出産前後の痔にはご注意!

解き方を教えてください。

「数学」の質問画像

A 回答 (2件)

25の(1)Oが外心の時、ΔAOB、ΔBOC、ΔCOAはすべて二等辺三角形


      よって、∠A=2x35°=70°、∠B=35°+α、∠C=35°+α
      ∠A+∠B+∠C=140°+2α=180°よって、α=20°
   (2)α+30°+β=180°一方・・・①
      40°+60°+2β=180°からβ=40°・・・を①へ代入して
      α=110°
   (3)ΔAOCも二等辺三角形だから
      α=50°+15°=65°よって
      2∠OAB=180°ー130°=50°ゆえに
       ∠OAB=25°
      β=180°ー2x25°=130°
    • good
    • 0

先生かお友達に行くか、教科書などで調べてみて下さいませ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学

解き方を教えてください。

Aベストアンサー

(1),(2)は合っています。
(3)のΔABCは直角三角形なので90°+54°+y=180°から、y=36°
(4)のΔAODは二等辺三角形なので∠AOD=180°ー2x56°=68°
   xと∠AODは対角なのでx=∠AOD=68°

Q数学

解き方を教えてください。

Aベストアンサー

26の(1)内心の性質から∠A=68°、∠B=72°
      から∠C=2α=40°、α=20°
   (2)同様に、180°ー50°=2(180°ーα)
      2α=230°、α=115°
   (3)同様に、2α=180°ー140°、α=20°
      β=180°ー40°ー80°=60°
27の(1)α=180°ー30°ー25°=125°
      β=180°ー60°ー50°=70°
   (2)2β=180°ー80°ー40°=60°から
       β=30°
      ∠DIC=20°+β=50°から
       α=180°ー50°ーβ=180-80°=100°

Q数学の得意な方、時間があればぜひ解いてみてください!あと答えわかったら教えてくださいっ! a,b,c

数学の得意な方、時間があればぜひ解いてみてください!あと答えわかったら教えてくださいっ!

a,b,c,は任意の正の整数、nは2以上の任意整数とするとき
      a^n+b^n+c^n
で表せない自然数が無限にあることを示せ。

Aベストアンサー

この問題の解には2つ示されています。1つ目は
https://www.toshin.com/concours/mondai/answer201707.JPG
で、a^n+b^n+c^nで表せる自然数が無限にあると仮定した場合。a^n+b^n+c^nで表せる自然数が有限個しかないとして、仮定を否定しています。
次は
http://www1.kcn.ne.jp/~mkamei/math/20170627toushin.pdf
で、a^n+b^n+c^nで表せる自然数の総数をN、a^n+b^n+c^nで表せる自然数の集合をS(N)とした場合
N-S(N)>∞をみちびき、a^n+b^n+c^nで表せる自然数の総数は∞にあると言う、命題に反する結論で命題の正しさを説明しています。

Q太陽は惑星を伴い銀河を63度の傾きをもって 約220㎞/s且つ一周につき4サイクルのうねりで回ってる

太陽は惑星を伴い銀河を63度の傾きをもって 約220㎞/s且つ一周につき4サイクルのうねりで回ってるようですが。そこで質問です。この運動の時、太陽系回転軸の北極側はどの方向を向いてるんでしょうか。例えば、うねりが螺旋状で常に進行方向を向くとか、常に銀河の外側の方を向いてるとか。色々検索してるのですが、なかなか理解できるサイトが見つからないのでどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

>太陽系回転軸の北極側
おっしゃる通り、北極星の方角を向いています。全ての惑星の公転面の軸は地球から見た太陽の軌道である黄道面の軸と10度以内に収まっています。
「太陽系と惑星」日本評論社、シリーズ現代の天文学第9巻、2008。

Q数学

解き方を教えてください。

Aベストアンサー

10の① DC=4、② BD=2
11の①外角の二等分線とBCの延長線との交点をDとするとき、AB:AC=BD:DCから
    12:6=(10+DC):DCからDC=10
   ②5:13=BD:(12+BD)からBD=15/2

Q計算の問題でどうしてこうなるのかわかりません(どうしてこうなった?の部分)

計算の問題でどうしてこうなるのかわかりません(どうしてこうなった?の部分)

Aベストアンサー

r^6=(r^3)^2 だから、 r^6-1 を a^2-b^2=(a+b)(a-b) を利用して因数分解すればよい

あとは、約分

Qnは自然数とする。 3^n+1+4^2n-1は13の倍数であることを証明せよ。 この問題教えてくださ

nは自然数とする。
3^n+1+4^2n-1は13の倍数であることを証明せよ。

この問題教えてください。

Aベストアンサー

数学的帰納法で解けます。

n=1のとき:
3^(1+1) + 4^(2-1)=3^2 + 4=13で13の倍数。

n=p(p:自然数)のとき13の倍数であると仮定したとき、n=p+1を考える。
3^(p+1) + 4^(2p-1)=13k(k:自然数)とすると、n=p+1では、

3^((p+1)+1) + 4^(2(p+1)-1)
=3^(p+2)+4^(2p+1)
=3 * 3^(p+1) + 4^2 * 4^(2p-1)
=3 * 3^(p+1) + 16 * 4^(2p-1)
=3 * 3^(p+1) + (3+13) * 4^(2p-1)
=3 * 3^(p+1) + 3 * 4^(2p-1) + 13 * 4^(2p-1)
=3*(3^(p+1) + 4^(2p-1)) + 13 * 4^(2p-1)
=3*13k + 13 * 4^(2p-1)

3*13k=39k、13 * 4^(2p-1)はともに13の倍数なので、n=p+1のときも13の倍数になる。
よって任意の自然数nで、3^(n+1) + 4^(2n-1)は13の倍数になる。
(証明終わり)

数学的帰納法で解けます。

n=1のとき:
3^(1+1) + 4^(2-1)=3^2 + 4=13で13の倍数。

n=p(p:自然数)のとき13の倍数であると仮定したとき、n=p+1を考える。
3^(p+1) + 4^(2p-1)=13k(k:自然数)とすると、n=p+1では、

3^((p+1)+1) + 4^(2(p+1)-1)
=3^(p+2)+4^(2p+1)
=3 * 3^(p+1) + 4^2 * 4^(2p-1)
=3 * 3^(p+1) + 16 * 4^(2p-1)
=3 * 3^(p+1) + (3+13) * 4^(2p-1)
=3 * 3^(p+1) + 3 * 4^(2p-1) + 13 * 4^(2p-1)
=3*(3^(p+1) + 4^(2p-1)) + 13 * 4^(2p-1)
=3*13k + 13 * 4^(2p-1)

3*13k=39k、13 * 4^(2p-1)は...続きを読む

Q数学

解き方を教えてください。

Aベストアンサー

13の(1)15:5=BD:(12-BD)から
       BD=9
   (2)△ABCで∠Aの外角の二等分線とBCの延長線との交点をEとするとき、AB:AC=BE:EC
      15:5=(12+CE):CEからCE=6

14の(1)13と同じく8:4=2:1=BD:(6-BD)
      からBD=4
   (2)13と同じく8:4=2:1=(6+CE):CE
      からCE=6

Q頂角36度の二等辺三角形の辺の比を教えてください

頂角36度の二等辺三角形の辺の比を教えてください

Aベストアンサー

図で示した方が分かり易いかな。

Qp,qは素数で、p<qであるとする。 xの2次方程2x²-6px+pq=0が整数解を持つ時 (1)整

p,qは素数で、p<qであるとする。
xの2次方程2x²-6px+pq=0が整数解を持つ時
(1)整数解の1つを‪αとする時、pqを‪αと‬pを用いて
積の式であらわせ
(2)p,qの値を求めよ。
(3)この方程式の整数解を求めよ。

これらの問題を教えてください!
お願いします!

Aベストアンサー

宿題くらい友人に聞けばいいのに。

(1)

整数解αを持つので、2α^2-6pα+pq=0が成立。よって、pq=-2α^2+6pα=-2α(α-3p)・・・(答)

(2)

pもqも素数で、答えの式が偶数なので、pかqは2となる。(素数の中で2だけが唯一偶数)

p<qよりp=2となる。よって、2q=-2α(α-6)となるので、q=-α(α-6)

q>0より、-α(α-6)>0なので、α-6<0かつα>0でないといけない。よって、0<α<6であるが、そのうちqが3以上の素数となるのはα=1かα=5の時。

いずれの時もq=5なので、p=2、q=5・・・(答)

(3)

2x^2-12x+10=0よりx^2-6x+5=0より、x=1、5・・・(答)


人気Q&Aランキング