AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

キログラムの定義改定が決まったというニュースを読みました。
ニュースの中で、「日本が総合力で優れているという証しだ」というコメントが紹介されていました。
けれど、日本が何をしたのかが書かれていません。
日本は何をしたのでしょうか?

A 回答 (4件)

ここに解説されてるよ



https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr20 …

思いっきりざっくりすれば、ナノメートル単位の測定を安定的に確実に行える技術を確立した
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解決しました

>思いっきりざっくりすれば、ナノメートル単位の測定を安定的に確実に行える技術を確立した

良く分かりました。

サイトも紹介して頂き、感謝いたします。
早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2018/11/17 22:27

日本は何もしていませんよ

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

そうなのですか?

早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2018/11/17 22:17

> けれど、日本が何をしたのかが書かれていません。


新聞では、どこの紙も解説されていますよ。

ネット情報は、マスコミ情報の一部(要点)しか掲載してくれません。
記事が増えると見てもらえないから、敢えて短く小さくしているのです。
他の情報も探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

>新聞では、どこの紙も解説されていますよ。

ネットしか見ていませんでした。

早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2018/11/17 22:16

私の知識では基準をケイ素の単結晶に移行させる方向だったはずです。

この際金属ケイ素の格子構造に揺らぎが少ないことと、ケイ素の同位体分布が最大の障害でした。日本は半導体技術の基礎として単結晶作成技術では世界最高レベルにいます。一方の同位体分布については私も疑問一杯です。発表記事の引用があれば教えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

>私の知識では基準をケイ素の単結晶に移行させる方向だったはずです。

そうなのですね。

発表記事は、次の短いニュースでした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-0005 …

早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2018/11/17 22:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現実に光速で宇宙船が移動した場合・・・

現実に光速で宇宙船が移動した場合ですが、テレビで学者が言っていたのですが!
宇宙にはガスなどモノがあるので、それに触れることによりすさましい摩擦力が
生じて宇宙船の原子までも影響して壊れてしまう・・・なので光速移動は加速できた
としても移動は無理・・・そんな話をしていました。
確かに光速移動となると、何らかの宇宙の浮遊物に当たる確率が高くなり光速で物
が当たると摩擦熱はすさましいでしょうね・・・
だから宇宙人は光速移動ができないので、地球には遠すぎてこれないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 現実に光速で宇宙船が移動した場合ですが、
現在の理論では、質量ある物質は高速に達することができません。
光速に極限に近づいた場合は、質量は無限大で時間が全く進まず、
つまりは移動さえできないのです。
空間物質との摩擦や衝突が障害となる、という理論はありません。

空間移動には光速は超えられないという制限はありますが、
しかし、空間ワープや時間ワープは可能という理論はあります。

Q真空中の光速より早く情報を伝達することは可能? 長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っ

真空中の光速より早く情報を伝達することは可能?

長い棒があったとして、この端っこを押すと反対側の端っこは同時に飛び出しますが、これは一般的な感覚としては全く同時に思えます。

もしそうならば、光速より早く情報を伝達できているように思えます。
これはそうなのでしょうか?
それとも違うとすればどういう理由でしょうか?
人の目には同時に動いていように見えるけど、実際には同時ではなく、棒の端と反対側の端では遅れがあるということでしょうか?

Aベストアンサー

例えば長さ 1m の金属棒の端を押すと、端の動きが反対側の端に伝わるまで
0.2ms(5千分のー秒)とかそのくらいのオーダーの時間がかかります。
これは「実測」されている値です。

0.2 ms は人間には関知不能の短さですが、光は1 mを10億分の3. 3秒で
駆け抜けます。比較になりません。

例えば月まで鉄棒もし渡せたとすると、
地球で端を押すと月側の端が動くのは18時間後(^-^;
光なら1.3秒です。

Qレーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていまし

レーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていました。なぜですか?

教えていただけるとありがたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

じゃあ、メーカーから製品情報を取り寄せて、レザー発振数のデータを見ましょう

たとえば、こちらの製品
コヒレントジャパン社のOBIS CellXという製品
405nmタイプで、製品誤差はプラスマイナス5nmありますので、400nm~410nmと厳密に言えば、単色ではありませんので、プリズムで分光させれば、光の幅が出来ます
また、プリズムの製品精度にもよりますし

http://www.coherent.co.jp/laser/asscw/multi/obis_cellx/index_2.php

Q励起状態の反対語

基底状態ってありますが、冷めたような状態を示す言葉はないでしょうか?
沈静化状態?  他にないでしょうか?

Aベストアンサー

自然科学の用語としては

励起状態= excited state
 ↓↑
基底状態= ground state

です。これは「エネルギー準位、エネルギーの状態」を表わす表現。

「excited」の反意語であれば「冷静な」「落ち着いた」という肯定的な意味と、「つまらない」「わくわくしない」「何もしない」という否定的な意味があるでしょうね。
 cool、calm、settled、quiet、sober、・・・

日本語だったら、使う場面によって
 冷静状態
 平静状態
 平穏状態
 沈静状態
 鎮静状態
 休眠状態
 休止状態
 消沈状態
 謹慎状態
 ・・・
などなど。

Q車やバイクはカーブの途中で加速した方が安定して曲がれる気がします。 なぜカーブの抜ける手前から加速し

車やバイクはカーブの途中で加速した方が安定して曲がれる気がします。

なぜカーブの抜ける手前から加速した方が安定してカーブを抜けられるのですか?

Aベストアンサー

遠心力で外側に持って行かれるからです。
カーブの旋回方法の基本は、OUT-IN-OUTです。
カーブのクリッピングポイント(一番イン側によるポイント)真近かなどを見たらアクセルを踏み動力を与えることで ハンドルを切っているので 切っているイン側へ進もうと 遠心力と逆の方向へ向かう力が 遠心力で外側へ持って行かれる力を抑制することになります。FF車など 前輪駆動なので ハンドル切った前輪に確実なイン側へ進もうとする力が掛かります。

Q縦波と横波の本質的な違いはなんですか? 密度くらいしか違いがないような気が…

縦波と横波の本質的な違いはなんですか?

密度くらいしか違いがないような気が…

Aベストアンサー

本質的?、本質みたいに見えるかもしれないが本質ではない、そういう意味です。
自身が何が本質か全くわかっていないのをごまかしている言葉です。
縦・横、日常生活では重力に平行な方向を縦、直交する方向を横といいます。
波・波動は媒質が振動することで、全体として変異情報を伝えます、この伝える(伝わる)方向を基準にして、媒質の振動方向を縦・横で表現しています。
伝える方向(進む方向)と平行=縦波、伝える方向(進む方向)と直交=横波
波動の本質?、というとほかにあるのかもしれませんが。

Qなぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか? 速度と加速度の違いはわかりますが、速度

なぜ、加速度に時間を掛けても道のりはわからないのでしょうか?
速度と加速度の違いはわかりますが、速度は加速度から出来ています。なのに加速度に時間を掛けても道のりが導けない事になんだか違和感があります。
単位的に見ればとりあえずは納得できます。

Aベストアンサー

加速度に時間を乗ずると速度の加減が求まるだけです。距離を求めるためには積分が必要です。

Q重力の認識ってどちらの図が正しいのでしょうか? 仮に左側の図が重力の正しい認識ならば、下にかかる力が

重力の認識ってどちらの図が正しいのでしょうか?
仮に左側の図が重力の正しい認識ならば、下にかかる力が重力なので、圧力=重力なのでしょうか?
私は右側の図を今まで正しいと思っていたのですが、自分の質量分×重力加速度が自分にかかる重力って言うのがイマイチ理解出来なくなり、自分の認識が間違っているのではないかと思い今回の質問をしました。

Aベストアンサー

どちらも間違っています。
書くとすれば、人間の「重心」から始まる下向きの矢印です。

そして、人間の体が下に落下したり、地面にめり込んで行くことがないなら、「地面」から「足の裏」に「重力」の反作用である「垂直抗力」が働きます。

Q物理論文の作成指導を受けたい

私は、個人で物理論文を書いています。ユレイタスで論文発表を試みたのですが、失敗しました。失敗の理由は、「信じる」と言う単語を使ったのが、悪かったと言います。
私は、どうしても論文を発表したいと考えています。どなたか、論文作成の指導をして頂ける方を、紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は、どうしても論文を発表したいと考えています。

どうしても出したいと言うなら、お金を払えばどんな論文でも出せる雑誌というのがありますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%A3%9F%E5%87%BA%E7%89%88
そんなにお金は出せないと言うなら、サイトでも解説して発表されればよろしいでしょう。

Q金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

金属原子以外は常温で自由原子をもたないんですか?

Aベストアンサー

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも動作しなくなる半導体素子もあります。反対に温度が高くなるとの自由電子密度が大きくなって、早晩、半導体素子の制御が出来なくなります。高電圧が加わっている場合には、破壊に至る熱暴走を引き起こすのが通例です。(さらに、半導体の自由電子の密度は、それに導入された不純物濃度に決定的に影響される特徴もあります)
第2に、金属の自由電子の運動速度は1,000km/s程度で、しかも温度依存性がありません(フェルミ速度と言われてます)。ところが、半導体の自由電子は熱エネルギーに相応する運動エネルギー(m v^2/2 = (3/2)kT)を有します(いわゆる熱速度: v≈ 100km/s @300K)。金属の自由電子よりも大幅に小さく、しかも温度の平方根に比例して小さくなります。

半導体の教科書には、もちろん第1の特性がもたらされる理由が説明されています。ところが、第2の特性についての説明がないのが不思議です。

自由電子は半導体にも存在します。むしろ、自由電子を有する物質は金属と半導体に分類できると言うことが出来るでしょう。半導体の自由電子は金属の自由電子に準じる特性を有しますが、決定的に異なる点もあります。
第1に、金属の自由電子の密度は、金属原子と同程度の値であって、その値は温度で変わりません(絶対零度でも変わらない)。ところが、純粋な半導体の自由電子の密度は、金属よりも圧倒的に少なく、しかも指数的な温度依存性があって低温になるほど密度が小さくなります。このため、零下20度程度でも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング