個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

次亜塩素酸 HOClを含む水溶液100mLを三角フラスコにとり、酸性化で過剰のヨウ化カリウム KIを加え、遊離したヨウ素I ₂を遊離させた。
この反応における次亜塩素酸とヨウ化カリウムの反応式を書きなさい。

この問題が分からないのですが、正しい答えはなんですか?

A 回答 (3件)

2H+ ➕ClO- ➕2I- = I2 ➕Cl- ➕ H2O


酸化還元反応、I- は還元剤で、ClOは酸化剤です。
    • good
    • 0

は酸化剤であり、OClの部分が-1の電荷を持ちます。

しかし、Oの酸化数は-2が普通であり、Clの酸化数は-1が普通です。
すなわち、-1と(-2)+(-)=-3の差が酸化剤として受け取る電子数です。
2個のI-がI2になるのであれば、電子を2個失うことになります。なので、HOClとKIは1:2で反応し、それによって1のI2が生じるはずです。まあ、こういったことは酸化還元反応における半反応式を理解していればわかることです。
これらを合わせれば、左辺は
HOCl + 2KIとなるわけで、結果として、右辺にI2が生じるのであれば、あとは残ったものを組み合わせるだけ。
HOCl + 2KI → I2 + KCl + KOH

ただし、「酸性化で(正しくは酸性下)」とかいてあるが、その酸とKOHが反応するはずだが、どういう酸か特定しなければ反応式など書きようがない。
まあ、どのような答えが求められているか知らんが、上と異なるものを求めているというのであれば、問題が悪いか、あなたの質問が悪いかのいずれかです。
    • good
    • 0

(´・ω・`)ゴメン。


>遊離したヨウ素I ₂を遊離させた。
マジでこの意味がわかんない。

遊離しているのに更に遊離させた?
どいうことなのか理解できない。
ヨウ素単体で遊離しているのに、そからどうやって更に遊離させるのか。
別の分子と反応させるってこと?
でも「反応させた」ではなく「遊離させた」なんだよなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに意味わかんないですね。おそらく先生のミスだと思います。

HOCl + 2KI → I ₂ +
みたいな感じの答えらしいんですけどうまく合わせることができないです…

お礼日時:2018/11/28 18:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶対温度 Kの必要性

セルシウス温度+273が絶対温度になるということですが、そしたら絶対温度Kという単位は不要なんじゃないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり絶対温度(K)が便利です。例えば・・・

○ 気体の体積 (ボイルシャルルの法則)
 まあ、「風船の大きさ」ですね。暖めると風船が大きくなることはご存知でしょう。これは、暖めたことで風船の壁に内側からぶつかる原子の運動速度が上がったためといえます。
その場合、もし、20℃から40℃に暖めた場合、大きさは2倍になるのではなく、293K→313Kの比による、約7%大きくなります。
(もっとも、実際には風船の場合はゴムの張力の影響があり、また、完全に冷やしても本当に体積が0になるわけではない(特定の温度で液体や固体となって急に体積が減るが、一方でさらに冷やしてもそれらの体積より小さくならない)のでそれぞれ誤差になることには注意が必要です。)
○ 信号の電子機器の内部雑音 (熱雑音)
 コンピュータや無線機器は、「半導体」(シリコンなど)という物質を使って、小さな信号を大きく増幅することを繰り返しながら動作しますが、この際に問題になるのが「内部雑音」です。半導体は入ってきた信号を増幅するとともに、自分内部で無関係な変動信号(雑音)をわずかながら加えてしてしまうため、入ってくる信号があまりに小さいと出てくる信号が無意味な雑音ばかりになってしまうという欠点があります。
 その内部雑音の原因は、半導体自体の原子の熱振動であり、雑音の強さはまさに半導体の絶対温度に比例しますので、20℃から40℃に上昇した場合も2倍になるのでなく、約7%増加します。
 このような熱振動による雑音を避けるために、より良い半導体を探す研究も続けられていますが、特に小さな電波の信号を扱う天文などの世界では、手っ取り早く半導体を液体窒素などで猛烈に冷やしています。(20℃(293K)から、-190℃(83K)に冷やすと、雑音は本当に1/3.5・・ケルビン温度の比率・・に減少します)

さてさて、いかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり...続きを読む

Qヨウ素価の式間違ってますよね?

ヨウ素価の式間違ってますよね?

Aベストアンサー

No.1です。
グリセリンとエステル結合している3つの構成脂肪酸分子中の二重結合の数が等しいことが前提となっていますね。

Q中3 化学の問題です。解き方がわからないので、教えていただけると助かります! ↓ 次のように酸化還元

中3 化学の問題です。解き方がわからないので、教えていただけると助かります!



次のように酸化還元滴定の実験を行った。

0.080mol/L のヨウ素水溶液(ヨウ化カリウムを含む)100mL に、ある一定量の二酸化硫黄をゆっくりと通し反応させた。
この反応溶液中に残ったヨウ素を定量するため、デンプンを指示薬として加え、0.080mol/L のチオ硫酸ナトリウムで滴定した。25mLを加えたときに、溶液の色が変化した。

ただし、実験において、ヨウ素とチオ硫酸ナトリウムとは、(式1)のように反応する。

【問題】『ある一定量の二酸化硫黄をゆっくりと通し反応させた』で反応した二酸化硫黄の物質量〔mol〕を求め、有効数字2桁で示せ。


添付写真は(式1)と、解答です。

解答はあるのですが、どうしてそうなるのか わかりません。
解き方を教えていただけると嬉しいです。
どうか よろしくお願いします!

Aベストアンサー

0.080mol/Lのチオ硫酸ナトリウム25mLに含まれるチオ硫酸ナトリウムは

 0.080×25/1000=0.0020(mol)

反応式よりヨウ素とチオ硫酸ナトリウムは1:2で反応するから、残っていたヨウ素は

 0.0020÷2=0.0010(mol)

0.080mol/L のヨウ素水溶液100mLに含まれるヨウ素は

 0.080×100/1000=0.0080(mol)

これより反応したヨウ素は

 元々あったヨウ素-残っていたヨウ素=0.0080-0.0010=0.0070(mol)

二酸化硫黄とヨウ素は1:1で反応するので、反応した二酸化硫黄の物質量は反応したヨウ素の物質量と等しく、0.0070=7.0×10^(-3)molとなります。

Qなぜ水蒸気が空気を追い出すのか

音の実験で
フラスコに水を入れ温めて中の空気を追い出す
理由は中を水蒸気で満たし、空気を追い出すため
とサラッと書いてあるのですが
なぜ水蒸気が空気を追い出すのでしょうか。
空気が残って水蒸気が外に出るという逆にならないのは
なぜですか。

また、冷やすと水蒸気が水になり真空に近い状態になる
と書いてあるのですが
なぜ水蒸気になると真空になるのか
サラッと書いてあるけどいちいち引っかかって
さっぱりわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水蒸気そのものが「気体」だから。
分かりやすく言えば「ガス」なんだ。
「水蒸気」という「ガス」が「空気」を押し出す(追い出す)わけ。

また、ほんのちょっとの水が蒸発すると、とても多くの水蒸気になる。

この時「ガス」が「水」(水滴)に戻るとガスが占めていた空間に何も無くなるだろ。
そこへ「空気」が戻らなければ、そこは真空状態になるわけ。

…と、小学生レベルで説明したけど良かったかな?


・・・余談・・・

世の中の「真空パック」は、この原理を活かして、
袋の中に商品を入れたら水蒸気を吹き込んで中の空気を追い出すんだ。
そしてまだ温かいうちに袋を閉じてしまう。
すると水蒸気が冷えて水に戻り真空状態になるという仕組み。
真空ポンプで中の空気を抜いているわけではない。

Qエアダスター(OA機器のゴミ飛ばし)のジメチルエーテルは常温で気体?液体?

昔、高校の実験室で確かエタノールを濃硫酸で脱水してジメチルエーテルを作る実験をしたことがあるのですが液体だったようにおもいます。また、純粋なものは便に入っておりこれも液体だったと思います。ただ、沸点を見ると常温では沸騰してしまうようですし何か私の勘違いでしょうか?頭の中でもやもやしており気になります。

また、これはわかれば教えていただきたいのですが、ジメチルエーテルは昔は麻酔にも使われたと聞きますし、PCなどコンデンサーなどがあり火花が散る可能性のある場所で、エアダスターとして使っても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

エタノールを脱水して得られるのはジエチルエーテルです。こちらは沸点34度の液体で、麻酔作用があります。私は小学校のとき、フナの解剖実験で麻酔に使いました。
ジメチルエーテルはおっしゃる通り可燃性の気体です。火花の出る場所はもちろん厳禁。シュレッダーなどガスが滞留しやすい場所も、静電気などで引火の可能性があるので使用禁止、と手元のエアダスター缶には書いてあります。

Q電流が流れた部分の電気抵抗が大きい場合、ニクロム線のように発熱する とサラッと書いてあるものを読みま

電流が流れた部分の電気抵抗が大きい場合、ニクロム線のように発熱する

とサラッと書いてあるものを読みましたが、
電気抵抗が大きいと、発熱すること、ニクロム線のこの3つのつながりがさっぱりわかりません。
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

太いストローと細いストローの違い、で分かるでしょうか。
太いストローは抵抗が少ないので、簡単に吹けます。
細いストローは抵抗が大きい(空気の流れを邪魔する)ので、
太いストローと同じ息の量を同じ時間で吹くには、力いっぱい吹かなければなりません。
この「力いっぱい」がの度合いが発熱量に相当します。
実際にやってみれば、細いストローは少し温まっているのがわかると思います。

細いストローでは空気の流れが速いので、
空気がストローをこする量が大きいから熱くなるのです。
布でストローをこすると熱くなる、これと同じです。

こんな説明でどうでしょうか。

Q児童ポルノは児童の裸体が対象ですが 服を着た児童が成人女性を性的なイジメをするような画像は違法なので

児童ポルノは児童の裸体が対象ですが

服を着た児童が成人女性を性的なイジメをするような画像は違法なのでしょうか?

Aベストアンサー

児童に性的場面を見せること、は「児童虐待」です。
だから、添付画像の場合は「児童虐待の現場写真」ということになるでしょう。

この画像自体が「児童ポルノ」に当たるかどうかは、わかりません。
合成画像だと思いますが、所持していて犯罪かどうかは、警察なり裁判所が判断することでしょう。

Qコンセント増設でどうしても、ショートしてしまうのですが? 現在、一般的なコンセントで2つ並列で繋いで

コンセント増設でどうしても、ショートしてしまうのですが?
現在、一般的なコンセントで2つ並列で繋いでいますが、もう一つ必要になり、2つ目のコンセントに、並列で繋ごうとすると何度やっても、ショートしてしまいます。
今までやってきてそんな事始めてで困ってます。教えてください。2ミリ線で繋いでいてその線の先をテスターで測るとちゃんと100Vが来ています。でも、コンセント裏の差込に刺すとショートしてしまいます?

Aベストアンサー

スイッチやコンセントの配線接続・交換・増設を行う場合は、「電気工事士」という資格が必要です。

>コンセント増設でどうしても、ショートしてしまうのですが?
電気工事士の資格試験、思い出してください!

Qリニア新幹線って本当に必要なの? 現在の新幹線でも充分に早いのに5兆円ものお金を費やしてつくる価値が

リニア新幹線って本当に必要なの?

現在の新幹線でも充分に早いのに5兆円ものお金を費やしてつくる価値があるのか? 話によるとリニア新幹線を走る区間の85%は、トンネルや地下を走るとか
ただ人を早く目的地に到着させるだけで旅の楽しみでもある車外から見える風景もない味気ない旅になると思えてなりません。昔、こんなことを言ってましたね。狭い日本、そんなに急いで何処行くのってね!
JRは、現在の新幹線でも充分に利益があると思いますがあえて着工する目的は、なんでしょうか?
もし完成するば飛行機に乗るお客さんが減って航空会社の影響も心配です。

Aベストアンサー

リニアは少なくとも東京-大阪間は絶対必要です。
理由は
①東海や関西で起きるとされている巨大地震の影響を受けにくい中仙道ルートの新線(第二東海道線)が必要だから
②東海道新幹線は今年で開業55年になり、コンクリート橋脚の寿命などの限界が来ていて、大規模改修が今後必要になるから
③100年後の世界での鉄道の有り方を考えているから
です。

①に関しては、実は戦前から計画があり新幹線自体、東海道ルートと中仙道ルートが検討されていました。新幹線は戦前の弾丸列車構想とそれにより一部着工されたトンネルなどを使うため東海道ルートになりましたが、災害対応としての中仙道ルートは常に構想されていたのです。

 中仙道ルートが採用されない一番大きな理由は「山がある起伏が大きい地形」です。鉄輪を使う電車は大きな勾配を登ることができないのです。リニアは電磁石で進むので、勾配を大きくすることができ、なおかつ最高時速を落とさずに高低差を一気に登ることができるのです。

ですから「リニア技術があるからこそ、中仙道に第二新幹線を通せる」といえます。

②他の方も書かれていますが、新幹線の容量はすでに目いっぱいです。どのくらい目いっぱいかと言うと「山手線の一番本数が多い時間帯よりも、1時間当たりの本数が多い」ぐらいです。東京駅や品川駅だと、新幹線のほうが山手線よりも1時間当たり多く出発するのです。

しかし開業から55年になり、コンクリートの限界は60年程度と言われていますので(ただし、補修をすれば100年程度までは新しくしなくてもよい)今の容量のまま改修工事をするのは莫大な費用と、多大な時間がかかります。JR東海が「自費でもいいからリニアを作る。もう待てない」と表明したのは「新幹線の改修の問題」が大きかったからです。

したがって「リニア建設の採算性」は「新幹線をこのままの容量で走らせながら改修する費用」を踏まえて考える必要があります。それを考えればペイするとJR東海は考えたわけです。

③近年、世界中で高速鉄道が利用されるようになり「ユーラシア大陸横断高速鉄道」という考えも出てきています。
今現在太平洋側からヨーロッパ側に移動できるシベリア鉄道はウラジオストックからウラジオストクからモスクワまで全線9000km以上、今は7泊8日もかかります。
しかしリニアが時速500キロのスピードで走れれば18時間、時速600キロなら15時間で着くことなります。15時間なら飛行機と勝負できるでしょうし、飛行機と違って途中停車も可能になります。

これらの新技術をリードするためには実際の路線が必要なのです。
そして、ユーラシア大陸よりも各州を結ぶアメリカ横断リニアはものすごく実現性が高くなるでしょう。

>ただ人を早く目的地に到着させるだけで旅の楽しみでもある車外から見える風景もない味気ない旅になると思えてなりません。
すでにのぞみは2時間半程度で東京と大阪を結んでいます。戦後初の電車特急が出来た時は8時間、新幹線開業時は4時間だったのが、どんどん短くなっています。
これはこの区間の利用者がほとんど「ビジネス利用」だからです。
 ですから「旅行者」ではないのです。リニアができて、時間が短縮されれば喜ぶ利用者のほうが多いのです。


>もし完成するば飛行機に乗るお客さんが減って航空会社の影響も心配です。
東京ー大阪間の新幹線のシェアは86%、夜行バスが6%程度、ですから飛行機のシェアは10%もないのです。特に東京ー名古屋間なら新幹線のシェアは100%なので、航空会社の影響はほとんどない、といっていいぐらいです。

リニアは少なくとも東京-大阪間は絶対必要です。
理由は
①東海や関西で起きるとされている巨大地震の影響を受けにくい中仙道ルートの新線(第二東海道線)が必要だから
②東海道新幹線は今年で開業55年になり、コンクリート橋脚の寿命などの限界が来ていて、大規模改修が今後必要になるから
③100年後の世界での鉄道の有り方を考えているから
です。

①に関しては、実は戦前から計画があり新幹線自体、東海道ルートと中仙道ルートが検討されていました。新幹線は戦前の弾丸列車構想とそれにより一部着工されたトン...続きを読む

Q化学にて、○○水和物に水和している水分子の数って何か規則がありますか?

化学にて、○○水和物に水和している水分子の数って何か規則がありますか?

Aベストアンサー

一般的な規則はありません。それぞれ異なります。硫酸銅など幾つもの水和物が湿度と温度に依存して存在します。


人気Q&Aランキング