マンガでよめる痔のこと・薬のこと

いかがはせむ の現代仮名遣いを教えて下さい!

いかがはせん ですか?「は」は、 わ になりますか。

A 回答 (2件)

訂正します。


現代仮名遣いでは「ん」です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうござます!
わざわざありがとうござます。

お礼日時:2018/11/27 20:25

>いかがはせん ですか?


「む」でも「ん」でも構いません。
>「は」は、 わ になりますか。
なりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうござます!
急いでいたので助かりました!

お礼日時:2018/11/27 20:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学3年生の国語の問題に出てきた文章で、疑問に思ったことについてです。この文章の中では「たり」があり

中学3年生の国語の問題に出てきた文章で、疑問に思ったことについてです。この文章の中では「たり」がありますが(赤色で線を引いてあるところ)、国語の授業で「たり」は「〜たり〜たり」と2回使わなければならないと習いました。この文章中では1回しか使われていませんが、このような使い方ができる場合もあるのでしょうか?そうだとしたら、それはどのような場面なのでしょうか?それともこの文章の筆者が間違えているだけなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

次のようなサイトは一度読んでおいた方がいいかもしれません。
https://works.sagooo.com/kobuta/1227/

Q江戸時代の共通語

春彦先生の本に、司馬遼太郎先生の話として書いてありました。
「江戸時代は、東北の人と九州の人では言葉が通じないから、
能や狂言の言葉を使っていた」
そうです。

でも、それよりは芝居の言葉の方が分かりやすくないですか?
似たようなものでしょうか。
(能や狂言には詳しくないのですが、
芝居より言葉はわかりにくいように思います)

Aベストアンサー

そのエピソードは、「武士が」という要素が大事です。一般庶民の話ではないのです。
東北の武士と九州の武士が、お互いの方言では話が通じないので、武士の共通の教養(たしなみ)である能や狂言の言葉を「お互いが理解できる共通語」として使った、という話なのです。
ちなみに、芝居の言葉は、庶民の日常の言葉であり、武士が使う言葉ではありません。また、芝居という娯楽は庶民のものであり、武士の教養ではありません。
狂言も元々は日常の言葉ではありますが、室町時代の言葉を基にしているので、江戸時代の人にとっては「古めかしい、堅苦しい」言葉であり、江戸時代では武士階級が使う言葉の部類になっています。

Qどなたか消してしまったので、ここの部分教えて下さいませんか。 本当に申し訳ありません

どなたか消してしまったので、ここの部分教えて下さいませんか。
本当に申し訳ありません

Aベストアンサー

(確率)=(条件に合う回数)÷ (全体の回数) で表します。
サイコロは、1回につき 1 から 6 まで 6 通りの出方があります。
3回投げるのですから、ぜんぶで 6x6x6=216 通りの出方があります。

1又は2が出るのは、1回につき 6通りの内の2通り、つまり 2/6=1/3 ・・・① 。
1又は2が出ないのは、同じように考えて、4/6=2/3 ・・・② 。

X=0 は ② だけが 3回ですから (2/3)x(2/3)x(2/3)=8/27 。
X=1 は ① が1回で②が2回で、(1/3)x(2/3)x(2/3)=4/27 で、
    ① は1回目から3回目までのどこかに出れば良いので (4/27)x3=4/9 。
X=2 は ① が1回で②が2回、① の出る場所が3通りあるので、3x(1/3)x(1/3)x(2/3)=2/9 。
X=3 は ② だけが3回ですから (1/3)x(1/3)x(1/3)=1/27 。

Q「スペシフィカル」みたいな単語があった気がするのですが、何か似たような単語はありませんか?

「スペシフィカル」みたいな単語があった気がするのですが、何か似たような単語はありませんか?

Aベストアンサー

specifically
【副】
特に、明確に、はっきりと、具体的に
厳密に言えば、具体的に言うと

QWho was able to solve that problem?

瞬間英作文に以下の例文がありました。
Who was able to solve that problem?

質問1
なぜ、wereではなく、wasが使われるのでしょうか?

質問2
主語がWhoの場合、wasとwereをどうやって決めればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

https://plaza.rakuten.co.jp/aimusha2/diary/200712290000/

Q日本語訳がどうしても分からないので教えてください

日本語訳がどうしても分からないので教えてください

Aベストアンサー

しかし、やがて私はプロであることの難しさに気がつき、ボクサーとしての自分の能力に疑問を感じ始めた。

単語の意味を把握すれば、内容は分かりやすいです。

in time:やがて、そのうち
find out:気がつく、知る
hardship:(=difficulty)困難、難しさ、苦難
pro:(=professional)プロ
question:(動)疑問に思う、疑問に感じる

Q以下の文について、文法構造を教えて頂けますでしょうか? Seven acts of indiscre

以下の文について、文法構造を教えて頂けますでしょうか?
Seven acts of indiscretion,
only one of which he has any evidence of and all of which he himself is res posible for.

和訳はイメージ可能ですが、文法構造が自分なりの解釈では非常に曖昧です。

1.まずは一行目の(Seven…)は名詞ですが、分詞構文となる要素がない点。[名詞+カンマ]だけで文章を構成する事は文法的に問題ないのか、という点

2.二行目の(only one…and)までの文について、of が二箇所見られる点。
「only one which he has any evidence of」 か
「 only one of which he has evidence」 となるのではないでしょうか?

3.この文章にSV構造がないと思われるのですか、
つまり名詞,名詞and名詞となっていると考えました。
これは口語表現だから許される表現なのでしょうか?
それとま当方の認識に誤りがあるのでしょうか?

ご回答のほどよろしくお願いいたします。

以下の文について、文法構造を教えて頂けますでしょうか?
Seven acts of indiscretion,
only one of which he has any evidence of and all of which he himself is res posible for.

和訳はイメージ可能ですが、文法構造が自分なりの解釈では非常に曖昧です。

1.まずは一行目の(Seven…)は名詞ですが、分詞構文となる要素がない点。[名詞+カンマ]だけで文章を構成する事は文法的に問題ないのか、という点

2.二行目の(only one…and)までの文について、of が二箇所見られる点。
「only one which he has any ev...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の方へ。まず、この文は、長文の中の一部を抜き出したものではないですか?
恐らくこの文の前には、「Seven acts of indiscretion」(軽率な7つの行為)に関して、何らかのことが書かれていたはずです。そして、ご質問の文は、「Seven acts of indiscretion」を、2つの関係代名詞の節を使って補足説明しているものだと考えられます。

(1) he has any evidence of only one of (the) seven acts(軽率な行為の証拠があるのはわずか1つのみ)
⇒「seven acts」を関係代名詞「which」に置き換え、それに付随する「only one of which」を文頭に移動
⇒only one of which he has any evidence ofができる

(2) he himself is responsible for all of (the) seven acts(彼自身は7つの行為全てに責任がある)
⇒「seven acts」を関係代名詞「which」に置き換え、それに付随する「all of which」を文頭に移動
⇒all of which he himself is responsible forができる

まとめると、「証拠があるのはわずか1件だけだが、7件全てに彼が責任を負うべき軽率な行動」くらいの意味になるでしょう。質問者の方がお気づきのように、この文章は「SV構造」がありません。というのも、「Seven acts of indiscretion」という名詞句を関係代名詞の節で説明しているだけですから。冒頭でも申し上げた通り、直前に「Seven acts of indiscretion」に関して、何らかのことが書かれていたので、このような表現になったのでしょう。

質問者の方へ。まず、この文は、長文の中の一部を抜き出したものではないですか?
恐らくこの文の前には、「Seven acts of indiscretion」(軽率な7つの行為)に関して、何らかのことが書かれていたはずです。そして、ご質問の文は、「Seven acts of indiscretion」を、2つの関係代名詞の節を使って補足説明しているものだと考えられます。

(1) he has any evidence of only one of (the) seven acts(軽率な行為の証拠があるのはわずか1つのみ)
⇒「seven acts」を関係代名詞「which」に置き換え、それに付随...続きを読む

Q『先輩の足元にも及びません』と言う 自分をへりくだった伝え方が 本当は正しいと思うのですが 『陰でコ

『先輩の足元にも及びません』と言う
自分をへりくだった伝え方が
本当は正しいと思うのですが

『陰でコソコソしている時点で私の足元にも及びません』
といったニュアンスの、相手に警告を与えたい場合に使える表現は
何か無いでしょうか?

私の足元にも及ばないという使い方は
間違いでしょうか?

Aベストアンサー

「足元にも及ばない」は例文のように、自分を謙遜して使う場合でしょう。人に向かってはちょっと使わないかなと思います。
他の言い方をいくつか挙げてみます。

陰でコソコソしている時点で○○は、
「私に遠く及びません」「私に到底及びません」
「私に太刀打ち出来ません」
「私には通用しません」
「私に手が届きません」
「私の相手になりません」
「私に対して勝ち目(勝算・勝機)はありません」
などでしょうか。


人気Q&Aランキング