AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

日本の原子力発電所の核のゴミ(高レベル放射性廃棄物)の最終廃棄所は宇宙に捨てたらどうですか?

核のごみを積んでロケットを飛ばす。

そして太陽の光とイオンによって地球からひたすら遠くに移動してくようにする。

これが1番安全な処分方法では?

打ち上げ失敗したら海に落ちるけど失敗したら海底が深いところに落ちるように打ち上げる。

地下深くに埋めても地殻変動があるので地震が来なくても地下施設はひび割れる。

もちろん他国にも自国民にも知らせません。

自民党の大好きな秘密保護法で極秘プリジェクトです。アメリカには通達します。

自国民に伝えずにアメリカには通達する極秘ミッションは非核三原則を破ったときも実行できていたので核のゴミ宇宙放出プロジェクトも国民にバレずにいけると思います。

A 回答 (6件)

打ち上げに失敗して空中で爆発したら、ほぼ全世界の大気が汚染されますよ?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

だから極秘で

お礼日時:2018/11/26 08:15

金かかりすぎるから、しないでしょ。

    • good
    • 0

その費用は誰が負担?



打ち上げ単価と現在の廃棄物量から
どんだけロケット打ち上げる必要が有るのかな
物理的に無理
    • good
    • 1

どうせ他国にも自国民にも知らせないのなら、日本には一杯ある絶海の無人島に少しばかり穴を掘って捨てればいい。

 100%安全に打ち上げられるかわからない一方で、コストがべらぼうに高いロケットなんか使う必要なんかさらさらない。 まさに、下手な考え休むに似たり。
    • good
    • 0

>日本の原子力発電所の核のゴミ(高レベル放射性廃棄物)の


>最終廃棄所は宇宙に捨てたらどうですか?

 その案もありますが、
ロケットが、100%必ず打ち上げ成功する事が前提です。

 何らかのトラブルで 打ち上げ失敗した際には
地上に「高レベル放射性廃棄物」が降り注ぐのです。

>打ち上げ失敗したら海に落ちるけど失敗したら
>海底が深いところに落ちるように打ち上げる。

 爆発した場合 空中に飛散しますので海に落ちませんよ~

 宇宙に捨てるなら「起動エレベーター」の
(宇宙エレベーター)
早期開発でしょうね ロケットより安全

http://www.jsea.jp/about-se/How-to-know-SE.html
 

>地下深くに埋めても地殻変動があるので地震が来なくても地下施設はひび割れる。

フィンランドには、約5億8000万年前〜5億1000万年前以降は、
地殻変動が起きていなく安定しているのでココに捨てる穴を掘っている

    • good
    • 0

廃棄のコスト考えたら原子力発電の意味が無くなるのでは?


そこまでするなら原子力廃止して火力や風力の方がまだコスト安いと思いますよ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QM31とも呼ばれる銀河系から最も近い大銀河は何か

M31とも呼ばれる銀河系から最も近い大銀河とは何ですか?誰か天体に詳しい人おしえてください

Aベストアンサー

多分ですが、M81おとめ座銀河団 と、A/M83ケンタウルス座銀河団 です。

Q地球から観測出来るのは137億年前の宇宙 では太陽のできたて46億年前は観測出来るのか?

地球から観測出来るのは137億年前の宇宙
では太陽のできたて46億年前は観測出来るのか?

Aベストアンサー

横から、御免なさいね。


其れ、どうなのだろう?

もし
〉137億年前の姿は460億年の…

なら、
特赦相対性理論の、基礎的部分で、
提唱する、
「光速は、
系毎に 一定」は、
覆らないのかな?


もし、
特殊が 覆るなら、

此を、論拠とする、
一般も 覆り、
此を 論拠とする、
量子力学も 崩れ。


連れて、
今の 宇宙観も、
呈せ無く ならないかな?

間違いです?

Qトンネルの中は飛行機みたいに耳が変になりますが、なぜ同じ標高でもトンネル内の気圧が変わるのか仕組みを

トンネルの中は飛行機みたいに耳が変になりますが、なぜ同じ標高でもトンネル内の気圧が変わるのか仕組みを教えてください。

Aベストアンサー

空気というのは、目には見えませんが、
そこに「物」が存在していると考えてください。

そして、空気の重さは感じませんが、空気にもちゃんと重さがあります。

地上に人が立っていると、人の頭の上には空気が乗っているのと同じですよね?
その空気の重さが「気圧」という単位の(空気の重さ)になります。

したがって、標高の高い山に登ると、その高さの分だけ、
頭の上に圧し掛かる空気の量(重さ)が減ります。
つまり、標高の高い山頂では、気圧(空気の重さ)が低くなる訳です。

そこを理解し、トンネル内の気圧の変化を考えれば、
仕組みや理屈も見えてくると思います。

トンネルの片方から、猛スピードの車や新幹線などがトンネル内に入り込めば、
トンネルの中の空気は一時的に圧縮され当然、気圧は高くなる訳です。

空気は目に見えないけど、物として存在している、という事を理解すれば解ると思います。

Qビックリ!今の宇宙ステーションって無重力じゃないの? テレビと中継するときだけ宇宙感を出すために空中

ビックリ!今の宇宙ステーションって無重力じゃないの?


テレビと中継するときだけ宇宙感を出すために空中浮遊している?

テレビ中継以外は普通に歩いて移動しているって本当ですか?

テレビ中継室だけ空中浮遊で、他のエリアは重力があって地球と同じ感じに歩いて移動している。

本当ですか?

Aベストアンサー

>本当ですか?

そう考える理由は何ですか?

重力があれば、宇宙ステーション自体が落ちてきますよね?

映画「2001年宇宙の旅」に出て来た宇宙ステーションは「円形チューブ」で回転しているので、円形チューブの外側方向に「遠心力」が働いていて、乗組員は円形チューブの内面外側に沿って張られた床の上をジョギングしていましたが。

Q宇宙には音が存在しないはずなのに宇宙人からのメッセージに音があるのはなぜですか? タラタンタンタン♪

宇宙には音が存在しないはずなのに宇宙人からのメッセージに音があるのはなぜですか?

タラタンタンタン♪タラタンタンタン♪

と木琴か鉄琴で叩いたような効果音が宇宙人との通信の表現で使われている。

宇宙空間の真空状態では音は伝わらないはず。

音がない宇宙からのメッセージが地球人は受信すると音付きのメロディーなっている。

そして必死にその音階の意味を調べている。

音がない世界の宇宙人が音を使って地球人にメッセージを送ってくるだろうか?

Aベストアンサー

宇宙人も住み着いている惑星(か衛星)があり、そこには当然その生命の生存に適した大気がある。

「大気があれば音があるのは当然」

そしてその宇宙人が電磁波の操作法を知っていれば、電磁波を変調させて音の情報を真空のかなたに届けることができる。
地球人はそうして、ヴォイジャーの海王星の輪通過時に機体を叩く微粒子の音を聞いた。(TVを通して俺も聞いた)

「電磁波を利用すれば真空中でも音の情報を伝えられることは、地球人でも知っている」

QNHKのチコちゃんを観ていて思ったのですが、太陽って、自転していないのですか?月は?

NHKのチコちゃんを観ていて思ったのですが、太陽って、自転していないのですか?月は?

Aベストアンサー

自転していない天体があるかどうか(すべての天体は自転しているのか)の真偽は知りませんが、太陽も月も自転しています。

〇太陽
 緯度によって周期が異なります。
 赤道付近は約25日(27日と言うデータもある)で、極付近は約30日周期。
 https://www.s-yamaga.jp/nanimono/uchu/taiyo-06.htm
 http://kamusabia.com/taiyo-gas-shugotai-ido-jiten-speed-tigai-sadokaiten-bibunkaiten/

〇月
 約27日6時間41分[約27.63日]
 公転周期と自転周期が一致している為、私たちがる地球から見ると月はいつも同じ面を向けています。その為、自転していないと勘違いする方は居ますね。
 http://88d.jp/facts/03_jiten/
 https://moonstation.jp/faq-items/f204

Qもし地球に月という衛星が存在しなかったら?

もし地球に月という衛星が存在しなかったら?
個々に意見をお聞きしたいです

天文学的には 今日のような進化があったでしょうか? 今日の時点で 宇宙まで人類は飛び立つ そんなことができたでしょうか?
海洋学的にも 潮の満ち引きに関心があります。
暦も 旧暦は出来なかったはず その影響も教えてください。
勿論 他にも 現在考えられないようなことがあると思います
それらも 教えてほしいです。

Aベストアンサー

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるからです。

※地球の地軸の傾きは、月ができたときのジャイアント・インパクトによるもので、それが無ければ傾かなかったという説もありますし、月が無ければ傾きの維持が難しくなるのではないか、という説もありますが、地球ほど大きな月を持たない火星も25度ほど傾いていますし、地球の月ほどの衛星が無くても安定していますので、ここでは地軸の傾きは月とは関係ない、とします。

暦は元々「いつ種をまき、いつ収穫するか」と言うことを決めるためにうまれました。最初の暦である「シリウス暦」はエジプトで生まれ、そもそも月よりもシリウス星座を基準に1年が365日であることをしっていましたので、天文学の基礎になる暦は月と相関がなくても発展した可能性が高いといえます。

また、地球が丸いことを証明するのも月ではなく星座の観測によって行われていますので、その点でも月の必要性はあまりないといえます。

したがって、大胆に言えば月がなくても、天文学の進化にはあまり関係なかったといえると思います。

ただ、物理学と宇宙開発と言う次元になると別の問題が生じます。それは「万有引力の法則」とか「衛星」と言う概念がどの時点で芽生えるか、ということと関係しているからです。

地球と月という身近な天体が「なぜお互いの周りをくるくる回るのか?」というのは万有引力の発見に非常に重要ですし、大砲の威力がとても強ければそれは地球を一周しても落ちない「衛星になる」という知識があっても「だからそれが何の役に立つのか?」というところまで人類が思いいたるには時間がかかったかもしれません。

月はつねに「地球を見ている」わけで近代的な物理学の目で「月に立ってずっと地球を見ていたらなにができるのか」という発想が生まれないのは、科学の発展においてかなりの遅延をもたらしたかもしれません。

もし月が無かった場合、人類のような生命体が生まれたとして、天文学のようなものがどのように発達したか?というご質問だとお見受けします。

一言で答えれば「月がなくてもそれなりに発達したでしょう」ということです。ただし、月が無くても現在のようなエコシステム、つまり動植物など地球上のシステムは今とほぼ変わらない前提で記載します。

まず「暦」の必要性は、人類が農業を行う場合確実に必要になっていきます。月が無くても地球の地軸が23度傾いているのであれば、確実に夏と冬の違いが生まれるから...続きを読む

Q現在の宇宙の1億光年って、100億年前はどのくらいの距離だったんですか?また、それくらい遠く離れた銀

現在の宇宙の1億光年って、100億年前はどのくらいの距離だったんですか?また、それくらい遠く離れた銀河では、重力を考えても距離が離れていくんでしょうか?

Aベストアンサー

えーと、正しい計算法は知りませんが、かなり近いと思いますね。
と言うか膨張速度は一定じゃないので計算によっては出せません。
たぶん5000万光年とかそのくらいじゃないでしょうか。
ちなみに、「あの銀河は1億光年先にある」というのは、過去から未来にかけて光が1億年かけて地球に届いただけで、「現時点」では100億光年以上遠くにあります。


1億光年の距離では、重力よりダークエネルギー(反重力のような物)のほうが圧倒的に大きいですね。
アンドロメダとの衝突を書いてる人もいますが、(近距離になったときは別として)重力的に引き合って衝突するわけではないので、あまり関係のない話ですね。

Qこの世の中宇宙水槽ですか?

この世の中宇宙水槽ですか?

Aベストアンサー

宇宙水槽には何が入っているのですか?水ではありませんよね?

Q高校地理、計算問題、フェーン現象についてです! 「標高が100M高くなるにつれ、気温が0 65℃上昇

高校地理、計算問題、フェーン現象についてです!

「標高が100M高くなるにつれ、気温が0 65℃上昇する」と習いました。
これの、フェーン現象が起こっている場合の気温の変化についてがよくわかりません。簡単に言うと、フェーン現象が起こっている場合は、この気温が1℃ずつ上昇するということでいいんでしょうか?

Aベストアンサー

風が山地を超えるとする。

①湿った空気は100メートル上昇するごとに0.6℃下降する。(0.65℃でもよい)
 乾燥空気よりも変化率が小さいが、これは含まれている水蒸気が凝固して雲となる際、熱を放出するからである。

②頂上に着くまでに含んでいた水蒸気を雲として放出してしまうと、空気はその分乾燥する。

③乾燥した空気の温度変化率は100メートルに付き1℃である。
 今度は水蒸気がないため、これはそのまま気温の変化となる。
 したがって、山越えをして下降を始めた乾燥空気は、100メートルごとに1℃上昇することになる。

④山越え前と後の標高を同じとする。
 山の高さは1000メートルトとする。
 この場合、空気は1000メートル登って1000メートル下ることになる。
 湿潤空気が1000メートル登る際の温度変化は1000÷100×0.6=6℃である。
 乾燥空気が1000メートル下る際の温度変化は1000÷100×1=10℃である。
 つまり山越えする間に6度低下し10℃上昇するわけで、山越え前に比べ山越え後の空気の温度は4℃上昇していることになる。

風が山地を超えるとする。

①湿った空気は100メートル上昇するごとに0.6℃下降する。(0.65℃でもよい)
 乾燥空気よりも変化率が小さいが、これは含まれている水蒸気が凝固して雲となる際、熱を放出するからである。

②頂上に着くまでに含んでいた水蒸気を雲として放出してしまうと、空気はその分乾燥する。

③乾燥した空気の温度変化率は100メートルに付き1℃である。
 今度は水蒸気がないため、これはそのまま気温の変化となる。
 したがって、山越えをして下降を始めた乾燥空気は、100メート...続きを読む


人気Q&Aランキング