【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

500万円相続した場合は、相続税はいくらかかる?

A 回答 (7件)

国税庁の、相続税の計算方法の記載されたサイトです。


御自身で条件から、計算してください。

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
    • good
    • 0

子供ならゼロ。

    • good
    • 1

遺産総額、法定相続人の人数、質問者は法定相続人の中で配偶者に当たるのか、子に当たるのか、はたまた兄弟姉妹に当たるのか、遺贈で孫が貰ってるのか?


この程度情報がないと回答不能です。
    • good
    • 1

軽々な回答が多いですね。



あなたが 500万円は分かりましたけど、他に相続人は何人いて全員の合計でいくら相続したのかにより、相続税が発生するかしないか、発生するならいくらになるかなどのことは分かりません。

いずれにしても、なんかこのごろこんな一行質問が目立つようになりました。
他人にものを尋ねるには、ご質問の背景をもっと詳しくていねいに書かなければ、的を射た回答はできませんよ。
    • good
    • 4

0円

    • good
    • 0

相続税はかかりません...3千万円まで無税

    • good
    • 0

誰からの相続ですか。


基礎控除は3000万円ですので、おそらく500万円ぐらいでは相続税は要りません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父が亡くなりました。 相続に詳しい方おられましたら、教えて下さい。 不動産などは所有しておりませんが

父が亡くなりました。
相続に詳しい方おられましたら、教えて下さい。
不動産などは所有しておりませんが、銀行、郵便局、証券会社などにいくつか口座がございます。

当然、相続手続きをすべきなのでしょうが、母が、めんどくさい手続きはごめんだし、専門家に依頼して高い手数料を払いたくないから、銀行などの口座残金をごっそり引き出して、残高ゼロにすればそれでいい!と言っているのですが、そんな事が許されるのでしょうか?絶対にバレますよね?
相続に関しては、全額母に相続してもらい、私と妹は辞退するつもりですから、相続争いで揉めることはあり得ません。

Aベストアンサー

相続手続きをどこまで考えるか次第なのかもしれませんが、総額はどの程度でしょうか?
また、お父様がなくなる数年内の贈与等があれば、その情報も重要です。

このように書くのは、きんゆう機関や証券会社の手続きに専門家の必要性はさほど高くないと思います。
担当営業や相続を担当する担当者に聞けば資料の定時があると思いますし、戸籍謄本などの収集は面倒かもしれませんが、あとは、遺産分割協議書かそれに代わるものへ、あなた方が相続しないことを明記し、お母様だけが相続人であることがわかれば、引き出しなどが可能でしょう。あなた方の署名押印の資料になるわけですが、実印と印鑑証明が必要です。ご年齢や今までの経緯からお持ちでないのであれば、ご用意されたらよいでしょう。さほど大変なものではないと思います。

ただ、総額によっては、相続税の申告が必要となります。申告が不要な場合であっても、税務署が相続税がかかりそうな人の遺族に問い合わせなどを行うことでしょう。
遺産の目録とともに金額の集計を行い、相続税の心配が必要であれば、その部分だけは税理士依頼が必要かもしれません。
実際の名義等の相続手続きではありませんが、税務申告放置後追徴などとなれば、本来おさめるべき税額以上に加算された税負担を強いられることとなります。
また、配偶者であるお母様のみの相続ですので、相続税のかかるような遺産であっても、配偶者控除などで税負担は事実上ないかもしれません。ただ税負担がなくとも申告したうえで控除を受けて初めて税負担がなくなるものもありますので、総額次第でとお考えください。

状況次第では、あなた方お子さんたちが相続しないのであれば、正式な手続きである裁判所での相続放棄手続きを行うこともよいと思います。裁判所と言っても手続きのようなものですので、弁護士などはなくとも可能なはずです。申立実費も一人当たり数千円あれば足りることでしょう。
申立てが認められれば、審判書などが得られますので、それと戸籍謄本等によりお母様だけが相続人である証明も可能ですからね。この場合には、印鑑証明は不要だったと思います。
私の知人は法律手続きなどの素人ですが、インターネットで簡単に調べて必要書類を持ち、裁判所で教わりながら申立てを行い認められていましたからね。

相続手続きをどこまで考えるか次第なのかもしれませんが、総額はどの程度でしょうか?
また、お父様がなくなる数年内の贈与等があれば、その情報も重要です。

このように書くのは、きんゆう機関や証券会社の手続きに専門家の必要性はさほど高くないと思います。
担当営業や相続を担当する担当者に聞けば資料の定時があると思いますし、戸籍謄本などの収集は面倒かもしれませんが、あとは、遺産分割協議書かそれに代わるものへ、あなた方が相続しないことを明記し、お母様だけが相続人であることがわかれば、引き...続きを読む

Q相続のことで質問させていただきます。 先日、父親が他界しました。 私は長男です。 通夜葬儀、死後の手

相続のことで質問させていただきます。

先日、父親が他界しました。
私は長男です。
通夜葬儀、死後の手続き等色々と済ませて
相続のことも今後考えていかなければいけません。
相続対象としては、
私から見て母親、結婚して外に出た妹、
父と養子縁組してる妻、そして私です。

父親の残した預金は一億円くらいです。
控除含めて計算して、
どのくらいの額が相続税として
徴収されてしまうものでしょうか?
参考までに試算頂きたいです。

Aベストアンサー

ご愁傷さまです。

家族構成は以下でよろしいですか?

 ★父┬◇母1/2
 ┌─┴┬……┐
◇妹 ◇兄―◇妻
1/6  ↑本人↑養子
   1/6  1/6
★:被相続人
◇:法定相続人
※分数は法定相続の配分

相続税額は、相続財産の配分により
変わります。

極端な話でいけば、相続財産1億を
全て配偶者のお母さんが相続すれば、
配偶者の軽減特例で、1.6億までは、
相続税が課税されないので、
相続税は0です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4158.htm

法定相続の配分どおり相続した場合は、
基礎控除
3000万+600万×法定相続人4人
=5400万
が控除され、
1億-5400万=4600万
が課税対象となります。

法定相続どおりに課税分を配分すると
母4600万×1/2=2300万
子4600万×1/6=767万(の3人分)
で、相続税は、
母2300万×15%-50万=295万
子767万×10%≒77万(の3人分)
となり、
合計の相続税は、
★295万+77万×3人≒525万
となります。

母は軽減の特例で0
子の3人が税額の約半分262万を
3分割して、ひとりあたり
★約87万ずつ納税となります。

全体の相続税525万は、
相続財産の配分割合により、
相続税の配分割合も決まります。
母の分はどの場合でも0です。

相続財産は預金(の1億)だけでは
ありません。
不動産、動産をお父さんの財産、
一切合財で、評価額が決まります。
ですから、
1億+αになることが想定されます。

また、奥さんを養子とすることで、
基礎控除が増えて多少節税には
なっていますが、相続財産の配分は
別の話になります。

法定相続人全員で協議して、
遺産分割協議書を作成して
全員で合意して下さい。

もめて協議が難航して、
相続税の申告期限までに
相続税の申告ができないと
お母さんの相続税軽減が
受けられないので注意
して下さい。

以上、いかがでしょう?

ご愁傷さまです。

家族構成は以下でよろしいですか?

 ★父┬◇母1/2
 ┌─┴┬……┐
◇妹 ◇兄―◇妻
1/6  ↑本人↑養子
   1/6  1/6
★:被相続人
◇:法定相続人
※分数は法定相続の配分

相続税額は、相続財産の配分により
変わります。

極端な話でいけば、相続財産1億を
全て配偶者のお母さんが相続すれば、
配偶者の軽減特例で、1.6億までは、
相続税が課税されないので、
相続税は0です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4158.htm

法定相続の配分どおり相続した場合は、
基礎控除
3000万...続きを読む

Q遺産分割協議書の作り方を教えてください。

銀行の預金の引き出しが出来ません。遺産分割協議書を提出しないと葬儀費用も出金しませんと言われて困ってます。
通帳と届け印鑑はあります。相続人は妻子供なく両親は死去して、兄弟5人です。なお長男は死去して
長男の子供が2人居ります。 預金の分割協議書はどの様な形式で中身は何を書かなければいけないでしょうか?  また、添付書類は何が居るのでしょうか?
命日は今年の9月920日頃です。
どなたか教えてください。 お願いします。

Aベストアンサー

>相続人は妻子供なく両親は死去して、兄弟5人です。なお長男は死去して長男の子供が2人…

あいまいな表現ですが勝手に整理させてもらうと、

・旅立ったのは太郎 (花子でも良いけど今は仮名)
・太郎は生涯独身のまま旅立った
・太郎の両親、祖父母とも太郎より先に旅立っている
・太郎には兄弟が 4人いてうち3人が健在
・太郎より先に旅立った太郎の兄には子供 2人がいて健在

ということで良いですか。
この場合の法定相続割合は、

・健在な兄弟 3人・・・1/4 ずつ
・兄の子供 2人・・・1/8 ずつ

です。
もちろん、全員が同意するなら誰か 1人が全部、あるいは 2人ぐらいだけで受け取ってもかまいません。
http://minami-s.jp/page009.html

>預金の分割協議書はどの様な形式で中身は…

その銀行にある預金を上記内容で配分するとして、全員が署名捺印するのが基本です。
用紙は銀行指定のものがあればもらってくれば良いし、なければ便せんでもレポート用紙など罫の入った紙であれば何でも良いでしょう。

銀行に出すだけなら、土地や建物など預金以外のことまで書かなくて良いと思いますよ。
http://minami-s.jp/page026.html

とにかく銀行によってはけっこう口うるさいところもありますから、用紙や書き方は銀行で聞くことです。
書く内容は前述のとおりです。

>添付書類は何が居るの…

最低限、

・故人の出生から死亡まですべてが記載された戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明と住民票

は必要です。
ほかにも必要なものがあるかどうか、銀行に聞いて下さい。
銀行は全国一行ではないので、ネットの質問コーナーでそこまで正確なことは言えません。
法務局まで行かなければいけないのかどうかも、銀行で念を押してみて下さい。

相続に関しては某司法書士さんのサイトがわかりやすいです。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page008.html

>相続人は妻子供なく両親は死去して、兄弟5人です。なお長男は死去して長男の子供が2人…

あいまいな表現ですが勝手に整理させてもらうと、

・旅立ったのは太郎 (花子でも良いけど今は仮名)
・太郎は生涯独身のまま旅立った
・太郎の両親、祖父母とも太郎より先に旅立っている
・太郎には兄弟が 4人いてうち3人が健在
・太郎より先に旅立った太郎の兄には子供 2人がいて健在

ということで良いですか。
この場合の法定相続割合は、

・健在な兄弟 3人・・・1/4 ずつ
・兄の子供 2人・・・1/8 ずつ

です。
もち...続きを読む

Q税金っていつ発生or贈与税はバレますか? 例えば、1.妻から夫に現金で1000万あげて、それをタンス

税金っていつ発生or贈与税はバレますか?
例えば、1.妻から夫に現金で1000万あげて、それをタンス貯金にした場合。
2.妻から夫に現金で1000万あげて、それを夫が自分の口座(定期)に入れた場合。
基本的に貰って使わなかったら払わなくていいですか?

Aベストアンサー

>そのお金から500万ぐらいの車を
>夫名義で購入すると、
>バレる可能性がありますよね?
バレるというか、微妙ですね~。
グレーゾーンだと思います。
車は生活に必要なものです。
生活費としてもよいと思います。
つまり贈与にならないかもしれません。
金額の基準としては、不明瞭です。

ポルシェやフェラーリだと、
贈与になると思います。

Q4300万借り入れ 17万ローン 30年 額面50万 無謀ですか?

4300万借り入れ
17万ローン
30年
額面50万
無謀ですか?

Aベストアンサー

無謀。

借りられるのと、返せるのは違う。
返せるのと、余裕をもって生活出来るのとも違う。

金融機関は、担保とって、破綻を待つだけ。
この先、景気は後退、土地はあまり、資産価値は暴落の中で、そんなにギリギリ借りて、家に縛られても、
行き着く先は、ローン地獄でしょうね。

冷静にね。

Q生前贈与についての質問です。 今高齢の父がいます。4人兄弟ですが、父と同居している1番下の弟がお金に

生前贈与についての質問です。

今高齢の父がいます。4人兄弟ですが、父と同居している1番下の弟がお金にルーズで、父にお金をせびり、父も言われるがままに出しています。

最近父が入院した時は、父の預金通帳から勝手に下ろしたり、定期を崩したりしています。入院前に3000万以上あった父の普通預金の残高が1千万を切っています。定期は2千万全額消えてます。
定期を崩す際の委任状に関しては自分の息子に代筆させています。

ちなみに父は膀胱癌をやっていますが、初期で治療済みです。認知症はありません。
しかし我々他の兄弟が四男にお金の使い込みを問い詰めても、父は同居している四男と2人きりの時に泣きつかれると、使われたお金は容認して「そのお金はあげる」と言ってしまうと思います。

そこで質問です。
もし父がその使い込まれたお金を、四男に贈与する事を認めてしまった場合は、残りの兄弟3人は、弁護士を立てて、同額を貰う権利は法的にはないのでしょうか?
わかる方教えて頂けると幸いです。

数百万単位の時は我々他の兄弟も容認してしまったのですが、父の入院を機にエスカレートして不動産以外の資産を全て使い込む勢いです。
父の残り人生の為に必要な預金も全て使われているので、父の財産がなくなれば、残りの兄弟で父の生活の資金を援助しなくてはならなくなり、理不尽で仕方ありません。

生前贈与についての質問です。

今高齢の父がいます。4人兄弟ですが、父と同居している1番下の弟がお金にルーズで、父にお金をせびり、父も言われるがままに出しています。

最近父が入院した時は、父の預金通帳から勝手に下ろしたり、定期を崩したりしています。入院前に3000万以上あった父の普通預金の残高が1千万を切っています。定期は2千万全額消えてます。
定期を崩す際の委任状に関しては自分の息子に代筆させています。

ちなみに父は膀胱癌をやっていますが、初期で治療済みです。認知症はありません。
...続きを読む

Aベストアンサー

お父様がお父様の意思でお父様の財産をどう使おうが、贈与しようが、まだ相続人ではないあなた方にどうこう言う立場にありません。
あるとすれば、大変失礼な話ではありますが、お父様が亡くなった際の取り分で、他の相続人より多くすでに贈与を受けているとして、取り分を減らすことができます。
すでに大部分を浪費されている場合には、争えば、遺留分減殺請求という形で請求ができる場合もあります。ただ、お父様の意思で贈与した古い話までは持ち出せないかもしれません。

私も親の財産から出してもらったり、借りて返済できていないものがあるので、あまり言いにくい部分ではあります。
でも、あくまでも存命中はお父様の意思が大事ということとなります。

悪く言えば、あなた方はお父様を恨むしかないのです。四男をそういう男に育ててしまったこと、その四男に無計画(ご自身の計画出ない贈与を含む)に出してしまうわけですからね。
お父様の預貯金などがなくなり、医療や介護、その他生活にかかるお金が足りないこととなれば、当然あなたがとぉ含めた4人に扶養の義務があります。
しかし、この義務は、義務を果たさないからと言っても罰せられるものでもありません。どうしても許せないのであれば、四男への贈与があれば困ることのなかったお父様、状況次第ではあなた方へ残せるお金でもあったこと、その大半ほとんどを費やした四男に最後まで世話になれと、突き放してしまうのです。
今後きっちりできるのであればまだしも、これからも四男の言いなりになるのであれば、今後見舞いもできないし、孫も見せられないし、汚いかもしれないが葬儀にも出ないし当然骨を上げることもしないし、墓参りもしない。それほど子供である4兄弟の一人の言いなりになるということはそういうことだというのです。
四男がどういう理由かわからないが、困っているのを助けるだけが親なのか?四男自身で乗り越えたり責任を果たさせることを覚えさせることが大事だろうと、言えばよいでしょう。
実際にそういったからと言って、何もできなくなるわけではりません。それほどの覚悟や憤りがあることを伝えるというのもありでしょう。

ただ、四男はずるいかもしれないが、父親が父親の意思で財産使い果たすことに意見を言えるものでもありません。言い出せば、あなた方は父親の財産をあてにしているというようにも見えます。しかし、四男に手厚く煙ぞyするのであれば今後は四男に世話になれというのはおかしな話でもないと思います。
しっかりとあなた方のことを考えている親であれば、そのような四男に対する援助とは別に、あなた方向けの生命保険をかけているかもしれません。私の祖父母がそうでした。世話になった嫁には権利がないことと、はっきりと嫁への感謝を示すために嫁が受取人となっている生命保険を残すというのも見ました。
あと、平等に育てていたが、事業や住まいなどの関係で、金銭的に援助をより多くした子とそうではなかった故、生まれた時期で親の経済状況で辛い思いをさせた一部の子へなどと、生命保険や別な預金を残すなんてこともあります。
うちの子たちに限ってとかで無責任何もしない親の方が多いでしょうけどね。

最低限別居であれば、お金が尽きたら不動産を売り、それもなくなれば生活保護を受けてもらえばよいでしょう。
四男が喪主の葬儀あるのかな?十分な葬儀をしてくれるのかな?世話になった親類縁者に不義理しないかな?先祖の墓などもしっかりと管理できるのかな?
そんな子だけに頼って幸せ?そんな状態で他の子たちに世話になることへの気持ちはどうなの?としっかりと伝えるのです。
お父様がおいくつなのかわかりませんが、時代によっては財産管理を奥様であるお母様に任せすぎて、預貯金や財産への考えが甘い父親も多いものです。
言われなければわからないというのもありますし、頑固でそこまでいうのであれば縁切りという人もいます。
お父様の性格に合わせて、今の状況のままでよいのかを考えさせるべきでしょう。

お父様がお父様の意思でお父様の財産をどう使おうが、贈与しようが、まだ相続人ではないあなた方にどうこう言う立場にありません。
あるとすれば、大変失礼な話ではありますが、お父様が亡くなった際の取り分で、他の相続人より多くすでに贈与を受けているとして、取り分を減らすことができます。
すでに大部分を浪費されている場合には、争えば、遺留分減殺請求という形で請求ができる場合もあります。ただ、お父様の意思で贈与した古い話までは持ち出せないかもしれません。

私も親の財産から出してもらったり...続きを読む

Q相続の分割方法

もしも相続3人で(子供)土地(家)と現金があり、
一人が土地をもらったら現金は1円ももらえないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

そんな決まりはありません。

たとえば、家と土地が1000万円、現金が8000万円なら、
法定相続の場合で家と土地+現金2000万円がもらえます。

Q非課税贈与分と相続との関係について。

たとえば、親が子供に毎年110万円の贈与を行い続け、50年後に死んで相続が発生した場合、非課税で贈与した5500万円はすでに処理済み、で相続とは関係ないでしょうか?

それとも生前に相続した分と見做され、他の相続財産と合算して課税対象になるでしょうか?

110万ではなく111万円を毎年贈与して、1万円に対する贈与税を毎年支払っていれば、相続とは無関係になるでしょうか?

他の相続人とに関係は無視していい場合です。
たとえば、配偶者と子供全員に贈与しているとか、配偶者は死亡、子供は1人、とかのケースです。

Aベストアンサー

生前に相続なんてのはありえません。それを言うなら、生前に贈与です。

贈与してしまえば受贈者のものですから、当然に相続財産に加える必要はありません。
ただし「相続開始前3年間の贈与は、相続財産に加える」事に相続税法で決まってますので、その意味では「3年分は贈与税が課税されると共に、相続税対象となる」です。
個々に納税すべき相続税額から申告した贈与税額が控除されます(還付はされない)。

親から子に現金を贈与する際に、子名義の預金口座をつくりそこに入金をする方法ですと、その子名義の預金が「借名預金」として相続財産とされる可能性があります。
自分名義の口座へ移動しても相続財産となってしまうので「子の名を借りて口座を作り、そこに移動させる」わけです。
特に子名義の預金が入金があるだけという場合には、完全に借名預金とされます。

子が実際に持っている口座に入金があり(つまり贈与があり)、その口座を子が実際に使用してるケースでしたら、借名預金ではなく「子の口座への振込」つまり贈与です。
子の名義の口座を作成して、そこに贈与税がかからない基礎控除額以下の金額を振り込むという行為は、相続税対策としては有効です。ただし「子が成人に達したら、速やかに通帳と印鑑、キャッシュカードを子に渡す」のが必要です。
それまでは「親が親権を理由に子の口座を管理していた」という事です。

贈与税課税権の時効消滅は6年ですから、時効が成立してる場合には贈与税課税はされません。
50年間も毎年贈与をしていれば、5500万円のうち330万円が相続財産への加算となるわけです。

「毎年110万円を贈与」したからと、一番初めの年に遡って「贈与税課税」がされるなどは、実際にはありません。
仮に10年贈与を続けたとしましょう。
税務調査官が「これは10年前に1,100万円の贈与契約をした」とするわけがありません。
なぜか。
10年前に贈与契約をしたというなら、既に課税権が時効消滅してるからです。
調査官がわざわざ時効消滅してる年に贈与があったのだと言い出すことは考えられないことです。
無意味だからです。

国税庁のHPで「何年間も同じ額を贈与すると、いっとう最初の年に贈与契約があったことになる」という説明があり、これを世間では連年贈与などと言ってますが、国税当局は連年贈与という言葉は一切使ってません。
贈与税申告がされてないと指摘する方が有効だからです。
どうして、贈与年月を遡って「それって時効です」と納税者に言わしめるようなことをする必要性があるでしょう。

「ここ数年の贈与額が110万円をこえていたから、贈与税申告をしろと言われるかと思ったら、いっとう最初の年に合計額を贈与する契約があったとして課税するって言い出した。いっとう最初の年って10年前だから、時効だよね」
という話になります。

実際に税務署の資産税担当の調査官に聞くと「連年贈与?そんなので追徴課税を取ったことなどない」と言いますよ。
あえて「時効消滅してしまってる年に贈与があったのだ」とする意味がないのです。
時効消滅してない6年前の贈与(仮装隠ぺい行為があった場合には時効は7年)について「贈与税の申告がされてない」と言い出すことはあるでしょう。それでも基礎控除額以下の贈与でしたら、申告してくれなんて言いませんから。

「110万ではなく111万円を毎年贈与して、1万円に対する贈与税を毎年支払っていれば、相続とは無関係になるでしょうか?
相続と無関係になる、ならないという意味ではなく「当時、贈与契約があって現金の移動がされたものであって、借名預金ではない」と主張するための資料となります。
被相続人の遺産ではないのですから、当然に相続財産になりません。

生前に相続なんてのはありえません。それを言うなら、生前に贈与です。

贈与してしまえば受贈者のものですから、当然に相続財産に加える必要はありません。
ただし「相続開始前3年間の贈与は、相続財産に加える」事に相続税法で決まってますので、その意味では「3年分は贈与税が課税されると共に、相続税対象となる」です。
個々に納税すべき相続税額から申告した贈与税額が控除されます(還付はされない)。

親から子に現金を贈与する際に、子名義の預金口座をつくりそこに入金をする方法ですと、その子名義...続きを読む

Q公的年金4百数万円で確定申告しないとどうなる

公的年金が400万円以下だと申告しなくてもよいと書いてあります。
民間会社の退職金を年金で受け取っている為、厚生年金と合算すると400万円を数万円Overします。
該退職金年金は公的年金ですか?
この場合、確定申告をしなければどういう罰則になりますか?
74歳を超えて、頭もぼんやりし、ややこしいパソコン操作で確定申告書を作るのも困難になってきました。出さなくても良ければ助かります。厚生年金から税金、介護保険料は既に天引きされています。

Aベストアンサー

>退職金年金は公的年金ですか?
はい。そうなります。

>確定申告をしなければ
>どういう罰則になりますか?
所得税、住民税に不足があれば、
無申告課税、延滞税などが
課せられる場合があります。

退職金を年金で受け取っている場合
★7.6575%の所得税が源泉徴収
されていると思うのですが、
いかがですか?
源泉徴収票をご確認下さい。

そうすると、たぶんですが、
★多目に所得税をとられているために
損をしていると思われます。

逆に言うと、そうなっていれば、
確定申告は特に必要ありません。

具体的な各源泉徴収票の金額を
ご提示いただければ、確認できます。
その他、国民健康保険料等も。

しかし、確定申告はされた方が
よいですよ。
パソコンが苦手であれば、
手書きでもよろしいかと
思います。

いかがでしょうか?

Qリニア新幹線ができたら東京くら長野に行くのに 北陸新幹線使わずリニアで行く人いると思いますか?

リニア新幹線ができたら東京くら長野に行くのに
北陸新幹線使わずリニアで行く人いると思いますか?

Aベストアンサー

中央リニア新幹線、長野県に駅は出来ますが、飯田市です。

松本に出るのも1時間、長野は2時間弱は掛かるでしょう。
東京から北陸新幹線で90分で着くのに、敢えて使う意味がありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング