痔になりやすい生活習慣とは?

9世紀以前に制作された管楽器で、現存しておりピッチや音階が推測できるものはありますか?

A 回答 (4件)

世界最古の彫刻の一つである「ライオンマン」が発見された


ドイツ・シュヴァーベン地方のローネタールや、
近くのアッハタールで見つかった笛があります(ユネスコ世界遺産)。
材質はマンモスの角、白鳥やハゲワシの羽根の骨です。
そのうちの一つは、炭素測定により紀元前3万年~3万6千年前のものとわかっており、
だいたい紀元前4万年前までさかのぼると考えられています。
完全な形で残っているものはなく、つなぎ目の部分でバラバラになった断片で、
復元は非常に困難ですが、コンピューター・シュミレーションや、
古いパピルスの断片に残された古代の音楽の記録などと照合しながら、
3Dプリンターによる再現が試みられています。
絶対音高や調律音の概念などはない時代なのでそれは問題になりませんが、
マンモスの角の笛の復元品を吹くと、f2, g2, h2, dis3, fis3, h3, dis3 という高さの音が出ます。
白鳥の骨の笛は、吹口が失われているので演奏法が不明ですが、
力強く吹き込むと、a3, b3, c4, e4, f4 の5音が得られ、
復元された長い笛では、c3, d3, f3, b3, c4, d4, f4 の7音が得られます。

出典 ブラウボイレン先史博物館
https://www.urmu.de/de/Forschung-Archaeologie/Ei …
https://www.urmu.de/de/Forschung-Archaeologie/Ei …

下の、展示の様子を紹介するヴィデオの背景に笛の音が鳴っています。
少し音高が整いすぎていて、現代の感覚で演奏している可能性が高いので、
あくまでも参考イメージですが。



もう一例挙げると、時代は下りますが、ゲルマン民族のルーレという楽器があります。
北欧青銅器時代(紀元前1800~530年ごろ)のもので、
指孔のない青銅製のトランペット状の楽器です。
自然倍音しか出ないので、演奏できる基本の音階はこの自然倍音を並べたものになりますが、
アンブッシャーによる音程の修正は可能なので、
実際に演奏された音楽の音階と一致するとは限りません。
これも、特定の音高に統一されているものではなく、
基音はC、D、Es、E、F、G… といろいろです(現在のピッチより高めのものが多い)。

http://ojtrumpet.net/lur/bronze/revheim/revheim_ …

https://www.lda-lsa.de/uploads/pics/lurensw_01.jpg

基音F(やや高め)のルーレの音
http://ojtrumpet.net/lur/bronze/revheim_tone_ser …
基音E(やや高め)のルーレの音
https://www.lda-lsa.de/fileadmin/bilder/fumo/200 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

マンモスの笛の時代から、いろいろな音程(と言えるかはさておき、)が演奏されていたのですね。

古代音楽と照合して再現、というのは面白いですね。(ビデオの旋律も?)

ルーレ、北欧青銅器時代の楽器の音を聞けるのですね。

現在のピッチより高めが多い、というのは不思議に思いました。もっとランダムでもいいはずなので。。

お礼日時:2018/11/27 17:19

日本だと、弥生時代からの土笛、合奏用(ピッチが決まっている)だとケン(土へんに員)


主に日本海側の各地方の教育委員会にあります、あと正倉院の縦笛、横笛だと宮城県
福島県にある8世紀ごろの横笛ですかね、ほかにも色々有ります。

中国だと殷のケンをはじめ周のチ(竹かんむりに虎)、ハイショウ等、周時代からは、
標準ピッチ、調性が決められていて、それを基に作られています。

あと北米のアナサジ族の縦笛これは
学生の頃、塩ビ管で複製を作って吹いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

アナサジ族の縦笛、寸法測定からの復元があるのですね。
このピッチが現代のG#、音階はメジャーペンタトニック+短3度に近いものだったと。

ケンは美しい楽器ですね。ピッチを合わせて合奏した形跡があるのですね。大きさが揃っているとか?

正倉院は楽器の宝庫なのですね、しかし、実演や測定は難しいか?。。

宮城県は竹製の横笛でしょうか、6つの穴が綺麗に残っていますね。

中国では周時代から標準ピッチを定めていたのですね。合奏に関する文献などが残っていそうですね。

お礼日時:2018/11/26 14:28

PDFのアドレスが直リンクできない設定になっていました。

画像をアップしておきます。
「9世紀以前に制作された管楽器で、現存して」の回答画像2
    • good
    • 0

調べてみたところツタンカーメンのトランペットは有名らしいです。

しかしバルブもキーも何も無いので音階が無いというか、倍音しか吹けないでしょうね。

http://elib.bliss.chubu.ac.jp/webopac/bdyview.do …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

想像以上に古いものが現存すると知って、驚きです。

しかも、実演のラジオ放送までされていたとは。。

お礼日時:2018/11/26 11:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性ピアニストが演奏する時、背中や肩を露出したドレスを着ている事が多いのですが、あれは、セクシーアピ

女性ピアニストが演奏する時、背中や肩を露出したドレスを着ている事が多いのですが、あれは、セクシーアピールですか?

Aベストアンサー

ピアニスト限定なのではなく、基本的にヨーロッパの女性は肌を出したがります。セックスアピールというのがファッションそのものであり、日常なのだと思います。そこは、日常から「性」を排除したがる日本人女性との大きな違い。

ヨーロッパでは、芸術において「性」は定番のテーマであり切っても切り離せない要素であることと、もっとさかのぼると、キリスト教が広まる以前の、ヨーロッパのルーツである古代ギリシャやローマは「性」が開放的な文明であったことが、今のヨーロッパのアイデンティティに影響しているというのもある思います。(たぶんこの辺は当のヨーロッパ人も自覚しています。)

その流れが、イブニングドレス(演奏家やクラシック歌手の衣装)にもあるというだけのことです。
特にフォーマルなイブニングドレス・・・あなたが言うような肌が出ていてユラッとした生地のドレスはアルカイックな趣があるでしょう。あの精神もたぶん古代ギリシャやローマから来ているんだと思います。

Qトランペットで1人で『宇宙戦艦ヤマト』を演奏する場合

トランペットで1人で『宇宙戦艦ヤマト』を演奏する場合。
イントロはともかくとして歌詞パートが始まったら
歌詞パートだけを吹いた方が良いですか?

歌詞と伴奏が重なっている所があって
私は伴奏を入れたいのですがやっぱり変でしょうか?
「さらば~地球よパーンパパーン♪」
「たびだ~つ船はパーンパパーン♪」
「うちゅう~せんかん~ヤ~マ~パーパパーンパパパパ~パパ~ン♪」
という感じなるので

普通に
「さらば~地球よ~♪」
「たびだ~つ船は~♪」
「うちゅう~せんかん~ヤ~マ~ト~♪」
と演奏するべきでしょうか?

歌詞のフレーズの末尾が伴奏になるって言うか…

あと『宇宙戦艦ヤマト』ってトランペットの定番ですよね?
演奏していたら
「あの娘はオタク?」
と思われてしまいますか?
私は部屋にテレビは無いしアニメをほとんど見ないので…
(最初から最後まで見たアニメって『けものフレンズ』くらいです)

そのアニメの知識もないのにアニメのOPを演奏するのは失礼ですか?
「かならずココへ帰ってくると」
という歌詞の部分は大好きです。

中1です。

トランペットで1人で『宇宙戦艦ヤマト』を演奏する場合。
イントロはともかくとして歌詞パートが始まったら
歌詞パートだけを吹いた方が良いですか?

歌詞と伴奏が重なっている所があって
私は伴奏を入れたいのですがやっぱり変でしょうか?
「さらば~地球よパーンパパーン♪」
「たびだ~つ船はパーンパパーン♪」
「うちゅう~せんかん~ヤ~マ~パーパパーンパパパパ~パパ~ン♪」
という感じなるので

普通に
「さらば~地球よ~♪」
「たびだ~つ船は~♪」
「うちゅう~せんかん~ヤ~マ~ト~...続きを読む

Aベストアンサー

伴奏を入れるのが変と言うよりも、まずブレスを取る場所が無くなります。吹くのが忙しくなりますね。
一人で演奏する場合、聴いている人に「普通そこまで吹かへんやろ(笑)」と失笑されると思います。伴奏無しの方がいいです。

その曲がトランペットの定番?かどうか分かりませんが、吹奏楽では時々演奏される曲です。オタクと思われるかどうかは微妙ですが、ただの練習曲なのか?舞台で演奏するのか?演奏の目的次第でしょうね。演奏するのは別に失礼では無いですよ。

Q【トランペット】Vincent Bachは本当に一流のメーカーなのでしょうか?

私の疑問ではなく父の疑問なんですが
私では答えようがないので詳しい人が居たら教えてください。

『ヤマハは当たり外れが少ないがBachは当たりはずれがある』
と聞いて
「楽器の当たり外れって何?
 外れでも売られているって品質管理が出来ていないって事じゃないの?
 2級品を1級品として売ってるなんて悪質メーカーじゃないの?」
と思ったそうです。

「ヤマハもBachも、一本一本、職人が手作業で作っているのだから
 ヤマハに出来てBachが出来ていないのは
 Bachはヤマハに比べたら格段に劣るメーカーという事なのではないか?
 本当にVincent Bachは一流のメーカーなのか?」

「「音が違う、響きが違う」と言っても個人の音の好みなのであって
 Bachという名前だけでありがたがっているのではないか?
 品質管理ができていなくて当たり外れのあるバラバラの商品を
 「個性がある」と言うのは甘やかしではないのか?」

「Bachは吹く人を選ぶと言うが上手い人が吹いた場合でも
 「アタリを引いたBachの一級品のトランペット」
 は本当に
 「ヤマハの一級品のトランペット」
 よりも楽器として上物なのか?」
 ヤマハの一級品の実力が10だとしたら
 Bachのアタリの一級品は10の実力があるのか?
 もしかしたらそれでも9の実力しかないのではないか?」

そんな事きかれても私には解らんし―!!!

詳しい人が居たら父の疑問を解説してください。

私も音を聞いていてBachの方がヤマハよりも良い音色を出していると思った事はありません
もっともyoutubeで聞いているだけなので
PCのスピーカーでは解らない事もあるのでしょうが
(生演奏を聴いていてもヤマハなのかBachなのかは私には解りません)。
それこそ個人的な好み?
私はヤマハの方が洗練された音が出ている印象を持ちました。
Bachはなんていうか泥臭いような…(個人的な感想です)
泥臭さが良い。という人も居るだろうし。

父の悪口のような物は止めてください
私は本気で傷ついてお礼を言う気すら無くします。

私の疑問ではなく父の疑問なんですが
私では答えようがないので詳しい人が居たら教えてください。

『ヤマハは当たり外れが少ないがBachは当たりはずれがある』
と聞いて
「楽器の当たり外れって何?
 外れでも売られているって品質管理が出来ていないって事じゃないの?
 2級品を1級品として売ってるなんて悪質メーカーじゃないの?」
と思ったそうです。

「ヤマハもBachも、一本一本、職人が手作業で作っているのだから
 ヤマハに出来てBachが出来ていないのは
 Bachはヤマハに比べたら格段...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは「まだ学生」だから解らないんです。数学でも国語でも英語でも、答えは一つしかありませんよね。でも社会においては答えが複数あったり、答えを出しようが無い事もいっぱいあるのです。社会の物事について学校の勉強と同じ感覚で考えると、学生さんには理解不能な事がいっぱいあるのです。まあ、またもや某・京都T高校に関する質問の時と同じになってしましましたね。あなたは本当に何かとか拘り過ぎです。

世界中に多数いるトランペット奏者の内、日本人奏者を含めて大多数の人がBachのトランペットを歴史的にも絶賛しているのです。本来の質問に対する回答に戻ると「Vincent Bachは世界が認める一流のトランペットメーカーです」というのが回答になります。

どのメーカーの楽器を選ぶのかは奏者が決める事であり、世界中には日本に輸入されていなメーカーも含めて多くの楽器メーカーがあるし、世界中のトランペット奏者全員がBachを選んでいる訳でもありません。他のメーカーを好んで選んでいる奏者も多数います。
だから、あななたにとってヤマハが最高のメーカーだと思うのなら、ヤマハの楽器を買えばそれでいいんです。一流メーカーだとか性能や知名度は関係無く、これは価値観の問題です。だからと言って、あなたの考えが世界の基準でもないんです。答えは一つではないんですよ。

ただBachは世界が認める一流メーカーで、ヤマハは海外でも高く評価されるメーカーになりつつあるメーカーですが、まだまだBachには追い付いていません。メーカー自体、Bachを目指して参考にしたり、マネをしている時点で負けを認めているのと同じです。

一応書いておくと、ヤマハも検査の時点で欠陥品や、いわゆる「ハズレ」の楽器は出ているはずです。でも厳しい検査基準を設ける事で、検査の時点で落としているのです。ここが日本人の几帳面で真面目な国民性によるものだと言えるでしょう。

楽器製造の細かしい事までは私も解らない部分は多いですが、それぞれのメーカーにより企業秘密とも言えるアイデアが多数盛り込まれて楽器は完成しているので、Bachには他のメーカーには無い何か特別なアイデアが色々あるのだと思います。そこが長い歴史によって蓄積されたノウハウだと言っているのです。理屈ではなく吹いてみなければ解らないものがあるのです。絶対的な性能に差があるのです。ただ楽器は高性能でも、これも海外のダイナミックな国民性?みたいなもので、日本と比較すれば、演奏に大きく影響しない範囲で、検査を通してしまっている部分はあるかも知れない・・という事です。それでもBachは世界の一流のトランペットメーカーです。

これ以上の回答は不可能です。

あなたは「まだ学生」だから解らないんです。数学でも国語でも英語でも、答えは一つしかありませんよね。でも社会においては答えが複数あったり、答えを出しようが無い事もいっぱいあるのです。社会の物事について学校の勉強と同じ感覚で考えると、学生さんには理解不能な事がいっぱいあるのです。まあ、またもや某・京都T高校に関する質問の時と同じになってしましましたね。あなたは本当に何かとか拘り過ぎです。

世界中に多数いるトランペット奏者の内、日本人奏者を含めて大多数の人がBachのトランペットを歴...続きを読む

Qクラッシクを歌う女性歌手の身なりについて、足元はロングドレスで隠すのに、なぜ、肩は露わする歌手が多い

クラッシクを歌う女性歌手の身なりについて
足元はロングドレスで隠すのに、なぜ、肩は露わする歌手が多いのですか?

Aベストアンサー

実際問題として、脚は隠さないとみっともないです。
歌う時には脚を開いて立ちますし、声楽は人体を楽器として使うので、歌唱中は膝をゆるめたり腰を落としたりすることも多く、大きな動きではないにしてもあまり優雅とはいえません。

反対に、肩から腕は舞台映えする大げさな動きや役柄の性格を表現します。
側に立つ人を紹介する時に、日常生活だと肘から先でその人を指し示し「こちらはAさんです」とやりますが、舞台では肩(細かくいえば背筋から)から腕全体を動かします。
バレエでも同じなのですが、背中から肩、腕へと流れるラインを操ることによって、柔らかい女性らしさ、頼りなさ、力強さなど役の性格を表現するのに使います。

オペラではなく、クラシックの合唱付などであればそこまでの上半身の表現は必要でないかもしれませんが、エレガントな場の雰囲気づくり、歌い手の視覚的な魅力を増すというのに、肩や腕を露出する衣装は効果をもつので好まれます。

Qトランペットのイエローブラスとゴールドブラスで得意とするジャンルが違いますよね?

私は吹奏楽部ではありませんが趣味でトランペットを吹いています。
吹奏楽部の子達と一緒に演奏した事もあります。
でも吹奏楽部の子が
「キンキンして五月蠅かった」
「1人だけ音が浮いていた」
とか私の悪口を言っていたそうです・・・

でもそれって私のトランペットはイエローブラスのゴールドラッカーのYTR-2335で
吹奏楽部のその子はゴールドブラスで銀メッキの
YTR-4335というトランペットを使っていたからだと思っています
(その子以外でも吹奏楽部の子はみんな銀メッキのトランペットを使っています)。

私のイメージでは

音が硬い、屋外やソロ向き
6:イエローブラス✖ゴールドラッカー 
5:イエローブラス✖銀メッキ
4:
3:ゴールドブラス✖ゴールドラッカー
2:ゴールドブラス✖銀メッキ
1:
音が柔らかい、屋内や合奏向き
(1と4が空白なのは、仕上げの差よりも材質の差の方が大きいと思うからです)

です。

音質が浮くのも材質や仕上げの違いだと思うので
悪口を言われてた事はあまり気にしていないのですが
困るのは
吹奏楽部に居る私の一番仲の良い友達(この子はアルトサックスです)が
板挟みの状態で困っているみたいなんです。
私は
「気にしてないし、逆に原っぱの真ん中でファンファーレを吹いたら
 きっとあの子の方が浮く」
と言っています。

でも、その子が困り続けるようなら
私の悪口を言ってた子に直接文句を言い返した方が良いのでしょうか?

私は陸上部で柔道教室にも通っているので
ケンカになったら私の方が強いです。
だから、その子も私に直接悪口を言わないのだろうけど(笑)

私の
「トランペットは材質や仕上げの仕方で得意とするジャンルは違う」
というイメージは間違えてますか?
初心者なのでトランペットの事に詳しくないので
補正があるならお願いします。

質問が2つにぶれてしまっていてすみません。

回答はトランペットのイメージについてだけでかまいません。

私は吹奏楽部ではありませんが趣味でトランペットを吹いています。
吹奏楽部の子達と一緒に演奏した事もあります。
でも吹奏楽部の子が
「キンキンして五月蠅かった」
「1人だけ音が浮いていた」
とか私の悪口を言っていたそうです・・・

でもそれって私のトランペットはイエローブラスのゴールドラッカーのYTR-2335で
吹奏楽部のその子はゴールドブラスで銀メッキの
YTR-4335というトランペットを使っていたからだと思っています
(その子以外でも吹奏楽部の子はみんな銀メッキのトラ...続きを読む

Aベストアンサー

単純に言えばベルの素材によって音色は変わります。YAMAHAの例で書いておきます。中学生一年生さんに理解できるでしょうか?

[ベルの素材]
イエローブラス⇒銅70%、亜鉛30%の合金で、いわゆる真鍮という金属製。「明るく張りのある音色」
ゴールドブラス⇒銅85%、亜鉛15%の合金。これも真鍮という合金。「豊かで幅のある音色」

[表面仕上げ]
ラッカー塗装(クリアラッカー・ゴールドラッカー共通)⇒ソリッド感のある音。
銀メッキ⇒柔らかく明るめの音。

つまり、ベルの素材としては銅が多く含まれる方が音色は柔らかくなります。他のメーカーで「コパーベル」という銅100%のベルもありますが、もっと柔らかい音色になります。ベルの素材の違いが一番楽器の音色に大きく影響します。ラッカー塗装は「ゴールド」は色が混ぜてあるだけで「クリア」でも、どちらも同じです。

音色のイメージは大体合ってます。ただ「屋内向き・屋外向き」とか「合奏向き・ソロ向き」は基本的に関係ありません。演奏する曲にもよりますが、屋外でのファンファーレだけなら明るい音色の方が向いていますね。
また「トランペットは材質や仕上げの仕方で得意とするジャンルは違う」というのは合ってます。

あくまで大雑把ですが、明るい音色(イエローブラス)はポップス・ジャズ系に向いており、豊かな柔らかい音色(ゴールドブラス)はクラシック系に向いています。但し、例えばジャズでも柔らかい音色が必要な場合もあって、必ずしもイエローブラスが良いとは決まっていません。

音色についてはベルの素材や表面の仕上げだけではなく、マウスピースの影響も受けます。
カップが浅いほど「明るく鋭い音色」になり高い音も出しやすく、カップが深いほど「柔らかく豊かな音色」になり、高い音は少し出しにくくなります。

まあベルやマウスピースの影響もあるのですが、以前に「高い音が得意だから低い音は出さない(練習していない?)」みたいな事を書いてましたね。それも少し影響していると思います。くわのみさんの「奏法」が高い音域の方に偏っており、その分高い音は出しやすいけど、低い音・柔らかい音が出しにくいという可能性もあります。冗談だと思いますが、いずれにせよケンカは辞めましょう。

因みに、今まで特に書きませんでしたが、ザックリとなら管楽器全体に分かる方ですが専門はトランペットです。学生の頃は吹奏楽コンクールで支部大会まで経験しています。ついでに書くと、母校の吹奏楽部は現在は全国大会常連校です。完璧な回答ばかりは出来ませんが大体信用してもらって大丈夫ですよ(笑)

単純に言えばベルの素材によって音色は変わります。YAMAHAの例で書いておきます。中学生一年生さんに理解できるでしょうか?

[ベルの素材]
イエローブラス⇒銅70%、亜鉛30%の合金で、いわゆる真鍮という金属製。「明るく張りのある音色」
ゴールドブラス⇒銅85%、亜鉛15%の合金。これも真鍮という合金。「豊かで幅のある音色」

[表面仕上げ]
ラッカー塗装(クリアラッカー・ゴールドラッカー共通)⇒ソリッド感のある音。
銀メッキ⇒柔らかく明るめの音。

つまり、ベルの素材としては銅が多く含まれる方が音色は...続きを読む

Q中世ヨーロッパで教会にオルガンが導入されていくとき、旋法によってはオルガンの音高に合わせて歌うのが難

中世ヨーロッパで教会にオルガンが導入されていくとき、旋法によってはオルガンの音高に合わせて歌うのが難しかったりしなかったのでしょうか?

当初は黒鍵もなかったでしょうし。

Aベストアンサー

中世では、合唱とオルガンが一緒に演奏することはほとんどありません。
当時のオルガンはまだ音を出す仕組みが複雑で、合唱の伴奏には使えませんでした。
アルテルナティム(Alternatim)という、合唱の演奏とオルガン独奏を交代に行う形式が普通です。

合唱とオルガンが一緒に演奏するようになるのはバロックになってからだと思います。
初期のオルガンはピタゴラス音律で調律されており、その後純正律に変わります。
バロックに入ってから中全音律が導入され、今日の平均律に近い調律法はバロック後期になってからです。
平均律に近い調律法ができる前は、たとえ黒鍵があったとしてもすべての調が使えるわけではないので、
合唱に合わせて自由に移調ができるわけではありません。

グレゴリア聖歌のように、オルガン誕生以前からある声楽曲、
また、中世のアルス・ノヴァからルネッサンスにかけて作曲されていた無伴奏の合唱曲は、
そのまま無伴奏で演奏して、オルガンの伴奏を付け加えることはなかったでしょう。

合唱とオルガンが共演するのは、バロック以降、
作曲家自身が最初から合唱とオルガンを用いた曲として作曲をするようになってからです。
その場合は、当然声域を考えて書かれているので、移調の必要はないわけです。

中世では、合唱とオルガンが一緒に演奏することはほとんどありません。
当時のオルガンはまだ音を出す仕組みが複雑で、合唱の伴奏には使えませんでした。
アルテルナティム(Alternatim)という、合唱の演奏とオルガン独奏を交代に行う形式が普通です。

合唱とオルガンが一緒に演奏するようになるのはバロックになってからだと思います。
初期のオルガンはピタゴラス音律で調律されており、その後純正律に変わります。
バロックに入ってから中全音律が導入され、今日の平均律に近い調律法はバロック後期になって...続きを読む

Qピアノ譜をアルトサックス譜に移調の件

添付で 上側はアルトサックス用に移調した譜面で、下側が元のピアノ譜の譜面です。上下の分かれ目に小節番号10,11,12,13,14と表記されていますが無視でお願いします。

音楽の知識は乏しいですが、♯3個にすればサックス譜になると聞いたのでパソコンでしてみたのですが、サックスで吹けない音階が出てきます。

ピアノ譜の9小節目は、ラドミファミドラですが、サックス譜ではファラドレドラファになってしまって低いファ、ラはアルトでは吹けません。

そもそも、ハ調を♯3個にする事が間違いなのでしょうか?それとも、♯3個でいいけれど、未だ追加で何かしないといけないでしょうか?

因みに、ソフトはSSWを使用しています。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アルトサックスは移調楽器なので、実音(ピアノ譜)より長6度上に記譜されます。
長6度上に移調すると、ピアノと同じ高さの音になります。

質問者さんの楽譜は、サックスの音とピアノの音を同じ高さにしているということで、間違ってはいません。
ただし、アルトサックスの「音域」があるので、アルトサックスの最低音が実音のシ♭ですから、そのまま
移調しても吹けなくなります。
なので、アルトサックスが出せる音域の調に変えてください。その場合、ピアノの音の高さも変わります。

SSWで、移調して自分の吹きやすい調性(指使い)にしてください。
あえて、どの調が最適かは言いません(人によって吹きやすさが違う)ので、ご自分で試してみてください。

Q誰かこの曲分かりませんか?? クラシックです! たーたーたーんっ ツツ たん ツツ たん ツツ たん

誰かこの曲分かりませんか??
クラシックです!

たーたーたーんっ ツツ
たん ツツ たん ツツ たん ツツ
たん ツツ たん ツツ たん ツツつー
たたたーん ツツー ×2
たたたんたんたんたーん

Aベストアンサー

#4ですが、

あなたの「ミソレドミシラ」を電子ピアノで弾いてみたら思い出したので、Youtubeで調べてみました。
サティは他にもジムノペディが有名ですね。

>音楽検索サイトとかあるんですか?

検索サイトは自分の頭の中です。(^^)/

Qこの楽器の名前教えて下さい。

この楽器の名前教えて下さい。

Aベストアンサー

・・・これは板胡(Banhu=バンフ。日本語読みだとバンコ)ですね。

 二胡と間違いやすいですが、二胡の胴はもっと小さく、表皮がヘビ革です。
 バンフは、ヤシの殻の胴に桐の板が貼ってあります。

Qなぜ和音が出せないのでしょう?

人間の声、
普通の管楽器、
広い意味での弦楽器の一本の弦。

いや倍音を含むから和音だとか、分散和音が出せるとか、いうのはナシで。

なぜ和音が鳴らせないのですか?

Aベストアンサー

第一調和振動は弦の伸びる長さが、第二、第三などに比べると少ないため、
一番効率的な振動となるのでそれを主とした振動になるのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング