プロが教えるわが家の防犯対策術!

アメリカはリアリズムとリベラリズムどちらだと思いますか?

A 回答 (2件)

基本的にはリベラルだと思います。



革新と言い換えますかね。
保守と比較しての話しですが。

米国は歴史が浅く、そもそも保守として
守る歴史、伝統があまりありません。

だから、歴史に縛られず、理性で、良いと判断
したことはどんどんやっていきます。

新しい潮流は良いのも悪いのも、米国発が
多いです。

それが米国の元気の源になっている
訳です。
    • good
    • 1

米国在住。

国籍もアメリカです。

日本やヨーロッパの国々と違って、アメリカは大きいです。カリフォルニア州に、日本がすっぽり入ってしまう大きさです。中国と違って、言論統制がありません。個人が、自己主張をしながら生きています。若い人では、理想主義を発信する人も多いです。

大都市では、リベラルで、民主党支持の人が多いですが、ちょっと郊外に出ると、グンと保守的になります。一般的に、結婚をして、子供ができると、都市部に住んでいた人でも、郊外に移り住み、父親を見習って保守的になってゆきます。

一般的に、サン・フランシスコやロス・アンジェルス、あるいはニューヨーク(マンハッタン)は、リベラルであると信じられています。古都であるボストン、フィラデルフィアは、都市であるにもかかわらず、保守的で外物に冷たい場合が多いです。南部は保守的ですが、人は親切です。

日本で、”アメリカは、こういう国である!!”と画一的に主張する人は、信じないほうがいいです。例えば、ワシントンDCを見て、それを、アメリカの中心、アメリカの全部だと考えると、一面しか見えてこないからです。

日本が一面体だとすると、アメリカは多面体です。

一つ、アメリカ全体で共通しているのは、功利主義なのではないか、と考えますが、これも、損をしてでも、現在、中国に制裁を加えるのに賛成な農家の方もいますので、どうかなぁ、と。

アメリカの根本は、個人の自由を尊重し、それは、重い責任に裏打ちされたものなのだ。という考えが、日本とは対照的です。お上に対する甘えが少ない。だから、自分の身は自分で守る。。。ゆえに、銃規制が、ほぼ、不可能なのです。

思いつくまま、だらだらした回答で、申し訳ないです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング