祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

私のパートナーは化学工場で働いており、PCBを処理する仕事をしています。結婚の話もでていますが、結婚となると、子どもの不安があります。正しい知識がなく、いろいろと分からないことがあるのですが、パートナーに子供のことや体のこと、聞いたら不快に思わないかと考えてしまい、こちらに投稿させていただきました。 そもそも、PBCという物質について、自分でも調べてみましたが、いまいちピンとこず。。 仕事でその物質の処理をどのようにしているのか分かりませんが、 食べ物として摂取しなければ、大丈夫なのでしょうか???影響として精子の減少などもかかれていました。子供が好きなので、不妊など子作りなどに影響がでないか、またうまれてくる子供への影響はないのかなど不安に思ってしまいます。 化学物質を扱っていると聞くだけで、知識のない私にとっては不安です。知識のあるかた、優しく教えていただけると、うれしいです。少しでも彼を理解できたらいいなとも思っています。よろしくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • PCBは、食べ物以外からも体内に吸収される場合はあるのでしょうか? 処理をどのようにしているかわかりませんが、安全上の管理は仕事をする上で、法律上などで保たれているのでしょうか? 直接の処理とはかかわっていなさそうですが、そのような場合でも、危険はともなうのでしょうか? いろいろと知識不足ですみません。化学工場で働く方のほうが、障害をかかえて子供が生まれる場合がおおかったりするのでしょうか?

      補足日時:2018/11/23 19:26
  • ありがとうございます。PCBが非常に危険なものということは理解出来ました。そこで、処理で体内に取り込まれてしまう可能性は、高いのでしょうか? そういった工場ではたいていると、かってに空気中から、とりこまれてしまったりするのでしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/11/23 19:28

A 回答 (2件)

>精子の減少


あるかもしれませんが、あまり影響は無いのです。と言うのも一度の射精で一億の精子が放出されると言われることがありますが、それが一千万になっても受精には多過ぎるほどです。
受精卵の顕微鏡写真を見ると、精子が二十個もへばりついています、これらは残念組で受精に成功した精子は鞭毛を残して姿を見ることが出来ません。
一度の射精の精子が十万を切ったらかなり苦しいでしょうが、人工授精が使えます。
男性側の造精機能の化学・物理的影響は重篤では無いのです。それは膣から子宮内の卵子まで精子は走らねばならないからで、このとき卵子から出る誘引物質、子宮内の繊毛の動きに乗れない精子は受精にまで到達出来ないからです。
一方女性側の卵子はたった一つ(不思議だが)しかないので、化学・物理的影響を受けると容易に変質してしまいます。通常異常胚は発生途中で自然流産で除かれるので、自然流産を阻止するのは危険なのです。
    • good
    • 0

PCBは人類が作り出した最も危険な化学物質。



精子が減るとかそういうレベルの話じゃない。

ダイオキシンより危険。精子が減るのではなく奇形する。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング