宅地を購入契約したときに
前面道路内水道管有りという書類を
いただきました。
実際住宅を建てる段階になって道路内の
給水管は細くて取り出せないので太い配管のところまで
工事が必要との事で約40万円の別途見積りがきました。
水道局でも対応してくれないとの事。
宅地売買の時に説明があっても良いのではと
思うのですがいかがなのでしょうか。
このまま、言われるがままに
支払わないといけないのでしょうか
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

契約の時に別に配管図表というのが添付されると思いますが、前面の道路に配管があっても取り出しが出来ないのなら、意味のない調査だったということになります。

もう一度、取り出してみて、どういう説明だったか確認してみましょう。

宅地を購入する場合、建物を建築することが前提なわけですから、当然のこととして給排水設備の整備状況は説明義務があります。

しかしながら現場では、重要事項説明書のなかでは前面道路に何ミリ管が引き込み管が何ミリで、他人の敷地をまたいでないか?また他人の管が対象地を通過していないか?という数字だけの表面的な調査で終わってしまうことも多いように思います。特に身近でこういうことを経験したことのない営業マンにとっては盲点だったりします。

私は仲介営業をしてるものですが、ある程度の経験がある営業マンなら、ガス管・排水管はともかく、給水管はお客さんの負担も大きくなるため、かなり気を付けて調べてますので、上の人なら調査ミスだとすぐわかるでしょう。
まったく説明を受けていないのなら、全額負担してもらうべきです。

また前面の道路が私道である場合は、厳密に言うと、私道の所有者の掘削等の承諾も必要でしょうし、私道であればその細い管は私設管の可能性が高いと思います。
いずれにせよ、購入時に仲介した業者に今すぐクレームをつけてみた方が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前面道路内にありますという説明や
書類しかありませんでした。
担当者も若い方だったのでそこまでわからなかったのが
実情のようです。
しかし今でも安易に考えていられるところを
感じるので少し強く責任を追及していきたいと
思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/24 15:21

他の回答者のお答えのようにまずは購入時の重要事項説明書を確認してみることです。

親切な説明であれば給水管がある場合に何ミリでそれが使用可能であるかどうか、使用できない場合は工事費用が別途必要になるなどの説明があります。したがって説明を受けたときの内容いかんではないでしょうか?工事費が必要であるのにないという説明を受けたのであればその業者に責任はあり、費用負担を請求はできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

契約時に前面道路ないにあるという説明しか
ありませんでした。
交渉していきたいと思います。

お礼日時:2001/07/24 15:26

宅地建物取引業法 第三十五条の四で、契約に先立って重要事項説明で



「飲用水、電気及びガスの供給並びに排水のための施設の整備の状況(これらの
施設が整備されていない場合においては、その整備の見通し及びその整備について
の特別の負担に関する事項)」

を説明しなければならないことになっています。

新たに宅地開発された地域では水道利用加入金(水道負担金)がかかったり、
下水道が未整備の地域では汚水処理施設の負担金などがかかる場合は、その旨の
説明をすることが業者に義務付けられているわけですから、その説明がなければ
業法に抵触する状態ですね。

重要事項説明書に書かれていますか?口頭説明がなくても書面上書いてあるのかも?
それにしても書面を交付するだけではなく説明義務があるので業者責任は問えます。

業者に直接交渉してみて、埒が明かないようなら都道府県の宅建業者統轄部署に
相談するなりしてはいかがでしょうか?

osapi124でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
業者に交渉していきたいと思います。
もしこじれるようであれば上記機関に
相談に行くことも考えていきます。

お礼日時:2001/07/24 15:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q位置指定道路とされた私道下にある水道管、ガス管等

位置指定道路とされた私道下にある水道管、ガス管等の維持管理の費用負担は誰が負うのでしょうか?

Aベストアンサー

位置指定道路でも2通りあって、
まるまる民地である場合と90cm幅の官地を含めて位置指定道路の幅を確保し認定をとったものとがあります。
このどちらかで、対応も違います。

後者では、インフラをその90cm幅の官地に敷設してあるものなら行政や企業体による維持管理になります。
前者の場合、民間資金による民地への敷設物です。
公道に敷設許可をとって民間資金により、市町村基準の規格強度のインフラを整備したのなら官への移管は容易ですが、本件はそうではないようです。
そうなると、公費での維持管理は期待できません。

こうした多くの場合は、施設使用者の全世帯で、水利組合を組織して維持管理のための積立を行っているようです。また、新しくその道路に接道した家を建てた世帯にも積立金の義務を課すことで体制を保持しているようです。

Q水道メーターに接続されている給水管について

都内で水道メータを25ミリの契約で使用しています。
メーターから宅内給水管はメーターボックスの直近で口径変更されて
13ミリの管で配管され、さらに、各設備へ分岐給水されて接続され
ています。

このような配管は25ミリの契約の恩恵を受けられるものでしょうか?
13ミリで配管されている以上、13ミリのメータに変更するほうが
経済的でしょうか?

普通の戸建てで水栓の数は5個以内です。

Aベストアンサー

水道の圧力の問題だと思われます。
あなたの地区の水圧が弱くてメーター負担金は25mm、
13mmより圧があります。そしてメーターから屋内配管は
13mmにすることで、屋内の圧がUPします。
メーター負担金を13mmに落とした場合、屋内の圧がDWして
同時使用時には水が出なくなる現象も起こります。
通常の本管圧は25mmでは3階建てまでの圧は確保できます。
水道局なんかに問い合わせされていかがですか?
でも、ハッキリとは答えないと思います。責任問題ですからね。
設備業者で聞かれてもいいでしょう。
でも水道料金には差額はほとんどありません、
メーター負担金が高いだけです。支払いは設置時の1回のみです。

Q水道業者の水道管接続で漏水が

台所の水道管が古くなりましたので、台所下の水道管を新しく引き直すことにしました。
業者仕事を近くで見ていたのですが、15ミリの鉄の水道管(中が青い被覆の感じの管)を接続していました。
白いテープのようなものを巻き、ドロドロしたペンキのようなものを塗り、レンチで締め付けていました。
しかし仕事が終わったというので、水を通したところ接続部から水漏れが始まり、翌日に修理をしましたが、又水漏れです。一体本当の接続方法ってどんな方法が正しいのでしょうか?。
次の業者もチェックしたいと思うので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

今ひとつ、ハッキリとは判らないのですが
台所の下とは、どこからどこまで事でしょうか?

基本的に鉄管での水道接続は
接続先のネジになってる所に白いテープ(シールテープ)を巻き、そこに専用の糊をつけて
レンチで締めますが
(色は種類によって違うかも知れませんが鉄管の中身の皮膜は錆びない為の皮膜かと)
古い鉄管から新しい鉄管に接続の場合は
古い鉄管のネジが悪くてなっていて
何度か試しも漏れやすい場合があります
しかも、この接続方法は
水道器具に接続する場合に多く使われており
(水道の蛇口など)
水を通しても、すぐに漏れずに
2~3時間経ってから漏れてくる場合もあります

詳しい状況を見てないのでハッキリとは言えませんが
行程は正しいかと思います

私も多くの工事や修理をしてますが
水道工事は簡単そうで、意外と難しい事も多く
1回目で完全に直せる確率95%ぐらいです
条件が悪いと40%の時もあります
そんな場合は漏れが止まるまで
何度もやり直してます

Q水道管とガス管は同じものですか?

今では水道管もいろいろな種類/材質があるようですが、本管から一般住宅への引き込み部分に使われるような金属製の水道管はガス管と同じものでしょうか?
また、工場内の圧縮空気を送る配管(エア管?)がありますが、これはどうでしょうか?

同じものなのかどうか、違うとすれば何が違うのか、コスト(単価)を考えたときにどれが安いのか、ご存知の方お願いします。

ちなみに建物で配管するためではありません。
消雪に使用する配管材料を検討しています。
強度が必要なので金属管を考えています。

Aベストアンサー

似てますけど、違います。
水道の鉄管は中にプラスチック(塩ビ?)がコーティングされています。錆びないようにです。
エア用は、ガス管を使うところが多いんじゃないですかね。白ガス管(SGP)なんて言われますが。

Q水道が灯油臭いのですが、良い水道管は?

北海道在住です。
庭に灯油タンクを設置し、家に細いパイプ(銅の管と思われる)で灯油を引き込んでいます。
最近、それパイプが漏れたようで水道水が灯油臭くなりました。
水道局に確認したところ、水道管(給水管と言っておりました)がポリエチレン二層管で灯油が浸透してしまったとのことで、各地でも結構発生している事象とのこと。
パイプメーカーや日本水道協会の資料などを確認してもそれに間違いないようで、とりあえず掘ってみました。
やはり、灯油が黒いポリエチレン管に触れておりました。
応急処置はしていただいたのですが、根本的に水道管を取り替えたいと思っております。
私の住まいの周辺は軽い泥炭地で腐食性土壌であるとのことで金属管を使っていなかったのではないかと推定しておりますが、良いパイプはないのでしょうか?

Aベストアンサー

樹脂パイプは、有機溶剤(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)、ガソリン・灯油や酸素などを透過します。
金属管は基本的に樹脂ライニングなので、ライニング機能が損なわれます。
もちろん、それらの濃度や樹脂の厚みによって浸透時間は変わります。
バリア性の樹脂を使用すれば、結果論として、灯油程度では浸透などの問題発生がないかもしれません。
しかしながら、私は首都圏の某水道局と共同研究しましたが、水道を供給する側から見れば100%透過しない管材料を選定すべきと申しておりました。当然です。
この研究会で、バリア性の樹脂も研究しました。
フッソ樹脂、EVOH、PA、PAN、PVDFなど、このときはトリクロロエチレン浸透対策だったのでいずれも不可でした。
溶剤浸透防止被覆管についての記述がありましたが、これもだめです。
おっしゃられている通り、バリア層はEVOHの方が良いですね。
食品のからしやワサビのチューブもポリオレフィンがメインですが、臭いなどが透過するのでEVOHと複層になってますね。
首都圏では樹脂管が有機溶剤などを透過するので、波状ステンレス管が使用されていますが、孔食(穴あき)が発生しています。

いずれにしても、現在考えられる管材としては、アルミ複合ポリエチレン管(ポリエチレンにバリア層としてアルミニウムをサンドイッチした管)しかないと思います。
これだと、内外面は樹脂なので腐食の問題はない。
アルミ層で灯油などの浸透は100%防止する。
施工性・耐震性も十分です!
特に継ぎ手は、Oリングのない電子架橋ポリエチレンの形状記憶性能を使用したタイプが良いと思います。
(アルミ複合ポリエチレン管はメイン部が架橋ポリエチレンと高耐熱ポリエチレンのものがあります。)
ただし、水道局側(水道メーターから本管側)だと勝手にはできません。

参考URL:http://www.ivt-group.com/index.php?id=58

樹脂パイプは、有機溶剤(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)、ガソリン・灯油や酸素などを透過します。
金属管は基本的に樹脂ライニングなので、ライニング機能が損なわれます。
もちろん、それらの濃度や樹脂の厚みによって浸透時間は変わります。
バリア性の樹脂を使用すれば、結果論として、灯油程度では浸透などの問題発生がないかもしれません。
しかしながら、私は首都圏の某水道局と共同研究しましたが、水道を供給する側から見れば100%透過しない管材料を選定すべきと申しておりました。当...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報