事をどうもありがとうございます。

そうです。
折込チラシなんかで入っているやつです。
ですが、私の住んでいる地域ではほとんど行われていないので、なんとかそういった情報を得られないものかと思ったんですが。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/11/14 12:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判所より倒産品を買い取りたいのですが

裁判所より倒産品を買い取りたいのですが、どのようにしたらできるのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.破産事件で管財人が決定したタイミングで即刻電話アプローチ(情報が生命線)
2.管財人が設定する内覧会・処分リスト一覧といった手法で価格入札か先着順(先に想定価格以上の数字を出した人)で購入者が確定する
3.ポイントは、在庫一切買い切り・即決判断・現金一括決済のスピード感、
4.倉庫在庫全てを買う場合には商品1個ごとのチェックはしません。倒産した会社の在庫リストを元にそこにあるもの全てで幾ら、という値決めです(リストが本当かどうかは誰も保証しません)
5.購入後明日からの倉庫代は購入者の負担で、というのも通常です
6.在庫中これだけしか買いません・これは不要です・持ち帰ってから金額を決めます・支払は後日  では管財人弁護士から相手にされません
7.ちなみに、日本全国に競争相手が多数存在します(いわゆるバッタ屋さんルート)
8.裁判所が絡むのは、倒産会社の資産処分の最終承認を管財人が裁判所に求める、というプロセスで起きてきます。(管財人だけの判断では資産の処分行為は出来ません)

9.余計なことですが、会社が倒産する直前に「逃げ」を目論む経営者と面談できれば、もっと有利な条件で仕入ができるケースがあります。

1.破産事件で管財人が決定したタイミングで即刻電話アプローチ(情報が生命線)
2.管財人が設定する内覧会・処分リスト一覧といった手法で価格入札か先着順(先に想定価格以上の数字を出した人)で購入者が確定する
3.ポイントは、在庫一切買い切り・即決判断・現金一括決済のスピード感、
4.倉庫在庫全てを買う場合には商品1個ごとのチェックはしません。倒産した会社の在庫リストを元にそこにあるもの全てで幾ら、という値決めです(リストが本当かどうかは誰も保証しません)
5.購入後明日から...続きを読む

Q個人事業主がアルバイトを雇った場合

教室を自営しており、個人事業主として青色申告をしている者です。

今年に入って、忙しくなってきたのでアルバイトを2名頼みました。それぞれ、1ヶ月に12000円ずつ支払っており、人件費として1ヶ月に24000円の支払です。
経費にしたいのですが、税務署に提出する書類などはありますでしょうか?もう雇ってから5ヶ月も経っているのですが、1人12000円ですと所得税などの支払がないのでそのままにしており・・・。
もし、税務署に提出する書類があれば、今年1月からの支払を経費に出来るのでしょうか?(だいぶ遅いので、経費には出来ないかもしれませんが。)

それから、アルバイトの方にはバイト代を支払ったときに一応、領収書を書いてもらっていますが、記録として今後も書いてもらった方がいいのでしょうか?バイト代の支払を証明するものとして領収書くらいしか思い浮かばなかったので。

始めたばかりの小さな教室なので、税金については勉強中です。アドバイスをいただけたら、助かります。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm
本来は源泉徴収し、毎月収めなければなりません。
でも、額が少ないから適当でも、、、

経費は別です。
他の経費と同様に給与として年間全額を経費で落とせます。
青色申告なら、給与の記入が別紙に用意されています。
それだけ書けば原則はOK。

ただし、
税金ではなく、労災加入が必須です。(というか雇った瞬間に加入しています。手続きが遅れているだけ)
保険料はいくらでもないですし、早急に労基署で手続きして下さい。
時間が短そうなので雇用保険には該当しなさそうですね。

また、自動的に労基法も適用されますので、最低でも賃金台帳に労働時間や賃金額の記載と保存が必要になります。
雇用契約書の発行も義務付けられています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報