ドコモユーザーなら、ドコモ光が断然おトク

ガンを手術せず、放置を考えています。

喉頭癌レベル4 64歳です。

手術や抗がん剤はよくないと考え、放置がいいと思っています。

経験者の方でご意見をいただけると嬉しいです。

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。

    もしわかればお教えください。

    その方は、放置を選んでよかったという感じでしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/11/25 12:50

A 回答 (6件)

色んな選択肢はあり

    • good
    • 2

放置ではありませんが、抗がん剤と手術をせず放射線治療のみを行ったのが樹木希林さんです。


2004年に乳がんを発症されてから今年まで、転移による全身がんと10年以上向き合って、最期の最期まで女優であり続けましたよね?

医師の近藤誠先生はがん治療に対して否定的な意見をお持ちで有名な方です。
著書を読んでみてはいかがでしょう。

手術、抗がん剤をしない選択は可能です。
私は30代半ばでの発症で、子どもも小さかったので、手術も抗がん剤治療もしましたが、自分がどう生きたいか、それを考えて自分で治療を選べば良いとは思いますよ。
他人がどうだった、なんてことは考える必要はないです。
    • good
    • 1

>放置がいいと思っています。



放置というのは一切の医療行為を拒否するという意味でしょうか。
あなたのガンの部位から想像すると、終末期は筆舌尽くしがたい痛みと苦しみを伴うように思います。
私が同じ状況で積極的治療を受けられない状況だと仮定すると、少なくとも痛みは最大限取り除いてもらえるようにしたいです。

今時は各地に緩和ケア病棟を持つ病院が多数あり、外来通院で緩和ケアを受けることができます。
通院先の病院で相談してみるだけしてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 2

ワタシの知人にもお一方居られました、



その方は膵臓癌、
発見時には、未だ末期にはホンの少し間が有りましたが、兼ねてから自身に癌が発症しても一切の治療を許否する旨を言明されて、周りにも周知させてられて、医師の判断では4ヶ月と少しでしたが、6ヶ月を闘われて従容と旅立たれました、

一切の治療を許否と言っても、
痛苦の除去だけは最大限に受け入れられたのは言う迄も有りませんが、

その方の常々の口癖は、
「癌が発症したと言う事は、自身の体がボチボチ命を終う準備をしろとの自然の理、逆らって見ても一時凌ぎ、誰もがやがては終焉を迎える」が持論でした、

享年78歳。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「自身の体がボチボチ命を終う準備をしろとの自然の理、逆らって見ても一時凌ぎ、誰もがやがては終焉を迎える」

自然の理本当にそうですね。

お礼日時:2018/11/25 13:47

>その方は、放置を選んでよかったという感じでしょうか?



詳しいことは聞いていないのですが、ご本人の意向であったとのことです。
仕事はリタイヤされていましたので、そういう選択ができたのかなとも思います。
    • good
    • 0

知人にお一人います。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報