【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

自分の顔を客観的に見たいのですが、一眼レフカメラで色々な方向を向いて撮った動画の顔はほぼ他人から見た顔でしょうか?

A 回答 (4件)

装着してるレンズ次第であり、撮影する距離次第でもあります。

肉眼に一番近い見え方になるとされているのは、35mmフルサイズ換算で焦点距離が50mmのレンズだとされているので、これを使って撮影すればかなり見た目に近くなるはず。

焦点距離50mm以外のレンズの場合は、カメラからの距離が近いほど肉眼との違いが目立つようになり、離れれば目立たなくなります。

スマホカメラは内カメが焦点距離20mmくらいで外カメは25mmくらいのものが多いです。iPhoneのデュアルカメラの望遠側はほぼ50mmなので、これは理想的ですね。ただ自撮りするのは無理ですけど。
    • good
    • 0

もう1つの質問の方で解決したっぽいので、こっちの質問も閉じた方がいいですよ。



ちなみに50mmってのは案外ラフな目安で、ちょっと外れたらもう見た目と違うってほどシビアなものじゃありません。50mmじゃなく45mmや55mmになったからって、おそらく50mmとの違いは全く同じ条件で撮ったものじゃない限りは見分けられないと思います。
    • good
    • 0

そうですね。

鏡と違って左右逆になりませんし。
動画でなく静止画でも実は結構真実を映していると思います。
他の人でも写真をよく見ると、あれこんな顔してたかなと思っても、その後本人を生で見ると、確かに写真の通りだと思います。
案外気づかない部分もちゃんと映しています。
    • good
    • 0

あなたが自分以外の人の写真を見て普段見ている顔と違いを感じますか?



写真は見た目通りに写りますが、撮影時に表情を作ってしまいがちなので撮り方によっては印象を変えることもできます、動画の方が普段の見え方に近く感じるかもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミラーレスカメラの醍醐味は一眼レフカメラではフォーカスを合わせなかったところでフォーカスを合わせて撮

ミラーレスカメラの醍醐味は一眼レフカメラではフォーカスを合わせなかったところでフォーカスを合わせて撮影出来るようになって写真の幅が広がったという。

なぜ一眼レフカメラだとフォーカスを合わせないところでミラーレスカメラだと合わせられるのですか?

何が違うの?

Aベストアンサー

んー… なぜ一眼レフは測距エリアが狭くて、ミラーレスは広いのかってことかな。

それは一眼レフのAFのメイン方式である位相差AFとミラーレスのAFのメイン方式であるコントラストAFとの違い。
私も機械的なことはあまり詳しくないのだけど、位相差AFにはAFセンサーに光を導くためのサブミラーというものが必要なんだよ。
ただそれを画面全体をカバーできる大きさにしてしまうと、他のパーツに干渉したりするので小さめに作らざるを得ない。
結果、画面の周辺部がカバーできない → 測距点が中央部に偏る、というわけ。
ただこの方式はAFの高速性でコントラストAFの上を行くという利点があるんだね。

コントラストAFは撮像センサーから直接情報を得て測距する。
だから測距点を配置するのに撮像センサーのどこでも利用できるんだよ。
ただし実際にどのくらいの測距点を配置するかはメーカーの考え方次第。
だから全てのミラーレスが、一眼レフで測距点が置けない部分をカバーしているわけではない。

>ミラーレスカメラの醍醐味は一眼レフカメラではフォーカスを合わせなかったところでフォーカスを合わせて撮影出来るようになって写真の幅が広がったという
誰の発言か知らないけど、それは醍醐味でも何でもない。
のんびり時間をかけて構わない撮影ならマニュアルフォーカスでゆっくり撮影すればいいだけの話。
マニュアルフォーカスなら画面内のどこにでもピント合わせができる。
AFで速写的に撮影するにしてもフォーカスロックという技がある。
これは応用が広い技で、AFの測距点が1点とか3点しかなかった時代はみんなこの技を駆使して立派な写真を撮っていたんだぜ。
今時の人は知らないんだろうか… この技…

もし測距エリアが広くなったことで、AFの測距点が1点とか3点しかなかった時代には撮影不可能だった写真が撮影できるようになったというなら、それは写真の幅が広がったということになるけども、そのような例はとんと聞いたことがない。
この発言は写真のことをあまりよく解っていないか、真偽は度外視しても、ミラーレスを持ち上げることに目的を置いたものと思われる。

んー… なぜ一眼レフは測距エリアが狭くて、ミラーレスは広いのかってことかな。

それは一眼レフのAFのメイン方式である位相差AFとミラーレスのAFのメイン方式であるコントラストAFとの違い。
私も機械的なことはあまり詳しくないのだけど、位相差AFにはAFセンサーに光を導くためのサブミラーというものが必要なんだよ。
ただそれを画面全体をカバーできる大きさにしてしまうと、他のパーツに干渉したりするので小さめに作らざるを得ない。
結果、画面の周辺部がカバーできない → 測距点が中央部に偏る、というわ...続きを読む

Qシャッタースピードは必ず有限であるのに、全くブレない写真が撮れるのは何故でしょう

シャッタースピードは必ず有限であるのに、全くブレない写真が撮れるのは何故でしょう

Aベストアンサー

ブレ量が撮像センサーの画素1個の大きさよりも小さければ、ブレとして記録されない(見えない)からです。

だから解像度が低い液晶で見たときにブレてないのに、4Kのような高解像度ので見るとブレがわかるのもそれと一緒で、解像度が上がったことで今までは潰れてしまって見えなかったものが、見えるようになったせいです。

Qバカでもボタンをチョン、と押すだけで、 綺麗に撮れるカメラ、いわゆる バカチョンカメラなんて言葉があ

バカでもボタンをチョン、と押すだけで、
綺麗に撮れるカメラ、いわゆる
バカチョンカメラなんて言葉があった時代に、
では皆、バカチョンが出る前は、どんな技術を駆使して写真を撮っていたのでしょうか?
どんな苦労があったのでしょうか?
バカチョンカメラは何年に発売されたのでしょうか?
バカチョンの前のカメラが知りたいです。

Aベストアンサー

「バカチョンカメラ」とは、露出だのシャッタスピードだのと、小難しいことを考えなくても、シャッターボタンを押すだけで写真が撮れる、よく言えば「フールプルーフ(foolproof=誰が扱っても間違いが無い)」カメラのこと。
本来の「ちょん」の語源は、江戸時代にも使われていた「半人前」「取るに足らない人」(この意味でも、根底に差別意識がある)で、「考えの足りない半人前でも扱えるカメラ」のハズだったんだけど、いつの間にか「バカと半島出身者」と取り違えられて、誤った解釈が一般に定着しちゃった言葉。

>もしかして、完全にバカにした言葉なのですか?
そのとおり、本来の解釈でも立派な差別用語で、良識ある大人なら使ってはいけない言葉ということは、すぐに分かるはず(つーか、普通は知っているんだけどなぁ)。

また、Wikipediaなんかでもオートフォーカスコンパクトカメラなんて言ってるけど、最初のオートフォーカス機であるコニカC35AFが出た1977年には、すでに「バカチョンは使っちゃいけない言葉」と云う認識が一般的になっていたんで、「オートフォーカスコンパクトカメラ=バカチョン」と言っていたのは一部の確信犯以外は、バカチョンを商品名と思い込んでいるようなお年寄りくらいだった(あとは、カメラの発展の歴史を知らずに、したり顔で語る連中くらいか?)。

また、いわゆるバカチョンカメラの初号機はいつ頃の何というカメラかはハッキリしないけど(昭和30年代までは、色んなカメラを販売していた沢山のメーカーがあったけど。それらの殆どが資料を残さずに消えている)、共通する特徴としては
  シャッタースピードは固定
  自動露出だけど、セレン露出計による単純極まりない制御
  ピントも固定式若しくは3点ゾーンフォーカス(目測合わせ)で、絞り込みによる深い被写界深度でカバー
という、電子なんてどこにもない、技術的にも機械的にも至って簡単かつローコストな造り。
代表的な機種である「リコー・オートハーフ」シリーズ(1961年から1979年)だと、「オートワインダー(自動巻き上げ機構)」がウリだったけど、そのワインダーも”手巻きゼンマイ”という、極めて原始的かつローコストな仕組みだった。

>バカチョンの凄さがわかります。
技術的にも、機能的にも、カメラとしては何処にも凄さはないけど・・・単純な構成、徹底したコストダウンで、高級な消費財だったカメラを庶民に買える商品としたあたりが、スゴいって言えばスゴい かも・・・

「バカチョンカメラ」とは、露出だのシャッタスピードだのと、小難しいことを考えなくても、シャッターボタンを押すだけで写真が撮れる、よく言えば「フールプルーフ(foolproof=誰が扱っても間違いが無い)」カメラのこと。
本来の「ちょん」の語源は、江戸時代にも使われていた「半人前」「取るに足らない人」(この意味でも、根底に差別意識がある)で、「考えの足りない半人前でも扱えるカメラ」のハズだったんだけど、いつの間にか「バカと半島出身者」と取り違えられて、誤った解釈が一般に定着しちゃった...続きを読む

Qオールド デジイチ おすすめ

こんばんわ
1万円までで、古いデジイチ購入をするとすれば
お勧めありますでしょうか
詳しい方、アドバイスお願いします

Aベストアンサー

初代kiss digital は、現行のEF・EF-Sレンズ全て使えます。
α55は、旧ミノルタのαシステムを継承。ただ、ミノルタ時代のレンズは相性があるみたいで付けてみないと分からないのが実情です。

Q一眼レフがほしいです! スマホで撮るのが楽しくて、子供にインスタやってみたらと言われました! 「いい

一眼レフがほしいです!
スマホで撮るのが楽しくて、子供にインスタやってみたらと言われました!
「いいね」をもらい楽しいです。
一眼レフで撮るかたの写真が素晴らしいです。
下の子が高2なので金銭的に乏しいです。
予算は3万円です!中古でおすすめの機種ありますか?
この予算では厳しいでしょうか?
カメラはまったくの素人です。

Aベストアンサー

厳しいです。
その値段でGETできる中古の一眼レフは、Wi-Fiが搭載されていません。
無線LANカードに対応していないか対応していても、Eye-Fi は事業撤退。
残る東芝のFlashAir もWi-Fi 或いはBluetooth搭載カメラが標準仕様化する中、何時撤退しても不思議でない状況にあります。

要するにスマホとの連携が考えられていない設計なのです。
(スマホ対応のカードリーダーなら、スマホに取り込み可)

一眼レフ=素晴らしい写真ではありません。
素晴らしい写真は技量で撮るもの。
ハイエンドコンパクトデジで十分。
それでも、最低限の予算で6万円以上です。
http://kakaku.com/item/K0000916069/
http://kakaku.com/item/K0000819903/

QAPS-C一眼レフ、どちらが良いでしょうか?

現在、APS-Cのデジタル一眼レフカメラの購入を検討しています。

使用目的は、旅行中の撮影や街中での建物撮影が中心ですが、この購入をきっかけに民間機(旅客機)の撮影を始めようかと考えています。
かつて、写真教室に1年ほど通っていたことがあり、カメラの基本はある程度分かっているつもりです。

デザインの好みや価格面を考え、以下の2機種に候補を絞りました。

1.PENTAX KP
デザインが好み。超望遠レンズのラインアップと連射枚数(バッファ容量)に難あり。
以前から、一度ペンタックスを使ってみたいと思っていたので選出しています。
知り合いにペンタックス使いはいません。

2.Nikon D7500
デザインはあまり好みではない。レンズと連射枚数(バッファ容量)は問題なし。
レンズのラインナップおよび価格と性能・機能のバランスを鑑みての選出です。
父がNikon使いなので、レンズの共用ができるかもしれません。

どちらが良いと思うか皆さんの意見を伺いたいと思います。
一般的にはD7500を選べという話になりそうな気もしますが…。

現在、APS-Cのデジタル一眼レフカメラの購入を検討しています。

使用目的は、旅行中の撮影や街中での建物撮影が中心ですが、この購入をきっかけに民間機(旅客機)の撮影を始めようかと考えています。
かつて、写真教室に1年ほど通っていたことがあり、カメラの基本はある程度分かっているつもりです。

デザインの好みや価格面を考え、以下の2機種に候補を絞りました。

1.PENTAX KP
デザインが好み。超望遠レンズのラインアップと連射枚数(バッファ容量)に難あり。
以前から、一度ペンタックスを使って...続きを読む

Aベストアンサー

>一般的にはD7500を選べという話になりそうな気もしますが…
多角的な方面から比較検討すれば、どうやったってD7500… というかNikonが優勢になるでしょうね。
別の言い方をすれば、検討する項目が多くなるほどNikonが良く見えるかと思います。

ただこの質問は、そんなことは百も承知で投稿されたであろう、と私は解釈しています。
その見地に立って続けますと、質問の中に「デザイン」という言葉が出てきますが、デザインというのは機種固有の“オンリーワン”な要素であり、他機種と横並びにしてどうこう言うようなことではありません。
そういう要素をあえて出しているからには、質問者さんにとってデザインは重要な要素なのだと推測します。
どちらかというと「一眼レフってどれも似たようなデザインじゃん」という感覚の人が巷では多いと思われますが、少なくとも質問者さんはそういう人たちとは一線を画しているということかと。

恐らく気がかりなのは「Nikonがトータルで優れているのは分かっている。そこを押してPENTAXを選ぶのは愚かなのか…」ということであり、そこにこの質問の本質があるのではないかと思います。
もちろんそんなことはありません。
今時の一眼レフは基本性能の差は小さくなっている… というか撮影者のやり方ひとつで如何ようにもまとめられるだけの性能はどれも有しています。
要は「この被写体に対してこの機材でどう臨むべきか」という立案・試行錯誤・修正… そういった手間を惜しまないなら、どれをを選んでも何ら問題はないってことです。
逆にそういった手間を省くなら、どれだけ機材を奢ろうがそれなりの結果にしかならないですし。

つまり、世間の9割の人には今回の選択肢ならD7500であっても、質問者さんにはKPがベストってことになるかと思います。

>一般的にはD7500を選べという話になりそうな気もしますが…
多角的な方面から比較検討すれば、どうやったってD7500… というかNikonが優勢になるでしょうね。
別の言い方をすれば、検討する項目が多くなるほどNikonが良く見えるかと思います。

ただこの質問は、そんなことは百も承知で投稿されたであろう、と私は解釈しています。
その見地に立って続けますと、質問の中に「デザイン」という言葉が出てきますが、デザインというのは機種固有の“オンリーワン”な要素であり、他機種と横並びにしてどうこう言うよう...続きを読む

Q雷でテレビが壊れるんですか? あまりこういう事は聞いたことがないので、 台風なのでもし雷がアンテナに

雷でテレビが壊れるんですか?

あまりこういう事は聞いたことがないので、



台風なのでもし雷がアンテナに落ちた場合テレビが映らなくなったり故障したりとこういうことがあるのでしょうか

Aベストアンサー

壊れますよ。
普通雷が落ちるというと、直撃雷(直接雷が落ちる)をイメージしますが、それはマレ。誘導雷で壊れる方が遙かに多い。
https://www.otowadenki.co.jp/countermeasure_comes/

Qブルーレイレコーダーに取り貯めた番組(一回見た)また見たくて残しているのですか、ブルーレイディスクに

ブルーレイレコーダーに取り貯めた番組(一回見た)また見たくて残しているのですか、ブルーレイディスクにダビングとかしてたのですが、ダビングしたディスクが貯まってダビングしただけで見ない間にまた録画して貯まっていくので思いきって録画した番組を全部消そうか迷っています、皆さんはどうしてますか?

Aベストアンサー

絶対に見る趣味の番組以外 見ないでしょう。
私自身邦画が好きで WOWOWでたくさん撮り溜めたが結局見ないで 300枚入りのケースが4個倉庫に入ったままで見ることはないデスね。
AmazonTVで見たいときに見れるのもありますネ
好きな番組だけ偶にリピートします。お笑いや好きなアーティストのコンサートが多い。

外付けのHDDに見るのだけ撮り溜めです
旅番組、料理も好きなので 好きな放送を帯で取ってます。

Q50mmのレンズが一番肉眼で見た時と同じ様に撮れると聞いたのですが15mm〜45mmのレンズしか持っ

50mmのレンズが一番肉眼で見た時と同じ様に撮れると聞いたのですが15mm〜45mmのレンズしか持っていません。45mmも50mmもあまり変わらないのでしょうか?

Aベストアンサー

先の質問にも回答しましたが
同じ50mmレンズでもお使いのカメラの種類によって画角が変わってきます。
それによっては50mmが相応しくないこともあります。
お持ちのカメラ名を出してください。

Qレンズの追加購入について、アドバイスをお願いいたします。

*****5年半ほど使用中*****
EOS Kiss X6i ダブルズームキット 「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIとEF-S 55-250mm F4-5.6 IS II」 =====> 売却予定
Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM(2014年1月購入)
※ 風景や静物が大多数ですが、最近ではじっとしている野生動物だけでなく、動きのある動物園の鳥や動物、水族館の生物なども撮ります

*****新規購入予定*****
EOS Kiss X9i ダブルズームキット 「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STMとEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」
※ 80Dや、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMになる可能性もあります。この時はEF-S 55-250mm F4-5.6 IS IIを残す予定

その結果、買い替え後は以下となります。
EOS Kiss X9i ダブルズームキット 「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STMとEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」
Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


そこで、レンズの追加購入を考えているのですが、以下それぞれについて、メリット/デメリット等のアドバイスをいただけますでしょうか。追加購入は1つのみを想定しています。
撮りたいものによるとは思いますが、今までと趣の違う撮影ができたらいいなぁ~と思っています。

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM
EF-S60mm F2.8 マクロ USM
(マクロの選択理由:コンパクトデジカメを使用していた時はマクロ撮影が好きだったことを思い出したため。35mmと60mmの違いが分からないので、両方候補に挙げました)

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
(選択理由:10-18mmがダブルズームキットの範囲外なので)

*****5年半ほど使用中*****
EOS Kiss X6i ダブルズームキット 「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIとEF-S 55-250mm F4-5.6 IS II」 =====> 売却予定
Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM(2014年1月購入)
※ 風景や静物が大多数ですが、最近ではじっとしている野生動物だけでなく、動きのある動物園の鳥や動物、水族館の生物なども撮ります

*****新規購入予定*****
EOS Kiss X9i ダブルズームキット 「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STMとEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」
※ 80Dや、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMにな...続きを読む

Aベストアンサー

ボディーは、予算が許せばEOS 80D。
動体に対すAiサーボAFの追従性能、ファインダーの視認性能、入門機のKiss Digitlと中級機では、歴然の差があります。
取り分け、マクロ撮影ではMFを多用します。となるとKiss digitalのファインダー性能では力不足。

ネーチャー派のマクロレンズは、ワーキングディスタンスの長いEF-S60mm F2.8 マクロ USM。EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMは、文献等の複写用です。

シグマレンズ、個人的には薦め難い。
純正とは異なる発色やAF精度等、EOS機との相性の悪さが気になります。
また、非純正レンズですから、DPP(Digital Photo Professional)の、DLO(デジタルレンズオプティマイザ)の恩恵にも与れません。
そもそも、高倍率ズームの画質は、利便性とトレード。

EOS Kiss X6i は、処分しても幾らにもなりません。
そう言う意味合いからも、高倍率ズームよりボディー2台体制です。

レンズ
EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM
EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM
EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
EF-S60mm F2.8 マクロ USM
これだけ揃えば、通常撮影に不足は無い筈。
欲を言えば、明るい単焦点レンズでしょう。

ボディーは、予算が許せばEOS 80D。
動体に対すAiサーボAFの追従性能、ファインダーの視認性能、入門機のKiss Digitlと中級機では、歴然の差があります。
取り分け、マクロ撮影ではMFを多用します。となるとKiss digitalのファインダー性能では力不足。

ネーチャー派のマクロレンズは、ワーキングディスタンスの長いEF-S60mm F2.8 マクロ USM。EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMは、文献等の複写用です。

シグマレンズ、個人的には薦め難い。
純正とは異なる発色やAF精度等、EOS機との相性の悪さが気になります。
ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング