1990年のNHK紅白歌合戦の初出場歌手の「G-クレフ」と言うバンドがなぜ紅白に出れたのか教えてください。
オリコンのサイトで検索してみると1990年当時リリースしたアルバムはウィークリーランキングで最高順位82位(シングルはありませんせした。)などで当時人気があったようにも思えませんし、その年にブレイクしたようにも思えません。なぜ選ばれたのでしょうか?
また、EVEと言うアーティストも同様の理由でなぜ選ばれたのか分かりません。

紅白は出場歌手の選出方法が不透明と言われてますが。ここ二十数年で民謡やオペラや演歌の歌手や海外から招待された歌手を除いてはこの二組は本当になんで選ばれたのか分かりません。おそらく知名度もほとんど無かったのではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確か彼らは当時NHKで番組を持ってました。


それが原因ではないでしょうか?

オリコンなどではあまり成果はなかったのですが彼らの楽曲は今でも何かしらのテレビ番組でBGMに使われてますよ。
当時はクライスラーと同時期で同大学という事で結構知名度はありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、NHKで番組を持っていたのは大きいですね。オーロラ輝子(河合美智子)もNHK朝の連続テレビ小説からきていますもんね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/19 20:55

すごく売れたわけではなかったのですか……でも、知名度はありましたよ。

私でも知っているし。
バイオリンを持ってました。
芸大生のグループです。
根がクラシックなので、NHKの体質に合っていて好印象だったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。NHKはクラシックやオペラが好きですからね錦織健やジョン健ヌッツォもそのためですかね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/19 20:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNHK紅白歌合戦

年末大晦日のNHK紅白歌合戦のチケットを取りたいのですが どうしたら いいですか?

Aベストアンサー

NHKの受信料を払っている方限定で往復はがきの申し込みになります。
詳しくは↓こちらでご確認ください。
(といっても締め切りが11月2日必着なので、本日出さないと間に合わないのではないでしょうか?)


http://www.nhk.or.jp/event/prog/kouhaku.html

Q紅白出場歌手がインフルエンザで出れない

今まで出場歌手が紅白にインフルエンザや急病で辞退したケースはありますか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E7%B4%85%E7%99%BD%E6%AD%8C%E5%90%88%E6%88%A6

Q第65回NHK紅白歌合戦はどうでしたか?

第65回NHK紅白歌合戦は、どうだったでしょうか?
(個人的にでも客観的にでも結構です。)

Aベストアンサー

私は60歳になるものですが、小学生6年生くらいまでは家族と観ていましたが(と言うより他局に紅白と勝負する?番組が無かったように記憶してます、間違っていたらごめんなさい)、中学時代からはロックに傾倒していたので大みそかは紅白も他局も一切観てませんでしたが、今回初めて50年ぶりくらいに最初から観ました(つまみ食い的に観た事はあります)。歌自体はどうでも良かったです。感想としては紅白は良くも悪くもその一年の間に話題になった事を知れる側面(日本エレキテル連合出演、ふなっし~、バナナマン等)それとNHKと各アイドル事務所との駆け引き。何故に和田アキコはNHKに貢献してもいないのに毎回出場できるのかという謎(大体はわかりますが)。サザンなんてどうでもいいからaikoはなんで出演しないんだ?という疑問。無名に近いような歌手だすくらいならsionにでも月が一番近づいた夜でも歌わせろよな!とツッコミも出来る場面がたくさんありこの歳になり歌を聴くというより、時代を観るという方面から観ると面白かったですよ。おそらく来年もより以上に民放化してると思います。

Q紅白出場の都市伝説

よろしくおねがいします

歌手の方は年末の紅白出場について一喜一憂されるそうですが、これは一種の都市伝説なのでしょうか。

『そんなの関係ねぇ』と言うのが本音なんでしょうか。

出場すると翌年の興行や音楽配信の売り上げに影響するって本当なのでしょうか。

もし本当ならば客観的な数値、統計上それを認める資料は存在しますか。

Aベストアンサー

紅白直後のCD売り上げを見ますと、紅白で歌われた曲が軒並みランクアップしています。

有名なのは、中島みゆきの「地上の星」でして2000年7月にチャートインし、以後上下しつつもランクインし続け2002年の紅白に中島みゆきが出場してこれを歌ったことで、年が明けた1月には10傑入り、1月20日付で1位になるという記録があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%98%9F

QNHK紅白歌合戦について詳しいサイト

NHK紅白歌合戦について詳しいサイトをたくさん教えてください。公式サイトではなく私設サイトに限ります。

Aベストアンサー

今晩は
下記サイトも参考にして下さい。↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E7%B4%85%E7%99%BD%E6%AD%8C%E5%90%88%E6%88%A6

http://www.j-area2.com/music/kouhaku/index.html

http://www.asahi-net.or.jp/~zf7j-ktwk/redwhite/index.html

Q紅白 出場 の みゆき さん について

紅白 出場 の 中島みゆき さん についての質問です。

TVで歌声を披露したのは、
夜ヒット出演で、『わかれうた』を歌った時以来でしょうか?
(そうすると、20年前後 TVでは歌っていない事になる)
フジTVでは、VTR出演・ドラマ・映画 等では、お顔は出していましたが・・・。


本題に戻りますが、紅白で歌った時 みゆきサンは、『口パク』だったのでしょうか?
(トンネル内だったら、声が反響するはずですが。)
それから、VTR撮りでは無く、生出演だったのですか?

お手数かけますが、どうか 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

わたしも口パクではと疑いました。地上波、BS、BSデジタルすべてで確認したのですが、映像と音声に微妙なずれが生じていたからだと思います。天下のNHKですので技術的には一流なはずですが、生放送の中継ということで仕方の無い事だったと思います。音はトンネルの反響も考慮してかなり気を使ったのだと思いますが、やはりハウリングを起こしてしまいました。みゆきさんがイヤモニター(イヤホン)を付けてなかったように思えたのですが、歌手に向かって足元に置いたスピーカーの音との調整の失敗だと思います。さすがに紅白のメインイベントとされていた中継なので、口パクはなかったと思います。

QNHK紅白歌合戦はなぜ人気があるのですか

先日の第60回NHK紅白歌合戦は、後半が視聴率40%をこえたそうですが、なぜそんなに人気があるのですか。

Aベストアンサー

昔は娯楽としてテレビがとても重要な役割を果たしていました。
中でも年末の歌い収めとして、大物歌手が大挙出場する紅白は80%もの視聴率を記録し、国民的な番組に君臨していました。
今は「ガキの使い」をはじめ他局の番組の切り崩しにあっているものの、昔の名残りで、今なお年配世代に支持されているのです。
「年越しそばを食べ、紅白を見て年を越す」が、大晦日のすごし方として定着しているので人気があるのです。

Q紅白出場者、五十音順なのになぜ?

某新聞で紅白出場者の一覧を見ました。
五十音順となっているのに、
「Re:Japan」が「ウルフルズ」と「えなりかずき」のあいだ
にあります。「Re:Japan」って「リ ジャパン」って読みますよね?
これってなぜなのでしょうか?
ちなみにNHKのサイトも見ましたが、順番は同じでした。でもNHKには
五十音順とは書かれていませんでしたけど。
気になるなぁ・・・・

Aベストアンサー

こんにちは。

私の知っている情報では、「明日があるさ」を『ウルフルズ』と『Re:Japan』が一緒に歌うと聞いています。
なので、2組併せてで1曲という扱いからそのような順番になっているのだと思いますよ。

Q2001のNHK 紅白歌合戦に出た韓国のサッカー選手の名前教えて頂けないでしょうか。

2001のNHK 紅白歌合戦に出て「一緒に頑張りましょう!」と言った韓国のサッカー選手の名前教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは

パク・チソンさん?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B4%E6%99%BA%E6%98%9F

Q「第61回NHK紅白歌合戦」出場者決定

「第61回NHK紅白歌合戦」の出場者が決定しました。初出場を果たした男女7人組ユニット・AAAが白組での出場なのは、男性メンバーの方が多いことによるものですか?

Aベストアンサー

 男女混合ユニットが、紅白どちらの組で出場するかは、
1、メーン・ボーカルが男性か女性か
2、紅白のバランスの関係
 で決まるようです。
1の例として、68年7月デビューで、「恋の季節」がダブル・ミリオンの大ヒットとなり、デビュー4ヶ月の異例の速さで紅白初出場を果たした「ピンキーとキラーズ」の場合、女性1人、男性4人で、男性のほうが上回っていますが、メーン・ボーカルは女性ということで紅組で出場しました。
 当時はまだ男性優位の考え方が強く、男女混合ユニットは白組での出場が常識だった時代に、この紅組での出場は大いに話題になりました。
2の例としては、60年代後半から70年代前半まで、男女デュオユニットがブームになったことがsりましたが、この時も「ヒデとロザンナ」は白組、「トワ・エ・モワ」は紅組での出場でした。
 他に「平田隆夫とセルスターズ」「ペドロ&カプリシャス」なども、男性のほうが多いにもかかわらず、紅組出場でした。
 また「カナダからの手紙」が大ヒットした、平尾昌章さんと畑中葉子さんのデュオは、大方の予想では紅組としての出場でしたが、平尾さんが以前歌手として出場したことがあるため、白組での出場になりました。
 参考URLに、2005年以前に限られますが、過去の紅白歌合戦出場者リストがあります。
 

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/m-koha00.htm

 男女混合ユニットが、紅白どちらの組で出場するかは、
1、メーン・ボーカルが男性か女性か
2、紅白のバランスの関係
 で決まるようです。
1の例として、68年7月デビューで、「恋の季節」がダブル・ミリオンの大ヒットとなり、デビュー4ヶ月の異例の速さで紅白初出場を果たした「ピンキーとキラーズ」の場合、女性1人、男性4人で、男性のほうが上回っていますが、メーン・ボーカルは女性ということで紅組で出場しました。
 当時はまだ男性優位の考え方が強く、男女混合ユニットは白組での出場が常識だ...続きを読む


人気Q&Aランキング