生体内では、Feを中心とした種種の金属錯体が存在し、ヘモグロビンの酸素錯体が血液中で酸素を運搬しているなど、生体内の反応に非常に重要な役割を担っている。ところで、CO,NO,CN-(KCN:青酸カリ),N3-(NaN3:アジ化ナトリウム)などの分子は、O2と同じような電子構造を持っている。これらの分子が生体内に不必要に進入したときに起こる影響について予想せよ

この問題がさっぱりわかりません
どなたか解けるかたといてください お願いします

A 回答 (3件)

COを例にしよう。


ヘモグロビンにようなヘムタンパク質は正常時、鉄とO2の結合によって、
酸素を必要な組織に輸送するが、鉄とCOの親和性は鉄とO2の親和性よりも強い。
つまり、COがあるとFe-O2がFe-COとなって酸素の輸送が阻害されるわけだ。
他も同じ原理だよ。
    • good
    • 0

もうひとつヒント。

(^^ゞ

青酸カリ中毒について調べてみてください。

redbean さんのヒントと答えを比べればすぐ判ると思います。
    • good
    • 0

ヒントのみ



「一酸化炭素中毒」について調べてみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報