グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

独ソ不可侵条約で
反共産主義のドイツと共産主義のソ連が提携したのは何故ですか⁇
ポーランド分割に関係ありますか。

A 回答 (4件)

「敵の敵は味方」ということです。



日本だって、ソ連と「日ソ中立条約」を結びましたよ。
「外交」ってそういうものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうござます!
外交はそうゆうものなんですね、
助かりました!ありがとうございました!

お礼日時:2018/12/06 18:15

主義とか主張なんてのよりも、目先の


戦争に勝つ事が優先するからです。

米国だって、ソ連や中国と手を組んで、
日本やドイツと闘ったでしょう。

社会主義、とうものがどういうものか、
当時は良く理解出来ていなかった
ということもありますが、
主義などよりも、実利の方が優先するのが、国際関係です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
ほかの方も言っているとおり
勝つことが優先なんですね!参考になりました、ありがとうございました!

お礼日時:2018/12/06 18:14

条約を結んでも、総統閣下はハナっから守る気はありませんでした「条約は破るためにある様なもんだ」と言い切ったぐらいですから。



「我が闘争」で共産主義をクソミソに書きまくり、ソ連をドイツの生存圏として支配すると言い切ってますので、単純にポーランドを占領しただけならお互いの国境が接して即独ソの戦いが始まると予想出来たはずです。

実はポーランド戦の時のドイツ軍の兵力は大した事なかったのです。
フランス国境には最小限しか配備せず、ほぼ全兵力を使い、戦車の数も足りないので占領したチェコの「シュコダ社」の戦車まで動員して戦ったのです、これで英仏で攻撃したらあっという間にドイツは負けていました。

当時の兵力では、直ぐにソ連と戦えないので時間稼ぎの為の条約でした。
総統閣下は「お互い犬猿の仲だけど戦争で犠牲者を出すのは嫌だろう、お互い干渉し合わないで戦わずに済むなら条約を結ばないか?」と声をかけ、手土産にポーランドを占領したら半分あげるという秘密の約束を取り付けました。

スターリンは(英仏はナチに「殺っちゃえソビエト」と煽っているんじゃないか」と疑っていたので、そうはさせまいと快く条約を結んだというわけです。

お互い腹の底を隠したまま条約を結んだという事です、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうござます!
詳しく教えてくれてありがとうござます!条約は破るためにある様なものだ
なんて言ったんですね。当時の考えを知れて参考になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2018/12/06 18:13

ドイツからしてみたら西部戦線が落ち着くまでの時間稼ぎだし、


ソ連の場合、いまだ国内がごたごたしているから余計なことにかかわりたくなかったし。

国の存続とか戦の勝ち負けとかがかかる場合、
イデオロギーは二の次になります。

ポーランド分割はドイツからのお土産です。
そしてソ連も与しやすい国には容赦しませんでした。

日本もソ連と中立条約結びました。
アメリカと戦うために。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうござます!
遅くなりましたが、テストを終えました!参考になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2018/12/06 18:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

ヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

Aベストアンサー

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂が広まってそれを信じた住民が暴走してユダヤ人を虐殺する事件なども起きました。もともと、ヨーロッパ世界ではユダヤ人を迫害する土壌があり、その理由はイエスを殺したからです。


彼らからすると、ユダヤ人は親の仇なのでしょう。
秀吉は、カトリックを「日本人を奴隷として売ったり、他の宗教を攻撃したから」と言う理由で、カトリックを迫害しましたが、ヨーロッパ世界のユダヤ人の迫害は、「イエスを殺したから」というものです。
日本人には理解できないとは思います。

前者の場合は、カトリック自身が奴隷売買や他の宗教への攻撃を止めれば、カトリックの弾圧も停止すると言う政策も可能ですが、後者の場合はその様な解決は成り立ちません。




その様に、当時のヨーロッパ社会は非常に深刻なユダヤ人への迫害の土壌が存在しました。

ドイツも当然その様な土壌が存在し、ヒトラーはそれを利用して求心力を高めたのかもしれませんが、実際のところは、ヒトラーのみぞ知る事です。

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂...続きを読む

Q西郷隆盛は天才だったのでは?

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の人間だったにも関わらず、弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、日本の進むべき方向性を理解し、今やるべきことをわかっていた人のように感じます。

 そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。

以上から、西郷隆盛が稀代まれな天賦の才能を有していたのではないかと思うようになりました。
この考えは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの
日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の
人間だったにも関わらず、
弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、
日本の進むべき方向性を理解し、
今やるべきことをわかっていた人のように感じます。
  ↑
ハイ、ワタシもそう感じました。




そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で
人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。
  ↑
ここがポイントです。
西鄕さんが解りにくいのは、私欲に乏しい
からだと思います。
私欲に乏しいから、どういう人間像なのか
把握しにくいのです。
彼ほど解りにくい人物はおりません。



以上から、西郷隆盛が稀代まれな天賦の才能
を有していたのではないかと思うようになりました。
この考えは正しいのでしょうか?
 ↑
特別な才能を持っていたのではなく、私欲に乏しかった
ということだと思います。

彼は一度死んでいますね。
あれで私欲を無くしたのでしょう。
私欲が無くなれば、適格な判断が出来るように
なるのです。

西郷隆盛が中央政府に戻った明治4年から明治6年に中央政府を去るまでの
日本の歴史を見ると、西郷隆盛は、写真嫌いという古い時代の
人間だったにも関わらず、
弟から海外視察の内容を聞いただけで世界的な動きを直感的に感じ、
日本の進むべき方向性を理解し、
今やるべきことをわかっていた人のように感じます。
  ↑
ハイ、ワタシもそう感じました。




そのうえで、驚くほど権力欲がなく、人の能力を見極め適材適所で
人を活用する能力に著しく秀でていたように思います。
  ↑
ここがポイントです。
西鄕...続きを読む

Qなぜ戦後の日本人はGHQを疑わなかったのか?

日本は第二次大戦の敗戦後、価値観が180度変わり、旧軍を悪とみなす風潮になったとされています。マスコミも負けた途端言うことがガラッ変わりました。でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは国民も知っていたはずです。だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は素晴らしい!」みたいなことを言っても、「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」と疑ってかかるのが普通だと思います。なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。

Aベストアンサー

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」
と疑ってかかるのが普通だと思います。
なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。
 ↑
それを受け入れたのが、日本の支配層であり、
指導層だったからです。
多くの国民は、日本は負けたから悪者にされた、なんて
ことは百も承知でした。
そういう意見は総て封殺されたのです。

では、どうして指導層、支配層は受け入れた
のか。

表面だけ従うように見せておき、米国の
影響が無くなったら元に戻そう、と考えて
いたのです。

ところが、GHQが、洗脳工作に、当時盛ん
だった社会主義者を使ったので、彼らが
マスコミなどの要職に就き、
見せかけが本当になってしまいました。


■1945年7月に作成された対日心理作戦報告によれば、占領軍に友好的な
「自由主義者」として、野坂参三、鹿地亘らの共産主義者を挙げて活用した。

マッカーサーの政治顧問付補佐官であったエマーソンの米上院での証言によれば、
野坂らの提唱で設立された日本人民解放連盟の中国での
日本兵捕虜洗脳教育を対日心理戦に利用できると確信し、
WGIPのモデルとなった。

エマーソンは「日本国内の戦争反対分子を励まし、内部崩壊を早める」
よう提言し実行されたが、同証言で「共産主義の目的についての理解がなかった」
と弁明している。

日米合作の太平洋戦争史観とコミンテルン史観との奇妙な癒着が戦後の
「反日」歴史教育の土壌となり、戦後の「反日日本人」のルーツ、温床となった。

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で...続きを読む

Q薩長同盟について

大河ドラマ「西郷どん」をみていましたが、薩長同盟は倒幕を目指す西郷が坂本龍馬に頼んで長州の桂に面談を取り持ってもらっているストーリーでした。

一方何年か前の大河ドラマ「龍馬伝」では薩長同盟は坂本龍馬が倒幕の構想を考えその結果、薩摩と長州で手を結ばせる様に出ていました。

史実としては実際にはどうなんでしょうか?

最初の下関での面談を西郷がすっぽかしている事から見ても西郷(薩摩)や長州ははじめから乗る期では無く、坂本が半ば強引に薩長同盟を結ばせたように感じるのですが。

そうで無ければ、その後坂本が「寺田屋」で暗殺されかかるはずも無いと思いますし、詳しい方、教えていただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その辺は闇の中です。
というより、そういう核心を簡単に世間に漏らしてしまう人物に政治はできません。
なので真相に迫る客観的資料は皆無です。

前後の状況から、薩摩藩は第二次長州征伐で幕府に愛想を尽かし、薩英戦争で攘夷を捨てたと思われます。
しかし黒船以来の外国の脅威は変わらず存在し続けています。
ならば厳しい国際情勢の中で日本の独立を守るためには、思想や主義の隔たりは捨てて討幕勢力を大同団結し、革命を起こして新たな日本を作るしかない、
という結論には達していたようです。
ただしその後どちらが主導権を握って長州と仲直りし同盟を結ぶところまでこぎつけたか、それは資料がないため学問上の結論は得られていません。

学者はこういう場合「根拠が不十分なので推定不可能」というしかありません。
しかし作家には想像が許されています。
資料が語ってくれない闇の部分を自分のイマジネーションを生かして補う。
歴史小説はそうして作られます。

なお竜馬自体は勝の指示で動いていた節があり、そうであれば討幕派からすれば当然面白くありません。
当時流行した「天誅」の対象になるのは当然です。
しかしこれも確証がないため想像の範囲を超えません。

その辺は闇の中です。
というより、そういう核心を簡単に世間に漏らしてしまう人物に政治はできません。
なので真相に迫る客観的資料は皆無です。

前後の状況から、薩摩藩は第二次長州征伐で幕府に愛想を尽かし、薩英戦争で攘夷を捨てたと思われます。
しかし黒船以来の外国の脅威は変わらず存在し続けています。
ならば厳しい国際情勢の中で日本の独立を守るためには、思想や主義の隔たりは捨てて討幕勢力を大同団結し、革命を起こして新たな日本を作るしかない、
という結論には達していたようです。
ただしそ...続きを読む

Qもし日本に原爆が落とされていなかったら・・

どうなっていたでしょう・・

本土決戦で

アメリカ人が日本本土に侵攻、占領し

ベトナムのような略奪、日本女たちをレイプ、、

ハーフの子供ばかりで

我々純粋な日本人が少なくなっていたように思いますし

『親アメリカ』!!な風潮ではなく!!

【反アメリカ】!!!な憎しみだけが渦巻く風土になっていたように思いますが

みなさんどう思いますか。

Aベストアンサー

あなたは、沖縄に米軍が上陸を行います
地上戦が行われた事を知っているのかな?

基地問題は別にして、沖縄の人達と米軍・米国との関係を見れば自ずと分かるのではないか?

沖縄県とそれ以外の日本とが、別だという認識なのかな?

Q天皇家の家紋は菊の御紋を採用しているのは一体何故でしょうか。 その由来、きっかけを教えて頂け無いでし

天皇家の家紋は菊の御紋を採用しているのは一体何故でしょうか。
その由来、きっかけを教えて頂け無いでしょうか。

Aベストアンサー

コピペ

高潔な美しさが君子に似ているとされ、梅、竹、蘭と共に
四君子とされた。

鎌倉時代には、後鳥羽上皇がことのほか菊を好み、
自らの印として愛用した。

その後、後深草天皇・亀山天皇・後宇多天皇が自らの印として継承し、
慣例のうちに菊花紋、ことに十六八重表菊が皇室の紋として定着した。

Q1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府が1185(イイハコ)と覚えさせるようになった理由は何ですか?

1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府が1185(イイハコ)と覚えさせるようになった理由は何ですか?

Aベストアンサー

征夷大将軍が指揮する場所を幕府というのだから、「1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府」が正解だと思うわ。
源賴朝が征夷大将軍になったのは1192年だからな。
1185を使うなら
「1185(イイハコ)作ろう鎌倉政権」というべきだな。
最近の歴史教育は不正確でええ加減だわ。
歴史学者が、単に教育現場を引っかき回そうとしているとしか思えんわ。

Q豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

Aベストアンサー

黒田如水が有名ですね。

Q親の七光りの七光りの語源を教えてください。 何が7つ光っているのですか?

親の七光りの七光りの語源を教えてください。

何が7つ光っているのですか?

Aベストアンサー

七つの項目があるわけではなく、「多くの」「偉大な」という意味で七を使って表しているそうです。

Q織田信長の城ってどこですか? もう焼け落ちて現存していないんですか? 徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉

織田信長の城ってどこですか?

もう焼け落ちて現存していないんですか?

徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉が大阪城ですよね?

織田信長の城はどこ?

Aベストアンサー

そもそも「信長は安土城」みたいに武将と城が1:1で対応しているわけではありません。
もちろん1つの城にずっととどまっている武将も多数存在しますが、信長・秀吉・家康は複数の城を転々としています。

ちなみに徳川家康は名古屋城を居城としたことはありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング