ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

光子にも質量があると定義したら、相対論は無用ですか?

E=hf=|p|c

ここまでは、電磁気学と量子仮説で導かれます。

光子の運動量は、|p|=hf/c、です。
これに光の波動w=fλ、も観測者にとっては閉じた系にあるとして質量があると定義をしなおすと、
|p|=hf/c=mw=mfλ、h/mc=λ、のコンプトン波長になります。

コンプトン波長(コンプトンはちょう、英: Compton wavelength)とは、粒子の質量を長さとして表した物理定数である。

もっというと、物質の運動はv、

物体が、時とともに空間的位置を変えること。物理学における運動については「運動 (物理学)」を参照。

一方、波動は、

波動(はどう、英語:wave)とは、単に波とも呼ばれ、同じようなパターンが空間を伝播する現象のことである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8B%E5%8B%95

その直交する運動vと波動wを合わせると、不変速度である光速度cになります。

c^2=±v^2+w^2

プランクは古典に執着しなければ、相対論的力学で相対論を補完しなくても、電磁気学と量子仮説から以下を導けましたよね?

プランク定数は量子論的な不確定性関係と関わる定数であり、h → 0 の極限で量子力学が古典力学に一致するなど、量子論を特徴付ける定数である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9 …

「相対論が必要な理由はなんですか?」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 論点が大いので、こちらで失礼します。

    >論点2 仮に光子が質量をもっていたとしても、情報を伝達する速度に上限があるということから相対論が作れるはずです。

    ところがこの本によれば光は必要なかったのである。光のように運動するどの系(観測者)から見ても同じ速度に見える「不変速度」があることや、その不変速度はこの世界の最大速度であること、ローレンツ変換のような時空が光の存在を使わなくても導けてしまうのである。
    https://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/6e47253b0622e8 …

    運動と波動と光速度の区別できることが大切なのではないでしょうか?
    http://www.keirinkan.com/kori/kori_physics/kori_ …

      補足日時:2018/11/27 23:01
  • >論点3「massive photonが従うマクスウェル方程式(みたいなもの)」が提案されてるかどうかも分かりません。

    そこで運動量密度とかエネルギー密度とか言っていた概念は光の粒が持つ運動量とエネルギーという概念で置き換えられることになる。すなわち、光子はエネルギー
    Eと運動量pを持つ粒子であり、その間には
    http://eman-physics.net/electromag/eng_moment.html

    質問にかいてるとおり、電磁気学からその光の運動量に質量があると定義しているだけなんです。
    もっというと、運動量が保存してたら、楕円軌道でも慣性系ということになろうかと

    以下は釣り合っていますが、GM1M2/r^2=m2^2/r

    M2=m2は静止のときのみ成り立つのが、m2/M2=c/wのローレンツ(スケール)ファクターの違いが水星の近日点移動の誤差になるでんしょう。

      補足日時:2018/11/27 23:11
  • GM1M2/r^2=m2v^2/rの間違いです、失礼しました。

    一般相対性理論によると重力の作用は厳密には逆2乗とはならない。例えばシュヴァルツシルト解では距離の逆4乗に比例した付加的な引力が働く。この効果により近点移動が起きる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E7%82%B9 …

      補足日時:2018/11/27 23:13
  • 慣性質量や波動スピードが変化しても、|p|=δmδw

    代わりに「運動量の絶対値の保存法則」とかを作ってやればいいわけで



    エネルギーが運動量と違う点は、運動していなくても「どこかに蓄えられている」事だ。例えばバネをギュッと押し縮めた時、運動はしていないがこれは元に戻ろうとする力を秘めている。そしてこの力は物体を運動させることが出来る。
    http://eman-physics.net/dynamics/compare.html

    盲目にならないといけない理由はないのでないしょうか?

    一点のみの観測ではエレベータの内部で「本当の重力」と加速による「見かけの重力」は区別できない。
    http://eman-physics.net/relativity/einsolution.h …

    ってなってるけど、二つの質量の違い、二つの力の違いを大昔の光の観測で区別できるのでは?

      補足日時:2018/11/28 07:00
  • もともと相対性原理っていうのは、

    電車の中の人から見ると、走っている電車の中で落としたボールは真っすぐに落ちます。しかし、電車の外の人からみると、電車内で落としたボールは、電車の進行方向に進んで落ちているように見えます。

    このように、観測者が動いているか、静止しているかで見え方が変わることを「ガリレイの相対性」と言います。
    http://hensa40.cutegirl.jp/archives/5481

    エレベータの中で盲目にどちらかを基準にするっていうのじゃないのね

    ガリレオの相対性原理 → プランク定数と光速度を定数とする量子論的相対性原理
    にすることに意味があるのが、相対論の原理とは違うのね

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/11/29 06:56

A 回答 (6件)

>「massive photonが従うマクスウェル方程式(みたいなもの)」が提案されてるかどうかも分かりません。



そういやプロカ方程式というのがありましたね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD …
http://eman-physics.net/elementary/mass_em.html
もちろんガリレイ変換には従いませんが

massive photonが従うマクスウェル方程式(みたいなもの)の中にはベクトルポテンシャルが顕わに出現するので、
ベクトルポテンシャルの値自体が意味を持つようになります。
普通のマクスウェルの方程式ではベクトルポテンシャルの値自体は意味を持たず、その差分(微分)だけが重要だったことに注意
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、最近emanさんもチャレンジしてるようで苦労してるようですね。
http://eman-physics.net/elementary/mass_em2.html

この式が表す電磁ポテンシャルを「先進ポテンシャル」と呼ぶ。遅延ポテンシャルとの違いと言えば、影響が遅れて伝わることを表すために付け加えた部分の符号が反対になっていることだけである。つまり、電荷が動くよりも前になぜかその動きを知っていたかのように存在していて、それが周囲から電荷に向かって集まってくるイメージである。
http://eman-physics.net/electromag/retarded.html

でも、これをやらないといけないんですよね

「ほとんどすべてのエネルギー固有状態は熱平衡状態を表す」という、
弱い形の ETH(weak ETH)を、物理的に妥当な仮定のもとで数学的に厳密に証明しました。これと
リープ・ロビンソン限界を合わせることで、熱浴の遠方の影響がシステムに届く時間に比べて十分
短い時間領域においては、システムにとって熱浴はカノニカル分布であるかのように見えることが
示されます。
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/set …

お礼日時:2018/12/02 11:04

主張が良く分からないけど、『相対論が不要?』と聞いていながら、相対論を認めているようにしか見えませんが・・。

光の観測から相対論は作られましたが、この世に上限速度があり、光も質量がないからその速度で伝わっているというだけで、光がその速度を決めているわけではありません。重力(重力波)も、完全剛体を押し引きした時の伝達速度も、その速度と同等と考えられています。
なので、もし光に質量があると仮定しても、電子のように伝達速度が遅くなるだけで、この世の上限速度は変わりませんし、相対論も変わらないでしょう。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図のように相対論とは原理が違うのね

お礼日時:2018/11/28 19:36

後半は理解できないので、ここだけ



>光子にも質量があると定義したら、相対論は無用ですか?

いや、そんなことないです。
論点はいくつかあります。

論点1
例えば、以下のような論文があります。
Massive Photon and Dark Energy
https://arxiv.org/pdf/1512.00541.pdf
この論文が相対論を完全無視してるかと言えばそんなわけないので(確認してませんが)、
相対論は必要なはずです。

論点2
仮に光子が質量をもっていたとしても、
情報を伝達する速度に上限があるということから相対論が作れるはずです。

論点3
適当に質問を読みかえて、
massive photonが従うマクスウェル方程式(みたいなもの)がガリレイ変換に従うようにできるか?
これは面白い論点ですね。もちろん解答は分かりません。真面目に考えてみたいです。
「massive photonが従うマクスウェル方程式(みたいなもの)」が提案されてるかどうかも分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>Massive Photon and Dark Energy

今という時間の中で等価原理引いているので、宇宙膨張の自由落下分の力学的エネルギーが見落とされてるというか、それがダークエネルギーだという考えもできるのではないでしょうか?

古典力学でいう、ポテンシャルエネルギーのようなものを考えて、それが宇宙膨張のエネルギーに転化していると考えると、エネルギーは保存しているということができますが、ではそのポテンシャルエネルギーの源は?
https://www.kuba.co.jp/nins06/QAA/qa08.html

宇宙膨張が自由落下なら、ポテンシャルエネルギーの源は、エネルギーを保存してて、その広がりと相対速度の増大による収縮効果により、加速膨張に見えるだけで何が問題なんでしょうか?

お礼日時:2018/11/27 22:55

今はそれを覆すだけの証明する理論がないから

    • good
    • 1
この回答へのお礼

たとえば、量子論と一般相対論が相容れないとか、
それが問題で行き詰ってるとこを説明できればよいのですね?

お礼日時:2018/11/27 22:23

はじめまして



>光子にも質量があると定義したら、相対論は無用ですか?

おっしゃるとおり、光子の静止質量がもしゼロでないとすれば、特殊相対論は成立しません。
ただし、ゼロでないという観測事実は発見されておらず、現在の所、観測と相対論の矛盾は何一つ見つかっていません。

>プランクは古典に執着しなければ、相対論的力学で相対論を補完しなくても、電磁気学と量子仮説から以下を導けましたよね?

プランクが量子をいいだした時点で古典力学とは別のものになります。
プランク定数が無限小ならば量子力学は古典力学に一致するんですよ。
同じように、特殊相対論は、光速が無限大とすればニュートン力学に一致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>光子の静止質量がもしゼロでない

静止質量だけが質量なのか問題で、慣性質量と重力質量との関係になります。

相対論では、重力の源は「エネルギーと運動量」であって、これらが時空を歪める現象を重力と言っているに過ぎないのだと説明する。一般相対性理論にとって重力は錯覚に過ぎないのである。
http://eman-physics.net/relativity/illusion.html

って一般にいうのだけど、エネルギーと運動量が本質なら、古典の質量の定義、物体の動かしにくさにこだわる必要性の問題なんです。

光速度基準の質量の定義は、エネルギーの動きにくさでよいのではないでしょうか?

お礼日時:2018/11/27 21:52

>光子にも質量があると定義したら、相対論は無用ですか?


その定義は観測によって裏付けられなくてはならない。
少なくとも「もっとも合理的で普遍的である」と合意されなくてはならない。
相対論無用論は、その後の話である。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

でも、プランクがめざしたのは、不変なプランク定数であるのと同時にh→0で古典に帰着するという教育的な立場の葛藤であって、

しかし、相対性理論が明らかにしたように、可秤質量を観測する座標系によって“質量”という属性も変化するものと考えなければならい。そのため、力の定義としては、プランクが指摘したようにニュートンの最初の定義“運動量の時間的変化が力に比例する”に返るべきです。そして、“運動量は慣性質量と速度の積である”とすれば、慣性質量がその運動方向によって異なる非対称的な不条理も無くなる。この形が相対論的に適切な形でしょう。
http://fnorio.com/0162relativistic_dynamics/rela …

相対論的質量のアプローチの違いだけでは?

お礼日時:2018/11/27 20:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般相対性理論に関する質問です。

gを、メトリックg_(μν)を4次正方行列とみなした場合の、行列式とする。要素g_(μν)の余因子行列を
g~^(μν)とすれば、
g~^(μν)=gg^(μν) .........................☆
である。ただし、g^(μν)は、g_(μν)の逆行列である。

☆を使って、
∂g(x)/∂x^μ=g~^(αβ)∂(g_(αβ))/∂x^μ=gg^(αβ)∂(g^(αβ))/∂x^μ
を導いてください。

Aベストアンサー

http://eman-physics.net/relativity/detdif.html
これですね

Qレーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていまし

レーザーの実験をしたところ、レーザーは単色光なのにも関わらず、図のように屈折するごとに広がっていました。なぜですか?

教えていただけるとありがたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

じゃあ、メーカーから製品情報を取り寄せて、レザー発振数のデータを見ましょう

たとえば、こちらの製品
コヒレントジャパン社のOBIS CellXという製品
405nmタイプで、製品誤差はプラスマイナス5nmありますので、400nm~410nmと厳密に言えば、単色ではありませんので、プリズムで分光させれば、光の幅が出来ます
また、プリズムの製品精度にもよりますし

http://www.coherent.co.jp/laser/asscw/multi/obis_cellx/index_2.php

Q太陽は惑星を伴い銀河を63度の傾きをもって 約220㎞/s且つ一周につき4サイクルのうねりで回ってる

太陽は惑星を伴い銀河を63度の傾きをもって 約220㎞/s且つ一周につき4サイクルのうねりで回ってるようですが。そこで質問です。この運動の時、太陽系回転軸の北極側はどの方向を向いてるんでしょうか。例えば、うねりが螺旋状で常に進行方向を向くとか、常に銀河の外側の方を向いてるとか。色々検索してるのですが、なかなか理解できるサイトが見つからないのでどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

>太陽系回転軸の北極側
おっしゃる通り、北極星の方角を向いています。全ての惑星の公転面の軸は地球から見た太陽の軌道である黄道面の軸と10度以内に収まっています。
「太陽系と惑星」日本評論社、シリーズ現代の天文学第9巻、2008。

Q励起状態の反対語

基底状態ってありますが、冷めたような状態を示す言葉はないでしょうか?
沈静化状態?  他にないでしょうか?

Aベストアンサー

自然科学の用語としては

励起状態= excited state
 ↓↑
基底状態= ground state

です。これは「エネルギー準位、エネルギーの状態」を表わす表現。

「excited」の反意語であれば「冷静な」「落ち着いた」という肯定的な意味と、「つまらない」「わくわくしない」「何もしない」という否定的な意味があるでしょうね。
 cool、calm、settled、quiet、sober、・・・

日本語だったら、使う場面によって
 冷静状態
 平静状態
 平穏状態
 沈静状態
 鎮静状態
 休眠状態
 休止状態
 消沈状態
 謹慎状態
 ・・・
などなど。

Q縦波と横波の本質的な違いはなんですか? 密度くらいしか違いがないような気が…

縦波と横波の本質的な違いはなんですか?

密度くらいしか違いがないような気が…

Aベストアンサー

本質的?、本質みたいに見えるかもしれないが本質ではない、そういう意味です。
自身が何が本質か全くわかっていないのをごまかしている言葉です。
縦・横、日常生活では重力に平行な方向を縦、直交する方向を横といいます。
波・波動は媒質が振動することで、全体として変異情報を伝えます、この伝える(伝わる)方向を基準にして、媒質の振動方向を縦・横で表現しています。
伝える方向(進む方向)と平行=縦波、伝える方向(進む方向)と直交=横波
波動の本質?、というとほかにあるのかもしれませんが。

Q【マグニチュード】地震のマグニチュードはM1から1上がるごとに32倍の力を表すって本当ですか? M1

【マグニチュード】地震のマグニチュードはM1から1上がるごとに32倍の力を表すって本当ですか?

M1 1
M2 32
M3 1024
M4 32,768
M5 1,048,576
M6 33,554,432
M7 1,073,741,824

この時の力の数値の単位はなんですか?

Aベストアンサー

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq27.html

Q.震度とマグニチュードはどう違うのですか?
A.震度は、ある場所での地震による揺れの強さをあらわし、マグニチュードは地震そのものの大きさ(規模)をあらわします。
 これは電球の明るさと周りの明るさとの関係によく似ています。
 電球の明るさをあらわす値がマグニチュード、電球から離れたある場所の明るさが震度に相当します。
 つまりマグニチュードが大きくても(電球が明るくても)震源から遠いところでは震度は小さく(暗く)なります。

Q.マグニチュード(M)とエネルギーの関係を教えてください。
A.マグニチュード(M)と地震波の形で放出されるエネルギーとの間には、標準的にはMの値が1大きくなるとエネルギーは約32倍に、
 Mの値が2大きくなるとエネルギーは約1000倍になるという関係があります。
 M8の地震の1つでM7の地震約32個、M6の地震約1000個分のエネルギーに相当します。

Q現実に光速で宇宙船が移動した場合・・・

現実に光速で宇宙船が移動した場合ですが、テレビで学者が言っていたのですが!
宇宙にはガスなどモノがあるので、それに触れることによりすさましい摩擦力が
生じて宇宙船の原子までも影響して壊れてしまう・・・なので光速移動は加速できた
としても移動は無理・・・そんな話をしていました。
確かに光速移動となると、何らかの宇宙の浮遊物に当たる確率が高くなり光速で物
が当たると摩擦熱はすさましいでしょうね・・・
だから宇宙人は光速移動ができないので、地球には遠すぎてこれないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 現実に光速で宇宙船が移動した場合ですが、
現在の理論では、質量ある物質は高速に達することができません。
光速に極限に近づいた場合は、質量は無限大で時間が全く進まず、
つまりは移動さえできないのです。
空間物質との摩擦や衝突が障害となる、という理論はありません。

空間移動には光速は超えられないという制限はありますが、
しかし、空間ワープや時間ワープは可能という理論はあります。

Q物理論文の作成指導を受けたい

私は、個人で物理論文を書いています。ユレイタスで論文発表を試みたのですが、失敗しました。失敗の理由は、「信じる」と言う単語を使ったのが、悪かったと言います。
私は、どうしても論文を発表したいと考えています。どなたか、論文作成の指導をして頂ける方を、紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は、どうしても論文を発表したいと考えています。

どうしても出したいと言うなら、お金を払えばどんな論文でも出せる雑誌というのがありますよ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8D%95%E9%A3%9F%E5%87%BA%E7%89%88
そんなにお金は出せないと言うなら、サイトでも解説して発表されればよろしいでしょう。

QX線って光で、地球を7周半するとはどういうことですか?

X線って光で、地球を7周半するとはどういうことですか?

Aベストアンサー

>X線って光で

X線も、光(可視光)も、波長が違うだけで、どちらも電磁波です。光とは、通常目に見える可視光のことを言い、広義には、紫外線や赤外線などを含める場合もあります。また、電磁波すべてを光と言ったりもするので、X線は光・・・とも言えなくもない。ってことです。

>地球を7周半するとはどういうことですか?

光速度は、秒速30万kmですから、1秒間で地球を7周半するスピードってことですね。
ただし、実際は、地球程度の重力では光は曲げられず、ほぼ直進してしまうので、地球をぐるぐる回ることはありません。

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。


人気Q&Aランキング