今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

地球最初の生物単細胞生物に宇宙からのウイルスが感染してたまたま多細胞生物に突然変異したのでしょうか?
水は、地球内部から供給されたので

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    水と有機物と電気で数千万年あれば出来るのか?ムムム

      補足日時:2018/11/15 21:52

A 回答 (4件)

そういう説もありますね。


一つの説に帰結して確定しているわけではなく、複数の説がいりまじるような結論ではないか
という話でした。

自分は国立天文台の4DU2シアターという施設でAstronomer(天文学者)
の方の講義を聞いたことがあります。

その時いろいろとシュミレーション映像を見せて頂きながら解説して頂きました。

星の形成だと、下記のようなチリから集まるところから始まるようです。
http://4d2u.nao.ac.jp/t/var/download/Planetesima …

その後、のシュミレーション動画も国立天文台のサイトにあった気がするのですが
みつけられませんでした。

たぶん、記載があると思うので調べてみるといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ところが悲しい事に国立天文台の予算が国の研究機関では一番低いと!
まぁ学問的には天体生物学

お礼日時:2018/11/15 23:18

検証する術が有りませんので答えは出ません。


状況から判断しての仮説ぐらいは起てられますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

仮説論文無いですかね。

お礼日時:2018/11/15 23:26

さーな。


なにせ物証がないからな。

証拠もないのに勝手に「これが真実だ」と言ってはならず、
論よりも事実を重んじる自然科学にとって、
物証がつかめないというのは極めて憂慮すべき事態なのだ。

逆に言えば、こういう謎が尽きないから生物学者は未だメシを食うことができていると言える。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

これは例ですが、すばる望遠鏡、ケック、ハッブル、等では発見されて1年以内に論文を出さないと公開されます。その論文を研究者達が認めるのは0,1%1000の論文で1つのみ

お礼日時:2018/11/15 23:25

いろいろな説があるようですが


一度NHKスペシャルで
地球創生期のように
海水に雷(電気)を長時間当てていると
微生物が発生していたのをやっていましたね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

大学では、なにせ期間が数ヶ月間なので、タール状態アミノ酸

お礼日時:2018/11/15 23:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウナギの絶滅は何でおこったんですか? 至急

ウナギってすごく古くから養殖されているじゃないですかなんでそれなのに、
絶滅に近い状態になっているのですか?

Aベストアンサー

二ホンウナギはマリアナ海溝付近で産卵し、そこから幼生のレプトセファルスが日本近海に達し、それを捕獲して養殖しています。このレプトセファルスの捕獲量が激減しています。実際には何が原因かよくわかっていません。
ウナギがマリアナ海溝付近で産卵しているのがわかったのだってつい最近で、ライフサイクル自体がよくわからないのです。ウナギの寿命は100年を超えるってご存知でしたか。

ただ、完全養殖の目途はたっています。今のところ幼生であるレプトセファルスの餌がアブラツノザメの卵で、捕獲したレプトセファルスを育てるのに比べコスト的に対抗できません。現在はアブラツノザメの卵以外の餌を探している段階です、安価に入手できる餌が見つかれば、近大マグロのように完全養殖で需要を満たすことができます。

Qもし地球に月という衛星が存在しなかったら?

もし地球に月という衛星が存在しなかったら?
個々に意見をお聞きしたいです

天文学的には 今日のような進化があったでしょうか? 今日の時点で 宇宙まで人類は飛び立つ そんなことができたでしょうか?
海洋学的にも 潮の満ち引きに関心があります。
暦も 旧暦は出来なかったはず その影響も教えてください。
勿論 他にも 現在考えられないようなことがあると思います
それらも 教えてほしいです。

Aベストアンサー

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるからです。

※地球の地軸の傾きは、月ができたときのジャイアント・インパクトによるもので、それが無ければ傾かなかったという説もありますし、月が無ければ傾きの維持が難しくなるのではないか、という説もありますが、地球ほど大きな月を持たない火星も25度ほど傾いていますし、地球の月ほどの衛星が無くても安定していますので、ここでは地軸の傾きは月とは関係ない、とします。

暦は元々「いつ種をまき、いつ収穫するか」と言うことを決めるためにうまれました。最初の暦である「シリウス暦」はエジプトで生まれ、そもそも月よりもシリウス星座を基準に1年が365日であることをしっていましたので、天文学の基礎になる暦は月と相関がなくても発展した可能性が高いといえます。

また、地球が丸いことを証明するのも月ではなく星座の観測によって行われていますので、その点でも月の必要性はあまりないといえます。

したがって、大胆に言えば月がなくても、天文学の進化にはあまり関係なかったといえると思います。

ただ、物理学と宇宙開発と言う次元になると別の問題が生じます。それは「万有引力の法則」とか「衛星」と言う概念がどの時点で芽生えるか、ということと関係しているからです。

地球と月という身近な天体が「なぜお互いの周りをくるくる回るのか?」というのは万有引力の発見に非常に重要ですし、大砲の威力がとても強ければそれは地球を一周しても落ちない「衛星になる」という知識があっても「だからそれが何の役に立つのか?」というところまで人類が思いいたるには時間がかかったかもしれません。

月はつねに「地球を見ている」わけで近代的な物理学の目で「月に立ってずっと地球を見ていたらなにができるのか」という発想が生まれないのは、科学の発展においてかなりの遅延をもたらしたかもしれません。

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるから...続きを読む

Qこの抵抗器?の種類は分かりますでしょうか?

写真の黒い部品が何か分かりません。
部品の側面にE20、基盤に抵抗器のマークがあります。
これは何[Ω]もとい例えば替えるとしたら何を買えば良いか分かりますでしょうか?
宜しくお願いします。

(抵抗 レジスタンス resistance 電子回路 電子パーツ)

Aベストアンサー

>基盤に抵抗器のマークがあります
基板ね

回路図シンボルは抵抗じゃなくてコイルですよ
部品番号も"L1"とあるし

数値はわかりません

なぜ替えたいんです?抵抗もコイルもそう壊れたりしないですけどね
むしろ右隣の紫色のコンデンサ、膨らんでるみたいだし
そっちの方がヤバイんじゃないの

Q金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

Aベストアンサー

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも動作しなくなる半導体素子もあります。反対に温度が高くなるとの自由電子密度が大きくなって、早晩、半導体素子の制御が出来なくなります。高電圧が加わっている場合には、破壊に至る熱暴走を引き起こすのが通例です。(さらに、半導体の自由電子の密度は、それに導入された不純物濃度に決定的に影響される特徴もあります)
第2に、金属の自由電子の運動速度は1,000km/s程度で、しかも温度依存性がありません(フェルミ速度と言われてます)。ところが、半導体の自由電子は熱エネルギーに相応する運動エネルギー(m v^2/2 = (3/2)kT)を有します(いわゆる熱速度: v≈ 100km/s @300K)。金属の自由電子よりも大幅に小さく、しかも温度の平方根に比例して小さくなります。

半導体の教科書には、もちろん第1の特性がもたらされる理由が説明されています。ところが、第2の特性についての説明がないのが不思議です。

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも...続きを読む

Q北海道地震があったとゆうことですが17日北海道旅行ですがそれまでに復旧しますか?大丈夫そうですかね?

北海道地震があったとゆうことですが17日北海道旅行ですがそれまでに復旧しますか?大丈夫そうですかね?( ´:ω:` )

Aベストアンサー

No.4です。

> 札幌 函館へ行きます

どちらも大きく揺れた地域ですね。
先に書きましたように自治体が発信する情報やテレビ、新聞など(←それらのWebサイトを含む)の報道を参照して情報収集しましょう。
何な利用する施設などがある場合はそれらの公式Webサイトも参照されると当事者が発信する生の情報を収集出来ます。

なお、札幌では液状化現象で大きな被害を受けました地域がありますが、中心街は大きな被害は無かった模様です。
電気と水道が回復すれば正常化する場所も多いだろうと想像します。
午後の報道では電気が安定供給されるまでには1週間程度掛かるそうです。
そういった情報を一つ一つ積み重ねご自身(達)なりの判断をされるとよいと思います。

参考まで。

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Qビックリ!今の宇宙ステーションって無重力じゃないの? テレビと中継するときだけ宇宙感を出すために空中

ビックリ!今の宇宙ステーションって無重力じゃないの?


テレビと中継するときだけ宇宙感を出すために空中浮遊している?

テレビ中継以外は普通に歩いて移動しているって本当ですか?

テレビ中継室だけ空中浮遊で、他のエリアは重力があって地球と同じ感じに歩いて移動している。

本当ですか?

Aベストアンサー

>本当ですか?

そう考える理由は何ですか?

重力があれば、宇宙ステーション自体が落ちてきますよね?

映画「2001年宇宙の旅」に出て来た宇宙ステーションは「円形チューブ」で回転しているので、円形チューブの外側方向に「遠心力」が働いていて、乗組員は円形チューブの内面外側に沿って張られた床の上をジョギングしていましたが。

Q現在の宇宙の1億光年って、100億年前はどのくらいの距離だったんですか?また、それくらい遠く離れた銀

現在の宇宙の1億光年って、100億年前はどのくらいの距離だったんですか?また、それくらい遠く離れた銀河では、重力を考えても距離が離れていくんでしょうか?

Aベストアンサー

えーと、正しい計算法は知りませんが、かなり近いと思いますね。
と言うか膨張速度は一定じゃないので計算によっては出せません。
たぶん5000万光年とかそのくらいじゃないでしょうか。
ちなみに、「あの銀河は1億光年先にある」というのは、過去から未来にかけて光が1億年かけて地球に届いただけで、「現時点」では100億光年以上遠くにあります。


1億光年の距離では、重力よりダークエネルギー(反重力のような物)のほうが圧倒的に大きいですね。
アンドロメダとの衝突を書いてる人もいますが、(近距離になったときは別として)重力的に引き合って衝突するわけではないので、あまり関係のない話ですね。

Q太陽系を出ようとしているボイジャー1号2号の太陽との相対速度が毎年遅れ脱出速度を切るおそれがあるので

太陽系を出ようとしているボイジャー1号2号の太陽との相対速度が毎年遅れ脱出速度を切るおそれがあるのでは?

Aベストアンサー

こちらは主に第二宇宙速度の説明です。
【3分でわかる】第二宇宙速度の意味から求め方まで、徹底解説!
https://reistenza.com/exam-study/dainiutyuusokudo.html
最後の方に「第三宇宙速度」の説明がありますので、参考にしてください。
要約すると、「(最初から第三宇宙速度にすることは困難であるが)第二宇宙速度で地球の引力圏から脱出し、途中スイングバイによって第三宇宙速度で脱出した速度に加速する。」ということです。
もし、この加速に失敗していれば太陽を周回する軌道に乗っていたのでしょう。それでも楕円軌道ですので相対速度が0になることはありません。

Q今空を見たらヘリコプターとか飛行機ではありえないほどのスピードで赤い光がぴゅんって移動したんですが

今空を見たらヘリコプターとか飛行機ではありえないほどのスピードで赤い光がぴゅんって移動したんですが
流れ星ですか?

Aベストアンサー

地上の何らかの光が大気に反射した物なのかも知れません。
大気中に温度差のある層が有れば、その層との境目で光が屈折したり反射したりする事が有ると聞いた事があります。
所謂蜃気楼のような現象。
もしその現象であれば、地上の光が空へ透過していく物と屈折或いは反射したと言う現象なのかも知れませんし。
「ぴゅん」と言う事は一瞬の出来事と言う様に判断しますが、上記の現象に於いても不安定であれば一瞬と言うのもあるでしょう。


人気Q&Aランキング